2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

2017/07/23

朝顔が咲きました!! そして、放送法第4条

Img_8472


今朝、朝顔が5つ咲いていました。

今年初めてです。

間引きしなかったので、混み混みで、おはながちょっと小さい。
段々、手抜きが多くなっていく。(^0^;)

もう、「何年か種を取っては、翌年に撒いて」を繰り返しているので、色がこの色しか無くなってしまいました。確か白もあったのだけど。。。


さて、相変わらず、テレビ局では、連日、安倍内閣打倒の為の印象操作が続いています。ところが、先日、蓮舫がついに、戸籍謄本の一部を公開しました。日本国籍を選択する宣言が、平成28年10月7日です。このニュースは何処も取り上げていません。

彼女は、昨年からずーと自分の国籍について、日本国籍ですと言い続けてきましたが、やっぱり嘘で、二重国籍だったのです。あるいは、三重かも。。。と言う話も。

http://anonymous-post.com/archives/9764

日本人と外国籍の両親との間に生まれた子供は、20歳になると、どちらの国籍を選択するのか宣言しなければ、なりません。

22歳までにそれを怠ると、日本国籍が失効する場合がある。

結局、蓮舫は、30年もの間それを怠り、二重国籍のまま、選挙に出馬し、大臣になっていました。立法府の人間が、法律を犯して平気でいると言うことは、大変な問題です。

しかも、謝罪会見でありながら、話を別にすり変えている。

まあ、蓮舫の問題は、まだまだ、疑惑が深まったばかりで、解決にはほど遠いです。また別のときに書きたいと思うのですが、これ以上に大きな問題は、マスメディアがほとんど報道しないこと。その上、この嘘つきを擁護するメディアまである。

なんか日本のメディアオカシイですね。安倍政権の疑惑でもないものを、如何にも、何か問題があるように捏造して、世論を煽り、倒閣を図っている。

先日、Twitterで、このようなことを投稿している人がいました。

http://blog.livedoor.jp/ddmp/archives/1066798850.html


(中韓嫌い氏ツイートより)

テレビ朝日アナウンス室長大下容子、

「蓮舫二重国籍問題を一切報道しないのは何故か」

旨の視聴者メールに、

「報道しない権利と自由、これが我がテレビ朝日の正義」

「(このことに)文句がある人は日本人として恥、今後一切テレビ朝日を見ないで欲しい」

旨発言。

テレビ朝日系列のワイドスクランブルに出てくる、よく言えば素朴、悪く言えば泥臭いおばさんアナウンサーです。

この話題は、実際のスクションが無いので、事実かどうかは、よくわかりません。事実、こんなことを言い放ったとすれば、とんでもないことですが、現実に,言わなくても、この通りのことを実行している。\(*`∧´)/


以前に、大問題になった椿事件以上に今のメディアの倒閣運動は、えげつない。そろそろ、NHK始め各放送局を放送法4条のもとに、取り締まりをして欲しいものです。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

この大下容子の発言というものは、放送法遵守を求める視聴者の会で、検証して貰った結果、この発言は確認できなかったそうです。

ただ、「放送しない自由」を行使しているのは間違いの無い事実ですけどね。それが、法に照らし合わせてるされるものではないことを、この連中に、思い知らせて欲しいと思ってます。

2017/07/18

報道されない不自由「福島産品の為に安倍総理が全力で為されたこと」

Eu_3


平成29年7月6日
日EU共同記者会見http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2017/0706kaiken.html

【安倍総理冒頭発言】
 3月に引き続きまして、ブリュッセルを訪問し、5月のG7サミット以来、本年3回目となる協議をトゥスク欧州理事会議長及びユンカー欧州委員会委員長と実施いたしました。
 日本としてはアベノミクスによる経済成長の大きな柱として、EUとのEPA(経済連携協定)を極めて重視してきました。
 日本とEUはぎりぎりまで交渉を行い、本日、これまで4年3か月にわたり交渉を続けてきた日EU経済連携協定及び戦略的パートナーシップ協定の大枠合意に至ったことを首脳間で確認いたしました。今回、大枠合意の実現を発表できることは大きな喜びであります。

              『中   略』

 私から福島県産等食品に対する輸入規制の緩和を要請したところ、先ほどユンカー委員長から前向きな対応をするとの強い意思表明をいただいたことについて、高く評価したいと思います。
 今般、日EU間の個人データ越境移転に関し、日EU双方の制度を前提として、相互の円滑な移転の枠組みを来年早々には整備することを目指す政治宣言を発出したことを、喜ばしく思います。


【日欧EPA】快挙!安倍総理の尽力で福島の農産物がEUに認められる!http://nakayoshi-togi.com/post/579

2017年7月6日、EU首脳協議に安倍総理が出席し、日欧EPAでの福島の農産物の輸入について合意を得たそうです。


Fukupng


Fuku2png


日本で、閉会中集中審議がなされていたとき、安倍総理がどうして出席しないんだとか、外遊で逃げたなどと、とんでもないことを言っている一部がありましたが、そうりは、G20の出席はもちろんEUとの大事なEPAの最終交渉に臨まれていたのです。

『5月のG7サミット以来、本年3回目となる協議をトゥスク欧州理事会議長及びユンカー欧州委員会委員長と実施いたしました。』

マスコミの陰謀で,毎年総理が替わっていたときと違って、安倍総理の安定政権のお陰で、首脳交渉を何度も重ねることで、こうして、信頼関係を勝ち取り、放射能汚染のいわれなき汚名をそそぎ、ようやく、EUが福島産品を購入してくれることになりました。

