2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

2018/04/23

菩提寺 桜の季節

Img_9526


Img_9531


Img_9519


先祖代々の墓がある菩提寺。

お彼岸りには遅れましたが、寺尾の千本桜を見てから、お参りしました。夫の両親を二人とも送っているし、親戚のお付き合いが濃い地方ですので、何度かこのお寺は訪れています。でも、こんなに桜が綺麗な時期にきたのは初めてでした。

長良川の支流、板取川に沿って、さくら並木が綺麗。緑の時はよく見ていたので、桜が咲くと綺麗だろうなとは思っていたのですが、お寺は山の中腹にあるので、眺めもいいです。

Img_9518


Img_9522


Img_9520


お寺の門前にある八重のしだれ桜。

これからは、この季節にお参りに来なければ。。。

2018/04/18

可愛い喫茶店

Img_9510

千本桜の生立ち

終戦後の昭和26年11月、寺尾ヶ原にバス路線が開通。明るい話題に沸く地元民の間に、「夏には木陰を作り、冬には雪を解かす日差しが差し込む」桜を植えようという気運が一気に高まります。折りしもサンフランシスコ講和条約締結から半年後の昭和27年3月、平和への願いを込めて寺尾区民総出で300本の桜が植えられました。これが、「寺尾ヶ原千本桜」の始まりです。

この当時植えられた桜とは、代替わりしているようですね。若木が多かったです。

Img_9515


Img_9511


Img_9513


時期がずれてますが。。。(^^ゞ

寺尾の千本桜を見てから、お墓参りに行く途中みつけた喫茶店。ギャラリー花の木。

ギャラリーというのは、手作りの雑貨が並べてあるのです。

こんな田舎というと失礼なのですが、しゃれた喫茶店です。モーニングが美味しかったので、また、機会があれば、寄ってみたいところです。

2018/04/16

旧板取村 モネの池 

Imgp8994


Imgp8995

名もなき池 「モネの池」http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2016/06/post-7158.html

寺尾千本桜公園から近いので、お昼ご飯をかねて、通称モネの池に寄ってみました。

評判になり始めた頃、ちょうど、約二年前に行っていました。あの頃は、まだ駐車場が無かったのですが、人は大勢でした。今回は、ちょっと、少なくなっていたかな。このあたりは、鮎料理も有名なので、鮎が解禁になると、もっと人が増えるのかも。

前回行ったときは、頭に赤いハートのマークの鯉がいたのですが、鯉が成長して、そのハートがくずれてた。(^0^;)

2018/04/15

寺尾千本桜

Imgp8955


Imgp8977


Imgp8959


Imgp8961


Imgp8962


Imgp8976


Imgp8965


Imgp8970


https://www.kankou-gifu.jp/spot/1181/

今年はちょっと、違ったところの花見をと言うことで、岐阜県にある寺尾の千本桜を見に行ってきました。山の中と言うことで、ちょっと、遅めで、4月3日に行きましたが、ちょうど見頃でした。平日なので、見物客も少なかった。

そして、山の中なので、花つきもあんまり良くないのかな、所謂染井吉野のこんもりとした花つきでは無かったので、すこし、地味?( ̄。 ̄;)

でも、HPに上空からの写真が載ってますが、これは綺麗です。

2018/03/27

桜が満開 「木曽三川公園 138タワーパーク」

Imgp89221jpg_2


Imgp8929


Imgp8925


Imgp8931


Imgp8935


Imgp8940


Imgp8942


Imgp8945


Imgp8948


Imgp8950


朝から、買い物に出かけたら、市内では桜が満開。
急いで、花見に出かけました。(*´∀`*)

今年は、ちょうど春休み中に満開になり、暖かいので、家族連れがどーと出て900台の駐車場はほぼ満車。人もすごいです。

ここは、しだれ桜が多くてほぼ満開でした。ひがんサクラ系が多くて、とくに四枚目と五枚目は、樹齢130年の園内で一番大きなサクラ「エドヒガン」です。

見事な枝振り。夜は、ライトアップもされます。

ここの公園は、古木が多い。


2018/03/07

お土産シリーズ 「開運効果 ひょうたんの置物」

Img_9263


随分以前になるのですが、養老の滝がある養老公園で買い求めてきたひょうたんです。

サイドボードの中に飾ってあったというか、奥の方に隠れていたのを出してきて、玄関に飾りました。ひょうたんには、下記のようないわれがあると最近聞いたからです。(^^ゞ

日本では昔から、ひょうたんには神霊が宿るとされてきました。 強力な吸引力で邪気を吸い込んで空気を浄化する働きがあるとされ、 そのくびれた独特の形からいったん吸い込んだ邪気を逃さないと言われています。


開運効果あり!【ひょうたん】が縁起のいい理由をご紹介♪http://engimono.net/articles/OImpA

養老公園にたくさんのひょうたんを展示して、販売されているお店があります。
安田ひょうたん店のホームページhttp://yasudahyoutanten.web.fc2.com/

まだ、季節的には早いですが、ここ養老公園は、桜が満開の頃は素晴らしい光景が広がります。

2018/01/27

伊勢神宮   内宮

1.宇治橋 

http://www.isejingu.or.jp/topics/4lnlce8d.html
こちらのアドレスに、宇治橋から見える日の出の時間が掲載されています。

