2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

2017/06/22

京都迎賓館 2

Img_8373


Img_8380


Img_8379


Img_8388


Img_8389


Img_8390


Img_8377


Img_8386


Img_8393


Img_8374


Img_8397


Img_8394


Img_8398


京都迎賓館、扉の向こうは、日本の伝統工芸技術の粋を集めた調度や、細工がそこかしこに。。。

この敷物は、私たち一般人が入るときに敷かれるもの。そして、青いテープが床には貼られ、それ以上は、侵入はもちろん、手を伸ばすことも許されません。床の絨毯も触ってはいけません。

この木の床は、特殊な施工が施してあって、外国の賓客のヒールや靴で傷つくことが無いようになっているそうです。

2017/05/27

鳥羽マルシェ

Img_8197

鳥羽まで下見に行ったとき、寄ってみた鳥羽マルシェ。画像は、そこのレストランのビユッフェのお皿。

お刺身とお寿司は、一人一皿です。お寿司は、席に運んでくれます。種類は多くないですけど、材料が良くて、おいしい。

マルシェの中にある魚屋さんで好きな魚を料理してもらって食べることも出来ます。いまこういうビユッフェが増えてますが、高齢者には、食べる量が限られていて、さみしい。(^0^;)

牡蠣のグラタンとか、スズキのカルパッチョとかおいしかったです。


Photo

駐車場が一時間以内は無料。でも、これ、もっとよく知らせてくれてないと分からない。物産店のレジで、「駐車券は割引ないの?」と尋ねて、初めて一時間が無料とわかって、夫が慌てて、車を移動させに行きました。(´д`)

ここの物産館は、地元の農産物や海産物が売っていて安いです。道の駅など、決して、安くないところもあって、がっかりすることもあるのですが。。。ここでは、地元産のニンニクなど、こっちの半額から三分の一。青森産に比べると10分の一くらい。(^0^;)

魚も安かったので、今度機会があれば、クーラーボックス持参せねば。

2017/05/17

伊勢志摩スカイライン

5月というと、五月晴れ、青空いっぱいのイメージがあるのですが、連休明けから、曇り空が多くて、鬱陶しい。
いつ北朝鮮からミサイルが降ってくるかと、眺める空には、薄雲が広がり。。。(;゚ロ゚)

今日も、空模様、はっきりしませんね。

昨日は、久しぶりに、長距離ドライブでハンドルを握りました。片道、2時間ぐらいですけど。

今月末に、関東からお友達が遊びに来てくれるので、伊勢鳥羽地方を案内することになったのですが、伊勢神宮は、定番として、鳥羽は、さて、ここという場所がない。食べ物は美味しくて、素晴らしいところなのですけどね。

私の一番のお勧めは、やっぱり、伊勢志摩スカイラインかな。と言うことで、久しぶりの長距離ドライブになったわけです。

伊勢志摩スカイラインhttp://www.iseshimaskyline.com/index-1.html

このホームページに,割引券が載ってます。(^_^)/

スカイライン頂上駐車場からの眺め


1.伊勢市内
20170517img_8193


2.鳥羽市内方面  
20170517img_8196


伊勢志摩スカイライン  朝熊山山頂http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2015/08/post-ac72.html

2015年8月にも、ここに行ってます。このときは、もう少しお天気良かったみたい。
やっぱり、海は,空が青くないと映えませんね。

2017/04/25

源氏物語ミュージアム

10年以上前に訪れたことのある源氏物語ミュージアムに寄りました。
建物は、変わっていないけど、周辺はずいぶん変わったような気がします。

道案内通りに歩いたら、すごい遠回りさせられた。(。>0<。)


Imgp8173_2


Imgp8209_2

Img_8157

Img_8160

Img_8161

Img_8166


Img_8165


Img_8164


束の間、雅の世界に浸ることが出来ます。(^_^)

源氏物語ミュージアム。
http://www.uji-genji.jp/

3分で読む源氏物語http://genji.choice8989.info/

あまりに長く、現代語訳本は、中身が訳者の解釈によって、ちょっと、違っているような気がします。
流れを知るだけなら、この超あらすじを読むと、全体像は分かるかも。(^_^;

「源氏物語」が面白いほどわかる本を読みました。http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2016/05/post-0d76.html

