2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

2017/08/28

感動的!!「精華女子高等学校マーチングバンド」

2014年に行われた第27回全日本マーチングコンテストで金賞を獲得した、
福岡県の精華女子高等学校の演奏

昨日の記事と同じところに、この福岡県の精華女子高等学校のマーチングバンドの事が掲載されていました。youtubeで探したところ、アップされていたので、紹介します。

素晴らしい演奏です。

昨日アップしたバトントワリングとともに、是非,生で見たいものです。

2017/08/27

日本の高校生の世界での素晴らしい活躍

今日は、本当に久しぶりに安心してお布団が干せるお天気になりました。朝夕も少しひんやりとした爽やかな風が吹いて、気持ちのいい一日でした。

しかし、毎日、記事を書くようになってから、3年半くらいかな。写真を撮りに行くことも少なくなったのもあって、ネタ切れ。( ̄。 ̄;)

今日は、ネットサーフィンをしていてみつけた、感動ものの映像をご覧下さい。

バトントワリングの2つの世界大会が、クロアチアでそれぞれ今月4日〜6日と9日〜13日の日程で行われ、 先に行われたグランプリ大会の団体では日本チームが1位と2位を占め、 その後のインターナショナルカップでは、1位から3位まで表彰台を独占。

また男女共にソロのジュニア・シニア、ペアのジュニア・シニアでも、日本の代表選手たちが表彰台をほぼ独占しており、高校生部門でも、PL学園が見事銀メダルを獲得しています
(PL学園の演技は大いに盛り上がり、後日アンコール演技が行われた)。
                                     
                                          パンドラの憂鬱さまから抜粋
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2423.html

1502072084012402700s

https://www.facebook.com/ustwirling/videos/10156485795808574/

このリンク先は、一位になったグループの演技ですが、facebookなので、facebookのアカウントがないと見ることが出来ないかも。

バトン(Baton)トワリング(Twirling)とは、英語で「棒を回す」という意味です。 鼓笛隊などのパレードやお祭り、学校の文化祭などでよく見られるバトントワリングもありますが、近年ではスポーツ競技としてのバトントワリングが盛んになってきました。

http://www.kanto-baton.org/?page_id=198

日本バトン協会関東支部のHPにバトントワリングの種類が載っていました。


【海外の反応】パンドラの憂鬱さまの本文リンク先で、PL学園の演技を見ることが出来ますが、ちょっと小さいです。

youtubeで探したら、「2017年 WBTFインターナショナルカップ(クロアチア)銀メダル」のPL学園高等学校の演技がありました。

個人の競技も美しいですが、この団体での演技が圧巻です。



一般社団法人日本バトン協会
HPでも見ることが出来るのですが、やはり小さいです。

テレビで放送してくれるといいのですけどね。くだらない情報番組で、芸ノー人に反日コメントをしゃべらせるくらいなら、こう言う大会があったこと、日本の若い人が大活躍していることを放送するべきでしょう。その方が、よほど視聴率が取れると思います。

2017/08/21

甲子園でのバトル

夏の甲子園、熱戦が続いています。

今日は、休養日で試合がありません。
明日は、準決勝で、水曜日が決勝。高校生の野球の頂点が決まります。

各県代表ですが、北海道と東京だけ二校ずつ、全49校。

この中で、大阪桐蔭高校は、春夏連続優勝がかかっていましたが、19日(土)の試合。

大阪桐蔭が1対0のリード、仙台育英が9回裏の攻撃、ツーアウト、ランナー一二塁から、ショートゴロでゲームセット
と思われたところ、大阪桐蔭の一塁手のショートからの送球を受けたとき、足が離れていたと言う審判のジャッジで
満塁になり、その後のバッターのセンタ前二塁打で、大阪桐蔭のサヨナラ負けとなりました。

ここまでだと、大阪桐蔭の一塁手の痛恨のミスで終わったというところなのですが。。。

土曜日から、ネットでは騒ぎが起こっています。

と言うのも、この大阪桐蔭の一塁手と仙台育英の選手との間にちょっとしたトラブルがありました。

【動画】 仙台育英の選手が故意に?足蹴りで大阪桐蔭選手の足を粉砕 ネット大炎上http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1936774.html

Bd6a73f4s

私も、子供の頃から、60年近く野球は見ていますが、一塁を駆け抜けるのに、右足でベースを踏み、左足をこのような蹴り方をするスタイルの一塁への走者は記憶にありません。

