2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

2015/01/23

長浜盆梅展  No.2

Img_1605


Img_1586


長浜盆梅展の続きです。

一枚目の方は、何が書いてあるのか、わかりません。(^^;)
二枚目は、堀口大学の詩です。

こういう床の間の前に座って、ゆっくりと、詩集など読むと、心洗われるでしょうね。

2015/01/21

琵琶湖  「2015年冬」

Imgp4825


Imgp4832


Imgp4833


冬の琵琶湖。この日は、暖かいという天気予報で出かけたのですが、寒かった。湖面を渡る風が冷たく、水辺に揺らぐ葦の姿勢が、画面からも冬の琵琶湖の厳しさが伝わってきます。

実は、盆梅展を鑑賞できたのは、偶然で、本当は白鳥を見たかったのです。でも、午後の2時ごろでは、白鳥さんは、エサを求めて、田んぼにお出かけでした。この近くの水鳥センターで伺えば、どのあたりまで、出かけているか教えていただけるそうですが、この日は、お休みでそれもかなわずでした。

いつも、水鳥センターの職員さんが、白鳥がどのあたりに出かけているのか、調べてきてくださっているそうなので、もう一度、見に行ってみたいと思っています。

2015/01/19

長浜盆梅展 No.1

Img_1583


Img_1587


Img_1588


Img_1592


Img_1591


Img_1584


Img_1585長浜盆梅展は、昭和27年に始まり、今年は64回目。

個人が約40年かけて、数十鉢を育て上げたものを昭和26年に長浜市に40鉢を寄贈。その翌年から、長浜盆梅展が始まりました。

高さ3メートル近い巨木や樹齢400年を超える古木もあります。その樹形は、見事で、また、不思議さを感じます。いまも、詫び寂のある古木を探しに、東奔西走しているそうです。

この慶雲館に飾られているからこそ、余計に、この古木が引き立つのだなあと思わせます。

2015/01/18

 長浜盆梅展  慶雲館

Img_1580


Img_1609


Img_1633


Img_1641


Img_1642


Img_1581


Img_1582


長浜について、ホテルでランチを済ませたら、ちょうど、長浜盆梅展が始まっていたので、覗いてみました。前にも、いちど、訪れていますが、この日は、始まったばかりで、まだ、咲いている鉢は少ない。

でも、香りはとても良くて、ほっこりしました。香りの強い花、ユリもバラもスイセンも、それぞれ特徴があって、うっとりしますが、梅は、早春を感じさせてくれて、いいですね。

一枚目から五枚目までは、慶雲館http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B6%E9%9B%B2%E9%A4%A8のお庭です。お正月明けの大雪が、まだ、残っています。

2014/11/27

国宝 「彦根城」と「松本城」

200888_174_3

1412765499857_4画像を整理していたら、彦根城が出てきたので、松本城と並べてみました。


どちらがきれいとか優雅とはいえませんが、それぞれに個性がありますね。(^^♪


200888_167_2


彦根城のマスコット、ひこにゃんです。
いろいろゆるキャラが出てますが、この子の可愛さは、他を寄せ付けません!!

動作がとてもかわいいので、一度は、本物をご覧ください。(笑)

2013/03/29

久しぶりの長浜

Imgp0802


Imgp0803


Imgp0809


Imgp0812


Imgp0816


春は、花が咲き乱れ、気持ちも明るくなる季節ですが、花粉アレルギーの私にとっては、ちょっと、つらい季節でもあります。洗濯物は、部屋干しをして、なるべく外出を控えてはいましたが、桜の開花の話題が、賑やかになると、やっぱり、じっとしていられません。

今日は、久しぶりに、琵琶湖の長浜、「豊公園」まで、ドライブいたしました。残念ながら、まだ、桜には、早かった。こちらは、やっぱり、遅いんですね。

一枚目、二枚目、三枚目は、湖岸道路に面してある道の駅「近江母の郷」で咲いていた早咲きの桜。河津さくらでしょうか。

四枚目は、紅梅。梅の本数は少ないのですが、白梅も一緒に咲いていました。五枚目は、馬酔木。なかなか、大きい木になってました。馬酔木も、大きくなるのですね。


Burogu1


2010/03/26

雨 「彦根城」

Img_0269一昨日、昨日と母を連れて、一泊二日の小旅行に行ってきました。行き先は、またまた、琵琶湖です。

今朝は、風は冷たいものの、快晴のお天気。なのに、出発から、帰宅の途に付くまで、ずーと、絶え間ない雨。せめて、一日、ずれているとよかったのですけど。。。お天気も、なかなか、ままならないものです。

せっかくの親孝行に、水を差されたものの、今年86歳になった母は、この古城の階段を、足取りしっかり、登り切ってくれて、まだまだ、元気でいてくれることに感謝する二日間でした。

