2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

2017/03/29

始まりました!! 2017年木曽三川公園チューリップ祭り

まだ、風は冷たいものの、日差しは日毎に暖かさを増していて、東海地方でも、昨日、愛知県と岐阜県にさくらの開花宣言が出ました。三重県は、残念ながら、置いてきぼり。(‥;)

でも、テレビで「国営木曽三川公園
のチューリップ祭りが始まりました。」と伝えていたので、明るい日差しに誘われて、出かけてみました。

まだ、2分咲きと言ったところですが、やっぱり、チューリップを見ると春が来たとウキウキとした気分になりますね。なぜか、背が低いのが気になります。(^0^;)

でも、なんと、さくらが咲いていました!!

さくらとチューリップ、よく似合いますよね。ソメイヨシノではなくて、コヒガンサクラです。

Imgp8015


Imgp8017


Imgp8018


Imgp8019


Imgp8020


Imgp8023


Imgp8025


Imgp8032


Imgp8034


Imgp8036


Imgp8038


Imgp8041


Imgp8045


Imgp8047

和名 コヒガンザクラ (子彼岸桜) 花期が早く彼岸頃に咲き始めるためにこの名前がついたといわれている。別名に彼岸桜、千本彼岸。なお、エドヒガンの別名もヒガンザクラであり、更にカンヒザクラをヒカンザクラと呼ぶこともあるため注意が必要である。

特徴
コヒガンはエドヒガンとマメザクラの交雑種と考えられている。

花期が早く、春の彼岸ごろには花が咲き始める。花は五枚一重で薄い紅色の花を咲かす。ただし、色はソメイヨシノよりも濃い。春の早くに咲くため、葉よりも先に花をつける。萼は細長いが、根元が少し膨れている。また、毛が多い。これらの特徴は母種の特徴を継いでいると考えられる。なお、萼はエドヒガンよりも細長い。

樹木としてはあまり大きく育たず、5m程度である。枝を沢山張り巡らせる性質がある。葉にも多く毛が生える。また、花が終わると小さい黒い実をつける。秋になると葉は紅葉する。

高遠城址には樹齢130年を超える立派なコヒガンザクラが見られる。樹木として大きく育たないために庭に植えられることも多い。

コヒガンの亜種に十月桜が知られている。この種は冬の穏やかな気候の間中咲くことから広く育てられている。

さくらは、驚くほど種類がありますね。

早咲きのしだれ桜にヒカンザクラと言うのがありますが、これはもう少し赤が濃い。このコヒガンサクラは比べると、ソメイヨシノよりはピンクが濃いですが、ヒカンザクラよりは薄くて、花も小さくて可愛いです。

多度大社に10月サクラが咲いていて、こちらで時々紹介しますが、この仲間のようです。確かに、かわいらしい花がよく似ています。

 

2017/03/25

世界遺産  国立西洋美術館  

Img_8074

Img_8075

Img_8076

20170324img_8077

2016年7月17日、国立西洋美術館が世界遺産に登録されました。20世紀の近代建築がなぜ?と思ったのですが。。

「フランス政府が日本を含む7か国と共同で推薦していた「ル・コルビュジエの建築作品」のひとつ」と言うことだったのですね。

http://heiwa-ga-ichiban.jp/sekai/kokuritsu/index.html

世界遺産に登録されたことで、訪問者が多いと聞いていましたが、私が行ったときはそれほどでもなかったです。暖かかったので、上野の動物園の方が人が多かったみたい。(笑)

この西洋美術館の前庭に、ロダンの彫刻が、野ざらしで展示していあります。私は、初めて見たとき、てっきり、レプリカだと思ったのですが、驚いたことに本物なのです。

2017/03/21

桃の花が咲きだした

Imgp8041


Imgp8044


Imgp8047


今日は、東京で、早くも桜の開花が発表されましたが、当地では、ソメイヨシノは、まだまだ、固い蕾です。

でも、わが家の花モモが綺麗に咲きだしてました。先週末は、全然気が付かなかったのだけど、ここ数日の暖かさで、一気に花開いたようです。

いつも、この桃の木の根元で雪柳が咲くのだけど、まだ、小さい花が一つか二つ咲いているだけ。こちらは遅かったのか、それとも、虫にやられて、花芽が無かったのか。。。(^^;)

2017/03/18

新幹線から

20170319img_8042


久しぶりの新幹線。車窓から見事な富士山が見えました。

私は、やっぱり、この角度の富士山が一番好き。(*^^)v

2017/03/14

「豊公園」  長浜

Imgp7993


Imgp7994


Imgp7995


Imgp7997


Imgp7998


Imgp7999


Imgp8001


Imgp8009


ランチの後は、近くの「豊公園」へ。

朝は、晴れていたのに、お昼にはすっかり雲が広がって、琵琶湖対岸の「比良の暮雪」が見えずに残念でした。
梅は、見ごろを迎えていて、カメラを構えている人もちらほら。桜の季節になると、もっと、賑わうのですけどね。

梅とお城を撮ろうとしましたが、まだ、つぼみの膨らんでい無い桜の枝が邪魔をして、上手く入らない。

あたりは、梅のいい香りでいっぱいでした。

2017/03/11

やっと見ごろを迎えました。 

Img_8025


Img_8027


Img_8029


Img_8031


Img_8032


少しずつ暖かくなってきましたね。

今日は、風が少し冷たいものの、陽射しがあって、気持ちの良いお天気でした。三回目の訪問で、やっと、見ごろの河津桜を写すことができました。(^^)v

でも、重いので、今回はコンデジです。やっぱり、一眼レフのレンズとは、写り方がちょっと違いますね。

2017/03/10

「勝鳥神社」 静かな集落の中で

昨日の記事の続き。

ドライブの一番の目的地は、この勝鳥神社。Katutori


拙ブログに、コメントを寄せていただく方の情報で、今年の干支、鳥にちなむ名前の神社が滋賀県にあると知り、行ってきました。

滋賀県は、雪が多いところで、今年も彦根や長浜は大雪でしたので、なかなか、出かけられなかったのですが、今週の初めの予報では、木曜日ごろから暖かくなるという話だったので、うきうきして出かけたのはいいのですが。。。見事裏切られた。( 一一)