勿論、EPAの交渉で、輸入チーズだとかの農産品が入ってくることで、日本の農業も打撃を受けるかもしれませんが、日本の農産品は美味しいし,安全なものばかり。休耕田で、コスモスやひまわりを咲かしている場合じゃないと思います。

もっと、休耕田に対する対策を考えて、農業の効率化を図り、世界に日本の農業の力を見せつけることも必要じゃないでしょうか。

今までのように、保護ばかりを考えてきたから、成長もなく、後継者不足による、休耕田が広がるばかりなの見ていると、すごく寂しい気がします。

2017/07/13

NHK島田敏男解説委員の大嘘

DAPPI@take_off_dress 島田敏男「国家戦略特区という新しい仕組みを作り、真っ先に恩恵を受けたのが総理の友達!国民は釈然としてない!」

特区が加計学園の為に作られたと印象操作する島田敏男。

これまで特区で行われてきた様々なことは無視ですか?
事実を隠し印象操作する #NHK に受信料を払いたくない!

「安倍内閣と国民の視線」(くらし☆解説)
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/275262.html

★やはり加計学園の問題は簡単ではないですね?

◇国家戦略特区という新しい仕組みを使って、真っ先に恩恵を受けたのが総理大臣の親しい友達だったという点に、国民は釈然としないものを感じています。
◇これを解消するには、過去に例のない徹底した調査を行って具体的な問題点を探り出し、安倍総理自身が謙虚な姿勢で国民に説明することだと思います。口先だけではだめです。


ここで、国家戦略特区とは、何かを見て下さい。

島田敏男は、真っ先に恩恵を受けたのが、安倍総理の仲が良い加計学園だったと言ってますが、国家戦略特区は、愛媛の獣医学部だけではありません。他の都府県の知事なども、盛んに、特区の活用でとかいってますよね。

下の囲みは、首相官邸HPのもの。

国家戦略特区における規制改革の推進

国家戦略特区は、産業の国際競争力の強化及び国際的な経済活動の拠点の形成に関する施策の総合的かつ集中的な推進を図るため、2015年度までの期間を集中取組期間とし、いわゆる岩盤規制全般について突破口を開いていくものです。2016/09/15No6_1


国家戦略特区 | 首相官邸ホームページhttp://www.kantei.go.jp/jp/headline/kokkasenryaku_tokku2013.html

Map_kokusentoc

http://hosyusokuhou.jp/archives/48796857.html
こちらの記事を読んでいただくとよく分かります。

N1gstkx


この上の表は、記事にもありますが、これだけの国家戦略特区があります。加計学園はそのうちの小さな一つです。

加計学園問題、国家戦略特区が悪いのではないhttps://news.yahoo.co.jp/byline/komazakihiroki/20170606-00071771/

こちらは、国家戦略特区を利用して、病児保育サービスの拡充を目指しているNPO法人の駒崎弘樹さんのお話です。

【内閣府が急かすことは悪いことか】

今回、加計学園の案件において、内閣府が「平成30年4月開学を前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、共有いただきたい。官邸の最高レベルが言っていること」と文科省のお尻を叩いたことが問題視されています。

「官邸の最高レベルが言っている」と内閣府が言うこと自体は、国家戦略特区が総理をトップとする仕組みなので、全く問題がないことは、先日の記事でお伝えしました。

【嫌われる国家戦略特区】

官僚の世界には、省庁間で厳密にナワバリに線が引かれていて、それを犯すことはタブーです。しかし、国家戦略特区は、そのタブーを犯し、省庁の縄張りにヨソ者が入っていて、「これおかしくない?」「意味あるの、これ?」とツッコミを入れていくわけです。

国家戦略特区およびその担当者が、改革される側の省庁から嫌われるのも、よく分かります。けれども、では嫌われることは悪いことでしょうか?

いえ、省庁に嫌われてでも、やらなきゃいけないことは当然あるのです。保育士試験は2回にしたことで、2回目試験合格者は保育士資格取得者の10%まで伸びました。

僕も特区担当者も厚労省から嫌われていますが、保育士不足の今、やった方が社会にとって良かったのは明白だったと思います。


結局、今回の加計学園問題は、何度も書いていますが、省益?省庁の縄張りを守ろうとする文科省と仕事をしない文科省に業を煮やして、発破をかけた内閣府との軋轢だったわけです。一年半も仕事をしないで棚上げにして、出会い系バーに出入りしていた前川助平が悪いのですけどね。

それにしても、加計学園の獣医学部はフェィクニュースをまき散らす、NHKや朝日新聞など大手メディアと屑民進党の為にす寸でいません。

国家戦略特区の一番に恩恵を受けたのが、安倍総理のともだちだった加計学園などとは、NHKの島田敏男は全くの大嘘つきです。

2017/07/12

加計問題、なぜか報道されない「当事者」前愛媛県知事の発言

加計問題、なぜか報道されない「当事者」前愛媛県知事の発言https://news.nifty.com/article/domestic/society/12144-302992/

2017年7月10日に行われた学校法人「加計学園」をめぐる閉会中審査で、インターネット上の注目を集めたのは、一連の疑惑を告発した前川喜平・前文科次官の発言ではなく、愛媛県今治市への獣医学部誘致を進めた加戸守行・前愛媛県知事の約20分間にわたる訴えだった。