勿論、プロ野球の場合、もっとラフプレーはあって、巨人の〇江選手がホームに突っ込む際、スパイクで蹴り上げるようなとても危険な滑り込みをするのを見た記憶はあります。

しかし、それはプロであり、それによって、点が入るか入らないかのプレーです。この仙台育英の選手のような、相手選手を狙っての走塁は、許せないと思いました。

もちろん、「わざとでは無い」と、本人は否定しているし、擁護の声もありますが、野球をちょっと見たことのあるものなら、あの走塁があるかどうかはわかるでしょう。

この走塁については、高野連はビデオをよく検証して、過去のこの選手の地方戦での走塁とかも調べてみる必要があるのではと思います。


これは7回だったのですが、この走塁が9回の守備に影響が無かったかと言えば、心理的に大きく影響したのではと思うのです。

一塁に選手が滑り込んできたとき、反射的に身を守ろうとするのは人間の本能です。

これも昔のことになりますが、中日に高木守道という内角低めのボールを打つ事を得意とする選手がいました。これに対して、巨人の堀内投手は、わざと内角球を頭めがけて投げた。わざとと言うしかいいようがないのです。

このため、頭に怪我をした高木守道選手は、内角球が怖くなり、全く、打てなくなりました。それくらい、トラウマって恐ろしいものです。

一塁手への妨害

規則6.05(k)では、次のように定められている。

「一塁に対する守備が行なわれているとき、本塁一塁間の後半を走るに際して、打者がスリーフットラインの外側(向かって右側)またはファウルラインの内側(向かって左側)を走って、一塁への送球を捕らえようとする野手の動作を妨げたと審判員が認めた場合。ただし、打球を処理している野手を避けるために、スリーフットラインの外側(向かって右側)またはファウルラインの内側(向かって左側)を走ることはさしつかえない。」

なお、スリーフットラインとファウルラインとの間の区間をスリーフットレーンと呼ぶ。

例えば、打者が捕手前にゴロを打った場面で、打者が一塁に向かって走っているとき、打球を処理した捕手が一塁へ送球したところ打者の背中に当たってしまった場合、打者がスリーフットレーンの中を走っていたのであればボールインプレイのままとするが、スリーフットレーンの外を走っていたのであれば守備妨害とする。

7回の時点で、審判は守備妨害を取るべきだったでしょう。

2015/01/27

全豪オープンテニス 20154回戦

Photo錦織圭選手、フェレールにストレート勝ち!!

メンタルが強くなりましたね。やっぱり、メンタル部分が、その人を作るのですねぇ。
http://www.sankei.com/sports/news/150126/spo1501260029-n1.html

2014/09/10

錦織圭さん、頑張った!!

テニスプレイヤーの錦織圭さん、すごいですね!!

テニスを少しでもやられたことのある方だったら、グランドスラムの一つで、決勝に進出するということのすごさがよくわかるでしょう。

ここにきて、にわかテニスファンが日本中に溢れて、テレビは、もう、「錦織圭さん」の話題で溢れかえってましたね。

よく知らないアナウンサーやコメンテイターが、「点が入った時」とか、錦織さんの読み方を、「ニシキオリ」などといったりしてました。はたまた、錦織圭さんのテニスコーチの「マイケル・チャン」のことを中国人と言ってるおバカもいました。文筆家を標榜している輩、室井佑月ですけど。。。(苦笑)

マイケルチャンは、現役の時は、テニス界のスターの一人でした。あのぶんぶんベッカーと同じ時代に活躍したプレイヤーです。

知ったかぶりして、いろいろ言う人いますけどね。昔のネット仲間にもおりました。(^^;)

残念ながら、決勝で完敗でしたが、錦織圭さんは、まだまだ、これからの人。「チリッチ」とは、これから、グランドスラムで何度も顔を合わせ、対決していく相手です。

これからも、テニスからは、目が離せません。

2014/08/13

高校野球 「三重高校×広陵」

http://www.sanspo.com/high-baseball/koshien96/score/kekka140813_4.html

今日は、地元代表の三重高校が、延長の末、初戦突破しました。11回の裏、押し出しのフォワボール。
本当は、9回の裏、ツーアウトから、サヨナラだと、もっと、かっこよかったんだけどね。(^◇^)Rannoyakata_009


