2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

国歌


ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019/09/30

古希のお祝い

3

 

昨日は、私の古希のお祝いということで、長浜城の近く、琵琶湖のほとりに建つ北ビワコホテルグラッチェリアの日本料理「竹生島」にランチに行きました。https://k-grazie.co.jp/restaurant/

 

Img_0628_20190930202901

ここでの食事はいつもイタリアン風?の洋食のレストランですが、この日は、日本料理。二階で、レストランの反対側なので、ヨットハーバーが見えます。

1_20190930201501
25
Photo_20190930201501

 

やはり、こうした懐石料理は美味しい。少しずつ丁寧に作られているのが和食のこころ生き。

2019/09/29

古希

Chanchanko_koki2

 

 

今日は、私の誕生日。いよいよ、70歳となりました。

 

画像は、ここに越してきて、一番頑張っていたころの庭。
でも、これを維持するのは、大変です。(^◇^;)

アプローチに沿って作った花壇もローズマリーの垣根にしました。

ご近所を見ても、ガーデニングブームも終わったみたい。

フェンスを花で飾っていたおうちも、何もなくなってた。(/_・)/

Zennkei1
Photo_20190929080901

 

2019/09/28

メディアという病 共同通信の場合2

今年の5月以降、10回、20発のミサイルを北朝鮮が放ちました。
それの捕捉については、韓国は飛距離を何度も間違えて、日本の情報で修正していたニュースは流れていたので、少なくとも、ちょっと、気をつけている人なら、韓国の探査能力がお粗末なことは周知の事実です。
ところが、先日、共同通信がこんなねつ造記事を流しました。
以下は、パチンコ屋の倒産を応援するブログ様からの転載です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【北朝鮮新型ミサイル、探知できず 低高度、変則軌道で日本政府】
北朝鮮が5月以降、発射を繰り返した短距離の新型ミサイルに関し、日本政府が複数回、発射後の軌道を探知できなかったことが22日、分かった。複数の関係者が明らかにした。
日本を射程に収める可能性があるミサイルも含まれていた。低い高度や変則的な軌道のため捕捉できなかったとみられる。日本政府は北朝鮮が既存のミサイル防衛網の突破を目指していると分析しており、技術開発の進展に危機感を強めている。
 韓国軍は探知に成功したとみられる。日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)破棄が日本の安全保障に影響を及ぼす懸念も広がりそうだ。
(2019/9/23 共同通信)

 

これ、いつもの共同通信らしい記事です。
所属すらまったく書いていない「複数の関係者」
こういう書き方は「記者本人や編集デスク」や「エア関係者」というものも含む場合の書き方だとみなしておきましょう。
しかも「韓国軍は探知に成功したとみられる」と。
こちらも全く裏取りしていない記者の憶測(というか願望)ときています。

北朝鮮が撃った短距離ミサイルで韓国側の方が探知には有利なのに、日本の方が発表も早く、情報も正確で
韓国は北朝鮮が撃った数すら間違うなんて事が先日あったばかりです。

THAADの探知システムをおいていない韓国では、結局は在韓米軍が保っている探知システムくらいしかないでしょう。
従って韓国軍が探知に成功したなんてのは
「探知するまともなツールをほぼ保っていないし、中共に媚びて増設すらしていない」
という韓国の事情を考えればとても探知できているとは思えません。
追記『韓国は、日本のように偵察衛星を持っていません。他国に貸してくれるよう打診したようですが、そんなもの貸してくれる国があるでしょうか。(;´Д`)』

同じソースと思われる東京新聞(中日新聞)はもう少し詳しく書いています。

【北ミサイル探知できず 日本政府 低高度や変則軌道】
(2019/9/23 東京新聞より抜粋)

 韓国軍は探知に成功したとみられる。日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)破棄が日本の安全保障に影響を及ぼす懸念も広がりそうだ。早期の探知ができなければ迎撃が困難になる上、着弾に備えた避難警報や被害拡大を防ぐ対応も後手に回る。

 関係者によると、北朝鮮が五~九月、計十日間にわたって発射した飛翔(ひしょう)体は以前と形状や性能が異なっていた。ほとんどが通常より低い高度六十キロ以下で飛行し、日本海側で警戒に当たる海上自衛隊のイージス艦や日本に配備された航空自衛隊のレーダーで探知できない事例が出た。探知は発射地点や軌道からの距離に影響されるため、韓国の方が捉えやすい。
----

でました。「所属すら書いていない関係者」

共同通信の記事も東京新聞の記事も記事で言わんとしていることは
「韓国がGSOMIAを破棄すると日本は大変なことになるぞ!」というところなんだろうと思います。

そのために北朝鮮のミサイルが探知できなかったー。
と騒いでいったいどのミサイルが探知できなかったのかについては特定できないように書いています。

共同通信としては記者本人の主観も交えつつ、韓国がGSOMIA破棄すると大変だよ、
はやく韓国に譲歩しないと困るのは日本だよ!

