2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

2018/01/03

平穏な三が日

正月三が日も、平穏に過ぎていきました。

相変わらずの北朝鮮の恫喝ですが、いつまで続くのでしょうね。また、弾道ミサイルの発射準備をしている様子が窺えるようで、近いうちに日本列島の上空を飛んでいくかもしれません。

しかし、これに慣れっこになってしまっている日本の空気が怖いです。

マスゴミは、アメリカと日本が挑発しているような報道をしていますが、とんでもない話でしょう。どうして、核実験を行い、ミサイル発射を立て続けに行っている北朝鮮を非難しないのか。

以前、椿事件があったものの、ここ数年ほど偏向報道が酷いと非難されるようになったのは、実際、偏向報道に拍車がかかってきたのと、ネットの発達によって日本人が覚醒したおかげでしょうね。

今年は、そのメディア権力の横暴に歯止めが掛けられるか、よく、監視していかないといけないと思います。
これについては、朗報があります。

保守系ニュースを中心にまとめサイトを運営していらっしゃる保守速報さんの新年の挨拶。
新年のご挨拶http://hosyusokuhou.jp/archives/48808558.html

保守系ブログを展開されている小坪しんや議員のブログ。
【終わるマスゴミ】今年がメディア規制”元年”となる理由【彼らはやり過ぎたと思ったらシェア】https://samurai20.jp/2018/01/masugomi-11/

この両方に、情報元は違うと思われますが、同じ内容の、フェィクニュースを蔓延させているテレビ新聞の巨大メディアを糺す情報が書かれていました。

これらがすべて順調に実現するとは思えませんが、せめて、あきらかに放送法4条を平気で日常的に犯しているテレビ局を駆逐するための、電波オークション。そして、国民から逆進課税と同じ方法で受信料を強制徴収しているNHKのスクランブル化。新聞の押し紙の実態調査(公正取引委員会)の三点だけは、絶対に実現して欲しいですね。

報道に騙されて、あの悪夢の民主党政権が誕生したわけですが、その時の最悪の菅内閣と同じメンバーが、枝野代表が率いる立憲民主党です。

それを、巨大マスゴミは、持ち上げ擁護している。

もう、国民の一部は、あの悪夢を忘れてしまっているようです。
「失われた3年」!?民主党政権時代に日本に起きたことhttps://matome.naver.jp/odai/2136798799312472301

さて、今日は、朝から雪がちらつきました。でも、ほとんど、積もることはなく。。。

過去のブログを見てみると、10年前は、結構降っていたのですが、近年は、年末から年始に掛けては、雪が降らなくなりました。今年は、息子家族が初めて車で来たので、雪が降らなくて良かったわけですが、それでも、やっぱり、お正月の雪が恋しい。(*´∀`*)
Imgp8531


2018/01/02

【紅白歌合戦オープニング演出のくだらなさ】NHKの敵は「暴力」「差別」「圧力」「忖度」

【紅白歌合戦オープニング演出のくだらなさ】NHKの敵は「暴力」「差別」「圧力」「忖度」「http://www.honmotakeshi.com/archives/52715856.html


第68回紅白歌合戦で、『NHKが、「暴力、差別、圧力、忖度」と闘う』という演出に全方向からツッコミ入る/公共放送として監視するべきものは「偏向」しないことなどではないか?という声も
https://togetter.com/li/1185406

NHKの紅白歌合戦、私はそもそも歌が嫌いなので、以前から見ていないのですが、孫はお歌が好き。年末は息子家族にチャンネル権は委譲して、仕方なく。。。見ないで流す。(*´∀`*)

昨年の大晦日は、紅白歌合戦でなく、総合格闘技がみたいと言うことで、ありがたいことに、ほとんど紅白歌合戦は見なくて済みました。(苦笑)

あとで、ネットを見たら、NHKの紅白のオープニングがとんでもないコントをやっていたのですね。

「暴力、差別、圧力、忖度」と闘うNHKという設定らしいのですが、暴力でそれを倒す。なんと愚かな!!( ̄。 ̄;)



内村光良や二宮和也の司会は好評だったようですが、相変わらずの思い込みの激しいくだらない演出に、自分たちは、何をやってもいいと言う傲慢さが如実に現れたような気がします。

そもそも、暴力を暴力で倒す?なにそれ。
北朝鮮の核開発には、あくまで話し合いでとか言ってるのはNHKの主張じゃないの?( ̄。 ̄;)

そして、「忖度」ということばは、相手を思いやってのことの意味。どうして、暴力でやっつけなくてはいけないの?(^0^;)

