2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

2017/10/21

乗鞍高原 雲海が広がる

Img_8930


Img_8931


Img_8938


Img_8942


Img_8948


Img_8955


Img_8956


Img_8959


Img_8960


Img_8967


バスの窓からしか撮れなかったので、窓の影が映り込んだりで、ちょっと、いまいち。
折角のチャンスだったのですけどね。

多くのアマチュアカメラマンがカメラ担いで歩いていました。

2017/10/20

畳平へもう一度、挑戦。

奥飛騨乗鞍高原の旅、最終日。
もう、帰り道をゆっくり行くだけで、特に予定はしていなかったので、再度、畳平まで行くことにしました。

休暇村の前に、駐車場のある乗鞍高原観光センターと乗鞍山頂(畳平)とのシャトルバスのバス停があるので、便利です。

しかし、朝は、下の画像のように霧が発生。

Photo

8時6分のバスで行くつもりが、1時間遅らせました。それでも、霧は晴れません。
どうしようかと相談していたら、山頂は快晴の朗報が!!

やったー!!
この霧の上が快晴と言うことは、雲海を見ることが出来る可能性が濃厚です。

バス停に並びました。結構な人数です。下から来るバスは多くの人が乗っているので、もしかしたら、補助席になるかもと心配しましたが、三台も連なってきてくれたお陰で、補助席に座ることはありませんでした。頂上に行くまでが紅葉が見事なので、窓から見ることが出来ないと、がっかりですからね。


まだ、こんな具合に霧が充満。

Img_8899

30分ぐらい走ると、霧も晴れて、紅葉がよく見えます。乗用車の窓から見える景色とは、だいぶ目線が違って、綺麗に見えます。

Img_8903


Img_8904


Img_8909


Img_8910


Img_8915


ほら、頂上に近くなってきたら、雲海が見えてきました。もう少し上に行くと、もっと綺麗に見えます。続きは明日。(^o^)

Img_8921


Img_8924


2017/10/17

上高地 焼岳の雄姿と清らかな梓川の流れ

Imgp8602


Imgp8607


Imgp8615


Imgp8620


Imgp8624


Imgp8628


Imgp8629


Imgp8632


Imgp8635


Imgp8640


Imgp8643


Imgp8648


乗鞍高原畳平は雨模様でしたが、上高地はこうして雨が上がって、青空も見えました。紅葉には少し早いようでしたが、それでも、焼岳の雄姿と清らかな梓川の流れが撮れました。

上高地帝国ホテルから、田代橋を渡って、梓川沿いを歩きました。雨が多いと、さすがに流れも濁ることがあるそうですが、透明度の高い綺麗な川。

上高地の歴史と年表http://www.kamikochi.or.jp/about/history/

上高地は、昭和50年から、マイカー規制が始まったのですね。これは、慧眼と言うべきでしょう。この美しい自然は、いつまでも残していきたいものです。

2017/10/16

貸切バスツァー旅Q 「乗鞍畳平と上高地」

秋雨前線の影響で、また、雨ばかりの日が続いてますね。せっかくの行楽シーズンなのに。。。今年はほんとに雨が多い。
でも、振り返ると、私たちが奥飛騨、乗鞍の旅に行ったときは、まだ、お天気が安定していたときでラッキーでした。

今回の奥飛騨と乗鞍高原の旅のメインイベント?は休暇村企画のバス旅です。

休暇村の会員になると、半年ごとに、倶楽部Qと言う冊子を送ってくれます。そこには、全国の休暇村の宿泊プランが載っていて、会員には特別割引プランというのも提供されています。見るだけで、旅心を誘われてしまい楽しい。

そして、最近は、休暇村のバスツアー「旅Q」というのも企画しています。

この企画の中で、午前中、乗鞍畳平、午後は上高地というプランがあったので、今回それを利用しました。
乗鞍畳平も上高地もマイカーの乗り入れは禁止ですから、駐車場からバスに乗り換えというのは、不便ですよね。

休暇村から朝出発して、また、休暇村に戻り、温泉に入って食事。楽です!!