前川氏の「行政がゆがめられた」発言に対し、加戸氏は「岩盤規制に国家戦略特区が穴を開け、『ゆがめられた行政が正された』というのが正しい」と反論。さらには、今回の加計問題を報じるメディアへの批判も展開するなど、踏み込んだ発言の内容が賛否を広げている。

                                      J-CASTニュース
                       

7月10日に、閉会中集中審議と言うことで、一日、国会で集中審議が行われました。そのなかで、自民党の青山参議院議員の質問に答えられた前愛媛県知事加戸守行氏の訴えが、これを見ていた人達から感動と賞賛を浴びたわけです。

加計学園問題集中審議http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2017/07/post-1.html

7月11日の記事。

この当事者である前愛媛県知事加戸守行氏のお話を最初から最後まで聞けば、そのプロセスと四国に獣医学部新設の必要性そして悲願のことがよく分かるのです。

「獣医師が確保できない」

加戸氏は旧文部省OBで、愛媛県知事を1999年から2010年まで3期12年務めた。今治市への獣医学部誘致をスタートさせた「当事者」です。

国家戦略特区の獣医学部に、四国で、加計学園が選ばれたことが、一点の曇りも無い。
加戸氏の訴えに嘘も誇張も無い。

「私は、加計ありきではありません。たまたま、今治選出の議員と加計学園の事務局長がお友達だったからこの話が繋がってきて、飛びついた。これもダメなんでしょうか。お友達であれば、全てがダメなのか」 と主張。続く質問の答弁では、「本質の議論がされないまま、こんな形で獣医学部がおもちゃになっていることを甚だ残念に思う」とも述べた。

さらに加戸氏は、加計学園問題をめぐるメディア報道にも不満を漏らした。これまでに受けた取材について、「都合のいいことはカットされて、私の申し上げたいことを取り上げて頂いたメディアは極めて少なかったことは残念」だと指摘。

その上で、国家戦略特区諮問会議の民間議員が6月13日に開いた記者会見で、加計学園の獣医学部新設のプロセスについて「正当」と結論付けたことを、加戸氏はYouTubeの動画で見たとして、

「これが国民に知ってもらうべき重要なことなんだなと思いました。あのYouTubeが全てを語り尽くしているのではないかな、と思います」
とも話していた。

加計学園・獣医学部新設 有識者が会見その1https://youtu.be/jtZyqqNpaOw
加計学園・獣医学部新設 有識者が会見その2https://youtu.be/ZP_7tPZl5M0

獣医学部新設 諮問会議の民間議員会見(2017.6.26)https://youtu.be/O9wSQgBamHE

加戸さんのおっしゃるyoutubeは、このyoutubeのことです。
これだけ、民間議員が記者会見を行い、新聞記者も質疑応答をしているにもかかわらず、何の曇りもないものをさも、何か怪しげなものがあると報道するのは、ほんとうに、朝日新聞はマッチポンプです。

私は、青山議員は、厚顔無恥の前川助平氏の週に三回の出会い系バー通い、そして、そこが暴力団の資金源となっていたと疑われ、警視庁生活安全課がずーと張り込みをしていたことを重点的に詰問されるかなと期待していました。(^0^;)

しかし、それは、前川助平の人間性の問題ではありますが、加計学園問題とは本質的にはずれますので、それは、行われず、加戸さんの「今治市への獣医学部誘致」の熱意を語らせた青山さんの手腕は秀逸でした。

でも、これをきちんと報道するテレビ局、新聞社がどれほどあるだろうとは思ってました。でも、あの、切々と訴える加戸さんを無視する曲があるのだろうかと思っていたら、NHK始め全部が無視。(´д`)


http://netgeek.biz/archives/99342

netgeekさんが、各テレビと新聞がどれだけの時間、どのように報じたかを纏めて下さっています。

下の図は、Twitterで、DAPPIさんが纏められて、ツィートされたもの。
Kake

これは、あくまでも、それぞれのニュース番組での報道。

酷いのは、いわゆる報道バラエティ。とくに最近のTBSのひるおびですね。加戸さんのことはいっさいとりあげず。

【閉会中審査】愛媛県前知事・加戸守行氏の心打つ切実な証言。 片山喜博「加戸・原英史さんは脇役」(・・;)【ひるおび】http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-2d9e.html

テレビに騙されないぞぉさんのブログ。こちらは、加戸さんの訴えを中心に書いてありますが、ひるおびでの「元民主党時代に総務大臣をしていた片山善博がなんか言ったようです。民主党時代に、この加計学園の獣医学部のことは、一つ、前進させたので、片山は事情を知っているはずですけどね。