「暴力」は、NHKこそその暴力的な受信料の取り立てに非難が集まっています。そのNHKに真っ向勝負を仕掛けていらっしゃる元NHK職員の立花孝志さんが紅白歌合戦の裏側を語っていらっしゃる動画がありました。

ある程度予想される事ではありますが、冒頭で彼が言っているように、出場歌手は、視聴者からの投票を受け付けるべきでしょうね。その結果も公表するべきだと思います。

それに何より許せないのが、日本の国民的行事?(いまではそうとも言えないとは思いますが)それにどうして、カンコクの歌手を出場させるのでしょうね。誰もそんなの聞きたくない。その内幕もこのyoutubeをみれば、よく分かります。


2018/01/01

平成三十年一月一日 明けましておめでとうございます


Cnt002160401


2017/12/31

一年の締めくくり

今日は大晦日。

一年間、毎日記事をアップするその目標がなんとか続いています。( ̄。 ̄;)

後から読み直すと、誤字や二重フタ重ねの表現があったり、前後の文脈が続かなかったり。。。赤面することも多々。。。(^0^;)

今年一年は、北朝鮮のミサイルと核の開発が一段とスピードがアップされ、日本中が緊張に包まれる事になりました。

来年はどんな年になるでしょう。

平和で温和な民族である私たち日本人が築き上げてきたこの日本と言う国。蹂躙しようとする邪悪な勢力に負けてはならないと思います。

来年も素晴らしい日本が、自由で輝けますように。。。Pose_inoru_woman


2017/12/21

年賀状作成 夫の分も。。。(/_・)/

今年は、少し遅くなりましたが、年賀状を作成しました。昨年は、母が亡くなり、喪中はがきを出しているので、今年は頂く枚数も減るかもしれません。

あわなくなってから、年月が過ぎ、年賀状だけのやりとりの方も何人か。。。
一言添えるにしても、話題が難しい。( ̄。 ̄;)

さて、億劫ではあるものの、デザインを考えるのは、楽しいですね。


郵便局から、はがきデザインキットhttps://design-kit.jp/
CanonからCanon年賀状特集http://cp.c-ij.com/event/nenga/jp/

デザインソフトが出ています。

自分の分だけでなく、夫の分も作成と印刷をしなくちゃいけないので、もう、大変。(´д`)
いい加減、年賀状作りくらい覚えて欲しい。


Post_tegami_toukan


2017/12/18

Twitterが使い心地が良いわけ


SNSとはhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNS)またはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、電子掲示板も広義的にはSNSに含まれることがある。

狭義には、SNSとは人と人とのつながりを促進・サポートする、「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供するウェブサイトも含まれる。

SNSの主目的は、個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムになっているものも存在する。

近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野においてSNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもFacebook、LINEなどのSNSを利用した情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。

また、Twitterに関しては、緩い「繋がり」(人間関係)が発生し、広い意味でのSNSの1つといわれることもあるが、Twitter社自身は、「社会的な要素を備えたコミュニケーションネットワーク」(通信網)であると規定し、SNSではないとしている。

私がネットを始めた時、それは、nifty会議室というものでした。これは、今のSNSというものを考えると、一番、リアルお付き合いと言うべきものでした。現実世界の人間関係をそのままネット上でも行うという感じ。

それ以降、mixiに移行し、少し、リアルの人間関係から距離が置かれる。それでも、記事(日記)を書けば、コメントを付けなくてはいけない。お友達なんだもん!!( ̄。 ̄;)

そして、facebookにLINEにインスタグラム。これらは、mixiと同じで、個人のやりとりが濃密ですね。私は、facebookしかアカウントは持っていません。facebookは、コミュニティが活発で、面白い。ただ、友達は一切作らない。情報収集用です。

その点、Twitterは、政治家や評論家、マスコミ関係者などは、本名ですが、一般人は匿名です。

匿名だから何を発信しても良いと言うことではないのです。フェィクや中傷は、だれも、見向きもしません。狭義のSNSは本名で登録することで、自分の知り合いを探すことが出来ますが、Twitterは「関心」によって繋がっているのです。

mixiをやってるとき、お友達が100人超えて、1000人とか!!1000人が日記を読んでくれて、コメントを付けてくる。そうなると、返事を書かなきゃいけない。お友達の日記にはコメントに行かなきゃいけない。(^_^;

私のTwitterのフォロワーは1450人。でも、mixiのように、すべてのフォロワーのつぶやきを見に行く必要ない。Twitterは自分の関心のあるものに意見を書けばいい。

私のように、「言いたいことだけ言うのがすき」なものには、非常に合っています。(^^ゞ

Twitterの創業者がTwitterの使い勝手の良さと魅力について語っていますが、まさにその通りで、だから、日本では爆発的に利用者が増えたのでしょう。


新聞記事やTVの報道の欺瞞については、誰かが発信すると、多くの人がそれに関心を示し、反応する。そのおかげで、森友学園や加計学園の問題で、朝日新聞はじめ各新聞テレビや野党がどれだけ嘘を垂れ流しても、少なくとも、ネットを見ることが出来る人には通用しなくなりました。

2017/12/17

怪しい電話   押し買い?

