2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

2018/06/17

「HINOMARU」を買いました

この曲の廃盤をパヨクが訴え、このグループのライブを妨害しようとTwitterで仲間を呼びかけたので、さっそく、購入してきました。

とても良い曲でした。

youtubeでは聴くことが出来るし、歌詞もネットで検索できますが、これは著作権が非常にうるさいので、ここではアップしません。一度、検索して是非聴いて下さい。


Img_9896


RAD「HINOMARU」批判は「言葉狩り」なのか 作詞家や国会議員から「擁護論」続々https://www.j-cast.com/2018/06/16331522.html?p=all

「自分の国を愛して何が悪いんだ!」
「HINOMARU」は、RADWIMPSが6日に発売したシングル「カタルシスト」のカップリング曲。歌詞にある「気高きこの御国の御霊」「日出づる国の 御名の下に」といったフレーズが、一部ネット上で「軍歌のようだ」などと問題視され、物議を醸すことになった。

その後、野田さんは11日に自らのSNSで「この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です」などと釈明。あわせて、「傷ついた人達、すみませんでした」と謝罪していた。

こうした野田さんの謝罪が、いま議論の的になっている。

人気バンド「RADWINMPS」(ラッドウィンプス)の新曲「HINOMARU」をパヨクと。。。が批判をして、作詞を担当したボーカルの野田洋次郎さん(32)がインスタグラムやツイッターで謝罪する事態に追い込まれてしまいました。

最初の謝罪文

「僕はだからこそ純粋に何の思想的な意味も、右も左もなく、この国のことを歌いたいと思いました。

自分が生まれた国をちゃんと好きでいたいと思っています。好きと言える自分でいたいし、言える国であってほしいと思っています。

まっすぐに皆さんに届きますように。」

二度目の謝罪文

Photo

この謝罪文からも窺えるように、災害の多い日本という国で、それに負けず、国民が一致して頑張ってきた、これからも頑張ろうと言う応援歌。それが、FIFAワールドカップロシア大会の日本チームへの応援歌「カタルシスト」とカップリングで作られた曲の意図するところでしょう。

それを批判など、日本人はしません。

この騒動のおかげで、曲は多くの共感を呼び、Amazonで第一位になりました。

RAD「HINOMARU」がアマゾンで1位に レビュー欄に愛国コメント殺到「日本人の魂の奥底が揺さぶられるような感動的な歌」https://news.careerconnection.jp/?p=55361


この表現の自由に対する挑戦とも言うべきパヨクと一部の勢力の動きについての議論は、国会でも取り上げられ、12日の参院文教科学委員会で、自民党の小野田紀美議員が「表現の自由という観点から、取り上げないわけにはいかない」

 「(『HINOMARU』は)決して、どこを見ても、侮辱的な言葉や差別的な言葉とか、何かを批判するようなことは1つも入っていない。ただ、(生まれた国が)愛しい思いを言っただけで、叩かれて謝罪に追い込まれる。表現の自由の国はどこにいったんだ、と悲しくなります」
などと訴えた。

また、自民党の和田政宗参院議員も15日のツイッターで、「RADWIMPSの新曲『HINOMARU』への過剰な反応はまさに『言葉狩り』」と主張。その上で、

「こんなことで言葉狩りをしていたら権力を批判する歌さえ歌えなくなる。誰かを攻撃してもいない。自由な楽曲作りがこんなことで制限されて良いのか」
と疑問視しています。

2017/09/25

リンドウの花 ももずきんちゃん

昨日は、橋幸夫の暴言をTwitterで見つけて、橋幸夫糾弾記事を書きました。( ̄。 ̄;)
それでと言うわけではないのですが、この舟木一夫さんの歌をyoutubeでみつけて、懐かしさいっぱいで聴きました。

いまの歌謡界は、良い歌と言うより、自分のひいきの子と握手したり、人気投票に参加するために、段ボール箱いっぱいにCDを買うとか。おかげで、売り上げ=素晴らしい曲と言うことではないのですね。

確かに、私ような団塊世代が若い頃流れた曲は、いまは、古さを感じるかも。でも、歌詞を聴いてると、この情景が浮かんできて、なんとも切なく、でも、清々しい気持ちにさせられます。