でも、一番酷いのは、NHKの島田解説委員でしょう。

島田敏男「国家戦略特区という新しい仕組みを作って真っ先に恩恵を受けたのが総理の友達だった。この点に国民は釈然としないものを感じています」
動画があります。

国会中継をNHKが流した。当然、これを見ているはず。そしたら、こんな解説が出てくるわけがない。

国家戦略特区で、恩恵を受けたのは、成田市にもあります。
http://www.iuhw.ac.jp/about/medicine/

本学の医学部新設計画は、成田市と共同で「国際医療学園都市構想」を提案し、国家戦略特区の事業として去年11月、政府に認められました。

こちらにもあります。どうして、加計学園の獣医学部だけがここまで問題にされるのでしょう。

成田の国際医療福祉大学には、朝日新聞始め、多くのマスコミ関係者を大量に受け入れ、あの朝日新聞の木村も受け入れられいるからと言われています。

いま、日本のマスコミは、ブラックボックスの中にあります。


2017/07/11

加計学園問題集中審議

昨日の、閉会中集中審議のうち、自民党の青山議員の参考人質疑と加戸守行前愛媛県知事と前川助平前文部科学事務次官の答弁です。

この80歳を超えた、加戸守行前愛媛県知事が、愛媛の農畜産業の為に、なんとか公務員の獣医を養成したいという長い間の熱意を切々と訴えられています。

こんな素晴らしい答弁を、夕方のニュースは、民法は完全スルー。NHKは都合良く切り取り。

でも、NHKの中継は、多くの人が見ていました。自民党の質問者が青山繁晴さんと言うことで、多くのファンが見守っていました。そして、Twitter上では、加戸参考人の答弁に、涙が出たという声もでています。私もその一人。(^0^;)

この質疑応答の内容は、この「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」さんが纏められているとおり。以前からも何度か、このブログの引用をさせていただいてます。

テレビは、取り上げませんので、youtubeの加戸さんの部分だけでも、是非、拝聴して下さい。

獣医師会との利権で結託して50年以上も獣医学部新設の検討どころか、申請さえ片っ端から門前払いして潰してきた文科省は、国家戦略特区諮問会議で

「獣医師は足りている!農水省が言っているから間違い無い!獣医師がいかに足りているかは農水省に聞け!俺達は数字は出さない!」

「獣医師は足りているのだから、獣医学部を新設しようと申請するのなら申請側が需給予測を作ってこい!」

という事を本当にやったのが文部科学省の官僚共でした。

これで原委員は「挙証責任がひっくり返ってるじゃないか!」
と怒ったわけです。

「獣医師が足りているから獣医学部は絶対に認めない。だが数字は出さない。」
こんな事を2年間も言い続けたのが文部科学省です。

だからこそ国家戦略特区WG側は文部科学省を相手にするのを半ば諦めて、それでも一応文部科学省の立場を尊重して、2015年度内に獣医師の需給予測を出すように決定しました。

10年前に農水省は獣医師の需給予測について調査を行っており、その結果では東海、四国、九州などではすでに畜産系の獣医師が不足しており、今後はさらに不足が拡大していくという需給予測が出ていました。

そのため獣医師会と同じく利権で繋がっていた農水省は、これ以降は「獣医師は足りている」と主張するだけで
具体的な数字を出さないという戦略を採り続けました。

文部科学省もこれを知らないはずがなく、調査すれば不足している現実を裏付けることになるために、「獣医師は足りている。数字は農水省に聞け。俺達は知らない。」という無茶苦茶な主張を繰り返しました。

だからこそ国家戦略特区WGは呆れながらもそれでも彼らの立場を配慮して1年もの猶予を与えたわけです。

国家戦略特区WGの考えを受けて、安倍内閣は2015年6月30日に国家戦略特区についての閣議決定を行いました。

その中にはこうした一文があります。

-----
獣医師養成系大学・学部の新設に関する検討

・現在の提案主体による既存の獣医師養成でない構想が具体化し、ライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき分野における具体的な需要が明らかになり、かつ、既存の大学・学部では対応が困難な場合には、近年の獣医師の需要の動向も考慮しつつ、全国的見地から本年度内に検討を行う。
-----

ですが文科省は2016年3月の締め切りを過ぎても需給予測の数字を出しませんでした。

文科省側としてはとにかく「獣医師は足りている」の一点張りで、政府側が求めている数字を出さなければ政府は話を先に進められないだろうとそういう考えだったのかもしれません。

そして文部科学省は予定通りに「言われた数字を出さない」事を実行しました。

国家戦略特区WGの議事録は内閣府と文部科学省双方合意の上で、作成され公表されています。

そしてその議事録を読めば、2016年3月の段階で文部科学省が、獣医学部設置阻止を止められず、負けを確定させているわけです。

このことについては2016年9月の国家戦略特区WGの議事録でも確認ができます。

そして皮肉にもその後の創作である玉木文書では、サボタージュしすぎたことで内閣府から今治市の案件から外されつつあるとここに至っては農水省や首相のせいにしてでもこの案件に残るために、要求された数字を出そうと書いています。

創作の文書ですら文科省がサボりすぎた結果、文科省の顔を立てようとしていた内閣府側がキレて、文科省がこの案件から実質的に外されていることに慌てているのです。

だからこそ今治市の獣医学部設置については、本来は問題ですらない話でしかありません。
2016年春にもう文科省の負けで決着していた話なのですから。

しかしながら50年以上守ってきた利権のために獣医師会は、文科省、農水省、各族議員に手を回して対抗してきました。

そこで獣医師会と文部科学省は「1校だけ」という妥協案を示しました。

これを飲まないと設置を妨害されると考えた山本幸三大臣は、1校だけにするという条件を呑みました。

こうした事が決まった後の2016年10月に、「加計学園の獣医学部設置が認められるのなら俺も手を挙げとこう」と、京産大はとりあえず手を挙げた形です。

しかしながら、獣医師会が付けた1校だけという条件により排除されました。


ところが、獣医師会や前川喜平はこの「1校だけ」というのは安倍官邸側が勝手に言い出した事だと言い出しました。(←何という卑怯者)

