2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

2017/05/28

レッドヒルヒーサーの森  睡蓮の池

Photo_2


レッドヒルヒーサーの森、シャクナゲは、もう遅かったのですが、芍薬が綺麗に咲いていましたが、ピントが合っていませんでした。(´д`)

バラ以外は、この睡蓮の池だけ。

交通の便がいいところなので、もういちど、一人でゆっくりと撮影に出かけたいと思ってます。

2017/05/24

レッドヒルヒーサーの森 2

Imgp8219


Imgp8226


Imgp8245


Imgp8246


Imgp8232


Imgp8250


Imgp8256


Imgp8257


バラの美しい季節になりました。

ここの里山の情報は、テレビで初めて知って、きっと、バラ園もあるだろうと出かけてみました。期待以上のバラ園でした。三重県では有名な赤塚植物園が開設しているので、植栽もとてもしゃれています。

緑の季節ですから、バラ園以外も、画になるところはたくさんあったのですが、ここに着いた途端に夫と大げんか。(苦笑)

こう言う気分では、写真に集中できないのですよね。

記事自体も書く気がなくて、画像だけアップしたのだけど。。。

2017/05/22

レッドヒル ヒーサーの森

Imgp8210


Imgp8211


Imgp8212


Imgp8213


Imgp8222


Imgp8229


Imgp8230


「レッドヒル ヒーサーの森」に行ってきました。

http://www.redhill.co.jp/

さすが、種苗会社のバラ、とても、豪華で綺麗に育ってました。

ただ、入園料が高い。1200円。

2017/05/18

横山展望台  

今日は、久しぶりにこの時期らしいちょっと汗ばむくらいの日差しで、気持ちいい陽気になりました。
西の鈴鹿山脈もくっきりと綺麗に見えて、黄砂もPM2.5も心配しなくても良さそう。(^_^)/
Photo


2016年5月のサミットで一躍有名になった横山展望台に行ってみました。

展望台の麓にビジターセンターがあって、そこが駐車場になっています。


上から見た図。
1


ビジターセンターの向こうに狭い林道があって、そこを500メートルくらい登ると、また、駐車場があります。
5月の連休とか、混雑時は、身体障害の方やシニア優先になるみたい。

平日ですが、上の駐車場はいっぱい。この道、対向するための広い場所もあるのですが、小さな溝があって、しかも草に隠れてる。(>_<)

私が行ったときは、上りも下りも対向車がいなかったので、よかったけど、対向車がいると、ちょっと、難儀かもしれません。下手にバックして、タイヤを落とす危険があります。


20170517img_8200


上の駐車場から、階段で上るところと、なだらかなデッキもしつらえてあり、車椅子でも展望台まで行ける様になっています。

20170517img_8201

この林の中を登るともう一段上からの眺めが


20170517img_8207


今日のように、空気が綺麗で、青空が広がってると、もっと、海の色も綺麗で、素晴らしい光景なのでしょうけどね。
夕景の時、沈む夕日が海を真っ赤に染めて、それは美しいようです。

サミットで、安倍総理を始め、首脳陣が並んで写真を撮られたところは、ここの展望台から見える志摩観光ホテルの屋上庭園だったのですね。私は,この横山展望台に集まられたのかと勘違いしてました。(^0^;)

2017/05/17

伊勢志摩スカイライン

5月というと、五月晴れ、青空いっぱいのイメージがあるのですが、連休明けから、曇り空が多くて、鬱陶しい。
いつ北朝鮮からミサイルが降ってくるかと、眺める空には、薄雲が広がり。。。(;゚ロ゚)

今日も、空模様、はっきりしませんね。

昨日は、久しぶりに、長距離ドライブでハンドルを握りました。片道、2時間ぐらいですけど。

今月末に、関東からお友達が遊びに来てくれるので、伊勢鳥羽地方を案内することになったのですが、伊勢神宮は、定番として、鳥羽は、さて、ここという場所がない。食べ物は美味しくて、素晴らしいところなのですけどね。

私の一番のお勧めは、やっぱり、伊勢志摩スカイラインかな。と言うことで、久しぶりの長距離ドライブになったわけです。

伊勢志摩スカイラインhttp://www.iseshimaskyline.com/index-1.html

このホームページに,割引券が載ってます。(^_^)/

スカイライン頂上駐車場からの眺め


1.伊勢市内
20170517img_8193


2.鳥羽市内方面  
20170517img_8196


伊勢志摩スカイライン  朝熊山山頂http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2015/08/post-ac72.html

