2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

2018/11/13

お勧め家計簿

Money_kakeibo_ase

11月ももう半ばとなりました。

書店を覗くと、、真新しい家計簿がたくさん並んでいます。そして、今は、スマホでレシートを読み込むことで、家計簿の記帳が出来るソフトもあるようです。

でも、全部、家計の情報を家計簿ソフトを提供している会社に集められているわけで、あんまり気持ちよくない。自分で、コツコツと記帳するのがいいです。(;´Д`)

さて、PC上からでも、スマホからでも家計簿が提供され、書店にもあれだけ並んでいるわけですから、家計簿を付けている方は多いのでしょう。

私も、年金生活に入ってからは、一応、欠かさず付けるようになりました。若い頃、子育て真っ盛りの頃は、付けていても、3ヶ月続けるのがやっとだったかな。

どうしても、大きな出費があると、そこで挫折する。(/_・)/どうせ、要るものは要るのだからと開き直りでした。そこは、ありがたいことに、ボーナスという臨時収入のあるサラリーマン特権時代。(笑)

しかし、年金生活は、二ヶ月に一回決まった金額しか収入はありません。何にいくら必要なのか、いくら使っているかそれを把握しておかないと、結構、怖いものがあります。

それで、大まかな出費を記帳できる簡単な家計簿を使ってきました。でも、それだと、細かい無駄遣い、主に外食とかお菓子ですけど。(^0^;)そこで、昔、使っていて何に費消しているか一番わかりやすい家計簿を思い出しました。


家計簿 2019 | 婦人之友社 生活を愛するあなたにhttps://www.fujinnotomo.co.jp/other/kakeibo/

この婦人之友社の家計簿です。普通の家計簿は、毎日の欄に費目が並んでいて、そこに記入していくわけですが、これは費目別にページが違う。だから、何に多く遣っているかわかりやすいのです。

今は、ネットのページをダウンロードして、適当に使っています。もちろんと言うか、やっぱりと言うか。。。お菓子が毎日上がっている。(^_^;)

2018/10/06

お勧めクレジットカード

オリコがMy Cloud プレミアム カードを発行!富士通のクラウドがお得!メリット・デメリットまとめhttps://matsunosuke.jp/my-cloud-premium-card/

My Cloud プレミアム カードhttp://azby.fmworld.net/mycloud/card/?mc_pc=mcmn_mccard
Oriko

年会費は初年度無料、2年目以降は年1,350円(税込)です。ただし、年間1回以上のカードショッピング利用で翌年度の年会費は無料となります。年会費は実質無料と評価できます。 家族カードの年会費は無料です。こちらは年1回以上の利用という条件はなく、完全無料となっています。 ETCカードの発行手数料・年会費も無料です。ETCカードは有料というカードが多い中で無料なのはナイスです。


私が主に使っているクレジットカードが、クレジットカードのお勧めとして紹介されていたので、記事にしました。

いま、クレジットカードや電子マネーは、かなり普及したものの、日本はまだまだ、現金比率が高いそうです。海外で、現金よりカードの利用率が高いのは、偽造通貨が横行しているからだそう。Σ( ̄ロ ̄lll)


電子マネー社会に物申す鳥越俊太郎に高須院長が「順応できないだけ」喝破!https://www.asagei.com/excerpt/113629

最近のネットニュースでこんな話題が流れました。

10月1日発売の「週刊ポスト」にて鳥越は、「私たちは現金世代です。支払いはキャッシュじゃないと落ち着かない」と語り、電子マネー化が進む社会に異議申し立て。かつてポケットに小銭を入れていた時代を懐かしみ、「カードやスマホだと“お金を支払う”という行為を意識しにくいから、ついつい使いすぎてしまうような気がする」と指摘。そして生活面についても「レジで直接、お釣りを渡してもらって会話があるほうが、生活が明るくなるでしょ」と主張したのである。


「鳥越は取材で訪れた中国にて現地で普及しているQRコード支払いができず、『私はガラケーなので困ってしまった』と主張していました。しかしガラケーにしても携帯電話という新技術には違いなく、それについては『黒電話にしろとは言わないんですね』と皮肉られる始末。結局、自分が使いこなせる技術は取り入れ、使えない技術は批判するという、自分基準の批判に過ぎないことを露呈した形です」

要は、鳥越俊太郎氏は、最近の電子マネー社会についていけず、愚痴を言っただけということですが、現金派とカード派どちらを選択するかは個人の考え方によるので、どちらでもいいのですけどね。

私は、コンビニや100ショップでも、WAONの電子マネーを使うこともありますが、カードを使う時もあります。ICカードだと、署名でなく暗証番号で決済するので、小銭を探すより早い。

カードだと使いすぎるという方もありますが、私は現金が財布の中にある方が余分なものを買ってしまう。(* ̄ー ̄*)

いくつか、カードがあるなかで、この富士通のMyCloudカードを勧めるのは、ポイントが普通200円に一ポイントが、100円に一ポイントが付くということのほかに、ポイントの還元方法が簡単でうれしい!!

MyCloudアカウント(無料)を作って、通帳を登録しておくと、1000ポイント貯まるごとに、自動的に通帳に振り込まれます。

これはほかにはないサービス。イオンカードなどの流通系は、そのスーパーの電子マネーWAONに自分で申請して、交換することになり手間ですよね。何より、現金で返る方が嬉しいですよね。(笑)