2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

国歌


ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

2019/08/19

酷暑の時 京都旅行 6  世界遺産 嵯峨嵐山「天龍寺」

酷暑の京都旅行二日目。
京都駅に行く途中、アクシデントにあいましたが、無事JR京都駅から嵯峨嵐山駅まで行きました。

 

保津川に沿って走る嵐山トロッコ列車に乗る予定でしたが、時間があったので、まずは、天竜寺を散策。そういえば、ここは初めてかもしれません。嵐山は回ったことがるのですけどね。

天竜寺を抜けると野宮神社があり、嵯峨野を散策できます。竹林があって、静寂の中、平安の雅の時代に思いを馳せることが出来たのは、今は昔。(ё_ё) 外国人がいっぱいで、落ち着きません。

 

 

Img_0452 Img_0458 Img_0467Img_0460 Img_0457Img_0475Img_0473Img_0471Img_0470Img_0468

2019/08/15

酷暑の時 京都旅行 5  黒谷金戒光明寺

少し遅めの昼食を済ませて、黒谷金戒光明寺https://www.kurodani.jp/に行ってみました。食事をしたお店から、歩いて600メートルから800メートルくらい。暑いので、結構つらかった。

山門に阿弥陀堂、とても立派です。拝観料はいらなかったのだけど、お庭とかは別にみることができたのか、もう、暑くて、早々に帰りました。(^◇^;)
ホテルまで、歩いてもさほどの距離じゃなかったのだけど、タクシーを探しました。その分、戻った方が早かったみたいです。夫はタクシーを探すことの方にきがいって、ホテルからどんどん離れていった。
タクシーを拾えたのですが、食事場所に案内してくれた運転手さんと真逆で、すごく無愛想。老夫婦だから、遠くまでの客かと思ったのが当てが外れたのかな。

 

金戒光明寺特別夜間拝観https://www.kurodani.jp/lightup_aut/ このお寺は、紅葉が綺麗だそうで、昨年の秋、JR東海がよく宣伝していて、夫の記憶に残っていたようです。夜間拝観があるようなので、今年の秋は、もう一度、訪れてみたいなと思っています。

 

Img_0435

 

Img_0436
Img_0438

 

Img_0440

 

Img_0444

 

2019/08/13

西尾八つ橋の里

一日目の昼食をガーデンミュージアム比叡のレストランで頂くつもりでしたが、ロープウェイの乗り場のそばに、日本料理のお店があったから、そこで食べようと、夫の希望でロープウェイで涼しい高原から降りてきました。夫は洋食が嫌だったみたい。

しかし、目的のお店は閉まってた。(/_・)/

googleマップでみると、11時30分開店なので、もしかしたら、開店前だったかも。他のお店もあったようですが、暑くて歩いて探すの嫌だったので、出町柳まで戻ることに。

駅を出たすぐにこぎれいなレストランが見えたのですが、入り口に行くと、がっかり。ロッテリアでした。(;´Д`)

マクドナルドかケンタッキーならまだしも、ロッテリア。がっくりです。

おなかが空いてきたので、スマホの地図で探すと、600メートル離れたところに下鴨茶寮があります。600メートルならと歩いて、到着したら、午後1時30分。ランチのオーダーストップで断られました。(T_T)

もう、歩くの嫌だし、ランチの時間間に合わない。とりあえず、タクシーを拾って、運転者さんに教えて貰うことに。

よく、美味しいお店は地元のタクシーの運転手さんに聞くことと言われますが、その通りですね。ちょうどいい具合にタクシーが通りかかり、その運転手さんが案内してくれたお店がここ。

Img_0433_20190813202501

西尾八つ橋の里https://www.8284.co.jp/shop/8284nosato_menu.html

ランチの時間は過ぎてましたが、ここは11時半から5時まで。夜の営業はなし。

 

2_20190813143601
1_20190813143601

 

 

 