乗鞍畳平に出発の朝、この天気。(´д`)

Img_8858

畳平は少し雨模様。今から、30年以上前、まだ、マイカーで登れた頃には、二、三回訪れています。半分雨で半分快晴。中には、四回来て、全部雨だったと嘆いていた人もいらっしゃいます。山の天気は、難しいですね。

Img_8862

バスの中はほぼ満員。後ろ姿で、年齢層が分かりますね。(^▽^)

Img_8866

次の二枚は、大正池。もう、あの湖にたたずむ枯れ木の姿はありません。これは仕方が無いですね。
この大正池で降りる方もありましたが、私たちは、上高地帝国ホテルの前まで行きました。
歩けないもの。(^0^;)

Img_8870


Img_8873


上高地帝国ホテル。とても泊まることは出来ないので、昼食だけ頂きました。カレーライス。コース料理も、奈良ホテルと同じ値段で、それほど高くはなかったです。逆に、カレーは高かった。サービス料まで取られます。(苦笑)

Imgp8598


2017/10/14

乗鞍高原 「一の瀬園地 どじょう池」

Imgp8587

どじょうが住んでいるのでどじょう池と名付けられたそうです。この池は、池と名が付いていましたが、水があるのかどうかも分からない。でも、歩くとズボズボと沈みそう。だから、どじょうも住みやすいのかも。

乗鞍高原には、こうした伏流水で出来た池や乗鞍岳に降った雪が溶けて流れる滝が多く存在して、未だに知られていない池もあるようです。


Imgp8577

高山植物のマツムシソウ。
遅れて咲いていました。可憐な色合いと姿が美しいですね。


Imgp8590

なんという木の実なのか、さっぱり分からないのですが、綺麗に紅葉してました。
美味しそうですね。(^o^)

2017/10/13

乗鞍高原 「一の瀬園地 まいめの池」

Imgp8562


Imgp8569


Imgp8575


晴れていると乗鞍岳が水面に映って、綺麗なのだそうですが、この日は、残念ながら曇り空。
水がとても澄んでいて、池の底がはっきり見えるくらいです。

実際は、もっと、綺麗なのですが、やっぱり青空でないとだめなのかな。それとも、腕が悪いのか。。。( ̄。 ̄;)
あの感動的な水面がいまいちお伝えできないのが残念です。

2017/10/12

これなんだろう?

Imgp8550

乗鞍、一の瀬園地を散策中に見つけました。

これ何かわかりますか。

熊よけ。
これにもう一つ小さな金属の棒が付けてあって、それで、この太い棒を叩きます。

「キンキンキーン」とならして、「ここに私たちがいますよ」って、熊さんにお知らせする役目です。

2017/10/10

一の瀬園地  「善五郎の滝」

Imgp8525


Imgp8528


Imgp8529


Imgp8534


Imgp8536


Imgp8538


Imgp8547

二日目は、曇り空。

休暇村乗鞍の周辺に、こうした歩いて回れるコースがあります.私たちは、車で、回りました。(^0^;)

紅葉も、かなり進んでいて、綺麗でした。京都や奈良と言った楓の紅葉の名所も良いですけど、こうした自然の中の赤や黄色の紅葉も、良いですね。子供の頃は、秋になると山に登って、キノコ狩りに家族で行ったことが懐かしく思い出されます。

この乗鞍高原は、この高さくらいまでは、熊の生息地。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
正直、ちょっと、怖いのです。


乗鞍高原エリア/一の瀬園地周遊コースhttp://youkoso.city.matsumoto.nagano.jp/walkingguide/cource34
こちらのリンク先に下の地図の大きいのがあります。

Norikura


2017/10/04

乗鞍高原「畳平」 リベンジ

続きを読む "乗鞍高原「畳平」 リベンジ" »

2017/10/03

上高地

晴れました。(*^_^*)
1507008288793.jpg

1507008297592.jpg