2015年8月にも、ここに行ってます。このときは、もう少しお天気良かったみたい。
やっぱり、海は,空が青くないと映えませんね。

2017/05/06

スズランの花

Imgp5589


20170504imgp5587


今年もスズランが咲きました。
5月1日にアップするのを忘れてた。

スズランの花、結構、よく増えます。(^_^;

毎回アップするたびに書いていますが、フランスでは、5月1日にスズランを贈る風習があって、贈られると幸せになるそうです。

ところが、花にも葉っぱにも毒があるので、触ったら必ず、手を洗うことと、園芸のサイトには書いてあります。よく、山菜の行者ニンニクと間違えて、食べて、食中毒を起こすこともあるそうです。

切り花にして、飾るときは、十分に気をつけないといけませんね。

2017/04/27

スマホカメラ用交換レンズ

20170426img_20170426_13045644


20170426img_20170426_13081985

花はキンセンカです。
今よく咲いてくれてます。(^_^)

さて、一枚目、マクロ撮影。
デジカメ専用機でなく、スマホのカメラにマクロレンズを付けて撮りました。

割ときれいに撮れてますよね。
本体に接写機能はありますが、それ以上にマクロ機能が発揮されます。

今のスマホの二世代前の携帯を持っていたとき、携帯電話のカメラ用交換レンズが新発売になって、すぐ飛びついたのです。

でも、携帯の機種が変わったら、付けることが出来なくなって、引き出しの中で眠っていました。最近、これを見つけて、念のため、付けてみたらうまいこと使えた。

Img_8183

こんな風にスマホのカメラレンズ部分に金属の輪っかを貼り付けて、そこにレンズを付けます。レンズが磁石になっているので、落ちません。

Kamera

これは、マクロレンズですが、広角と望遠もあります。


Img_8184

望遠は、二倍。広角も、デジカメ自体が広角で撮れますので、一番使い道があるのは、マクロレンズでしょうね。
ネットの販売では、魚眼レンズもあるようです。それも面白いかも。

2017/04/26

2017年春「藤が丘公園の桜  御衣黄と牡丹桜」

Imgp8136


Imgp8110


Imgp8119


Imgp8125


Imgp8123


遅咲きの八重の桜が咲いていました。
緑色の御衣黄は、つぼみの時は緑が濃いですが、花開くとピンクが勝ってきます。つぼみの方がきれいですね。(^_^

牡丹桜のほうは、それぞれ、なまえはあるようですが、正しいなまえは分かりません。桜の種類多過ぎ!!

2017/04/25

源氏物語ミュージアム

10年以上前に訪れたことのある源氏物語ミュージアムに寄りました。
建物は、変わっていないけど、周辺はずいぶん変わったような気がします。

道案内通りに歩いたら、すごい遠回りさせられた。(。>0<。)


Imgp8173_2


Imgp8209_2

Img_8157

Img_8160

Img_8161

Img_8166


Img_8165


Img_8164


束の間、雅の世界に浸ることが出来ます。(^_^)

源氏物語ミュージアム。
http://www.uji-genji.jp/

3分で読む源氏物語http://genji.choice8989.info/

あまりに長く、現代語訳本は、中身が訳者の解釈によって、ちょっと、違っているような気がします。
流れを知るだけなら、この超あらすじを読むと、全体像は分かるかも。(^_^;

「源氏物語」が面白いほどわかる本を読みました。http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2016/05/post-0d76.html

源氏物語の解説とあらすじが読める本です。

以下の三枚の画像は、大きく出来ますので、展示内容も読めます。
源氏物語に登場する光源氏が建設させたという六条院。

架空の寝殿ではありますが、平安の時代、このような建築物が多数存在したのでしょうね。

Img_8162


Img_8159


Img_8158


2017/04/24

地図を疎かにしてはいけない。←カーナビを頼るなかれ

Photo


宇治平等院の周辺の地図です。

八幡市は、駐車料金が一時間100円。石清水八幡宮と背割り堤の桜を見学して、3時間半。400円で済みました。
まあまあのお値段でしたが、宇治の観光の方は、駐車場を調べなかった。

この地図をきちんと調べておくべきでした。

10年以上前に、このあたりには来ていて、駐車場もすぐ分かったのですが、今回はコインパーキングに止めてしまった。やっぱり、カーナビだけを頼りは、絶対いけませんね。

宇治市の観光駐車場は、一日700円。コインパーキングに止めたので、一時間半で、1200円。しかも、時間が気になって、ゆっくり回れなかった。

そして、この地図で印をした源氏物語ミュージアムにも寄ったので、こちらも、コインパーキング600円。

その上、宇治上神社も、この鳥居を写すだけでした。
宇治神社は、気がつかず、通り過ぎてきてしまったと思います。(>_<)


Imgp8202


Imgp8205


より以前の記事一覧