2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

2017/01/09

古都奈良の旅   国営飛鳥歴史公園

Photo


古都奈良の旅、三日目のランチは、この地図の「あすか野」というところを考えていました。石舞台のすぐのところです。岡寺からカーナビでここを目的地にしたのですが、なぜか、見つかりません。(^^;)

HPをみるとリニューアルオープンとなっているので、たぶん、カーナビの地図には、違う場所が表示されたのかもしれません。ぐるぐる回って、ワン。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

いつの間にか、高松塚古墳のところに来たので、まずは、そちらを見学しました。

1


Photo_2

Png


Img_20161203_125929522


国営の公園になっていて、高松塚古墳壁画館のあたりまで、駐車場から10分ぐらい歩きます。
https://www.asuka-park.go.jp/tumulus/

7世紀末から8世紀初頭にかけて築造された終末期古墳で、直径23m(下段)及び18m(上段)、高さ5mの二段式の円墳です。 当初は、盗掘を逃れて残っていた銅鏡などから7世紀末から8世紀初めの終末期のものと推定されていましたが、2005年の発掘調査によって、藤原京期(694年~710年)の間と確定されました。 被葬者は特定されておりません。

この明日香村は、あちこちに歴史的遺産が広がって、見どころ満載。でも、道路が狭いのです。当然、開発が極力制限されているのでしょうね。

古墳とビニールハウスが点在。夫は、ビニールハウスを古墳と間違えていました。(苦笑)

ここは気候の良いときに、レンタサイクルを借りて、回るのが最適かと思われます。いつも、車ばかりを頼りにしている私は、反省しました。

これで、奈良の二泊三日の旅は終わり。

今回は、かなり駆け足で、あちこちを回りました。充実した旅でしたが、もう少し深く、見て回りたかったと反省しています。正直、こんなに古い歴史に触れることができるとは思ってもいず、感動することばかりでした。

桜の咲くころは、吉野山を中心に奈良は大賑わいですが、もう一度、訪れたいと思っています。

200pxhyakuninisshu_061_2

2017/01/08

古都奈良の旅   岡寺さんの鐘楼と五重塔

Img_7897


Img_7898

正確な建立年代は不明ですが、梵鐘には文化5年(1808)と刻まれており、建築様式などから本堂と同時期に再建されたものと思われます。

立派な鐘楼でした。そして、自由に突いてよいとのことでしたので、つかせていただきました。だめなところもあるのですよね。突く時間が決まっていて、勝手な時間に鳴らすと、人心を惑わすことになります。(^^;)

Img_7910

Img_7909

三重塔も見事でした。文明4年(1472)7月21日の大風により倒壊してしまって、ながらく、復興されなかったのですが、
昭和61年に実に514年ぶりに再建されたそうです。

Img_7908_2

岡寺から、みた、明日香村の風景。


2017/01/07

古都奈良の旅 西国第7番 岡寺 『東光山 真珠院 龍蓋寺』

Img_7892


Img_7894


Img_7895


Img_7896


Img_7899


Img_7901


Img_7904


Img_7906


Img_7912


Img_7913


時代は少し新しくなりまして、と言っても、史料上の初見は天平の時代。

『東大寺要録』「義淵伝」、『扶桑略記』等によれば、天武天皇の皇子で27歳で早世した草壁皇子の住んだ岡宮の跡に義淵僧正が創建したとされる。この時、同時に龍門寺なども建立された。史料上の初見は、天平12年(740年)7月の写経所啓(正倉院文書)である。

http://www.okadera3307.com/index.html
岡寺のHPには、草創1300年となっています。現在は、長谷寺の末寺だそうです。

ここは、紅葉とシャクナゲが有名で、紅葉が、やはり少し遅かったのですが、綺麗でした。

日本初の厄除け霊場となっています。

岡寺さん、厄除け観音。

あれ?どこかで聞いたような。そう、私の生まれ故郷の松阪市に厄除け観音で有名な岡寺さんがあるのです。
てっきり、何か縁があるのかと思いましたが、全く、関係はないみたい。(^^;)