という話にしたいのでしょう。

韓国側は最も北朝鮮のミサイル発射地点に近いのに、発射数も間違う、探知も日本の方が先に見つけるなど、
探知能力がほとんど無いというお粗末な現実があるので、まったく日本は困らないはずですけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事をどうして共同通信が流したか、よく分かる記事が、また、共同通信から流されました。

韓国「軍事協定必要なのは日本」https://this.kiji.is/550498541814629473 ソウル共同】韓国政府高官は28日までにソウルで海外メディアと会見し、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)は、北朝鮮のミサイル発射探知のため韓国以上に日本が必要としていると強調した。日本政府の対応次第では韓国側が破棄決定を撤回することに含みを持たせた。
 協定を巡っては、日本による輸出規制強化を背景に、韓国政府が8月下旬に破棄を決定し日本側に通告。11月22日の期限までに韓国側がこれを撤回しなければ失効する。
 高官は、海で隔てられた日本と比べ韓国は地理的に北朝鮮に近く、発射段階での探知は韓国軍が圧倒的に有利だと強調した。

 

自分の国の方で、一方的に破棄しておきながら、レーダーも分析能力もない韓国は、なんとか、日本が折れてきてくれないかと、日本の通信社共同通信を使って、縋ってきているわけです。
もし、情報が欲しいのなら、自分たちが謝って、詫びを入れてくるのが当然なのですけどね。ただ、今の韓国に日本から情報を提供すれば、その情報、(日本の探査能力とか)が駄々洩れになる危険があるので、韓国が一方的にGSOMIA破棄してくれてよかったのかもしれません。

 

2019/09/27

母の形見のフジバカマ

Imgp9664

今日は、母の祥月命日。

 

母が植えていったフジバカマが咲き始めました。
この花は、花が開かない方が美しい。(^◇^;)

2019/09/26

伊勢湾台風来襲から60年

伊勢湾台風は発生後2日足らずで猛烈な台風に成長し、最低気圧観測の3日後に上陸した時にも 929.2 mb という、日本本土では史上3番目に低い気圧を観測するほどの勢力を保ち、紀伊半島や中部地方の急峻な山岳地帯を通過しても衰弱の度合いが小さく、暴風や高潮の被害を大きくする原因となった。
記録的な風台風とされた1991年(平成3年)の台風第19号では、最大風速 30 m/s 以上を観測した気象官署はわずか4箇所に過ぎなかったが、伊勢湾台風では9箇所もあり、40 m/s 以上も2箇所あった(台風第19号ではなし)。

未曽有の被害の伊勢湾台風から60ねんになります。
私は、まだ、小学四年生でした。

夜中の12時頃、突然、雨も風もやみました。「星空が広がった」と父が話していました。台風の目に入ったのです。初めての体験でした。

翌朝は、いいお天気で、通学していた学校を見に行くと、二階建ての校舎の屋根瓦のほとんどが、落ちて粉々になっていました。校庭の隅に建っていた道具小屋?が倒壊していました。

当時は、アンテナを屋根に各家庭が立てていた頃ですが、みんな倒れていた。まあ、アンテナが倒れるだけで済んだだけ幸いと言えるのかもしれません。
あの頃は、みんな長屋の一階建て。だから、家屋の倒壊も真逃れたのでしょう。

若い頃、職場の同僚が話していたのは、「窓から見える近所の屋根瓦が、まるで羽根のように飛んでいく姿だった。」と言ってました。

この伊勢湾台風の2年後に関西に大きな被害をもたらした第2室戸台風というのが来ています。この頃は、年に一回は勢力の強い台風が来ていたように思います。
だから、気候変動のために、台風の勢力が強くなったというのは、適当ではないように思います。