三重高校は、三重県代表ではあるけれど、私の生まれ育った松阪市の高校でもあるので、やっぱり、思い入れは、ありますね。

でも、高校野球は、あんまり好きではないのです。あの金属バットのキーンという音が、どうしても、なじめない。古いやつなんですが。。。(^^;)

2008/03/11

名古屋国際女子マラソン

昨日、北京オリンピックのマラソン代表が発表されました。でも、そこには、Qちゃんの笑顔はありませんでした。

日曜日に行われた名古屋国際女子マラソンで、残念ながら、Qちゃんは失速してしまった。スタートから、9キロ過ぎで、先頭集団から、ずるずる遅れていくQちゃんに、全国のファンが目を疑ったでしょうね。レース終盤には、体調不良でトイレに駆け込む事態にも。。。

後の会見で、ひざの半月板の手術を受けたことが公表されました。テレビでは、同じアスリートだった女性たちの手厳しいコメントも聞かれたなかで、松野明美さんは、「彼女は練習のしすぎ、少し休みなさいと声をかけてあげられる人が欲しい。」そのようなことを話していました。

Qちゃんが、トップでゴールしてくれることをマラソンファンだけでなく、日本中の人が期待していたと思います。

体調不良は、食事のせいというより、精神的な重圧が大きいのでは、と思うのですよね。それが、過度の練習となるのでは。。。結局、いろんなことを一人で背負って、がんばりすぎているよう。でも、あれだけの体調不良でありながら、きちんと、完走した体力は、余人にまねのできることではないでしょう。

「これからも、まだまだ、やりたいことがある。」と現役続行を宣言したQちゃん。彼女には、他のひとにはない、華があります。また、Qちゃんが走れば、全国の人が、テレビに釘付けになるでしょう。(笑)

画像は、あまたの花の中でも、一段と、華やかなランの花。


2


3


4


1


005


009


2008/03/03

びわ湖毎日マラソン

Img_1846


朝から、暖かい日差しが降り注ぐ日曜日。昨日は、びわ湖毎日マラソンを応援。

石山寺に寄った帰り道、ちょうど、びわ湖マラソンのコースに遭遇したと言う形です。

最初は、コースもわからなかったのですが、門前で客待ちをしてみえるタクシーの運転手さんに尋ねたところ、目の前の勢田川沿いの道を走るということ、しかも、ちょうど10キロ地点で、午後1時前後に通過するくらい。これは、嬉しい。男子マラソンの大舞台をまじかに見ることができるなんて、初めての経験です。


お昼ごはんを済ませて、道路に出てみると、運営の係りの人がたくさん応援の手旗を配ってみえます。たぶん新聞販売店の方が、お手伝いに借り出されてみえるのでしょうね。(笑)私たちも貰いました。二人で4本も!!

お天気がよかったおかげで、観光客も多く、いつもより、沿道の応援も賑やかだと話してみえました。

画像のトップから少し後ろを走る青いウェアでゼッケン31番の選手が、日本人最高タイムで、3位で入賞の、大崎 悟史さんですね。

Img_1837

最初に、この一団が現れたときには、ロードレスーか?と。

バキッ...(x_x) ☆\( ̄ ̄*)

距離が間違いないかどうか、先行して、走るのだそうです。これは、テレビで紹介されたことがないので、初めて知りました。

Img_1877

折り返しは、さすがに、応援の人も少なくなりましたが、私たちは、待ってました。これは、NHKの中継車です。


Img_1880

Img_1896


トップを一生懸命追いかける選手。


2006/03/21

おめでとう!

image723543

やりましたね。WBC日本代表。

ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゚'・:*☆オメデトォ♪

今日は、朝から、ずーとテレビに釘付けでした。約4時間のなが~~~い試合でした。

初回、キューバの投手陣が、緊張からか、制球が乱れ、日本が4点とったときには、ワンサイドゲームになるかしらと思いました。
しかし、さすが、国家公務員軍団。パワーがあり、そして、緻密なプレーありと、手に汗に握る試合の流れでした。

最近のプロ野球は、楽しめなくて、みていませんでしたが、野球はやっぱり、面白い。

ただ、これだけ、選手が一丸となって、力と力のぶつかり合いのゲームを見たあとは、ペナンとレースがやっぱり、今ひとつ、面白くないだろうなぁ。^^;