今日も寒いですね。秋は、段々寒さに向かう季節で、途中、小春日和が続くとホッとしますが、春は逆で、暖かくなるのを待ち焦がれているのに、こうして、寒の戻りがあると、余計に、寒さを感じてしまいます。


Imgp7984

綺麗な日の丸がたなびいています。きっと、ここだろうとこれを目当てに歩きました。事前に、googleのストリートビューで探したのですが、よくわからなかった。小さい神社なので、鳥居も目立たない。


Imgp7986

ありました!!国旗は、国旗を作っていらっしゃるおうちが掲げていらっしゃったので、違ってました。(^^;)


Imgp7987

正面からみたところ。鳥居も小さいです。

Imgp7989

お社。本当にこじんまりしています。


滋賀県神社庁の勝鳥神社の紹介ページhttp://www.shiga-jinjacho.jp/ycBBS/Board.cgi/02_jinja_db/db/ycDB_02jinja-pc-detail.html?mode:view=1&view:oid=904

私たちが訪れた時は、他に参拝客は見えませんでしたが、お正月はすごい人のようでした。12年に一度、大賑わいなのかな。

でも、祀られている神様が、「福の神」と「商売繁昌の神様」なので、新年の松の内はお参りは多いでしょうね。

勝鳥神社の由来

所在地 彦根市三津町小字勝鳥

祭 神  天稚彦命(あめわかひこのみこと)
      
      相殿(あいどの) 事代主命(ことしろぬしのみこと)・大山昨命(おおやまぐいのみこと)

由緒

勝鳥神社は天稚彦命を主神とし、事代主命・大山昨命をおまつりしています。 

 天稚彦命が出雲国から東方へ征伐に出陣されたとき、事代主命らとともに、三津に立ち寄られました。美濃国での戦で亡くなられた天稚彦命のなきがらを、下照姫命の兄が三津に葬り、勝鳥石を立てたと語り伝えられています。

 その後、天稚彦命を崇敬する近郷の領主や人々が多数祈願し、明治11年に神籠神社を勝鳥神社と改めて今日に至っています。

 主祭神天稚彦命は古より武勇の神として尊崇されている神であり、また、事代主命は大国主命の御子で、一般的に恵比須さんと呼び親しまれている福の神、商売繁昌の神であります。

 今年はトリ年であり、また「勝」と言う元気、勝負に勝つという縁起がかっがれ、前向きな気が頂ける神様として、一気に注目され、観光バスでの参拝が絶えず、今、人気のスポットになっています。

社務所は閉まっていましたが、ちょうど、氏子の方がいらっしゃって、「よくお参りくださいました。」とおっしゃってこのパンフレットを下さいましたので、書き写しました。

Imgp7991


Imgp7992

彦根市の郊外、田園が広がるのどかなところにあります。Img_8023


駐車場がないので、近くのショッピングセンターで買い物をして、車を置かせていただき、あぜ道を歩いてきました。(^^;)

買ったのはこれ。座布団カバーです。安いのにちょっとおしゃれで気に入りました。

2017/03/06

花を写す(習作) 

1.
Imgp5392

2.
Imgp5398

3.
20170222imgp5390_3

4.
20170306imgp8034

5.
20170306imgp8035


1.2.3.は50ミリ標準マクロ、露出2.8の明るいレンズ。
4.5.は、300ミリの望遠で撮りました。

違いは、あまりわからないですが、近くに寄って写せるものは、やっぱり、マクロレンズの方が、マクロレンズとしての作品が作れるように思います。

望遠の場合は、植物園などで垣根があって、被写体に近づけないとき、また、背景にもお花がいっぱいの時、威力を発揮します。

最近は、写すだけと言う感じになっていたので、また、自分でそれなりに勉強しようとネット検索したら、今は、また新しいサイトがたくさん出ていました。

「川名範幸のちょっといい写真が撮れるかも」http://space.geocities.jp/kawananoriyuki001/index.html

これは、その一つ、現役のプロカメラマンのブログです。


2017/03/03

少しづつ咲き始めて、春の呼び込み

連日、面白くないニュースが続いていますが、ここらへんで、少し、春を感じる画像をご覧ください。

2月17日に、まだ少し早い河津桜で紹介した河津桜ですが、2月28日にもう一度行ってきました。
10日過ぎたから、そろそろかなと思ったのですが、まだもうちょっとでした。(^^;)

Imgp5494


Imgp5498


Imgp5490


こうして、咲いているのは、まだ、一本だけ。

河津さくらは、ソメイヨシノより、ひと月くらい早く咲くのですけどね。ソメイヨシノも、今年は4月の初めくらいになるのかな。

カメラは、50ミリ標準マクロで撮りました。露出を明るくすると焦点深度が浅いので、ピントの合わせが難しい。
明るくて、背後のボケの利いた写真が撮りたかったのですけどね。

2017/02/27

富士山

1488152098363.jpg

スマホから、撮ってアップしたもの。

東名高速を名古屋方面に向かって走っる途中、首都圏の喧噪も少し収まった大井松田付近で、正面に見えてくるのがこの美しい富士山。今が一番きれいですね。


下の画像は、新東名を東京方面に向かって走っているところ。ここも、新東名では、富士山が一番きれいに見える場所ですね。

20170227img_7999


20170227img_8000


より以前の記事一覧