2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

2016/11/26

道の駅「賤母」東山魁夷心の旅路館

Photo


道の駅「賤母」http://sizumo.jp/

昼神温泉の帰り道、11月2日に寄った道の駅「賤母」。

ここには、東山魁夷心の旅路館が併設され、東山魁夷画伯の版画が鑑賞できます。

あいにく、私たちが寄った日は、休館日でした。(ノ_-。)

道路の反対側に渡ると、木曽川に注ぐ小さな滝が見えました。今頃は、紅葉しているかな。

Img_7704


2016/11/04

ちょっと怖い「恵那山トンネル」

Img_20161101_11511995_2


恵那山トンネル。高速道路上に信号機が見えます。(笑)

延長は上り線が8,650m、下り線が8,490m。1975年の開通当初は道路トンネルの中で日本一の長さであった。2016年2月現在は山手トンネル、関越トンネル、飛騨トンネル、アクアトンネルに続き第5位の長さである。

昼神温泉は、この恵那山トンネルを過ぎるとすぐの園原ICを降りて行きます。どうしても、この長いトンネルを通らなくてはいけません。古くは、東名道日本坂トンネルの火災事故、最近では、中央道笹子トンネルの崩落事故。

東名道は、夫が沼津に赴任していた頃、よく走りました。今でも、よく走りますが。。。(^^;)この時も、ショックでしたが、中央道の笹子トンネル崩落事故の時は、ちょうど、一月ぐらい前に走っていたので、本当に、ぞーとしました。

だから、この恵那山トンネルのような長いトンネルは、抜けるまで、結構、緊張します。でも、このトンネルを抜けると、綺麗な風景が広がるのです。

車窓の風景は、東名道より、中央道の方が好きです。美しい山々が、秋は紅葉に染まり、春は山桜がところどころにみえて、日本の自然はほんと素晴らしい。

2014/07/01

紫陽花の寺 「三光寺」2

続いて、三光寺の境内の様子です。

Imgp2180


湧き水が流れておりました。この奥に沸いていたのですが、よく写っていませんね。(^^;)

Imgp2182


山紫陽花ですので、普通の紫陽花のように、たくさんの花が咲いて、一面、紫陽花というわけではないですが、それだけに、自然な感じで落ち着きます。

Imgp2185

境内は、これくらいの狭さです。

Imgp2197


山門から登るところ。


Imgp2213

本四国八十八か所霊場巡りができるように、八十八体の仏様があり、本四国のお砂が敷いてあるそうです。歩いて回ると、約一時間。二人の親子連れの女性の方が登って行かれました。

Imgp2204


Imgp2209


ねむの木が、池のほとりに咲いていました。

2013/05/11

飛騨清見の「西光寺」   桜と福寿草

朝から、雨がしっかり降ってます。久しぶりの本格的な雨です。
おかげで、緑が美しくなりました。

さて、お城と郡上八幡の町並みを観光した後は、しばらく、桜を探して、一般国道をドライブすることに。

この情報を参考に西光寺に行ってみましたが、残念ながら、今年は、遅くて、まだ、ちらほら咲き始めたばかり。

Imgp1000


Imgp0999

一本桜ですが、堂々として、満開になると綺麗でしょうね!


桜は、残念でしたが、近くに、福寿草の群生地がありました。でも、ちょっと、驚いたのが、福寿草って、こんなでしたかね?確か、どこかの庭園に咲いていた福寿草は、地面からちょこんと花だけ顔を出していたのですが。。。


Imgp1003


Imgp1008


Imgp1007


2013/05/06

郡上八幡城

今年のGWは、珍しく晴天に恵まれましたね。と言っても、少し、五月の陽気にしては、寒かった気がしますが。。。我が家は、GWの混雑の前に、岐阜県、富山県、福井県と回ってきました。

Imgp0989


Imgp0990


まずは、郡上八幡城。

東海北陸自動車道から、小高い山の上に、小さなお城が見えます。この高速道路は、よく利用していたのですが、最近まで、このお城に気がつかなかった。(;^_^A アセアセ…

車で上ると、5分くらいなのですが、すごい山道で、幅員は車幅いっぱい。しかも、カーブがきつく、一度に回りきれなくて、バックしてから、ハンドルを切り直し。一方通行になっているので、上れますが、対向車でも来たら、大変なところです。