災害は忘れた頃にやってくると言うが正解。最近、気が緩んで、お水の備蓄とかしていないのですが、防災用品とお風呂に水を残すと言うことは、備えた方がいいですね。

今回、千葉県に大規模停電をもたらした台風15号は、近来では勢力が強かったとはいえ、最低気圧955hPaですから、伊勢湾台風とは比較にならないのですけどね。

Shizensaigai_typhoon やはり、いままで若い台風(評論家の門田さんの表現(;´Д`)発生から陸地に上陸しないで襲う、勢力が衰えていない台風のこと)が来ていなかった関東地方は、それなりに被害も拡大したのかもしれません。

ようやく、千葉県の大規模停電も復旧作業が終わったようです。懸命に作業にあたられたみなさまご苦労様でした。

 

でも、被害からの復旧はこれからですよね。一日も早い、平穏な生活が戻られることを祈りたいと思います。

2019/09/25

複雑過ぎるポイント還元と軽減税率???

Reji_kaiinsyou_smartphone 消費税率、実質5通り 複雑過ぎるポイント還元と軽減税率https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1909/24/news128.html 10月1日の消費税増税に合わせて導入されるキャッシュレス決済に伴う「ポイント還元制度」は、飲食料品などの消費税率を8%に据え置く「軽減税率制度」と合わせると、消費者が負担する実質的な税率は「10、8、6、5、3%」の5通りもある。

消費税率が10%の商品を百貨店や大手スーパーなど大企業の店舗で買えばポイント還元はなく、消費者は「10%」を全て負担することになる。しかし、個人経営の文具店など中小店舗で買えば5%の還元があるため「実質5%」となり、外食など大企業のフランチャイズ(FC)加盟店だと2%還元で「実質8%」。同様に軽減税率が適用される8%の商品でも実質税率が「8、6、3%」となる。

 

最近、テレビでスマホ決裁を煽ってることが多くなりましたよね。10月1日からの消費増税に伴いキャッシュレスを普及させる狙いもあって、キャッシュレスの場合、ポイントが政府から還元されると言うことです。

なんか、テレビを見てると、やたら、色んな〇〇ペイとか××ペイとか、これがいい、あれがいいと、うるさいです。私はすっかり誤解してまして、スマホ決済でないと、ポイント還元されないのかと思って、どうしようかなと思ってました。
マイナンバーカードの申請

もしました。でも、このマイペイというのと、10月1日からキャッシュレスで購入したときのポイント付与は、また違うようです。

とりあえず、10月1日からのポイント付与は、スマホのQR決済でなても、クレジットカードでも、電子マネーでもいいようです。
ただし、クレジットカード会社によって、若干、取り扱いが違って、事前手続きが必要な会社もあるようなので、確認の必要があります。

一番の問題は、ポイントを付けてもらえるお店かどうか。普段買い物をする大手スーパーやデパートなどではつきません。

なんか、困惑が広がる、消費税増税です。

一番の困惑が、軽減税率が新聞に適用されるということ。

2019/09/24

メディアという病 共同通信の場合

1_20190924203901

 

最近は、一日のほとんどをテレビを見ることがなくなりました。事件事故のニュースは、悲しいことばかりで、どうしてこんな日本になってしまったのかと情けなくなっている今日この頃。(/_・)/

そして、政治や国際関係のニュースの場合は、メディアが好き放題に歪曲し、矮小化し、印象操作のやりたい放題。また、報道しない自由の行使も、また酷いです。

最近は、専ら、朝八時は、虎ノ門ニュース。昨日の月曜日は、元新潮社記者、ジャーナリスト、ノンフィクション作家の門田隆将氏とケントギルバート氏でした。全般は諸々のニュースについての解説、持論、後半にメディアという病「朝日新聞・NHK編」と言うことで、語っていらっしゃいました。

昨日、私が興味を持ったのは、あの「愛知トリエンナーレ、報道の不自由展」その後の大村知事が河村市長をナチス呼ばわりしたことについてのお話です。

大村知事が17日の記者会見で不自由展を巡り「誰もが認めるものじゃないとやっちゃいけないというのはナチスそのものだ」と述べた。

しかし、パヨクは、自分が論戦で勝てないとなると、すぐ、相手をナチス呼ばわりする、癖があるのですね。これこそ、ナチスそのものの所業と思えますが・・・

これについて、冒頭から、このニュースを取り上げ、共同通信のこのニュースの矮小化について、共同通信社の批判が展開されていました。

下は、その部分の書き起こし。

 

ケント 「すぐナチスと言うのは止めた方がいい」
      「独立して、芸術性があるとは言え得ないと思う。それに対してナチスなんて言わないで欲しい。」

門田 「もう一つ問題点がありまして、河村氏『少女像芸術性説明を』と共同通信が報じていますけど、
    これは矮小化しています。
    少女像について河村さんがクレームをつけてきたと、共同通信の記事を読むと読者は思ってしまう。