http://www.okadera.com/
岡寺山継松寺

どちらも、日本最初の厄除け霊場。草創期も同じような時期になってます。

2017/01/06

古都奈良の旅 飛鳥路 石舞台

Img_7873


Img_7876


Img_7877


Img_7880


Img_7882


Img_7883


Img_7884


Img_7885


Img_7886


Img_7891


談山神社から、県道155号線をまっすぐ西に走ると、古墳時代後期から飛鳥時代の史跡が満載の明日香村に入ります。

まずは、石舞台古墳。

石舞台古墳(いしぶたいこふん)は、奈良県明日香村にある古墳時代後期の古墳。国の特別史跡に指定されている。 元は土を盛りあげて作った墳丘で覆われていたが、その土が失われ、巨大な石を用いた横穴式石室が露出している。埋葬者としては蘇我馬子が有力視されている。

写真を見てもらうとわかるように、まさに石舞台です。「古墳って、土で覆われているものじゃないのかな。」と思ってましたが、土が失われて、石室が露出したのですね。それで、かえって、この全景がこうしてみることができます。

ずーと以前に、この石舞台を訪れた知人が、「石舞台って、大きな石がごろんと転がっているだけよ。」なんて言っていました。それもあって、なかなかここ訪れる機会がなく。。。(^^;)

今思うと、なんと、無知な。。。(*´Д`)

日本の古代の歴史に興味ある方なら、一度は訪れる価値のあるところです。京都とは違った、素朴な奈良の魅力がいっぱい詰まっている場所です。

ここの被葬者は、蘇我馬子が有力視されています。

被葬者は蘇我馬子であったとする説が有力である。『日本書紀』の推古天皇34年(626年)5五月の条に「大臣薨せぬ。仍りて桃原墓に葬る」とあり、大臣は、蘇我馬子を指している。封土が剥がされ、墓が暴かれたのは、蘇我氏に対する懲罰ではなかったかとする説もある。

ただし、異説があり、奈良大学の水野正好は、石の種類、築造年代などから蘇我稲目説を唱えている。
また、三重中京大学名誉教授の上野利三は石室の壁に「馬子墓」の文字が刻まれており、肉眼でも確認可能との説を主張している。

この飛鳥の里で、額田王が恋をして、あの有名な句。

「あかねさす紫野行き標野(しめの)行き  野守は見ずや 君が袖振る」
を読んだのでしょうか。

もっとも、これは近江の里蒲生野での狩猟の時とか、書いてあるので、この明日香村ではないのかもしれないですけど。それでも、私の心は、古代人の姿をこの広い野山に追ってます。(笑)

http://www.k4.dion.ne.jp/~skipio/21essay2/Jitou&Nukata-ookimi.htm

額田王と鵜野讚良
古代に咲いた二人の女性

個人の方のHPに興味深いお話が載ってました。


Img_7888


Img_7889石棺の復元です。日本の古代にこんな綺麗な石棺が作られていたのです。

2017/01/04

古都奈良の旅 「談山神社」の縁起

談山神社の御祭神は藤原鎌足公です。

御祭神 藤原鎌足公 舒明・皇極二代の天皇の世、蘇我蝦夷と入鹿親子の勢力は極まって、国の政治をほしいままにしていました。 この時、中臣鎌子(後の藤原鎌足公)は強い志を抱いて、国家の正しいあり方を考えていました。

たまたま飛鳥の法興寺(今の飛鳥寺)で蹴鞠会(けまりえ)があったとき、
聡明な皇太子として知られていた中大兄皇子(後の天智天皇)にまみえることができ、
西暦645年の5月、二人は多武峰(とうのみね)の山中に登って、「大化改新」の談合を行いました。
後にこの山を「談い山」「談所ヶ森」と呼び、談山神社の社号の起こりとなりました。

ここに鎌足公は真の日本国を発想し、日本国が世界に誇る国家となるため、一生涯を国政に尽くしました。
天智天皇8年(669)10月、鎌足公の病が重いことを知った天智天皇は、みずから病床を見舞い、
大織冠(たいしょくかん)を授けて内大臣に任じ、藤原の姓を賜りました。
藤原の姓はここに始まります。

鎌足公の没後、長男の定慧和尚は、留学中の唐より帰国、父の由縁深い多武峰に墓を移し、十三重塔を建立しました。
大宝元年(701)には神殿が創建され、御神像をお祭りして今日に至ります。


すごい!!