どうして、この「あありんどうの花咲けど」が出てきたかというと、花屋さんでこのかわいらしい花を見つけたからです。


Imgp5603


Imgp5610


Imgp8485


「ももずきんちゃん」

なんとも可愛いネーミング。

岩手県で開発されたみたいです。すこしでも、東北復興の応援になればと、二株買ってきました。

ホワイトバランスがちょっと違っていて、実際の色は、三枚目の色に近いです。

一枚目と二枚目は。50ミリ標準マクロレンズ。
三枚目は、300ミリ望遠マクロで撮りました。

標準マクロレンズが付けてあるカメラは、RAWのボタンを押していないとJPEGでしか撮れない。(+_+)
三枚目は、RAWで撮っているので、現像しています。

2016/11/27

唱歌 「日の丸の旗」

この歌を懐かしい!!と思いだされる方は、私と同年代でしょうか。(*^^)v

最近は、唱歌や童謡などトンと聞かないので、たまには、youtubeで聞いてみるのも心安らぐ時間を過ごせるかもしれません。

さて、最近、なんかおかしいと思われませんか?

オリンピックやその他の国際大会で、日本の選手が表彰台に上がっても、国歌の斉唱とこの日の丸があげられるところを映されなくなりました。

そして、極端な話、こんなことがあったのです。

『ロシアが2011フィギュア世界選手権で東日本大震災で苦しむ日本にエールを送る! 日の丸を囲み世界が黙祷』
ところがこれをフジテレビが全てカット! 代わりにキムヨナ特集!を放送していたのです。

このことは、インターネット視聴を主にしている人はほとんどの人が知っていますが、ネットをやっていない人は、全くご存知ないでしょう。

2011フィギュア大会は、当初日本で行われる予定があの忌まわしい東日本大震災のために、ロシアでの開催となりました。

それで、ロシアがこのセレモニーをしてくれたのです。ところが、放映権を握るフジテレビは、全てカットして、よりにもよって、日本人は誰も見たくないあのキムヨナ特集を流していたのです。それを、他のマスコミも咎めもしない。

B6e45722

2011年フィギュア世界選手権開会式での黙祷https://matome.naver.jp/odai/2139383531747463601

日本で開催される予定だった2011年フィギュア世界選手権が急きょロシアで開催されることになった。その開会式では震災を受けた東日本に対して黙祷を捧げるシーンがあったのが放映されなかった

情報を洗ってみて腑に落ちないのは、すでにメディアには掲載期間が過ぎたのか記事がどこも削除されているということ。この時期に降って湧いたように掘り起こされていること。嫌韓と絡めて流されていること。それらがこの情報を辿ってみて気付いたことです。

この事件について、纏められたブログです。


私の子供の頃は、祝日になれば、どこの家庭でも日の丸を掲げてお祝いしたものです。ところが、いまは国立大学でも、日の丸は掲げない、君が代は歌わない。そんな風になってきています。

日の丸は美しいですよね。他のどこの国の国旗に比べても、調和が取れて美しい。

今日も、女子駅伝が行われていて、オリンピック出場を目指す選手のことを「日の丸を背負って。。。」と放送しながら、テレビ局は日の丸を映そうとしない。【正体見たり枯れ尾花】

2015/03/02

醜いアヒルの子

Imgp5110


Imgp5102


Imgp5122


2月の初めにもアップした木曽川の白鳥です。

白鳥は、家族ごとに行動するそうですね。見物していた人が、「あれが一つの家族ね。」とか、話してましたが、私にはよくわかりませんでした。(^^;首が灰色の子が多かったので、ここで一人前になって、また、北に戻っていくのでしょうね。

水の中に盛んに首を突っ込んでいましたので、小魚をとっているのかと思いましたが、水の中に生えてる水草を食べているようです。琵琶湖のハクチョウは、朝から、田んぼに出かけて行って、落ちてるイネや小さな生き物を食べているようです。

この木曽川のあたりも、農地が広がっているので、食べ物には苦労しないでしょう。毎年来て楽しませてほしいものです。


醜いアヒルの子の絵本がありました。



サンサーンスの動物の謝肉祭から「白鳥」

この調べは、本当に、癒されますよね。
このyoutubeのコメント欄を見ていたら、特に、この「アルト・ノラス」の演奏がこの白鳥の調べにあっているそうです。

2009/07/10

鬼平犯科帳ーエンディング


Gipsy Kingsの「Inspiration」。鬼平犯科帳のエンディングです。

最近、テレビを見ることは、めったにないのですが、たまたま、ローカルチャンネルで、フジテレビの昔の連続ドラマを再放送しているのをみて、嵌ってしまいました。^^;ドラマ自体も、池波正太郎原作で、内容はそれなりに面白いですけど。。。夕食の後片付けをしながら、それでも、エンディングが流れるときだけ、テレビの前に座ってしまいます。