だからこそ安倍首相が、獣医師会と文科省の「1校だけなんて言ってない。官邸が勝手に言ってるだけ」という主張を根拠に、「それだったら全国で獣医学部の新設を許可していくわ」と言ったわけです。


獣医師会と組んで暴れている民進党の加計学園疑惑調査チームが獣医師会に行ったヒアリングとやらを民進党HPに公開しています。

獣医師会の北村顧問とやらの発言だけでも、一ヶ月半の間にまるで違う事を言っている事がわかります。

-----
https://www.minshin.or.jp/article/111833
(2017年05月24日)

面会を終えて記者団の取材に応じた桜井座長は、北村顧問から概ね次のような話があったと説明した。

獣医師会としては、最悪仕方がないので1校に限ることにしてくださいとお願いしたが、基本的には獣医学部の新設には反対だ。苦渋の決断でやったのであって、獣医師会の要望があったから1校新設になったというのはまったく違う。


https://www.minshin.or.jp/article/112254/

(2017年07月06日)

今井共同座長は冒頭、5日に日本獣医師会を訪問して北村直人顧問(獣医師、元自民党衆院議員)からヒアリングを行った報告として、「安倍総理は獣医師のことについて何も知らないまま、ある意味好き勝手言っている」
「獣医師会は反対をしているので1校だけならいいと言ったつもりはない」

-----


獣医師会族議員として玉木雄一郎や福山哲郎、芝博一らは
利権を守りたいのでしょうけど、
以下の動画を見れば
http://youtu.be/bh_DNyDtcOE?t=2288

地元の民進党議員が畜産系獣医師の不足を数字を出して指摘し、獣医学部を増やしてくれという質問をしていることがわかります。
高井たかしにしても江田五月にしても、民進党議員だって今治市の獣医学部設置について国会で働きかけを繰り返してきました。

四国は四国4県の知事が共同で獣医学部設置を求めるなど、獣医師不足だからなんとかしてくれとずっと働きかけを行ってきたのです。
そして与党野党関係無く地元選出の議員にも働きかけを行ってきたわけです。

玉木雄一郎としては獣医師会との利権が守れるし安倍を攻撃できるし、俺様はヒーローになってるとでも考えて調子に乗っているのでしょうが、嘘を並べて民進党内の人間関係すらズタズタにしてでも、自分の利権を守りたいというこの一連の行動を考えると多少良く言っても人間のクズです。

2017/07/10

< #テレビが絶対に報道しないニュース >

台湾・蔡総統が九州の豪雨災害に日本語でお見舞いツイート「日本は台湾にとって大切な隣国と友人です。被災地が一刻でも早く復興できるようお祈りします」~ネットの反応「謝謝台湾」「謝謝!我将来的台湾旅行  日台友好」

http://anonymous-post.com/archives/9298

Taiwan

テレビでは、全く放送していないですが、台湾・蔡総統が、Twitterで、日本語でお見舞いを伝えて下さいました。こう言う隣国は大切にしていかなくてはいけないと思います。

もっと、テレビは、真実の報道に力を入れて欲しい。

真実と言っても、被災地に行って、相も変わらず、被災者の心を踏みにじり、迷惑をかけているのが反日メディアです。

http://www.moeruasia.net/archives/49581403.html

このたびの九州の豪雨は、痛ましい被害が出ています。

特に、幼い2歳の誕生日を目前の坊やを庇いながら妊婦さんが亡くなっています。本当に、怖かっただろうし、無念だっただろうに。。。幸せな生活が、一瞬にして途切れてしまいました。ご遺族の無念は計り知れないものがります。

出産間際で、里帰り出産のとき、不幸にも、巻き込まれてしまったのですね。

そのご葬儀の会場にマスコミが突撃して、受付の方に「遺族を呼んで」と頼んでいたそうです。
なんと、不謹慎な奴らでしょう。

このご不幸は、一斉に報道していますが、この鬼畜な行動を非難したツィートには触れていません。

2017/07/07

【虎ノ門ニュ-ス】安倍辞めろコールは『本来一般人は入れないはずの場所から起こった』

【安倍やめろコール】小川榮太郎氏「どうテレビが報じたか報道の問題。ここまで来ると完全な犯罪組織」 【虎ノ門ニュース】
http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-9b96.html

京都旅行の紹介に戻ろうとしたのですが、衝撃的な事実が、さくらにゃんさんの【テレビにだまされないぞぉⅡ】で解説されていたので紹介します。


虎ノ門ニュースの前半は、東京都議会選挙についてです。
ご覧頂きたいのは、後半部分の「小川さんに聞きたいQ&榮太郎」コーナー。

1時間10分あたりからです。赤い線を動かして下さい。


Hozonn


『安倍やめろコール』が起こったのはマスコミ席の真横。

あの部分というのはそもそも一般の演説を聞きに来る人は本来入れない(そうなんですよねー:有本) 
あそこは空白なんだよ、普段。普段空いてるわけ。

その空いてる場所になんでその活動家が入り込めているのか(安倍さん応援の人は入れない話)。

目の前であのコールをやるので、多分、演台にいた人達は自分の声か聞こえなかったレベルだと思う。
前の方で演説を聞きに行った私の知人が、とにかく総理が何言ってるか全く聞こえなかったと言っていた。

つまり、これ国民の声かという話。これは選挙妨害だし、状況を私もこれから調べますよ。

しかも籠池さんなんか出てきて、旦那さんはそこで100万円札を持ってね、この人は100万円オジサンですか?(笑) アベって名前がつく所に行って『安倍さん!100万円!』って言うのが彼の職業になっちゃったの!?ほんとに(笑)

そういう人間が、なんで大阪府から都議選の最終日に来て、それをカメラが映してって・・

彼を誰が連れてきたのか!?ですよ。彼が誰と一緒に来たんですか!?