神話に近い時代のお話に触れて、背中がぞくぞくして緊張しました。(笑)

「大化の改新」談合がここの山で行われたのです。


Photo

平成17年の新聞記事が見つかりました。今から10年以上前、明日香村で、蘇我入鹿の邸宅の一部ではないかと言われる建物跡が見つかっています。

この談山神社の「多武峰縁起絵巻」には、その栄華をふるった蘇我入鹿を打つために中大兄皇子と藤原鎌足の談合の場、そして、蘇我入鹿を打ち取る場面が描かれています。

Imgp6965


Imgp6966


Imgp6967

拝殿の中は見学でき、写真も撮ることができます。
あまり綺麗に撮れなかったので、ネットに公開されている画像をご覧ください。

多武峰縁起絵巻の画像

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%A4%9A%E6%AD%A6%E5%B3%B0%E7%B8%81%E8%B5%B7%E7%B5%B5%E5%B7%BB&espv=2&biw=1920&bih=950&tbm=isch&imgil=nsanULTDKrWm4M%253A%253B68t2INhZSkIO8M%253Bhttp%25253A%25252F%25252Fwww.tanzan.or.jp%25252Fbunkazai.html&source=iu&pf=m&fir=nsanULTDKrWm4M%253A%252C68t2INhZSkIO8M%252C_&usg=__785Teq-_Gq13rjL96b3foi-UrgM%3D&ved=0ahUKEwjMlay96KXRAhVGoZQKHVF8CZgQyjcILA&ei=hoNrWMy6HsbC0gTR-KXACQ#tbm=isch&q=%E5%A4%9A%E6%AD%A6%E5%B3%B0%E7%B8%81%E8%B5%B7%E7%B5%B5%E5%B7%BB

神社に展示してある多武峰縁起絵巻は、江戸初期に住吉派の祖、住吉如慶、具慶の親子に寄る写本です。室町時代初期の制作による根本縁起は、奈良国立博物館に寄託されています。


多武峰縁起絵巻以外にも安土桃山時代/狩野重信筆の三十六歌仙扁額も見ることができます。
http://www.tanzan.or.jp/bunkazai.html

2017/01/03

古都奈良の旅 「談山神社」

Imgp6945


Imgp6949


Imgp6952


Imgp6953


Imgp6957

Imgp6964


Imgp6972


Imgp6987


Imgp6996


Imgp6976


Imgp6977

Imgp6980


Imgp6981


古の奈良の都を訪ねての旅、三日目は、まず、桜井市多武峰にある談山神社です。
http://www.tanzan.or.jp/

ここは、桜と紅葉の名所で、カエデは約3000本もあり、桜も樹齢600年の淡墨桜が有名。
私たちが訪れた時は、ここも、ちょっと、紅葉には間に合わなかったようです。(*´Д`)

Imgp6946

入り口に案内図がありましたが、HPにもっと詳しい絵図がありました。

http://www.tanzan.or.jp/image/map1_0.jpg


談山神社バス停の駐車場から回るほうが、十三重塔を中心に神社の全体の絶海が眺められるので、そちらがお勧めです。この地図を印刷していけばよかったんですけど。。。

談山神社のシンボル十三重の搭。
享禄5年(1532年)再建で、国の重要文化財建造物
現存する唯一の木造十三重塔です。

Imgp6956


「日本建築史研究所 松谷 洋 氏」のサイトにもっと詳しく載っています。これをみると、もうすこし、じっくり、見てくればよかったと、少し後悔。(^^;)

http://www010.upp.so-net.ne.jp/teiryu/Nr22.html


2017/01/02

若草山に陽が登る

新年三が日は、三月のような気侯だそう。
初日の出も各地で拝めたようですね。

我が家も、二階の窓に朝日を入れて、初日の出を拝みました。(笑)

Img_20161203_065314971

画像は若草山からの日の出の様子。


奈良旅行の宿泊先、かんぽの宿「奈良」https://www.kanponoyado.japanpost.jp/nara/には、展望室があります。

ここから、若草山が見えるのです。

この画像は、12月3日。奈良地方日の出は、6時47分。
ちょうど、朝食バイキングが始まる前。(^^;)

