2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

2019/11/24

今日のランチ 「ナスとツナのスパゲティ」

Img_0780

 

ツナとナスのバターポン酢スパゲティ https://www.kurashiru.com/recipes/0643e59e-fa23-413d-b65d-72b63762e30d

 

ネットって便利ですね。(笑)

「パスタソース ナス ポン酢」で検索したら、この作り方が出てきました。

 

ナスは、オリーブオイルとよく合います。ニンニクがあったので、オリーブオイルとバターで炒めました。香りが立って美味しかった。 パスタの専門店の味よりいいかもしれない。(^_^)v

2019/10/31

手作りアイスクリーム

今日で10月も終わり。
台風が何度も来襲し、また、台風だけで無い局地的豪雨で多くの方が被災され、なんとも痛ましい秋の始まりでしたが、ようやく、季節が移ろうとして、少し、涼しくと言うか、朝夕はめっきり冷え込むようになりました。

これで、台風や豪雨の被害が終わるといいのですが。。。

 

さて、涼しくなった昨日、アイスクリームを作りました。(^0^;)
アイスクリームは、季節あんまり関係なく、美味しいですよね。
この作り方は、子供が小学生の頃、よくお菓子を作っていたときに覚えたもの。とても簡単で、材料もシンプルです。

 

1.たまご二個を白身と黄身に分けます。黄身、壊れてますが、割方が拙かっただけで、新鮮なものです。(^^ゞ

Img_0715

 

2.黄身と白身を別々に泡立てます。電動の泡立て器を使った方が、綺麗に早くできます。

Img_0716

 

3.生クリーム(植物性のホイップクリームでよい)を100cc砂糖を大さじ二杯を加えて泡立てます。

Img_0717

 

4.ココアパウダーとお菓子材料のチョコチップを加えて、それらを一緒に攪拌します。泡を消さないように。チョコ味でなく、バニラエッセンスでもいいですが、私はチョコ味が好き。(^^)

Img_0718

 

5.冷凍用容器に入れます。

Img_0719_20191031212701

 

6.一時間くらい冷凍庫に入れたもの。まだ、あんまり固まってない。

Img_0720

 

 

7.待ち遠しくて、二時間くらい出して食べてしまった。(ё_ё)
   五時間くらいすると完全に固まります。翌日になると、しっかり固くなってる。

Img_0721

2019/10/28

秋晴れで

今日は、素晴らしい乾いた秋空が広がりました。遠くの山々も青く、美しい。そうだ、久しぶりに木曽三川公園に秋桜の写真を撮りに行こうと思い立ち・・・いや待てよ、もう10月も下旬、咲いてないかも。HPをみると、今月の上旬に、身頃を迎えたとの記事。(ё_ё)

でも、まあ、なにか撮れるかもしれないし、秋真っ盛りの風景を探すことにして、バッテリーとメディアを確認して、用意しました。

布団を干して、洗濯を済ますと、もう、10時半。じゃあ、少し足を伸ばして、お昼の食事をお寿司屋さんに行くことにしました。

 

Img_20191028_115824

ネタはいつもの白身が中心でしたが、飛騨牛の握りがあった!!

写真で見ると、あんまり美味しそうに見えませんね。(^◇^;)でも、とろけるようで、美味しかったです。肉と言うより、マグロのトロのような感じでした。

 

さて、帰り道、木曽三川公園を目指して走っていたのですが、ふと思い出しました。後ろのハッチバックを開けた覚えが無い!!
肝心のカメラを積むのを忘れた。オイ!予備のバッテリーはハンドバックにいれていたのに。(;´Д`)

 

Imgp9776

 

Imgp9775

仕方が無いので、我が家の前に咲く秋桜を撮りました。こぼれ種で毎年咲いてくれるのですが、視界が遮られるので、ほとんど、抜いてしまうのがかわいそう。

2019/10/22

スイートポテトを作りました


Img_0711

いつの季節にもサツマイモは出回っていますが、それでも、これからの季節はサツマイモが美味しくなりますよね。私はサツマイモをそのまま食べるより、スイートポテトが好きなんです。

いまは、電子レンジが加熱ムラが無くなって、根菜類を茹でたりするのが簡単になり、スィートポテトも簡単にできるようになりました。
今日は、動画料理アプリ「DELISHKITCHFN」のいろんなスイートポテトの作り方の中から、「スイートポテトブリュレ」で作りました。カラメルソースとサツマイモがよくあって美味しかった。