私たちは、9時頃でしたので、日の出には少々遅かったのですけど、綺麗な太陽を鳥居越しに拝むことが出来ました。


Img_9207

2.内宮正殿

写真は、ここからしか撮れません。真ん中は神様の通り道、端を歩かなくてはいけませんが、年越し参りの頃は、この階段いっぱいに参拝の人で溢れます。

Img_9216


3.参拝を終えて、出てくる階段。
 
Img_9217


4.正殿の手前。このうえに正殿があります。

Img_9214

5.内宮のお札を頂く場所。
 帰り道は、ここを左の方に進んでいきます。

Img_9212


6.神苑

 宇治橋を渡るとひろい芝生と松が広がる域があります。
 ここで、神楽が舞われたり、奉納大相撲の土俵入りが行われます。


Img_9210


7.おなじく神苑

 ここで伊勢志摩サミットの時、首脳が写真を撮られましたね。

Img_9221

8.清流「五十鈴川」
  春は、桜が美しい

Img_9223

9.宇治橋の擬宝珠

宇治橋の西詰北側二本目の擬宝珠(ぎぼし)の中には、橋の安全を祈って饗土橋姫(あえどはしひめ)神社の萬度麻(まんどぬさ)が収められています。

Img_9224


10.皇大神宮について

Img_9225


内宮駐車場に着いたのは9時前でしたが、内宮に近い「A駐車場」は既に、満車。駐車待ちの列も出来ている位でした。「B駐車場」はお祓い町を通り抜けてこなくてはいけないので、結構遠いです。

内宮の手前に神宮会館があって、そこにも駐車が出来ます。
http://www.jingukaikan.jp/kaikan/access/parking.html

あまり知られていないのか、十分空きがありました。
ここの前の横断歩道を渡ると、お祓い町の中のおかげ横丁で、赤福の本店もありますので、ここに停めると便利ですね。

内宮さんに参拝したら、お祓い町を散策するのが楽しみですから。。。


2018/01/22

伊勢神宮   外宮

お伊勢さんには、子供の頃は何度も訪れていて、初詣はお伊勢さんが私の住む街の習わしになってました。

結婚して少し離れてしまってからは、参拝に訪ねることはあっても、初詣は混雑を考えると、躊躇してしまってましたが、今年は夫が古希を向かえることもあってお礼参りに出かけました。

新年一月と言うことで、背広姿の参拝客が多かった。会社の一年の行事的なものなのでしょうね。

早朝に出発して、到着は8時半。駐車場は半分ぐらい埋まっていましたが、参拝を終えて戻ると、もう、かなり埋まってました。週末は車では来れませんね。


1.豊受大神宮
Img_9197

2.古殿地 正宮と同じ広さの敷地を持ち、前回の遷宮まで御殿が立っていた場所
次の遷宮には、またこちらに神様がお移りになります。
Img_9198

3.この向こうに別宮がおわします。
Img_9199

4.お札を頂く場所
Img_9200

5.入るときは一礼、帰るときもまた一礼。最近、テレビでよく案内しているので、ほとんどの方がお辞儀をされます。
もちろん、あの変なのではありません。きちんとまえで、手を延ばしてのお辞儀です。
Img_9202

6.子供の頃、お参りに来ると、この茂みの中に、尾長鶏がいたのですが、今は全然みかけなくなりました。
Img_9203

7.手水舎 朝、まだそれほど参拝者は多くなかったのですが、それでも、5時から参拝が出来るそうです。
夜が白々明けてくることお参りに来ると清々しいでしょうね。
Img_9204

8.伊勢市内をこんなバスが走っています。
Img_9206


2018/01/19

初詣

1516345888338.jpg
お伊勢さんに初詣

平日ですが、伊勢神宮の駐車場の混雑を考えて、早朝6時前に出発しました。

Img_9195

ところが、通常、東名阪道は渋滞していない時間帯に、四日市東ICと四日市IC間が、5キロ45分の工事渋滞情報が出ています。(>_<)

これでは、一般道の方が早いと高速を降りたものの、よく考えると、この日は平日です。当然、国道23号線は通勤時間帯になってきて、もっと、渋滞が酷くなる。慌てて、高速道路に戻りました。

高速道路の工事は夜間集中工事で、既に終わって、車は比較的順調に流れてました。

最近、曜日、日にちは分かっていても、平日と休日の感覚が飛んでしまってる。( ̄。 ̄;)
これは、テレビを見なくなったことのマイナス作用かもしれません。


2017/12/04

湖東三山のうち 「金剛輪寺」 3 二天門への階段を上ると本堂へ

Imgp8901


Imgp8905


Imgp8906


Imgp8907


Imgp8908


Imgp8909

Imgp8913


Imgp8914


勾配は緩いものの、長い参道を歩いて行くと最後には、この急な階段が。。。(^0^;)

訪れる方は、三山の中では、一番苦しいと言われるそうです。確かにそう。百済寺も登りますが、距離は、ここほどではなかったような。

しかし、紅葉は、この金剛輪寺が一番です。

この参道だけでなく、お地蔵様が並んでいらっしゃる一角もあります。千体地蔵と言われますが、実際は、2000体以上あるそうです。

このいわれを調べてみましたが、よく分かりません。お寺のパンフレットにもHPにも詳しいことは載っていません。紅葉の時期で、大勢の参拝客が一緒なのでいいのですが、閑散期だと、ちょっと、怖いかも。( ̄。 ̄;)

より以前の記事一覧