2019/08/12

酷暑の時 京都旅行 3 ガーデンミュージアム比叡

久しぶりのガーデンミュージアム比叡。http://www.garden-museum-hiei.co.jp/

いつもは、比叡山ドライブウェイ経由ですが、始めてケーブルとロープウェイを乗り継いで来ました。

ロープウェイの乗降場からはすぐです。
一緒に降りた人は多かったのですが、みなさん比叡山延暦寺の方へ行かれる方ばかり。巡回バスが走っているようです。

 

盛夏で、花は少なかったですが、それでも、バラがまだ咲いていて、香りがとてもよかった。
お天気がいいので、琵琶湖が一望できました。

 

アイスコーヒーとソフトクリームを食べて、テラスでゆっくり。
気温も、下界とは二三度低くて、気持ちがよかったです。

 

Img_0377
Img_0379

 

Img_0391
Img_0387
Img_0392
Img_0394

 

Img_0399

 

Img_0397
Img_0404
Img_0407
Img_0413
Img_0418

 

Img_0424
Img_0423

2018/04/11

京都旅行三日目 伏見稲荷大社

Img_9464

京都旅行三日目。伏見稲荷大社にお参りに行きました。

ホテルの送迎バスでJR京都駅まで送って貰って、JR奈良線で稲荷駅に降りると、駅の前がもう大社。

すごい人出!!
しかも、外国人ばかり。( ̄。 ̄;)圧倒的に、外国人の方が多いです。

稲荷神社というと、ご商売の方がお参りされるものとの感覚があって、いままで、旅先でも赤い鳥居をくぐることはあまりなかったのですが。。。

Img_9471

Img_9467


Img_9468


Img_9470


Img_9472


Img_9474


Img_9475


Img_9477


Img_9479


Img_9483


Img_9485


Img_9487


Img_9488


Img_9489

鳥居に奉納された年月が書いてありますが、結構、新しいですよね。

鳥居は、4,5年すると朽ちるので、そのあとに、新しく奉納された鳥居を据えるそうです。奉納したくても、空きが無いと待たなくてはいけないみたい。

折角、奉納しても、4、5年過ぎたら、自分のを見に行っても無くなっていると言うことなのですね。ちょっと、寂しい。( ̄。 ̄;)


参拝を終えて、帰りは京阪電車の伏見稲荷駅から乗ります。こちらは少し離れてますが、歩いて直ぐ。この近くで、お稲荷さんとキツネそばを食べました。

関西はうどんが主流ですが、関西風のお汁のおそばが食べたかったのです。!(^^)!

2018/04/10

日本一高い五重塔 東寺

Img_9439


Img_9441


Img_9442


Img_9443


Img_9444


Img_9449


Img_9445


東寺の五重塔は日本一高い。
ちょうど、冬の特別拝観が行われていて、五重塔のなかも見せて頂きました。勿論、一階部分だけですけど。(^0^;)

東寺から、京都駅までは歩いて、20分ぐらい。往復歩くのは、ちょっと、きつい。京都タワーから東寺までタクシーに乗りました。

帰りは、JR京都駅まで歩きました。途中、「東寺餅」を見つけて、買いました。東寺餅二つとうぐいす餅二つ。

東寺餅が今まで食べたことが無い美味しさ!!
二つとも、私が食べました。(*´v゚*)ゞ

知らずに入って、買ってきたのですが、有名なのです。

東寺の門前菓子 ふわふわ“東寺餅”http://souda-kyoto.jp/blog/00270.html

2018/04/09

京都駅周辺 お土産シリーズ

Img_9436

京都旅行2日目、遅めのランチを済ませたあと、京都駅までホテルがバスを出してくれます。

2日目も宿泊したので、このバスに乗って、京都駅まで行きました。いつも車なので、京都駅は初めてかもしれません。

そして初めての京都タワー。残念ながら霞んでいて、遠くが見えません。望遠鏡が無料でたくさん備えてあるのですけどね。

画像の真ん中に写っているのは、東寺の五重塔。晴れていると大阪のあべのハルカスまでみえるそうです。

京都駅でお土産を探しました。鈴の形をしたラムネ菓子。
Sweets_img09_4_4


孫がこのラムネ菓子が大好きなのです。以前訪れたとき、ホテルに売っていたのですが、今回は見当たらず。

駅まで行けば売っているだろうと探したのですが、なかなか見当たりません。ネットで探してやっと見つけた。スバコJR京都伊勢丹に売ってました。可愛いお店で、半分が雑貨、半分がお菓子があります。