一番最初のところは、浅草寺?と思いましたら、京都の「清涼寺 嵯峨釈迦堂」だそうです。他も、京都の風景が使われているのですね。桜に五重塔は仁和寺。あと、掘割のところは、滋賀の近江八幡の八幡掘かな。

このエンディングは、シリーズによって、変わっていて、有名な東福寺の紅葉の通天橋を江戸の町の人?が歩くシーンも流れるシリーズもあるようです。

「池波正太郎が歩いた京都」にそのロケ地のことが書いてあるそうですので、いま、書店で取り寄せています。日本の四季の一番いいところが次々流れて、また、哀愁溢れるこのメロディが、江戸の四季にぴったりですね。

2006/03/28

野に咲く花のように

・・♪・・・時には辛い人生も 雨のち曇りでまた晴れる  そんな時こそ野の花の けなげな心を知るのです・・・・♪

             作曲  小林 亜星      作詞 杉山 政美

                    

 
2006325038

1980年から1997年にかけて、放送されたテレビドラマ「裸の大将放浪記」の主題歌です。
「裸の大将放浪記」は、画家、山下清氏をモデルにしたユーモア溢れる人情ドラマでした。図書館にあるビデオにこれを見つけて、先日から、借りて来ています。

どちらかと言うと、夫が好きでみてるのです。(^^ゞ

でも、この主題曲を聞いてると、なんとも、楽しいほんわかとした気分にさせられます。

http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/noni_saku_hanano_youni.htm

このアドレスをクリックしていただくと、全部の詩とメロディも聴くことが出来ます。

2005/11/29

KENNY G

kiso

「KENNY G」の「paradise」今一番よく聴いてるCDです。フュージョンサックスの甘く切ないメロディが耳に心地よく響きます。

数年前、ふらっと立ち寄ったCDショップで試聴して、すぐ気に入り、買いました。その後、ほかのCDのやまの中に
埋没してしまっていたのですが、探し出してきました。

全11曲の中でも、「paradise」、そして、「falling in the moonight」が、とてもいい。夜、ワイングラスを片手に、是非一度耳を傾けてみてください。


2005/09/18

至福のとき

taku

カンツォーネを聴きながら、美味しい紅茶を味わっております。

曲は、「忘れないで」山下達郎さん。昨年、放送されたNHKのアニメ「ポアロとマープル」のエンディングテーマです。初めて流れたとき、あぁ、懐かしい曲、と思いました。

今回、山下達郎さんの新しいCDアルバムが発売され、この曲が収録されてることを知って、さっそく、買ってきました。音楽に疎い私は、これが、カンツォーネであることは、このCDのパンフレットで知りました。

カンツォーネは、昔、映画を見に行ったとき、ボビーソロの「ほほにかかる涙」をみて、テーマ曲を聴いて、なんて、耳に心地よいメロディなんだろうと思ったことを思い出します。

この聴くものを包み込むような達郎さんの歌声が、曲と、とてもよくあって素敵。歌われているヒロインになったような気分にさせられる名曲です。もちろん、竹内まりやさんの詩が、この美しいメロディをより、切なくさせているのでしょうね。

収録されている、全13曲、いろんなジャンルがあり、どの曲を聴いても引き込まれてしまいます。

wed1紅茶はウェッジウッドのオリジナルティーです。以前、お友達からいただいたこのメーカーの紅茶が美味しくて、探していたのですが、やっと、売っているところを見つけ、さっそく、購入してきました。

とても、マイルドな口当たりの紅茶です。甘めのクッキーとか、ケーキとよくあう味です。

2005/07/02

お気に入りCD

cd

いつも訪問してくださるaoiさんのサイトで紹介していただいた、スピッツの「あじさい通り」の入ったCD、「はちみつ」を買ってきました。何年か前に何度も聴いた、「ロビンソン」も収録されています。これは、いただいて持っていたアルバムに入っていたのだけど、傷つくたびに、いつのまにか、他のCDとともに山の中にうずもれてしまって・・・。

「あじさい通り」。アルバムに収録されてるほかの曲とは少し趣が違いますが、いい味出てますね。男性ボーカルのこういう声好きです。これから、当分、ネットをやりながら、これを流すことでしょう。

もうひとつは、息子が高校生の頃、よく聞いていた、BOOWYのCDアルバム。ここに収録されている、「MARIONETTE」が好きなんです。ビートが利いていて、でも、ちょっと、歌詞は物悲しい。ストレスが溜まると、このサウンドを聴きながら、車の少ない田舎道をスピードを上げて、ドライブしたものでした。