岐阜の金華山のように、ロープウェイでもあると良いのですけどね。

桜は終わっていましたが、緑が濃く、綺麗なお城ではありました。

2009/05/30

付知峡「不動の滝、仙樽の滝」

Photo


Photo_2


2009/05/27

マイナスイオンがいっぱい「宇津江四十八滝」

Imgp5973


Imgp5978


Imgp5995


Imgp5989


Imgp5980


この宇津江四十八滝http://www.48taki.com/は、日本の滝100選には選ばれてませんが、日本の自然100選に選ばれてます。標高1,200mの滝上川を源として、狭隘な渓谷を流れながら、落差が大きく雄大に流れ落ちたり、平板な岩盤を白糸を垂れるように流れたりと、なかなか変化に富んだ美しい渓谷美を形成しています。

狭い遊歩道が続いて、6段目の滝以降は、かなり急なのぼりになります。ホウノキ、ナラ、トチ、ヒノキ、そして白樺等の雑木林のなか、森林浴して歩くと、とっても気持ちいい。紅葉の時期もいいですが、滝めぐりは、やはり、この時期が最適ですね。ちょうど、少し前に雨が降って、流水量も豊富でした。

ただ、この間、お友達のブログで話題になっていた高齢のカメラマン軍団がここにも出現してました。写真を撮るのは、癒し効果があるそうで、高齢者にもいい趣味ではあるのですが、いかんせん、マナーが悪い人が多いのです。決め付けてはいけませんが。。。この狭い遊歩道に三脚を立てては、他の人の通行の妨げになることは、普通の人には、わかると思うのですけどね。

なぜ、高齢者に三脚を立てる人が多いのか不思議でした。自分は、重いので、三脚を持ち運ばないのです。^^;
結局、フィルムカメラなので、レンズが大きく、三脚を立てないと手振れするんですね。でも、だからといって、他の人の通行を妨げていいというわけではありません。こういう狭い渓谷では、ひとつ足を踏み間違えると、大きな危険が待っています。どうしても、三脚を立てたいのなら、観光客の訪れるまでの早い時間帯でも狙うようにするべきでしょうね。そのほうが、フォトジェニックな作品も狙えます。

最近、怒りのブログになってます。(爆)

Photo

2008/02/12

雪!雪!雪!!

003前回の記事にも書きましたが、夫の還暦を、息子夫婦が一緒に祝ってくれるというので、連休に下呂温泉と高山を回ってきました。

徳川美術館で、ひな御膳の食事をしてから、下呂に向かって出発した2時半過ぎには、名古屋市内もこのとおり。中央自動車道から、中津川ICまわりで、行く予定が、高速道路が次々と閉鎖。^^;しかたなく、一般国道の41号線を走りました。

021


017

R41号は、飛騨川に沿って走る道で、なかなか、渓谷美が美しいところです。上二枚の画像は、途中休憩した道の駅「ロックガーデンひちそう」。名古屋市内から、小牧市内を抜けるまでは、大渋滞で、下呂に着くには何時になるかと危惧していましたが、ここら辺までくると、さすがに車の量も少なくなりました。スピードは、出せませんが、それなりに走れました。

ここを出てから、しばらく走ると、右側にタイヤを溝に落として停まっている車が一台。運転席には人がいない。「どうしたのでしょうね、迎えに来てもらって、別の車で暖かいところに移動してみえてればいいですけど。。。」と話しをしていたら、今度は、反対側で、まっさかさまになったワゴン車が一台。その手前にパトカーが停まっています。運転席には、まだ、人が閉じ込められてました。そこへ、救急車も到着。スピードの出しすぎか、カーブでスリップしたのでしょうね。巻き込まれなくて、幸いでした。

写真を撮りたかったけど、人が怪我をしているかもしれず、ちょっと、遠慮しました。

048

川原に無料の混浴露天風呂があります。さすがに、この雪の中、入っている人はみえません。さほど大きくないですね。

059


042

070

日曜日の朝でしたが、かけていく高校生の姿がありました。私たちは、こんな雪の中走ったら、すってんころりんでしょうけど、さすが、地元の学生さんですね。(笑)