   実際、河村さんの公開質問状を読むと、「少女像」よりも、要するに
    「昭和天皇のご真影をバーナーで焼いて、踏みつけて顔を損壊させる」
    これを第一番に書いて、これの芸術性について説明せよと言っている。

   でも、これがあまりにも酷い。日本国民の象徴を損壊し、バーナーで焼き、燃えかすを足で踏みつける。

   これのどこに芸術性があるのかきちんと説明して欲しい。

   それを共同通信は、河村さんが少女像にクレームをつけてきたと矮小化している。

ケント「日本国民の象徴の写真を燃やすなどと、法律違反にしないといけない。」

居島 「ある種、邪悪な意思を感じてしまう。」

門田 「大村知事は表現の自由は無制限であると言っている。河村さんは、表現の自由は無制限ではない。
    表現の自由とは崇高なもの。

    だからこそ、節度と常識が必要と言っている」

   「その違いをきちんと読者に分かるように報道しないといけないのに、

     日本の報道というのは、大村さんが善、河村さんが悪という風に持って行こうとしている。」

 

 

http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/cmsfiles/contents/0000121/121114/190920.pdf 河村たかし名古屋市長から、あいちトリエンナーレ実行委員会会長大村秀章知事への公開質問状です。

 

【共同通信】表現の自由展「公開質問状」を歪曲して報道https://www.bookservice.jp/2019/09/23/post-24269/ こちらのブログさまが割と詳しく解説してくださっています。

 

確かに、公開質問状の第一は、『昭和天皇の肖像写真を、意図的にバーナーで燃やした上で、その灰を靴で踏みつける動画作品』
です。
これが、どうして、共同通信の配信記事では、少女像にクレームとなるのか、これこそ、共同通信に公開質問したいくらいです。(苦笑)

2019/09/23

思い出して欲しい、民主党政権下での赤松「口蹄疫」災害

ワクチン、発生県から順次 豚コレラhttps://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2019092202000082.html 農林水産省は21日、豚(とん)コレラ対策で実施する豚へのワクチン接種について、岐阜や愛知など飼育豚への感染が確認された地域から段階的に拡大する方向で検討に入った。

 

限られた量のワクチンを有効に活用するために、まず養豚場や畜産試験場で発生した県から始め、その後に発生県に隣接する県や、野生イノシシでの感染が確認された地域などに順次対象を広げる。ただ隣接県では接種が後回しになり、波及を食い止めるのに手遅れとなる懸念もある。

 

豚コレラの感染がなかなか収束せず、養豚農家の方の焦燥感は半端なかったと思いますが、ついにワクチン接種ということになりました。
このワクチン接種になかなかゴーサインを出せなかったのは、一度、ワクチンを接種すると、「豚コレラ汚染国」と言うことになって、「豚コレラ清浄国」に戻るのにはまた長い時間が掛かることになるからです。

 

少し古い記事ですが、FNNプライムオンラインに解説が載ってました。

「日本から豚がいなくなる」も…なぜワクチン打たず? 豚コレラ拡大の悲痛の中で苦悩する政府https://www.fnn.jp/posts/00426880HDK
1887年(明治20年)の日本で最初の発生以降、豚コレラは国内各地で甚大な被害をもたらしてきた。しかし1969年に有効で安全なワクチンが実用化され、組織的なワクチン接種を推進したことで、発生は激減。1992年の熊本県での発生を最後に国内での発生がないことから、他の養豚先進国と同様にワクチンを用いない防疫体制の確立を目指し、徐々にワクチン接種を中止した。

そして最後の感染確認から15年後、ワクチン接種の全面中止から1年後の2007年に、国際獣疫事務局(OIE)の規約に従い日本は「豚コレラ清浄国」となった経緯がある。この世界的なお墨付きによって、日本産豚肉を輸出する道が開けることになった。

こうして「豚コレラ汚染国」脱却に長い年月と労力を要したにも関わらず、今回ワクチン接種に踏み切れば、再度「汚染国」に逆戻りすることになり、自民党関係者からも「ここまで積み上げたステータスを全て捨て去ることになる」との悩ましい声が漏れてくる。