先日、不要品、夫のゴルフバックと半世紀前のスーツケースを売りに行ってきました。

スーツケースの方は、さすがに買ってもらえなかった。(^0^;)
でも、処分をしていただけるそうなので、粗大ゴミ処理料が要らなくて、助かりました。

ゴルフバックは、夫は「売れるわけ無いよ。」なんて言ってましたが、牛丼二人分ぐらい出て、喜んでいた。(*´∀`*)

帰宅すると、そのタイミングで電話が鳴る。

いつもですと、フリーダイヤルの電話や相手が確認できない場合、
「この電話には出られません。要件をお話下さい。折り返しお返事いたします。」
と留守番電話で対応するのですが、不要品を売りに行って戻ったばかりだったので、少し気になって、電話に出てみました。

「〇〇〇(会社名)と言います。古くなった靴ってあるじゃないですかぁ」

「はぁ?」

あまりのタイミングの良さ。(^_^;
不要品を売りに行って帰ったばかり。。。

でも、履き古した靴なんて、売れると思わないし、売りたくもないですよね。

「我が家には、そのようなものはございません。」
まだ、何かしゃべっていましたが、それだけ言ってガチャリと切りました。
後は、「迷惑電話」に登録しました。


かかってきた電話番号をネットで調べると、それが、どうも、所謂、押し買い?らしいです。

押し買いとは。

第16話 貴金属などの訪問押し買い詐欺https://www.shiruporuto.jp/public/data/magazine/damasarenai/watadama016.html

電話でアポを取って、家の中まで入り込み、最初は靴や古着などをみてから、貴金属はありませんかとしつこく粘る。

ネットで検索してみたら、実際、業者に上がり込まれた人の実話が載ってました。
http://tawashino.hateblo.jp/entry/oshiurihttp://tawashino.hateblo.jp/entry/oshiuri

決して、得体の知れない業者を家の中に入れてはいけないですね。

Telephone_oyaki


2017/12/11

12月の恒例行事

今日は、比較的、暖かい一日でしたね。12月ももう三分の一が過ぎてしまったので、そろそろ、大掃除に取りかかりました。暖かいうちに少しでも済まそうと思いながら、年々歳々、そのスピードは遅くなります。Souji_hataki_hokori

若い頃は、仕事をしながら、大掃除やおせち料理の用意とかやっていたのが、不思議なくらい。(^_^;

お掃除とあわせて、少しずつ、断捨離を実行。50年くらい前に買った、安部公房や遠藤周作の書き下ろしや福永武彦の本がたくさん。当時は、初版本が高く売れるという噂があり、買いそろえていたのです。

ケースに入り綺麗な装丁のまま。捨てるのも惜しいので、東京の古本屋さんに電話して、着払いで引き取ってもらえないかと聞きましたが、「着払いの料金が出ない可能性があって、リスクが大きすぎます。」と断られました。(-゛-メ)

仕方ないので、資源ゴミ。。。

さて、この時期、忠臣蔵のお話が、大昔は映画で、その後はテレビで、いつも流れていましたね。

東映時代劇は、大石内蔵助が片岡知恵蔵、吉良上野介が山形勲、浅野内匠頭と四十七士は、大川橋蔵、中村錦之助、東千代之介・・・

おそらく、ご存じの人は、かなり少数派になってしまっているでしょう。(苦笑)

私も、忠臣蔵の季節だということ、すっかり忘れていましたが、早朝、スマホでネットを見ていたら、「大和心を語るねずさんのひとりごと」の記事に、矢頭右衛門七の物語が載っていましたので、引き込まれて、感激しました。

赤穂浪士外伝 紅扇に乗せた梅の花 矢頭右衛門七http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3601.html

矢頭右衛門七の恋のお話です。矢頭右衛門七は、大石内蔵助の息子、大石主税が16歳ですから、それに次いで、若い17歳でした。両方とも数え年ですから、今だと、15歳と16歳。