この雨に、一眼レフを濡らしては一大事と、コンデジで写してきました。どんどん、降りしきる雨で、レンズはべとべとで、画像にも、曇りがいっぱいです。(泣)

桜の開花が相当早くなると言う当初の予想は、大きく外れて、この日も、まだまだ、つぼみは赤くなったまま、開いてくれてはいませんでした。でも、遅咲きの梅がいい香りを漂わせてくれてました。

Img_0243


Img_0254


Img_0284


Img_0285


Img_0291


Img_0296


Img_0300


下二枚は、玄宮園。彦根藩4代井伊直興により建立された彦根藩の下屋敷の庭園部分です。彦根城を借景とした雄大な回遊式庭園。

お城のお堀端といい、この庭園といい、のんびり散策していると、とても清々しい気分です。もうすぐ桜が咲くと、このあたりは、すごい人出と車の列になるのですが、雨に打たれて歩く観光客もまばら。雨の日も一興ということですね。

こんな遺跡と共に生活できる近江の方たちがうらやましい思いでした。

2010/03/23

安土城趾

Imgp8675先日の日曜日は、黄砂がすごかったですね。前日の夕方から、既に、西の空は、霞んでいて、太陽は不気味な黄色をしていました。中国製は、おしなべて、大嫌いな私ですが、この黄砂は、ほんとに嫌です。

昨日は、打って変わって、いいお天気。こんな日、10時半になっても、パジャマのまま、テレビを見ている夫を後目に、一人、久しぶりに、琵琶湖へとドライブに出かけました。

途中、寄った名神高速の泰荘PA。ひとつ前の多賀SAは混んでいるだろうとおもって、こちらに寄ったのですけど、ココは、トイレだけ。高速道路のSAやPAのお店を覗くのは、大好きなので、ちょっと、残念。

さて、高速道路に戻ろうとしたら、この「逆送です。」の看板。(;^_^A アセアセ…
高速道路の逆送のニュースが時々流れますが、こんな看板を出さないと勘違いする人もいるのでしょうかね。

Imgp8676

琵琶湖の東側には、歴史好きにはたまらない、地名を聞くだけで、時代のロマンを感じさせてくれる市や町が、並びます。また、戦国時代の史跡がたくさん点在します。

来年のNHK大河ドラマは、浅井三姉妹の末娘、お江を主人公に「江(ごう)-姫たちの戦国」が放送されるそうで、この地方も、一気に人気の観光スポットになるでしょうね。

古城跡は、いくつかありますが、安土城趾に行ってみました。

桜が咲いているかと、淡い期待をしていったのですが、まだ、ちょっと、つぼみのまま。でも、桜祭りの駐車場有料は始まっていて、しっかり、500円取られてしまいました。(--;)それ以外に、関所があって、入山料も500円取られます。(;^_^A アセアセ…


Aduti


Imgp8686


Imgp8701


Imgp8699


Imgp8691


Imgp8694

入り口まで行きましたが、すごい、階段!!ちょっと、躊躇して、周りを散策。

びわ経TV特別企画「幻の安土城を歩く」(前編)http://www.youtube.com/watch?v=DbZIORiTv8E
びわ経TV特別企画「幻の安土城を歩く」(後編)http://www.youtube.com/watch?v=C_6x89dmS14&feature=fvw

山の中には、羽柴秀吉邸跡とか、興味深いところもたくさん。
時間のある方は、このyoutubeをご覧ください。(^^)

Imgp8705


琵琶湖にも、ちょっと、寄ってみました。

2009/05/18

信楽「MIHOミュージアム」

GWが開けて、一気に、新型インフルエンザの感染が広がりましたね。強毒性と言われる鳥インフルエンザと違い、重篤な状態に陥る人はいないようなので、季節性のインフルエンザと同じような対応でいいのかもしれませんが、それにしても、感染力は強そう。今は、関西だけですが、もう、日本全国どこにでも広がっていると、警戒しても、間違いなさそう。しばらくは、人ごみの中、電車やバス、そして、飛行機なども、敬遠した方が、よさそうですね。夫の北海道ゴルフも騒動の前でよかった。当分は、遊びに行けそうもありません。^^;

Miho少し前に信楽に行ったとき、ここMIHOミュージアムに寄りました。

東洋美術品が多いので、展示品には、興味はないのですが、この建物が素晴らしい。箱根のポーラ美術館のように、周りの自然との調和を考えて、造られています。


1.アプローチ
002

2.トンネル
025

3.ミュージアム正面
016

4.エントランス
006

5.廊下
014


新名神信楽ICを降りて、少し山の中を走ると、このミュージアムの入り口に着きます。ここからは、電気自動車で、本館の入り口まで、案内していただけます。もちろん、自然を満喫しながら、歩いてもいいのですけどね。
春は、枝垂桜が美しい。私が訪れたときは、ちょうど、散り急いでいたところでした。^^;

2009/05/13

砂擦りの藤 「三大神社」

Photo


Imgp6675


Imgp6685