2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

2017/08/13

鬼平犯科帳と剣客商売

Youtube


いま、テレビに視聴率が、軒並みがた落ちですね。一桁台でも8%くらいあれば、人気ドラマの時代です。( ̄。 ̄;)

確かに、私たちが見たいようなドラマなど、最近無いですものね。土曜日の夜9時からの2時間ドラマも無くなりました。一定の視聴率はあったようですが、高齢者が多い。高齢者は、購買に結びつかないので、CMが取れないのだとか。

へん!!、こっちもてれびなんか見ないよ!!

と言うことで、youtubeで、池波正太郎原作をドラマ化した「剣客商売」と「鬼平犯科帳」を見ています。

ご存じでしたか。これ、無料で見ることが出来るのです!!

たまたま、鬼平犯科帳のロケ先の検索をしていたら、youtubeにこれらがあり、予告編とかさわりの部分だけかと思ったら、初めから、最後まで、ちゃんと1話完結で見ることが出来ます。

我が家は、ケーブルテレビなので、時代劇チャンネルをサービスで流していたのですが、いつからか、終了してしまいました。残念に思っていたら、なんと、いくらでも見放題。o(*^▽^*)o

youtubeで「鬼平犯科帳」「剣客商売」と検索すると見ることが出来ます。

2017/07/01

メナード美術館 所蔵企画展 「花」

今日から7月。

もう、半年が過ぎてしまったのですねぇ。
夏至もいつの間にか過ぎたので、これからは、だんだん日も短くなるし、なんとも寂しいことです。

人生やり残しの無いように、美しい風景に身を置いて、美味しいものを食べて、好きな画をたまに鑑賞に行く。

と言うことで、昨日は、メナード美術館に行ってきました。
ここは二度目です。

三ヶ月くらい、メンテナンスで休館中だったので、展示会をチェックするのを忘れてたら、所蔵企画展「花」が開催されましたので、行ってきました。昨日は、雨だったのだけど、後残すところ一週間なので、見逃すといけない。

ありました!!
最近、マイブームのヴラマンクとキスリング。

E_2


左がヴラマンク。右がキスリングです。

他にも、日本人の洋画家に日本画も展示されてました。美術館所蔵の「花」を現した画が中心。日本画の花の描き方、西洋画の花の描き方、それぞれ、とても良かったです。

でも、やっぱり、この二つが目を引きます。シャガールの絵も良かったなぁ。

あと、「西洋絵画名作展」として、モネ、ルノワール、ゴッホ等の画もあって、見応えのある美術展でした。

この「西洋絵画名作展」で、懐かしい画?どこかで見て印象に残っている画がありました。

ルネ・マグリット「星座」
http://museum.menard.co.jp/collection/european/magritte_re_01.html

すごく、印象的で、不思議な感覚に陥る画ですよね。

広々と目の前に広がる空と原っぱの画を見て開放感に浸ることも好きだし、キスリング、アンリ・ルソーやルネ・マグ
リットのシュールな画も以外と好き。(^_^)