源氏物語の解説とあらすじが読める本です。

以下の三枚の画像は、大きく出来ますので、展示内容も読めます。
源氏物語に登場する光源氏が建設させたという六条院。

架空の寝殿ではありますが、平安の時代、このような建築物が多数存在したのでしょうね。

Img_8162


Img_8159


Img_8158


2017/04/24

地図を疎かにしてはいけない。←カーナビを頼るなかれ

Photo


宇治平等院の周辺の地図です。

八幡市は、駐車料金が一時間100円。石清水八幡宮と背割り堤の桜を見学して、3時間半。400円で済みました。
まあまあのお値段でしたが、宇治の観光の方は、駐車場を調べなかった。

この地図をきちんと調べておくべきでした。

10年以上前に、このあたりには来ていて、駐車場もすぐ分かったのですが、今回はコインパーキングに止めてしまった。やっぱり、カーナビだけを頼りは、絶対いけませんね。

宇治市の観光駐車場は、一日700円。コインパーキングに止めたので、一時間半で、1200円。しかも、時間が気になって、ゆっくり回れなかった。

そして、この地図で印をした源氏物語ミュージアムにも寄ったので、こちらも、コインパーキング600円。

その上、宇治上神社も、この鳥居を写すだけでした。
宇治神社は、気がつかず、通り過ぎてきてしまったと思います。(>_<)


Imgp8202


Imgp8205


2017/04/23

宇治 平等院鳳凰堂

朝から、すっきりと青空が広がって、気持ちのいいお天気になりました。
今年の桜は、この青空の下で撮れなかったのが残念。
今日紹介する平等院鳳凰堂も青空の下だと、もっと、華やかだったのでしょうけどね。

Imgp8175


Imgp8176


Imgp8177


Imgp8182


Imgp8183


Imgp8184


Imgp8186


Imgp8189


Imgp8192


Imgp8194


Imgp8198

帰途、宇治市によりました。

まずは、平等院鳳凰堂。この素晴らしい華やかな建築が、平安の世に建設されたのです。

平等院の創建

浄土式庭園と鳳凰堂

京都南郊の宇治の地は、『源氏物語』の「宇治十帖」の舞台であり、平安時代初期から貴族の別荘が営まれていた。

現在の平等院の地は、9世紀末頃、光源氏のモデルともいわれる左大臣で嵯峨源氏の源融が営んだ別荘だったものが宇多天皇に渡り、天皇の孫である源重信を経て長徳4年(998年)、摂政藤原道長の別荘「宇治殿」となったものである。

道長は万寿4年(1027年)に没し、その子の関白・藤原頼通は永承7年(1052年)、宇治殿を寺院に改めた。これが平等院の始まりである。開山(初代執印)は小野道風の孫にあたり、園城寺長吏を務めた明尊である。

創建時の本堂は、鳳凰堂の北方、宇治川の岸辺近くにあり大日如来を本尊としていた。翌天喜元年(1053年)には、西方極楽浄土をこの世に出現させたような阿弥陀堂(現・鳳凰堂)が建立された。

                                           Wikipediaより

鳳凰堂の建築様式は、その華やかさからか、私にはお寺と言うより、神社のように見えます。

平等院のHPのなかのQ&Aが面白いです。平等院は、何処の宗派にも属さないのだそうです。

鳳凰堂の西側、裏手に、頼政の墓を挟んで、浄土院と最勝院があります。こちらは、華やかな鳳凰堂とは違って、お寺そのもの。華やかな鳳凰堂に目を奪われて、写真は写してこなかったのですが。。。


平等院&宇治上神社~京都府宇治市~http://www.uraken.net/rail/travel-urabe153.html

こちらで、観音堂と平等院の画像を見ることが出来ますが、鳳凰堂とはずいぶん違っていますね。
この、日本の旅のサイト、日本中の名所の建築とか城とか詳しい解説とともに紹介されているので、ご覧いただくの色々参考になります。

アップした画像の一番下は、平等院ミュージアム鳳翔堂。
http://www.byodoin.or.jp/ja/hoshokan.html

2017/04/19

流れ橋「上津屋橋(こうづやばし)」

Imgp8170


Imgp8171_2

大阪と京都を結ぶ京阪本線の八幡駅前に、八幡市の観光案内所があって、そこの前に掲げてある看板の下の方に、この流れ橋「上津屋橋(こうづやばし)」を見つけたときは、嬉しかった!!