こrれはTBSの関係者じゃないかという情報がネットで流れてるが、私はそれは調べてみるし、関係してると言われる人にこれから取材を申し込むつもり。

あまりにも露骨な一種の倒閣運動に、もしかすると大手テレビ局が関係した可能性がある。

単に画面の印象操作というような問題ではなく、選挙の応援演説の現場で関わっているとしたら、これはもはやどういう意味でも許認可事業の一般的な報道機関とは言えないね、そこまで行ってるとしたら。(やるんだね、そこまで:有本)

東京都議会選挙の演説会場に、大阪府の籠池夫妻が現れて、しかも、いわゆる「しばき隊」の連中のなかで、「安倍辞めろ!」コールは異常ですよね。

誰が、彼らをここまで連れてきたか。。。多くの人の想像通りなのですけど。

TBS成田事件というのがあります。https://ja.wikipedia.org/wiki/TBS%E6%88%90%E7%94%B0%E4%BA%8B%E4%BB%B6

「TBS の報道は実は過去、大きな過ちをたびたび犯してきた。その一つは成田闘争の折に起きた。 TBS は、左翼テロ組織のために警察の検問を受けない報道車両に武器」を載せて運び込もうとした。」

TBS成田事件(ティービーエスなりたじけん)とは、1968年3月10日に、成田空港建設反対集会取材のさなかTBSのドキュメンタリー製作スタッフのマイクロバスにプラカードを所持した集会参加者の三里塚芝山連合空港反対同盟の農婦7人と3人のヘルメットを着けた若い男性を乗せた事が発覚し、政府・自民党から非難・抗議を受け、計8人が処分を受けた事件である。

後のTBS闘争の原因の一つとなった。単にTBS事件、成田事件、(成田)プラカード事件、成田報道事件とも言われる。


1960年代から、すでに、TBSはこんなことをしていたのです。

本来なら、停波にしていれば良かったはず.。そうすれば、今のような傲慢な偏向報道を繰り返し、自分たちが権力者だと言わんばかりのテレビ局が林立することは無かったはず。

何はともあれ、小川栄太郎さんの真相究明を期待したいと思います。

2017/07/05

北朝鮮のミサイル資金

また、無法者国家、北朝鮮が、ミサイルを撃ち、それは、上空2500キロを大きく超え、やがて、大気圏に突入後、我が国のEZZに落ちました。

Odefault570


北朝鮮の弾道ミサイル、高度2500キロを大きく超える 約40分飛行

北朝鮮は4日午前、同国西岸から弾道ミサイル1発を発射した。ミサイルは2500キロを大幅に超える高度に達し、約40分間、930キロ飛んで日本の排他的経済水域(EEZ)に落下したとみられる。高度2000キロを初めて超えた5月のミサイルより約10分長く飛行したが、米軍は現時点で、大陸間弾道弾(ICBM)ではなく中距離弾道弾と分析している。

日本政府によると、ミサイルは午前9時39分ごろ発射。「2500キロを大きく超える高度」(防衛省)に達した。米軍は、37分間飛行して日本海に落下したとしている。韓国軍によると、飛距離は930キロだった。高度2000キロを超えた5月14日の「火星12型」ミサイルは、約30分、800キロ飛行した。

安倍晋三首相は官邸で記者団に、「さらに脅威が増したことを明確に示すもの」と指摘。7日にドイツで始まる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で、米国のトランプ大統領、韓国の文在寅大統領と会談し、北朝鮮に対する国際社会の圧力を強める考えを示した。安倍首相は、「中国の習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領にさらなる建設的な対応を取るよう働きかける」とも語った。


              2017年 07月 4日 15:06 ロイターより

                                                 

北朝鮮の「ミサイル技術」、金正恩政権で急速に進化https://jp.reuters.com/article/northkorea-missile-science-idJPKBN19P0H5

こちらのロイターの記事に、北朝鮮の「ミサイル技術」の急速な進化が表になっています。

今回、打ち上げたロフティド軌道と言われるものは、ミサイルの軌道を変えて、高く上げるもの。それを普通の軌道にすれば、すでにアメリカ本土(まだ、アラスカ?)に到達する能力を手に入れたと言われています。

日本人宇宙飛行士が滞在する宇宙ステーションより、遙かに高いところに打ち上げて、落下してくる。

しかし、これらの開発資金は、いったいどこから手に入れているのでしょう。

小泉純一郎が、北朝鮮に渡ったとき、一兆4千億円を貢いだ(朝銀救済)言われていることは書きましたが、他にも、色んなところから、北朝鮮に日本からお金が渡っているのです。

各地方自治体が朝鮮学校に補助金を出しているのは、ネットで非難ごうごうですから、ご存じでしょう。

http://hosyusokuhou.jp/archives/42971342.html 朝鮮学校への補助金‼️兵庫県がダントツ1位❗️血税を年間一億三千七百万円を朝鮮学校へ 垂れ流し‼︎日本国民の生活や年金は困窮し進学出来ない日本国民がいるのに、朝鮮学校は 日本の文部省認可で無い教師や指導しています。血税を投入する価値無し。


36c81f17


兵庫県は、特に補助金の額が多いと言うことで、これに反対する候補者が二人、先日の日曜日に投票が行われた知事選挙、現職に対向して立ちましたが、あえなく、8時ジャストに現職の再選が決まってしまいました。

無関心なのですよね。ネットでは、とても話題になっていて、もう少し、善戦すると期待されたのですが。。。

そして、東京都は、一応、不計上になっていますが、そのかわり、各保護者に補助金が支払われているのです!!