豚コレラの感染経路は、海外から侵入したウイルスに、野生のイノシシが感染し、農場の豚に伝搬したとの見方が有力だ。

しかしながら、今回愛知県の発生地域は山麓から30km以上離れた市街地であり、野生イノシシの侵入防止対策等に注力していた生産現場には衝撃が走った。人、飼料、機械、車両等を感染媒体として被害が拡大した可能性もあり、愛知県では畜産関係車両のみならず、一般車両も含めた消毒作業を講じている。

 

強調した部分、これが懸念されるので、マスコミ関係者の取材は断っていても、勝手に入ってくるのだそうです。💢

さて、ここで豚コレラの話を取り上げたのは、民主党政権下でのもっと赤松口蹄疫騒動の話を「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」様で、読んで憤怒が極限に達したからです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

豚コレラについて、
農水大臣に就任したばかりの江藤拓大臣がワクチン接種を実施することを発表しました。

ワクチンにはメリットとデメリットがあります。
風評については全国の全ての豚にワクチンを接種させてしまえば、どこの県のがどうたらこうたら言えなくなりますので
ワクチンを接種させるのなら「全て」という対応が必要になるでしょう。

当然このデメリットとしてコストが挙げられます。

ワクチン接種により豚コレラ清浄地域から完全に外れ、清浄国に戻るまでの時間がかかることになりますので、豚コレラ清浄地域への輸出が難しくなるでしょう。

ただし、この点については豚コレラが世界的に感染拡大している現状があり、清浄地域は英独仏伊丁諾瑞豪と、むしろ清浄地域の方が少ないのが現状ですので、そこまで極端に問題にはならないかもしれません。

豚コレラ清浄国復帰条件は

・ワクチン接種を行わない場合、最終発生から3か月経過していること
・緊急ワクチン接種を行った場合、最終発生から3か月が経過し、かつ全てのワクチン接種豚がと殺されていること

となっています。

また、野生イノシシにワクチン接種をする場合は豚と分離されている事が清浄国の条件となります。

ワクチンを接種させた場合の方が清浄国への復帰に時間がかかるのです。
また、ワクチンで100%予防できるわけではないためワクチン接種で中途半端に耐性を付けてしまって、実はウイルスキャリアになってしまったなんて豚が出た場合に発見が難しくなります。
この場合も清浄国への復帰に時間がかかることになってしまいます。

ワクチン接種にはメリット、デメリットありますが、農水省の中ではこの判断を付けられずに斉藤健大臣の頃から判断を先送りしてきたのでしょう。判断したことで発生する政府の責任は決して小さくありませんからね。

ですが、野生のイノシシがキャリアとなって広めていることが指摘されていたため、野生のイノシシを根絶することの困難さを考えれば、
いずれ
「ワクチン接種を実施する」
という判断をせざるをえなかったろうと思います。

江藤大臣が就任すぐにこの判断を下した事は評価していいと思います。


で、この件に関して、民主党の森ゆうこがこんなツイートをしていました。

https://twitter.com/moriyukogiin/status/1174649877629816832
参議院議員森ゆうこ @moriyukogiin
ようやくワクチン接種を決断。
ここまで来るのに1年以上かかった。
でも収束までは遠い。とにかく養豚業、関連業者を守ろう!

まず口蹄疫のときのワクチンと今回の豚コレラのワクチンは別物です。

 

かつての赤松口蹄疫災害の時はすでにパンデミックになっており、口蹄疫を発症してさらなる感染拡大にならないために一時的な時間稼ぎにワクチンを打っているだけで、ワクチンを打ってしまったら殺処分まで確定コースでした。

ワクチンの意味がまるで違います。

また、1年以上かかったのは野生のイノシシが感染源となって豚コレラを広めているからです。
野生のイノシシを駆逐することなど不可能です。

逆に言ってしまえば
「であるからこそワクチン接種によって清浄国に戻るまでの道筋が極めて不透明になる」
という判断もあってワクチン接種を選択するか踏ん切りが付けられなかった。
というのもあると思います。

民主党政権下の口蹄疫は、僅か4ヶ月で収束。
当時の野党自民党から酷い批判を浴びながらも、政務三役が交代で現場に張り付き、山田正彦大臣がワクチン接種を初めて決断。
-----

メリットは当然ながら豚コレラウイルスに耐性が付くため発症しにくくなること。ただしワクチンを接種させたことでいらぬ風評被害は発生するでしょう。
日本のマスゴミ、特に朝日新聞の記者はろくに取材もせず憶測のくせに、見てきたように記事を書きますし、福島関連の報道を見れば、日本のマスゴミ全体が風評被害を広げることを目的にしているフシがありますからね。

