2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

2017/08/19

久しぶりのみなとみらい

Img_8692


Img_8693


Img_8697


Img_8699


Img_8706


久しぶりに,横浜みなとみらいに行きました。
観覧車に乗ったら、とても綺麗でした。

この日は、パシフィコ横浜であった恐竜博をみるため、みなとみらいの駅で降りて、そちらの方に歩き出したら、すごい人出。東京よりも人が多くて、さすが、横浜みなとみらい地区は観光客がいっぱいだねぇ。と話していたのですが。。。

これが、みんなピカチュウが目当て。(^0^;)

http://www.pokemon.co.jp/ex/pika_event/news/post.php/18/

若い人より、中高年と子供が多かったようです。


2017/08/17

威風堂々「迎賓館赤坂離宮」

Img_8559


Img_8561


Img_8567

Img_8569_2


Img_8573


迎賓館赤坂離宮の一般公開http://www8.cao.go.jp/geihinkan/koukai.html

東京都港区元赤坂にある「迎賓館赤坂離宮」は、明治42年に東宮御所として建設され、昭和49年から国の迎賓施設として諸外国の賓客をお迎えしてきました。平成21年には、明治以降の建造物として、初めて国宝に指定されました。

迎賓館赤坂離宮に行ってきました。この日は、事前申し込み無くても入ることが出来ました。こちらは、京都迎賓館と違って、内部の撮影は禁止です。

迎賓館赤坂離宮 一般公開ガイドhttp://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg13689.html

こちらのアドレスで、内部を見ることが出来ます。

2017/08/15

トリックアートを鑑賞

Img_8475


トリックアートの世界に行ってきました。

「トリックアートとは、どういうものか、ただ、画が立体的に見えるだけかな。」と、単純に思っていたら、画の中にはまって一体感を感じさせてくれるものなのです。

その場では、分かりませんが、写真を撮ると、見事にその描かれた世界の中で、画と一体になっています。

Img_8481


オオトカゲに追われて、縄の橋の上を子供が走って逃げています。

Img_8507

こちらには、誰もいないのですが、白石の上に乗って、写真を撮ると、見事に怪獣に襲われているように見えるのです。

こどもは、とても喜んでいました。

トリックアートとは2次元(平面)のものを3次元(立体)的に描き表す芸術です。

確かに、目の錯覚で、不思議な世界が広がります。


2017/02/27

富士山

1488152098363.jpg

スマホから、撮ってアップしたもの。

東名高速を名古屋方面に向かって走っる途中、首都圏の喧噪も少し収まった大井松田付近で、正面に見えてくるのがこの美しい富士山。今が一番きれいですね。


下の画像は、新東名を東京方面に向かって走っているところ。ここも、新東名では、富士山が一番きれいに見える場所ですね。

20170227img_7999


20170227img_8000


2017/02/25

日の出

1487972390279.jpg
伊勢湾岸道を東に向かってます.。

昨年末に、突然に食中毒に見舞われて、孫とゆっくり遊べなかったので、押しかけて行きました。(^^;)

荷物をたくさん持って行くので、どうしても車で出かけることになります。

日の出の時間に東に向いての走行は、大変ですね。
それでも、伊勢湾岸自動車道の夜明けの風景は、とてもきれいで、好きな風景。

2016/02/26

鎌倉 「長谷寺」

Img_6687


江の島を後にして、今度は江ノ電に乗って、長谷寺に参りました。

http://www.hasedera.jp/

長谷寺というと、近畿地方に住む私には、奈良の長谷寺が身近ですが、この鎌倉の長谷寺は、その奈良の長谷寺と縁が深いのです。


本尊である十一面観音像は、錫杖を右手に携え、岩座に立つ独特の像容で、大和長谷寺の本尊をはじめ、全国に所在する長谷寺に祀られる観音像に多く見られることから、これらを総称して「長谷寺式十一面観音像」と呼びます。

本尊である十一面観世音菩薩像について、当山の伝える縁起によれば、養老五年(721)、大和長谷寺の開山である徳道上人の本願に基づき、稽文會、稽首勲と名乗る二人の仏師(不空羅索観音と地蔵菩薩の応化身)により、楠の巨大な霊木から二体の観音像が三日三晩にして造顕されたといいます。

そのうちの一体が大和長谷寺の本尊のなり、残る一体は有縁の地における衆生済度の誓願が込められ、開眼供養をした行基菩薩によって海中に奉じられました。

その後、天平八年(736)に至り、尊像は相模国の長井浦(横須賀市長井)の洋上に忽然と顕れ、その旨を受けた大和長谷寺の開基藤原房前(藤原鎌足の孫)によって、尊像は鎌倉へ遷座され、当山開創の礎となりました。

                                    鎌倉長谷寺のリーフレットより

                                                  

大和の長谷寺には、この観音像のことについては何も書いてないのですが。。。

Img_6686

「弁天窟」
洞窟探検さながら、背をかがませて、巡ります。

下の境内の放生池を過ぎた辺りに、弘法大師参籠の地と伝わる弁天窟があり、その名にちなみ窟内壁面には弁財天とその眷属である十六童子が彫られているほか、弁財天と同じ神様であるとされる民間信仰の宇賀神(人頭蛇身)もお祀りされています。

これは、いつの時代、誰が彫ったのか。この洞窟はどのようにしてできたのか。信仰より、その成り立ちに興味がそそられます。ネット検索では、今のところ、その疑問には答えは出ません。

Photo


フクジュソウが咲いていました。かわいらしい花ですね。ここ長谷寺は、明月院と並んで紫陽花で有名。シーズンには、大勢の人が押し寄せて、階段もいっぱいになるそうです。

2016/02/25

江ノ島からの眺望

Img_6662


Img_6663


Img_6678


2020年の東京オリンピック「セーリング競技」の開催地に決まったのですね。この日もたくさんのヨットが浮かんでいました。

東京からも交通の便がいいですが、如何せん、湘南モノレールは、揺れすぎ!!

2016/02/22

江ノ島 「江島神社」

Img_6654


Img_6655


Img_6677


Annai_map_2

江ノ島にある日本三大弁天の一つ、江島神社に詣でてきました。

何年か前に車で行ったときは、こんな風になっているなんて、全然、思いもしなかった。( 一一)


.辺津宮までは、階段を歩いて登りました。結構、きつかった。そのあとは、エスカーという乗り物があって、それに乗りました。朱の鳥居から、エスカーは乗れます。三段に分かれていますが、一段だけ、歩きました。(^^♪

2016/02/21

朝日が昇る

Img_6517


Img_6520


孫の顔を見るためには、早朝から、出かけて行きます。(^^♪

伊勢湾岸道路を東に向かって走るとき、ちょうど、朝日が昇るところでした。

一枚目は、川越の中部電力火力発電所。
二枚目は、長島リゾートの遊園地。

2016/02/19

河津桜

Img_6658


Img_6670


今日も、2月半ばとは思えない暖かさでしたね。

江ノ島では、河津さくらが満開でした。

より以前の記事一覧