2017/06/18

ヤマザキマザック美術館 「もっと知りたい名画の世界 よそおいの200年」

Img_8317


名古屋城を見た後、ヤマザキマザック美術館に回りました。

日本の古き絵画や建築様式と18世紀ロココ時代の絵画作品、19世紀末にフランスで花開いたアール・ヌーヴォーの家具やガラス作品。

ほぼ同時代を対比して面白い見学が出来ました。

2017/05/10

国立西洋美術館 常設展から 「モーリス・ド・ヴラマンク」

Photo

今回、私が鑑賞した常設展の中で、一番好きな絵です。

最近は、モネやシスレーの印象派の穏やかで、静かな風景が以上に、このモーリス・ド・ヴラマンクの荒々しい力強いタッチの絵に惹かれます。

なんか、元気をもらうみたいな。

唯一、ゴッホの影響を受けたと自分で言っているそうです。そういえば、タッチがよく似ていますよね。

なかなか、この作者の絵に出会える機会が少ないのですが、展示されている絵の中にヴラマンクの絵があると、とても嬉しくなります。

2017/05/09

国立西洋美術館 常設展から 写実主義からポスト印象派

Photo_5

http://collection.nmwa.go.jp/artizeweb/search_7_detail.php

ギュスターヴ・クールベ 「雪景色」


Photo_4

http://collection.nmwa.go.jp/artizeweb/search_7_detail.php

ギュスターヴ・クールベ 「波」

Photo_6


http://collection.nmwa.go.jp/artizeweb/search_7_detail.php


カミーユ・ピサロ「収穫」

Photo_8


http://collection.nmwa.go.jp/artizeweb/search_7_detail.php

カミーユ・ピサロ「冬景色」

Photo_9


http://collection.nmwa.go.jp/artizeweb/search_7_detail.php

エドゥアール・マネ「花の中の子供 (ジャック・オシュデ)」


Photo_10


http://collection.nmwa.go.jp/artizeweb/search_7_detail.php

ピエール=オーギュスト・ルノワール「帽子の女」

Photo_15


http://collection.nmwa.go.jp/artizeweb/search_7_detail.php
ウジェーヌ・ブーダン「トルーヴィルの浜」

Photo_12

http://collection.nmwa.go.jp/artizeweb/search_7_detail.php

ポール・セザンヌ 「ポントワーズの橋と堰」

Photo_13


http://collection.nmwa.go.jp/artizeweb/search_7_detail.php

ポール・セザンヌ「葉を落としたジャ・ド・ブッファンの木々」


2017/04/25

源氏物語ミュージアム

10年以上前に訪れたことのある源氏物語ミュージアムに寄りました。
建物は、変わっていないけど、周辺はずいぶん変わったような気がします。

道案内通りに歩いたら、すごい遠回りさせられた。(。>0<。)


Imgp8173_2


Imgp8209_2

Img_8157

Img_8160

Img_8161

Img_8166


Img_8165


Img_8164


束の間、雅の世界に浸ることが出来ます。(^_^)

源氏物語ミュージアム。
http://www.uji-genji.jp/

3分で読む源氏物語http://genji.choice8989.info/

あまりに長く、現代語訳本は、中身が訳者の解釈によって、ちょっと、違っているような気がします。
流れを知るだけなら、この超あらすじを読むと、全体像は分かるかも。(^_^;

「源氏物語」が面白いほどわかる本を読みました。http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2016/05/post-0d76.html

源氏物語の解説とあらすじが読める本です。

以下の三枚の画像は、大きく出来ますので、展示内容も読めます。
源氏物語に登場する光源氏が建設させたという六条院。

架空の寝殿ではありますが、平安の時代、このような建築物が多数存在したのでしょうね。

Img_8162


Img_8159


Img_8158


2017/03/28

国立西洋美術館 常設展から

先日、鑑賞に行ってきた国立西洋美術館
。常設展の中で、気に入ったものを写真に撮ってきました。

まずは、18世紀までの印象派が起こる前までの作品。

古典派は、あんまり好きでなく、特に宗教画は不気味なものもあって、いつも飛ばすのですが、ここにあげたのは、わりと、すんなりと見入ることができました。

最後の晩餐はまさに宗教画ですが、興味深かったので、写してきました。ユダがどれか分かりますか?

