2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

2015/05/30

京都 西山 善峯寺2

Imgp5397


Imgp5399


Imgp5400


Imgp5402


Imgp5403


Imgp5404


Imgp5405


Imgp5406


Imgp5408


Imgp5409


Imgp5410


京都旅行の写真がまだ残っていました。

善峯寺。

一枚目の緑の立派な植木は、五葉松が枝を延ばしているもの。これだけの姿に成長させ選定して行くのは、大変だったろうなぁと思います。五葉松って、枯れやすいのですよね。

境内も、広くて、ゆっくり拝見すると、かなり時間とそして体力が要ります。(^^;)

2015/05/16

京都 西山 善峯寺

Imgp5390


Imgp5391


Imgp5392


Imgp5393


Imgp5395


Imgp5396


3月中旬の京都旅行の記事、ぼちぼちとアップしていたら、もう5月中旬になりました。(^^;)

一泊二日の旅の最後は、大原野の善峯寺。http://www.yoshiminedera.com/

京都の西の山に佇む古寺です。西京区大原野。大原と言うと、三千院と寂光院のある左京区大原ですが、こちらは大原野。

平安中期に源算承認により開かれた、なかなか、立派なお寺です。敷地が広くて、所有地36万坪、境内地3万坪。歩いて回るも、全部は回り切れなかった。(^^;)

眺望もなかなかのもので、京都市内が一望できます。

私たちが訪れた時は、梅が咲いていましたが、今の時期は、つつじが綺麗だそうです。

2015/05/08

京の花の寺 「勝持寺」

Imgp5370


Imgp5371


Imgp5375


Imgp5376


Imgp5377


Imgp5378


Imgp5379


Imgp5386


勝持寺http://www.shoujiji.jp/は京都市西京区の大原野に位置し、長岡京遷都時に、奈良の春日神社(現・春日大社、藤原氏の氏神)の分霊を祀ったもの。勝持寺は古くから桜の名所として知られ、西行ゆかりの寺として知られる。

3月中旬のまだ、花の無い頃に行ったので、ちょっと、寂れた感じです。いまだと、花は咲いてなくても、新緑の中で、趣あるたたずまいを見せているでしょう。

道が狭くて、桜の季節以外は、訪れる人も少なそうでした。

2015/05/07

南禅寺  「南禅院」

Imgp5347


Imgp5351


Imgp5352


南禅院http://www.nanzen.net/keidai_nanzenin.html

南禅寺の別院で、南禅寺の発祥の地だそうです。

紅葉の季節でもなく、花もないので。。。(^^;)


2015/04/30

南禅寺 疎水閣

Imgp5344


Imgp5355


Imgp5356


Imgp5357


Imgp5361


Imgp5362


Imgp5363


ある意味、南禅寺よりもよく知られる疎水閣。(笑)
https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=6000127

2時間サスペンスドラマのクライマックスの舞台によく登場しますね。周辺の景観への配慮をしながら、設計されたというだけあって、南禅寺の緑の中に、うまく溶け込んでいます。

レンガ造りって、なんとなく、ロマンチックで、温かみが感じられて、いいですよね。

2015/04/29

南禅寺

Imgp5338


Imgp5339


Imgp5342


Imgp5340


Imgp5341


南禅寺の立派な山門。

歌舞伎の『楼門五三桐』(さんもんごさんのきり)の二幕目返しで石川五右衛門が「絶景かな絶景かな……」という名科白を廻す「南禅寺山門」がこれ。でも、この山門ができたのは、石川五右衛門が亡くなってから、30年以上経ってからのことだそうです。

この山門登れます。一度、昇ったことがあるのですが、今回は、歩けなくなると嫌なので、止めました。(^^;)急な階段を昇るのは、普段使っていない筋肉を使うので、後からの痛みは、相当なものです。

流石に、シーズンオフということと、朝も比較的早かったので、人影もまばらでした。紅葉のシーズンが一番でしょうか。

2015/04/21

蹴上インクライン

4月は雨が多くて、うんざりですが、京都旅行の写真を整理していると、見事にお天気に恵まれて、気持ちのいい時間を過ごせました。車より、電車や地下鉄を利用したいと思っていたので、ありがたいことでした。

車は、3時までは、ホテルの駐車場に無料で預かっていただけるので、京阪鴨東線で、出町柳駅から三条駅まで行き、そこで地下鉄東西線で、蹴上駅まで行きましした。

ここから、南禅寺まで、5、6分くらいです。

途中、インクラインの復元が展示してあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B9%B4%E4%B8%8A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3
Imgp5337


Imgp5336

インクラインって、なんのこと?と思って調べてみました。

ケーブルカーの呼称は通常旅客営業を目的とする鋼索鉄道に対して用いられるが、産業用に建設された鋼索鉄道(つまり貨物用ケーブルカー)を、通常インクライン(英語:incline、傾斜(鉄道))と称する。

ケーブルカーのうち、貨物ケーブルカーのことだそうです。私は、疎水のことを言うのかと、勘違いしてました。(苦笑)

2015/04/20

鴨川  亀の飛び石

Imgp53331


Imgp5334


Imgp5367


Imgp5368


Imgp5332


以前、テレビ朝日のドラマで、「おみやさん」という番組が放送されていました。漫画週刊誌を原作とする京都を舞台にした刑事ドラマです。

そのエンディングで、渡瀬恒彦さんと桜井淳子さんが、鴨川の飛び石をピョンピョンしているところが出てきましたが、ご覧になられましたか。

面白そうなので、いつか、行ってみたいと思っていたら、ホテルの前にちょうどこれがありました。でも、この鴨川の飛び石は、4ヶ所くらいあって、残念ながら、この亀の飛び石は、テレビに出てきた場所とは違います。

この飛び石を通勤の人たちも、どんどん、飛んで渡っていくのです。スーツのサラリーマンも、若い女性も。。。
靴はどんなだったかなぁ。それにしても、若い人は、軽やかでした。

夫と私も、挑戦して、渡り始めたのですが、これが、なかなか、石と石の距離が微妙。年寄りには、「ひょい」とまたぐことのできる距離ではありません。(^^;

ピョンピョン飛んでいったのですが、途中で、足が痛くなってきた。真ん中あたりで、休憩。ほんと、後悔しましたよ、正直。でも、途中で、引き返すわけにもいきません。真ん中あたりなんだもの。(苦笑)

なんとか渡り終えましたが、やっぱり、自分の脚力を過大評価しちゃいけませんね。(笑)

2015/04/16

祇園まち歩き

Imgp5328


Imgp5330


八坂の塔を見ながら、左、二寧坂、右、産寧坂まで来ましたが、ここから、清水寺までは、まだ、かなりあります。帰りも、地下鉄で帰るつもりだったので、ここから引き返しました。

清水寺は、何度も来てますが、段々、人が多くなって、しかも、外国人の姿が多くなって、なんかねぇ。

清水五条駅まで歩きました。途中の京焼のお店で、可愛いお皿を見つけました。


Img_1750


2015/04/12

八坂の塔

Photo


Imgp5327


八坂の塔です。

八坂の塔って、清水寺の塔だと思ってました。(^^;)

清水寺には、三重塔があるのですね。この八坂の塔は、法観寺に建っています。法観寺自体は狭く、塔以外は目立った建築物がないので、八坂の塔が寺の代名詞になっているそうです。

そういえば、八坂の塔は、清水寺へ上る道から見上げるだけで、近くにも行ったことない。

中も拝観できる時期もあるようなので、今度、京都を訪れる機会があれば、そばまで行ってみたい。中の拝観は、不定期なので、事前に確認したほうがいいそうです。