http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/suvaco/foods02.html

2018/04/07

見学のあとはホテルでランチ

北野天満宮の拝観を終えると、バスがお迎えに来てくれてます。

ホテルまで、道が混むので、30分くらい。
バスや電車を乗り換えたり、自分の車で走るより、ずーと楽です。

お昼は、ホテルが用意してくれたランチ。

Photo

昨年、京都迎賓館見学の時も、上品な京料理でした。
KKR京都くに荘 お勧めですhttp://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2017/06/post-8.html

2018/04/06

北野天満宮 「梅園」

Img_9390


Img_9393


Img_9395


Img_9400


Img_9404


Img_9406


Img_9407


Img_9414


北野天満宮「梅園」、以前訪れたときより、少し,広くなっていたかもしれません。

私たちが訪れたときは、ほぼ満開でした。でも、ガイドをして下さったKKR京都の職員さんのお話では、一週間前は、ほぼ蕾みだったそうで、あっという間に咲いちゃったのね。

梅は、少しずつ咲いて、7分咲きの頃が一番綺麗だと思いますけど、今年は季節の変化が急でしたね。

梅園には、入場料が要ります。(^_^)

茶店があって、そこでお茶とお茶菓子を頂きます。
ふわっとした柔らかいおせんべいのような感じ。美味しかった。Img_9392


梅の枝に、何か吊してあるのが見えるかと思いますが、小さなろうそくが入れてあります.夜は、火を入れるようですが、これいくつもあるから,大変でしょうね。でも、幻想的で綺麗かも。

2018/04/05

北野天満宮 

Img_9385


Img_9387


Img_9420


Img_9424


Img_9421


Img_9428


Img_9432


上七軒町を抜けて、北野天満宮へ

北野天満宮は,二回目の参拝。前回も,梅が見頃の時でした。
今回は,色々解説して頂いて、よかった。もっとも、忘れるのも早い。(^^ゞ

一番下の画像、「太閤井戸」ここで太閤秀吉がお茶会を行ったそうです。

「北野大茶会」

北野大茶会(きたのだいさのえ)は、天正15年10月1日(1587年11月1日)に京都北野天満宮境内において関白太政大臣・豊臣秀吉が主催した大規模な茶会のこと。


この年の7月に九州平定を終えた秀吉は、京都の朝廷や民衆に自己の権威を示すために、聚楽第造営と併行して大規模な催事を企てた。同月末より、諸大名・公家や京都・大坂・堺の茶人などに10月上旬に茶会を開く旨の朱印状を出し、続いて7月28日(8月31日)に京都・五条などに以下のような触書を出した。

北野の森において10月1日(11月1日)より10日間、大規模な茶会を開き、秀吉が自らの名物(茶道具)を数寄執心の者(名物マニア)に公開すること。

茶湯執心の者は若党、町人、百姓を問わず、釜1つ、釣瓶1つ、呑物1つ、茶道具が無い物は替わりになる物でもいいので持参して参加すること。

座敷は北野の森の松原に畳2畳分を設置し、服装・履物・席次などは一切問わないものとする。

日本は言うまでもなく、数寄心がけのある者は唐国からでも参加すること。

遠国からの者に配慮して10日まで開催することにしたこと。

こうした配慮にも関わらず参加しない者は、今後茶湯を行ってはならない。

茶湯の心得がある者に対しては場所・出自を問わずに秀吉が目の前で茶を立てること。

また秀吉は博多の豪商神屋宗湛にも参加を促す書状を送った。実務面は前田玄以・宮城頼久らが行い、9月からは会場の工事も行われた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E9%87%8E%E5%A4%A7%E8%8C%B6%E6%B9%AF


より以前の記事一覧