リンク先をクリックしてもらうと作品解説に飛べますので、よくわかります。キリストの周面に座りながら、視線をそらしている人物。

常設展の作品のいくつかは、詳細な解説が読めますので、勉強になります。しかし、都会に住んでいると、毎日でも、これらの作品を鑑賞できてうらやましいですね。


玉座の聖母子http://collection.nmwa.go.jp/artizeweb/search_7_detail.php


Img_8049

聖母子と幼い洗礼者聖ヨハネhttp://collection.nmwa.go.jp/artizeweb/search_7_detail.php


Img_8050


アブラハムとイサクのいる森林風景http://collection.nmwa.go.jp/P.2002-0001.html


Img_8054

「パリスの審判」が表された山岳風景http://collection.nmwa.go.jp/artizeweb/search_7_detail.php


Img_8051

最後の晩餐http://collection.nmwa.go.jp/P.1992-0004.html


Img_8052

果物籠のある静物http://collection.nmwa.go.jp/artizeweb/search_7_detail.php


Img_8057

2017/03/25

世界遺産  国立西洋美術館  

Img_8074

Img_8075

Img_8076

20170324img_8077

2016年7月17日、国立西洋美術館が世界遺産に登録されました。20世紀の近代建築がなぜ?と思ったのですが。。

「フランス政府が日本を含む7か国と共同で推薦していた「ル・コルビュジエの建築作品」のひとつ」と言うことだったのですね。

http://heiwa-ga-ichiban.jp/sekai/kokuritsu/index.html

世界遺産に登録されたことで、訪問者が多いと聞いていましたが、私が行ったときはそれほどでもなかったです。暖かかったので、上野の動物園の方が人が多かったみたい。(笑)

この西洋美術館の前庭に、ロダンの彫刻が、野ざらしで展示していあります。私は、初めて見たとき、てっきり、レプリカだと思ったのですが、驚いたことに本物なのです。

2017/03/19

国立西洋美術館 「悲しみの聖母」カルロ・ドルチ

Img_20170319_0001_3


国立西洋美術館作品紹介「悲しみの聖母」https://www.nmwa.go.jp/jp/collection/1998-0002.html

一泊二日の強行軍で、孫のコーラスの発表会に東京まで行ってました。

時間があったので、上野の西洋美術館の常設展を見てきました。65歳以上の高齢者は、無料!!(*^^)v

一番みたい絵が、この「悲しみの聖母」だったのですが、展示されてなかった。( 一一)
ごく小さいサイズなのですが、この表情とそしてこの青、たまらなく引きつけられる。

2009年8月15日に国立西洋美術館として、記事を上げているのですが、写真はアップしていません。たぶん、写真が撮れるのをしらなくて、カメラを持って行っていなかったのかも。

今回は、コンパクトデジカメでバシャバシャ撮ってきました。

2017/01/27

愛知県美術館 「ゴッホとゴーギャン展」 

Img_20170124_10054087


先日の雪の日に、愛知県美術館で開催中の「ゴッホとゴーギャン展」を鑑賞してきました。
久しぶりの名古屋での美術鑑賞でした。人気のゴッホと言うことで、名古屋の美術館にしては、盛況でした。

ゴッホとゴーギャン展http://www.g-g2016.com/aichi/index.html

2015年12月4日に東京汐留のパナソニックミュージアムで、ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展を鑑賞しているのですが、その時に見た絵は、一枚もありませんでした。

ゴッホの絵も、あの有名なひまわりのシリーズや、夜のカフェテラス、糸杉と星の見える道等のゴッホの代名詞的な絵はありません。

今回の主題は、ゴッホとゴーギャン、二人の友情と交流に焦点を当て、それぞれの作品の特徴と刺激しあい、出来上がった作品に焦点が当てられていました。

ゴッホの作品は、割とよく鑑賞していますが、今回は初めて見たと思う作品がいくつかありました。そのなかでも、ゴッホらしくなく、それでいて、ゴッホらしい、素晴らしい作品に出会うことができました。

Goltuho_2

「収穫」(麦秋のクローの野)1888年6月、アルル。

画家自身が、ある一点の静物画を例外として、「他のすべての作品を圧倒する」1888年6月弟テオへの手紙に書いています。このある一点の静物画が何を指しているのか気になりますが。。。(^^;)

ひまわりシリーズや夜のカフェテラスも好きですが、この収穫の絵は圧倒されました。開催中にもう一度鑑賞したい絵です。

Photo_2

パンフレットが二種類あって、お互いを思いあっての絵みたい。右は、ゴーギャンの椅子をゴッホが描いたもの。左は、ゴッホが亡くなってから、彼を偲んで描いたゴーギャンのひまわりの絵です。


Imgp6911


ミニチュアのひまわり。美術館限定のガチャガチャです。(*^-^*)

より以前の記事一覧