この矢頭右衛門七の恋のお話が、赤穂浪士の討ち入りに重要な鍵になるのです。勿論、すべてが史実なのかどうかは分かりませんが、こんなお話も、16歳の若さで自ら切腹をして果てた、美少年には相応しい。

転載は出来ませんので、リンク先をクリックして読んでみてください。ドラマになったら見てみたいような、りりしい若者と楚々とした少女の淡い初恋が展開されています。

2017/12/05

いまはまっているもの その2 ゲーム「Gardenscapes(ガーデンスケイプ)

スマホゲームです。
庭造りを進めるゲームです。

スマホ画面では、ちょっと厳しい。タブレットでやっているので、ちょうどいい見やすい画面。

ゲームは、生産性のない無駄な時間を使ってしまうので、やらないようにしていたのだけど、つい暇つぶしにやったら、はまってしまった。(/_・)/

スマホゲームと言えばポケモンGO、一頃のブームは収まったのかなと思いましたが、なかなか根強い人気のようですね。先日も鳥取砂丘で、珍しいポケモンが現れるように設定して大会を実施したら、数万人の人が集合したとか。。。(+_+)

私も、スマホを新しくしたときに、ダウンロードしてみたのですが、これが、やはり危険ですね。車を運転しながらなんて、もっての外ですが、歩きながらでも、決して良くないです。

探しながらですから歩くスピードは遅いですし、そして、車が来るのも気を付けながら歩かないと危険です。確かに、引きこもりは治るかもしれないですが、運動不足の解消にはならないと思います。( ̄。 ̄;)

2017/12/03

これが相撲?

Photo

私が、相撲ファンだった頃。それは、栃ノ海対先代若乃花の時代から大鵬対柏戸の時代です。(^0^;)
その頃は、相撲といえば、豪快な上手投げが決まって、拍手喝采でした。

外国人力士ばかりになって、そして、10年前の時津風部屋の若手力士暴行殺人事件が起きた頃は、すっかり、相撲嫌いになってました。

だから、ほとんど、見ていませんでした。

最近、夕方の時間帯、ニュースを見るのが嫌なので、テレビを付けたとき、相撲が開催中は、たまに相撲中継にチャンネルを合わせていることがあります。

それが、ちょうど、この白鵬が土俵を割ってから、力士自ら物言いを付け、1分以上も土俵に戻らなかったあの取り組みを現認したのです。

相撲は、制限時間以内であっても、両者の息が合えば、立ち会っていいことになっています。しかし、ほとんどが制限時間いっぱいまで、見合ってから、立ち会いますよね。

この取り組みもそうでした。制限時間いっぱいになって、両者が立ち会いました。ところが、白鵬は相手にもろ差しを許してしまったがために、そのまま、押し切られ、土俵を割ることになりました。

そしたら、なんと、自分で、今の立ち会いは無効だと、物言いを付けたのです!!

早いですから、普通の録画ではわかりにくいですが、こうして、スローでの再生をアップしてくれた人がいました。
なんと、きちんと立ち会っていて、そのうえ、白鵬は嘉風に張り手まで食らわせています。それでも、ひるまず、もろ差しになって、押し切った嘉風は立派でした。


ネットを見ていたら、白鵬の「エルボー」が酷いと拡散していましたので、youtubeをみていみたら、この通りです。肘にサポーターを付けて、自分が痛くないようにしているわけだから、酷いですよね。

エルボーとは肘のこと

そして、格闘技などで肘を相手にぶつける反則
プロレスでは認められている技であり反則ではない
ただ知る人は少ないが、肘の尖った部分をぶつけることはプロレスでも認められてはいない

白鵬は、張り手はするし、立ち会いで変化もする。おおよそ、横綱相撲に相応しくないと思っていましたが、こんな汚いワザもいつもやっているのだと知って、びっくりです。

相撲は、公益法人の認可を受けています。公益法人は、税法上も有利なのですね。本来興業であるわけですから、公益法人として、認可されるのはオカシイのですが、神技であり歴史的なものもあって、公益法人として守られてきているのでしょう。

しかし、今の日本相撲協会は、あまりに、ブラックボックスです。

珍しく、東国原英夫が正論を述べているので、紹介します。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201712010000423.html

元宮崎県知事の東国原英夫氏(60)が、横綱日馬富士の暴行問題をめぐる日本相撲協会の対応を批判し、「(理事を)半分は外部から入れなきゃだめ。抜本的な改革が必要」と提言した。

より以前の記事一覧