2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

2017/07/22

NifMoが便利

宣伝です。(◎´∀`)ノ。

いえ、別に、広告料貰っているわけでは無いのですが、先日、ちょっとしたことがあって、便利さを納得しました。
何かと言うと、スマホの話。またか。。。スマホ好きなんです。(^0^;)

二、三日前に、弟から電話がありました。

「スマホを替えたので、メールアドレスが変わったから、メールを送っても返事が来ない。ショートメールを送っても,帰ってこないので、どうしたのかと思っていた。」

今月末、母の初盆を行うので、念のため、確認でした。

私のスマホは、NifMo。アドレスは、PCと共通で、スマホでもPCでも見ることが出来ます。
でも、私のところには、スマホにも、PCを調べても痕跡無し。

おかしいと思って、弟にメールを送ったら、サーバーが無いとエラーメッセージ。
当然ですね、メールアドレスが変わったというのだから。。。(^0^;)

仕方が無いので、こちらから、メールは残っていない旨の返事をしました。そしたら、どうも、弟のメールアドレスは、なぜか、ヤフーメール。(´д`)キャリアは、auらしいのですけどね。なぜ、ヤフーメールなのか詳しいことは、電話ではよくわからない。


先日も、ヤフーアドレスで、不審メールが来ました。

『さっきのメールは、おかしかったので、今度から、こちらのアドレスに送って』

ムムム!!

だれだ、こんな馴れ馴れしいメール。これは、迷惑メールに違いないと、@yahoo.ne.jpを迷惑メールアドレスに登録しました。

携帯とかスマホは、画面が小さいから,面倒なのですが、PC上だと簡単。

この不審メールは、文面からして,不審メールとすぐ分かりましたが、弟から、ヤフーアドレスできても、困りますよ。(^0^;)

ショートメールも架空請求詐欺メールが来たことがあるので、受け付けないようにしています。G-mallも、初期設定に戻して、使えないようにしてある。

勿論、LINEも使ってません。

そうのように,弟にいったら,今時、そんなことしていたら、スマホ使えないと言ってましたが、今の人って、割と、セキュリティに甘いですね。

私は、15年以上、ネットやっていて、実際、ウィルスにやられたこともあるし、架空請求詐欺メールや怪しいヤフーメルも来ているので、セキュリティだけは、厳重にしています。

Smartphone6_obasan


2017/07/21

鬼平犯科帳のロケ先

Onihei_2


Imgp8395


Hannka_2


Imgp8429_2


時代劇のドラマでも、珠玉のできの「鬼平犯科帳」。夫が大好きなのです。(^▽^)

このドラマのロケ先が、また、雰囲気のある寺社が出てくるので、どこかと調べていたら、エンディングに出てくる五重塔は、仁和寺だったのです。

そして、第2シリーズ 第09話 「本門寺暮雪」の長い石の階段は、長岡京市の光明寺。

ここに、井関録之助(夏八木勲)が気絶して、倒れていたんです。(__)(*^m^)

2017/07/20

もみじの寺 長岡京「京都 総本山 光明寺」

Imgp8405


Imgp8408


Imgp8409


Imgp8415


Imgp8406


Imgp8418


Imgp8417


Imgp8424

「京都 総本山 光明寺」http://www.komyo-ji.or.jp/

京都市内では無く、長岡京市にあります。

紅葉がたくさんあって、紅葉すれば、さぞや華やかな事でしょう。この時期は、ほとんど観光客の姿は無く、近所の方が、この長いなだらかな階段を散歩と軽い運動をかねてかな、歩いていらっしゃいました。

青紅葉も,これくらいあるとなかなか見事です。

2017/07/16

御室 「仁和寺」

Imgp8362

午後からは、仁和寺へ。

バスで行きましたが、このバスは、有名なお寺の前を通るので、すごい混雑。一般市民の利用者の方、お気の毒に思いました。

さて、まずは、拝観の前に、仁和寺の正面にある食堂に「氷」の旗!!
お昼は済ませてあったのですが、冷たいものが欲しくで、入りました。

他にも甘いものはあったけど、やっぱり、かき氷「金時」。
嬉しいことに、昔のあのふわふわの氷でした。今の氷って、ガリガリのまさに氷のお店もよくありますよね。(^0^;)

私たちが、美味しく頂いていたら、外からのぞき込む年配の女性。お客さんかなと思ったら、あにはからんや、道を尋ねる人。

わざわざ、お店に入って聞くのなら、何か注文するのがマナーでしょう。でも、お店に人によると、こういう人はいっぱいいるそうです。特に、観光シーズンのかき入れ時でも、お構いないらしい。