      1

大田区の区議会議員さんのツィート。小池知事は、都は払っていないと逃げるかもしれませんが、区単位で払っているのは、都知事から、区に補助金をやめるように言うことは出来るのだが、言っていないと、自民党参議院議員の和田政宗さんがいっていらっしゃいます。

これらは、日本国内にいる在日朝鮮人への補助ですが、これらは、すべて、北朝鮮に送られているのです。そして、なにより、日本敵視教育をしている朝鮮人学校にどうして日本の税金を補助しなくてはいけないのでしょう。

日本政府は現在、独自制裁として、北への送金は人道目的でかつ十万円以下のもの以外を原則禁止としている。報告なしで日本から持ち出せる現金の上限も十万円。

にもかかわらず、地方公共団体は、国の要請を無視して、税金を北朝鮮に送り続けているのと同じことをしているのです。

そして、ここに来て、大きな問題が浮上しました。

共同通信が北朝鮮制裁の「抜け穴」!? ――平壌支局運営費として多額の送金(選択出版
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170616-00010000-sentaku-soci

共同通信は日本のメディアとして唯一、平壌に支局を設置しているが、同社関係者によると、同支局の必要経費と称して年間一億円近い送金が認められており、北京駐在記者の移動や現地スタッフの雇用など支局維持にあてられている。ただ、相変わらず日本人特派員は

「中国総局がある北京から行ったり来たりの状態」(他の大手マスコミ記者)で、報道は現地職員頼り。そもそも二〇〇六年の同支局開設自体が、現在も裏で権力を保持する石川聰前社長の野心の残滓であり、社内でも「報道の制約は多く、高い維持費を垂れ流してまで継続する必要があるのか」(同社ベテラン)との声は絶えないという。


とんでもない話ですよね。


2017/07/03

東京都議会選挙

昨日の東京都議会選挙、自民党の大敗に終わりました。

結果が確定しました。

    都 民F     49
    公 明      23 (プラスマイナス0)
    自 民      23 (-34)
    共 産      19 (+2)
    民 進       5  (-10)
    生活者ネット   1(-2)
    維新        1(-1)
    無所属      6 
    社民党      0 (前回も0)

まさに、大敗。(´д`)

    共産党が2増えているのが不気味です。共産党は、じわりじわりと地方議会で増やしています。
    公安監視団体なのですけどね。

    生活者ネットというのも、共産党の別働隊みたいなものです。

 ここと、政策協定を小池ゆり子知事が結んだことから、全国の安倍総理支持、自民党支持者から、疑惑の目で見られることになりました。

今回の選挙で最も大きかったのは都知事選で勝った直後に 挨拶に来た小池百合子に対して露骨なイジメを行った自民党都連というバカ集団の自爆。

という事なのだろうと思います。

内田茂が支配する自民党都連は今回の選挙で内田茂が引退するというのに
それでも内田茂支配の構造のままでした。

2009年の都議選で落選したにもかかわらず、
自民党都連は幹事長を内田茂のままにしました。

(2013年の都議選で返り咲いています。)

今回の自民党の大敗は、猪瀬都知事が選挙資金疑惑で糾弾されて(あのカバン芸ですね。(^0^;)、都知事選が行われたとき、独自候補を擁立せず、公明党が推す舛添要一を公認候補にしたときに原因が遡れます。

舛添要一は、国政選挙で自民党が敗れ野に下ったとき、後ろ足で砂をかけて、自民党を出ていった男です。それを候補にしたのが、小池百合子氏と同じく政界渡り鳥と揶揄される当時幹事長だった石破茂。

そして、舛添要一が知事として不適切ととして100条委員会にかけられるところを辞任して、昨年夏、東京都知事選挙が行われました。

そのとき、自民党の公認候補として、小池百合子氏が手を上げたにもかかわらず、親韓派として自民党支持者から嫌われていた増田寛也氏を都知事候補にしました。このときの責任者が、石原伸晃と下村博文。

安倍総理は、舛添候補の知事選のときも、増田候補の応援もほとんど行きませんでした。


以下パチンコ屋の倒産を応援するブログさんからに詳しく解説が載っています。
http://ttensan.exblog.jp/

さて、下の画像をご覧下さい。

Dducywzuaaaecqq


安倍辞めろコールはマスコミの印象操作だった。圧倒的少数派を全体と見せかける卑怯な手法http://netgeek.biz/archives/98861

日の丸踏んで「安倍やめろ」マスコミ偏向報道!http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/


東京都議選の選挙戦最終日となった7月1日(土)に秋葉原で安倍総理が応援演説を行いました。それに対して、50人から100人程度のいわゆるカウンターがマスコミ取材陣の前に陣取り、「安倍辞めろ」コールをがなり立てました。