私は、バイキングは、早くいかないと嫌な方で。。。(^^ゞ

もう、陽が昇ったところですね。
折角の日の出が、クレーンで邪魔されてます。(*´Д`)

宿の前は、平城宮跡。
ここは、奈良県の管轄かと思ったら、国の管理の下に整備しています。

国営平城宮跡歴史公園http://www.kkr.mlit.go.jp/asuka/heijo/

これだけ広大な跡地が更地で残っているので、出来る限り、古の大和を再現して欲しいですね。

2016/12/29

古都奈良の旅 「春日大社」

古の奈良の都の旅、二日目の最終は、春日大社。http://www.kasugataisha.or.jp/index.html
ここも、外国人観光客が多いです。

1.春日大社二の鳥居と世界遺産の石碑
Imgp6938

2.狛犬 
Imgp6939

「岡崎現代型狛犬」だそうです。昭和43年(1968)10月吉日建立に個人が建立されたもの。それほど時代があるわけではなく、しかも、個人が建立されたということに少し驚きました。

でも、既に50年近く、風雨の中、神様をお守りしているわけです。

狛犬ネットhttp://komainu.net/
狛犬のことを調べていたら、こんなサイトがありました。(^^♪
確かに、狛犬って、何かしら人を引き付けるものがありますね。

800年を経て初公開http://guide.travel.co.jp/article/18858/

春日大社は、平成27年・平成28年第60次式年造替(しきねんぞうたい)が行われていて、11月にちょうどすべて完了したところでした。

それに合わせていろんな特別公開が行われていたのです。

3.春日大社 南門 本社の正門 高さ12メートル二階建て楼門。
Imgp6924

4.中門・御廊 本殿のすぐ前に立つ高さ10メートルの楼門。左右に延びるのが御廊
Imgp6925

5.
Imgp6927

6.
Imgp6928

7.
Imgp6930

8.
Imgp6931

9.中門を正殿からみたところ
Imgp6933

10.
Imgp6935_2

Imgp6934
第60次式年造替(しきねんぞうたい)の記念行事として、140年ぶりに非公開の末社も拝観させていただきました。

残念なことに、宝物殿がお休みで閉まってました。( 一一)

ガラス越しに写してきた鼉太鼓 

Imgp6940

鼉太鼓は野外の舞楽演奏に用いる大型の太鼓。春日大社には国重文の鼉太鼓があり、鎌倉時代に源頼朝が寄進したとされる。今展示されているのは、1976年制作の複製品で、火炎をかたどった装飾板に竜と鳳凰(ほうおう)が彫られている。重文の鼉太鼓1対は修理中で、2年後に複製品とともに展示される。

2016/12/28

古都奈良の旅 「奈良公園を散策」

興福寺を後にして、今度は春日大社を目指します。

1.春日大社一の鳥居
Imgp6912

一之鳥居から御本殿までのご案内http://www.kasugataisha.or.jp/guidance/keidai-map1.html

この図を見ると、一の鳥居から、まっすぐ、ご本殿に参道が続いていますが、私たちは、少し回って、鷺池の浮見堂を見てから、春日大社ご本殿に参ることにしました。

2.料理旅館「江戸三」

Imgp6913

奈良公園の中に、こじんまりした数寄屋風の離れが何軒か建っています。
これが、明治40年創業、志賀直哉や小林秀雄にらに愛された料理旅館。

近くに鹿苑があり、鹿がたくさんいます。鹿が窓から顔を出すかも。(^^;)

3.鷺池に浮かぶ浮見堂

Imgp6915

4.

Imgp6918

紅葉には少し遅かったかな。

お天気は最高で、青空が広がっていました。それがかえって、露出が難しく、下手な写真になってしまった。(^^;)
最近は、手抜きで、フィルターも使わない。ちょっと、反省です。

5.浮見堂を後に、春日大社の参道に戻ります。

Imgp6920


2016/12/26

どこかで見たような

Imgp6889

興福寺の五重塔ですが、画像の整理をしていて、「あれ、よく似てる。」と思いました。
テレビの二時間ドラマによく出てくる、八坂の五重塔の感じ。(^^;)

たぶん写真を撮って来ているので、探したのですが、残っていませんでした。

生活空間の中に、五重塔が常にあるというのは、なんか羨ましいですね。