フライパンでパリパリ♪
スイートポテトブリュレhttps://delishkitchen.tv/recipes/172520351622758803

 

2019/10/19

焼津グランドホテル 「ディナーブッフェ」

1_20191019131201

 

2_20191019131201

 

休暇村「冨士」のプレミアムブッフエも素晴らしいのですが、ここも豪華でした。

 

でも、こうしてみると、デザートが一番美味しく見える?(^◇^;)

お寿司は、数の子と貝に炙りサーモン。刺身は金目鯛に黒ムツ。さすが焼津漁港のそばですね。刺身が美味しかった。
ビーフグリルも柔らかいお肉でした。

天ぷらも目の前で揚げてくれます。揚げて冷めてカラカラでないのね。エビとキスと太刀魚、カボチャに茄子大好きなネタばかり

ピザもエビチリも美味しかった。蟹クリームパスタも。

 

私は、好き嫌いがないので、何でも食べられるのですね。なので、とりあえず、目に付くものは何でも持ってくる。(苦笑)
それでおなかいっぱいになるので、美味しかったものをもう一度持ってくるということができない。(ё_ё)

お寿司だけ、もう一度、貰ってきました。

 

今度からは、作戦を考えないといけません。(^_^)v

2019/10/12

またも、富士山は見えず(/_・)/

三島スカイウォークを後にして、一日目は、早々に休暇村冨士へ。
田貫湖越しに富士山が少しでも見えないかなと一縷の望みを持ちながら。。。

 

しかし、やっぱり、雲で隠れて見えません。(ё_ё)
でも、前回訪れた時は、湖さえ見えなかったので、少しは、ましか。(苦笑)
湖のほとりを少し散歩して、宿にチェックイン。

 

ここ「休暇村冨士」の難点は、お風呂が狭いこと。内風呂はそこそこの広さですが、露天風呂がないので、人が分散しないのですね。そして、人気の宿なので、いつも、混んでる。

 

Img_0667
Img_0665

 

食事は、美味しいし、品数も豊富です。前回はプレミアムバイキングにしたので、もっと、多かったのだけど、普通のバイキングでもこの通りです。年寄りには、これで十分かな。
Img_0666

2019/10/08

お昼に焼きうどん

Img_0658

 

最近、うどんというと焼きうどんです。(^^)
味付けは味噌味。野菜たっぷり。
Img_0657

お味噌をお酒で溶いて、砂糖をすこし、唐辛子を少々。

 

お味噌は赤味噌があいますね。

 

2019/10/07

バターロールから食パンへ(^^ゞ

Img_0655

 

ちょっと、しぼんでしまいました。(/_・)/

夏の暑い間は、前の夜から仕込んでおくのが、チョット危険なので、バターロールを作っていましたが、朝夕、気温が下がってきたので、食パンを作ることにしました。

よく考えると、食パンのほうがヘルシーで経済的。バターをたくさん使わなくて済む。

 

そして、何より、朝、パンが焼き上がった香りがキッチンから漂ってくるのがたまりません。

 

 

 

 

2019/10/05

今日の朝食

Img_0650

 

今日の朝食。

 

相変わらずのメニューです。これにバナナミルクセーキ。
夫婦とも、牛乳が苦手なのですが、年をとるとカルシュウムを気をつけてとるようにするため、インスタントのコーンスープとバナナミルクセーキにして飲んでいます。

 

今日の話題というか、話は、それではない。(^◇^;)

 

巨峰の食べ方。
Img_0652_20191005211001

自分ひとり食べるときは、もちろん剥きながら食べるのですが、夫に出すときは、こうして綺麗に皮を剥いてから。。。(笑)

 

しかし、果物の値段がとても高くなっていますが、特に巨峰とマスカットの値段が顕著のような気がします。果物の中でも、柿、桃に次いで好きなのですけどね。特にマスカットが好きなのだけど、いま1000円以上してますよね。とても買えない。

2019/09/30

古希のお祝い

3

 

昨日は、私の古希のお祝いということで、長浜城の近く、琵琶湖のほとりに建つ北ビワコホテルグラッチェリアの日本料理「竹生島」にランチに行きました。https://k-grazie.co.jp/restaurant/

 

Img_0628_20190930202901

ここでの食事はいつもイタリアン風?の洋食のレストランですが、この日は、日本料理。二階で、レストランの反対側なので、ヨットハーバーが見えます。

1_20190930201501
25
Photo_20190930201501

 

やはり、こうした懐石料理は美味しい。少しずつ丁寧に作られているのが和食のこころ生き。

より以前の記事一覧