2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

2018/06/17

「HINOMARU」を買いました

この曲の廃盤をパヨクが訴え、このグループのライブを妨害しようとTwitterで仲間を呼びかけたので、さっそく、購入してきました。

とても良い曲でした。

youtubeでは聴くことが出来るし、歌詞もネットで検索できますが、これは著作権が非常にうるさいので、ここではアップしません。一度、検索して是非聴いて下さい。


Img_9896


RAD「HINOMARU」批判は「言葉狩り」なのか 作詞家や国会議員から「擁護論」続々https://www.j-cast.com/2018/06/16331522.html?p=all

「自分の国を愛して何が悪いんだ!」
「HINOMARU」は、RADWIMPSが6日に発売したシングル「カタルシスト」のカップリング曲。歌詞にある「気高きこの御国の御霊」「日出づる国の 御名の下に」といったフレーズが、一部ネット上で「軍歌のようだ」などと問題視され、物議を醸すことになった。

その後、野田さんは11日に自らのSNSで「この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です」などと釈明。あわせて、「傷ついた人達、すみませんでした」と謝罪していた。

こうした野田さんの謝罪が、いま議論の的になっている。

人気バンド「RADWINMPS」(ラッドウィンプス)の新曲「HINOMARU」をパヨクと。。。が批判をして、作詞を担当したボーカルの野田洋次郎さん(32)がインスタグラムやツイッターで謝罪する事態に追い込まれてしまいました。

最初の謝罪文

「僕はだからこそ純粋に何の思想的な意味も、右も左もなく、この国のことを歌いたいと思いました。

自分が生まれた国をちゃんと好きでいたいと思っています。好きと言える自分でいたいし、言える国であってほしいと思っています。

まっすぐに皆さんに届きますように。」

二度目の謝罪文

Photo

この謝罪文からも窺えるように、災害の多い日本という国で、それに負けず、国民が一致して頑張ってきた、これからも頑張ろうと言う応援歌。それが、FIFAワールドカップロシア大会の日本チームへの応援歌「カタルシスト」とカップリングで作られた曲の意図するところでしょう。

それを批判など、日本人はしません。

この騒動のおかげで、曲は多くの共感を呼び、Amazonで第一位になりました。

RAD「HINOMARU」がアマゾンで1位に レビュー欄に愛国コメント殺到「日本人の魂の奥底が揺さぶられるような感動的な歌」https://news.careerconnection.jp/?p=55361


この表現の自由に対する挑戦とも言うべきパヨクと一部の勢力の動きについての議論は、国会でも取り上げられ、12日の参院文教科学委員会で、自民党の小野田紀美議員が「表現の自由という観点から、取り上げないわけにはいかない」

 「(『HINOMARU』は)決して、どこを見ても、侮辱的な言葉や差別的な言葉とか、何かを批判するようなことは1つも入っていない。ただ、(生まれた国が)愛しい思いを言っただけで、叩かれて謝罪に追い込まれる。表現の自由の国はどこにいったんだ、と悲しくなります」
などと訴えた。

また、自民党の和田政宗参院議員も15日のツイッターで、「RADWIMPSの新曲『HINOMARU』への過剰な反応はまさに『言葉狩り』」と主張。その上で、

「こんなことで言葉狩りをしていたら権力を批判する歌さえ歌えなくなる。誰かを攻撃してもいない。自由な楽曲作りがこんなことで制限されて良いのか」
と疑問視しています。

2017/09/25

リンドウの花 ももずきんちゃん

昨日は、橋幸夫の暴言をTwitterで見つけて、橋幸夫糾弾記事を書きました。( ̄。 ̄;)
それでと言うわけではないのですが、この舟木一夫さんの歌をyoutubeでみつけて、懐かしさいっぱいで聴きました。

いまの歌謡界は、良い歌と言うより、自分のひいきの子と握手したり、人気投票に参加するために、段ボール箱いっぱいにCDを買うとか。おかげで、売り上げ=素晴らしい曲と言うことではないのですね。

確かに、私ような団塊世代が若い頃流れた曲は、いまは、古さを感じるかも。でも、歌詞を聴いてると、この情景が浮かんできて、なんとも切なく、でも、清々しい気持ちにさせられます。

どうして、この「あありんどうの花咲けど」が出てきたかというと、花屋さんでこのかわいらしい花を見つけたからです。


Imgp5603


Imgp5610


Imgp8485


「ももずきんちゃん」

なんとも可愛いネーミング。

岩手県で開発されたみたいです。すこしでも、東北復興の応援になればと、二株買ってきました。

ホワイトバランスがちょっと違っていて、実際の色は、三枚目の色に近いです。

一枚目と二枚目は。50ミリ標準マクロレンズ。
三枚目は、300ミリ望遠マクロで撮りました。

標準マクロレンズが付けてあるカメラは、RAWのボタンを押していないとJPEGでしか撮れない。(+_+)
三枚目は、RAWで撮っているので、現像しています。