この聞きに来た人も、
「ここから嵯峨野の方まで行きたいのだけど歩くとどれくらい?」

えぇぇぇぇ~~~
歩けるもんなら歩いてみろ!!(^▽^)

やはり、自分できちんと下調べをするか、出来ないのなら、タクシーを使うか、よく考えるべきでしょうね。

2017/07/14

「詩仙堂」 文人石川丈山の山荘跡

Imgp8338


Imgp8339


Imgp8340


Imgp8341


Imgp8342


Imgp8343


Imgp8351


Imgp8354


Imgp8356


Imgp8360


http://www.kyoto-shisendo.com/Ja.html

2017/07/09

洛北の禅寺「圓光寺」

Imgp8303


Imgp8304


Imgp8305


Imgp8307


Imgp8309


Imgp8313


Imgp8316


Imgp8330


Imgp8334


Imgp8335


Imgp8336


瑞厳山 圓光寺
http://www.enkouji.jp/index.html

曼殊院門跡は、皇室一門の方が住職でした。門跡というのはそう言う意味があるそうです。

対して、この圓光寺は、徳川家康が開いた洛陽学校が始まり。
禅寺の庭と言うことで、枯山水の庭が目を引きます。曼殊院とはまた違った魅力のあるお寺です。

観光客の多いところに比べると、ゆっくりと、拝観出来ます。

2017/07/08

洛北の名刹「曼殊院門跡」

Imgp8283


Imgp8286


Imgp8294


Imgp8295


Imgp8296

Imgp8282

Imgp8298

小さな桂離宮「曼殊院門跡」
http://www.manshuinmonzeki.jp/index.html

実相院を後にして、一乗寺の方へ。

バスは、国際会館駅前で乗り換えになるので、時間のロスと歩くのが大変と言うことで、タクシーで曼殊院まで行きました。(^0^;)

タクシー料金、1550円。曼殊院は山の方にあるので、やっぱりタクシーで行って正解でした。

運転手さんから、耳寄り情報が。。。

修学院離宮が近いのですが、ここは見学に事前にはがきで申し込みが必要です。でも、当日空きがあれば、見学させていただけるそうです。

宮内庁に要問い合わせ。私たちは、結局、今度の機会にしました。

一枚目は、通用門。正門である勅使門は5枚目。

緑紅葉が綺麗でした。

2017/07/06

床紅葉の「岩倉 実相院」

京都旅行の続きに戻ります。

一日目まず目指したのは、「岩倉 実相院」
http://www.jissoin.com/

京都バスの出町柳のターミナルから、岩倉実相院行き、終点。

以前は、車で回りましたが、京都や奈良などの古都は、やっぱり、公共交通機関が便利で、何より楽ですね。
着いてみると、駐車場はあって、秋の紅葉の時期と違って、平日は空いているようです。でも、道が狭いところも多いので、バスで正解でした。(^_^)/

Img_20170628_130355625


床紅葉は、写真撮影は禁止。(´・ω・`)ショボーン

仕方が無いので、クリアファィルを買ってきました。確かに狭い幅のところなので、撮影を許可すると、収拾が付かなくなるのでしょうね。自称カメラマンは、他者を顧みず、動かない人多いですから。。。(苦笑)

Imgp8270


Imgp8271


Imgp8276


Imgp8278


金閣寺、銀閣寺、清水寺と言った、有名寺院と違って、外国人は見かけなくて、とても、ゆったりと参拝できました。

緑紅葉は、やっぱり、新芽の5月がいいですね。それに、お天気が良すぎて、緑の鮮やかさが失われてしまってる。

お庭から見える向こうの山は、比叡の山なみ。

2017/06/26

京都迎賓館  庭園と建物が一体となった「庭屋一如(ていおくいちにょ)」の空間

Img_8429

Img_8437


Img_8444


Img_8452


Img_8456


Img_8459


和の粋を集めた京都迎賓館、是非一度,足を運んでみて下さい。

隅々まで、心がこもった匠の細工に目を奪われます。

ツアーの人数は、そこそこ集まっていてます。(^_^)/

2017/06/23

京都迎賓館 3

Img_8406

Img_8412


Img_8413


Img_8414


Img_8417


Img_8418

Img_8420


Img_8421

ここは、藤の間。

藤の花言葉は、「歓迎」それにちなんで、藤の花がいろいろな作品のテーマに作られています。

より以前の記事一覧