木製のこの橋は、よく、時代劇にも登場します。時代劇の撮影所がある京都太秦に比較的近いからでしょうね。

木製の橋と言うと、大井川にかかる「逢来橋」が思い出されます。

大井川にかかる 「蓬莱橋」http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2015/08/post-d1eb.html

蓬莱橋は、コンクリートで補強され、流れ橋ではないのですね。

こちらは、本当に川が増水すると橋桁が流される構造を持つ流れ橋です。二枚目の画像をクリックしていただくと、おおきくなりますので、看板の説明が読めます。

2011年から4年連続して、流れて、復旧のために数千万円単位の修繕費が発生するそうで、木津川に府民の税金を流しているようなものだという批判が起きたそうです。(^_^;

橋が流れること自体が観光の大きな要素となっているのと、掛け替えには多額の建設費が必要となるため、かさ上げで対応することになったようです。

この橋のたもとに宇治茶の茶畑が広がってます。この日は霜よけで、黒い紗がかけられていたので、画にならなかった。


2017/04/18

淀川河川公園背割堤の桜

Imgp8129


Imgp8137


Imgp8141


Imgp8143


Imgp8148


Imgp8154


Imgp8155


Img_8150


京都府八幡市にこんな見事なさくら堤がありました。

木津川と宇治川を分ける背割堤。

桜の並木道が約1.4kmにわたって続きます。満開の桜のトンネルは、少し、花が散り始めていて、それがまた、とても美しいさくらの絨毯が広がってました。

ウグイスが盛んに鳴いて飛んでいましたがメジロがみえなかったのが残念でした。

岐阜県大垣市墨俣の犀川、長良川と平行して流れる細い川ですが、そこもさくら並木が2キロほど続きますが、さくらの木の大きさは、こちらの方が見事かも。

遊覧船から、さくらを見ることの出来る「さくらであいクルーズ」というのが運行してました。

2017/04/17

京都市街一望 「石清水八幡宮」展望台

Imgp8112

展望台から、京都市街が一望できます。高さもそれほど高くないし、この日は、お天気もよくなかったので、眺望がいまいちですが、正面に見えるのは大文字山です。


Imgp8115

真ん中に見えるさくら並木は、淀川河川公園背割堤のさくら。樹齢がかなり古いようで、1.4キロにわたるさくらの並木は素晴らしかった。

この後、ケーブルを降りて、観桜です。


Imgp8117

谷崎潤一郎の文学碑がありました。

「蘆刈」の一部が谷崎自身の自筆原稿の文字を刻んであります。
http://www.aozora.gr.jp/cards/001383/files/56875_58210.html

Imgp8111


Imgp8109

本宮境内から、東総門を降りてくると、細橋(ささやきばし)があります。
石清水の源流が通っていた渡らずの橋。


境内案内図http://www.iwashimizu.or.jp/about/keidai.html

これをみると、見過ごしてきたところがたくさんあります。(^_^;
孫の行事などでも、写真を撮ることに一生懸命だと、肝心の孫の様子などの全体像がよく見えないことがあります。

風景や寺社などの印象でも、やっぱり、あんまり写真に夢中になっていてもよくないなと思いました。(´д`)

2017/04/15

高桑の「星さくら」

Imgp8083


Imgp8079


Imgp8081


Imgp8085


Imgp8082

4月6日の記事、隠れた桜の名所 「高桑桜」で紹介した、高桑星さくらを昨日見に行ってきました。

咲いていました!!

染井吉野は、あちこちで、まだ、見頃ですが、今月初めに訪れた4月2日、このとき咲き誇っていた彼岸桜を中心のさくらは、もう葉桜でした。

でも、この白くて上品なさくらは、今が見頃。

何年か前、初めてここを訪れたときは、高桑星さくらとして、看板が掲示してあったのですけど、今回は見当たらなかったので、このさくらが、「星さくら」かどうか自信が無かったのですが、ネットで検索したところ、間違いないようです。

花と一緒に葉っぱも見えるので、山桜の一種なのでしょうか。


岐阜市内の桜名所特集http://www.cool-gifucity.jp/special/sakura/

岐阜市の広報のサイトに高桑のさくらが載っていました。

高桑星桜は、花弁が白く先がとがっていることからその名が付いています。一度開花し、2週間後に再び半分ほどの大きさの花が咲くのが特徴で、見ごろが長期間。桜は桜でも、いつもと違った種類の桜を楽しんでみては!

一度咲いて、また、咲く?二週間咲いている?

じゃあ、最初に訪れたときも咲いていたのかも。(^0^;)その日の画像を探しましたが、見当たりませんので、咲いていなかったのだろうなと思います。

この疑問を解決するのは、もう来年しか無理。(^_^;

親木の大きなさくらの木があった記憶があるのですが、この画像は、みんな若い木です。地元の保存会の皆さんが、取り木をして、増やしていただいているようです。

大きく育って、この星桜の並木道が見たいものです。

より以前の記事一覧