この行為は、公職選挙法違反です。

公職選挙法(昭和二十五年四月十五日法律第百号) 「第二百二十五条」

(選挙の自由妨害罪)
第二百二十五条  選挙に関し、次の各号に掲げる行為をした者は、四年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。

一  選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者又は当選人に対し暴行若しくは威力を加え又はこれをかどわかしたとき。

二  交通若しくは集会の便を妨げ、演説を妨害し、又は文書図画を毀棄し、その他偽計詐術等不正の方法をもつて選挙の自由を妨害したとき。

三  選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者若しくは当選人又はその関係のある社寺、学校、会社、組合、市町村等に対する用水、小作、債権、寄附その他特殊の利害関係を利用して選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者又は当選人を威迫したとき。


相当重い刑罰です。

私が子供の頃、母から、「選挙のポスターを破いたり、いたずらしたりすると警察に捕まるのよ。」
と教えられました。

もう、60年くらい前の話ですが。。。あの頃は、共産党への警戒心も強かったです。戦後、民主主義が一般に根付いた頃だったからでしょうか。立ち会い演説会なども公民館できちんと行われ、大勢の人が聞きに行っていました。

それだけ、政治に関心が高かった。選挙に対するマナーというか、規則を守ると言うことがきちんと出来ていた時代だったと思います。

14

左がマスコミが場所取りに脚立などを置いているところ。その横に今回選挙法違反の自由妨害をした連中が待っています。右ははっきりと、マスコミとこの連中とが連絡取り合って、場所取りをしたとしか思えない様子です。


Photo_4

このツィートは、東京新聞のものです。マスコミは、この拡声器でがななって選挙演説の妨害をしている連中のすぐ近くにいたわけですが、このツィートの内容、おかしいですよね。

そのお年寄りは「こんな人ってなんだよ、都民だよ、国民だよ」と震え声で言ったというのですが、少なくとも、マスコミの周りにはそんなお年寄りは見えません。強いて言えば、あの森友学園の鴨池夫人くらい。。。(苦笑)

マスコミの正体がどんどん見えてきて、うんざりします。

2017/06/30

『月刊Hanada8月号』を買いました。

Hana


http://www.asukashinsha.co.jp/book/b307536.html
月刊Hanada2017年8月号の目次がこちらに載ってます。

トップ記事の「世界的スクープ」は、全く興味ないので、読んでません。(^▽^)

いよいよ、東京都議会選挙投票日が迫ってきていますが、東京都民の方は、是非、巻頭特集の二番目に来ている
総力特集小池百合子とは何者か?を是非読んでいただきたいのです。

最初に、櫻井よしこさんと有本香さん対談がネットの言論テレビで対談された6月16日放送分を整理されて、編集されたものが掲載されてます。

小川榮太郎氏の「小池百合子と日本共産党」。
都知事選のときから対立してきた自民党の下村博文議員の「小池都知事こそ都政のドンだ」
最近ネットで人気の報道特注でおなじみの魚や卸三代目の生田與克氏の「築地を弄んだ小池都知事の大罪」

これらを読むと、築地と豊洲の問題より、オリンピックがどうなるのだろうと心配になってきます。

オリンピックのために築地に地下にトンネルを作り、環状二号を通すことは、国際公約だったそうですが、もう、時間的に無理になってしまいました。

その他の会場についても、遅れに遅れているようです。

考えてみれば、小池百合子さんが都知事に就いてから、もう、一年近くになるのですが、その間、彼女は何をしてきたのでしょう。

自分の為の議員を大量に当選させるために、政治塾を立ち上げることくらいです。

ただひたすら、今回の都議会選挙に照準を合わせ、対立を煽り、如何にも過去の都政が古いものであったかと印象を与え、東京大改革と打ち出していますが、地方政治は、議会と知事の両輪で行政を動かすもの。

都知事のイエスマンを生み出して、小池都知事にフリーハンドを与えれば、彼女はどう動くのでしょう。

民進党とは、一線を画していますが、危険な共産党には支援を受けています。そして、共産党の別働隊とも言われる、極左の「東京・生活者ネットワーク」と政策協定を締結し、選挙協力を約束したことです。

この「東京・生活者ネットワーク」は、東京オリンピックにも反対し、北朝鮮とつながりのある市民団体と協力関係にあります。この会と政策協定を結んだと言うことは、東京オリンピックはどうするつもりなのでしょう。


あと残すところ、二日後に迫った東京都議会選挙。
その後の政治がどう動くのか、心配でなりません。

これから、メディアは、安倍内閣の倒閣運動をこれまで以上に露骨にやってくるでしょう。ネットで情報を得ている、若い人たちの安倍内閣支持は、ほとんど動かないのですが、テレビしか見ない人たちは、情報番組だけで無く、普通のニュースで、偏向、印象操作を仕掛けてくる日テレ、NHKには騙されてしまってます。

テレ朝の報道ステーション、フジのニュース23、TBSのサイテーモーニングに報道特集などは、偏向、フェィク番組として知られていますが、報道で、一番たちの悪いのは、日テレかもしれません。

最近、図書館で小説を借りてきて読んでいるのですが、夫は、どんどん、読んでいますが、私はなかなか集中して本が読めなくなってしまった。( ̄。 ̄;)

でも、雑誌の記事は短いので、夜中に目が覚めたときに読むと、時間つぶしにいいんです。(^_^)/

より以前の記事一覧