民主党政権下での口蹄疫災害はわずか4ヶ月で収束などとほざいていますが、宮崎県の畜産を消滅させかねない甚大な被害となりました。
というか最悪の被害を出したあの民主党口蹄疫災害がいつのまにか民主党がしっかりやっていた成果ということにされているあたり、
やっぱり民主党系の議員というのはいろいろ人間として大事な物を持っていないのでしょうね

 

 

以下、おおまかな流れ。

2010年1月
 民主党道休議員が韓国人研修生を都農町の農家へねじ込む

2月
 口蹄疫が確認されている最中なのに
 民主党政権は中国産稲わらの輸入許可施設を追加
(この後も、中韓からの輸入についてはとにかく民主党はあの手この手で特例で穴を開けていく)

3月
 韓国で口蹄疫発生が正式に確認される。

4月
 10日 研修生を受け入れた農家の近くの農家から口蹄疫と思われる症例確認

 20日 口蹄疫と確認される東国原知事が政府に対応要請
  →民主党政府は無視

 自民党、33項目の対策をまとめて民主党政府へ要請
  →民主党政府は無視

 宮崎県の農協、農家が稲わらを国産に変更

 宮崎県以外のマスゴミ、口蹄疫発生を隠蔽

 東国原知事、上京して政府に対して自衛隊派遣要請と再度の対応要求
  →民主党政府は再び無視

 28日
 国連食糧農業機関(FAO)、日本と韓国での口蹄疫アウトブレイクを宣言
  →当然のように日本のマスゴミは報道せず

 山田副大臣が長崎県入りするも県庁に来ただけですぐに帰京自民が再び対策を要求 →やっぱり民主党政府は無視

 自民党、赤松農水大臣の外遊中止を民主党政府に要求
  →民主党政府は無視

 同日、谷垣との会談予定をドタキャンして赤松広隆大臣は外遊へ

5月
 東国原知事 再度自衛隊派遣を要請
 自民党も同日に再び口蹄疫対策を要求
  →民主党政府は無視

 連休中は大臣代理が福島瑞穂だったが登庁すらしなかった。

 FAO、専門家チームの派遣を日本政府に打診
  →民主党政府はこの提案を拒否

 自民党5月6日、7日に口蹄疫対策のため国会審議を要求
  →民主党は当然拒否8日 赤松大臣帰国、栃木の民主党議員の後援会へ直行
   山田副大臣、自身の地元長崎で政治資金パーティー

※4月30~5月9日までの連休中に登庁したのは山田副大臣の2回だけで
 他の副大臣、政務官、大臣代理の福島瑞穂は農水省に入らず。

5月13日
 ようやく種牛の移動許可が民主党政府から出る
 宮崎県は主力中の主力の6頭を移動同13日 韓国、韓牛をブランドとして本格売り込み開始
 キム・ヨナを広告塔にしてアピール
 なぜか和牛の売りである霜降りが特徴で「和牛と変わらない」事が売り

 16日 民主党政府がようやく対策本部を設置するも
    同日赤松大臣は同僚の山下八州夫議員の選挙事務所開きへ

 種牛の筆頭格、忠富士が口蹄疫発症
 東国原知事、殺処分が終わっていなかった49頭の種牛の処分中止を山田副大臣へ要求
 山田副大臣「まだ処分していなかったのか!」と激怒し逆に種牛を最優先で殺処分しろと命令
(尚、この49頭は発症していない)
 山田副大臣と平野官房長官、種牛49頭の殺処分命令を即時決定

6月
 菅直人総理が視察。1,000億円規模の被害対策を約束

 口蹄疫の最中に民主党の候補者は宮崎県内を選挙カーでうろうろこの宮崎の口蹄疫災害の数年前から
宮崎、長崎などで立て続けに和牛の精子が盗まれる事件が起きていました。

 

で、なぜか民主党政権は感染力が高い豚の処分を差し置いて、宮崎県に種牛の移動許可をなかなか出さず、それどころか殺処分を命令。
種牛さえ生きていればやり直せるのですが、そこを最優先に潰しにきたと見られても仕方ないでしょう。

さらに狙い澄ましたタイミングで韓国がなぜか和牛と変わらない霜降りが売りとして韓牛の世界への売り込み開始を宣伝。

韓国と北朝鮮を基盤にしている民主党政権の行いをみれば、疑われても仕方の無い流れでした。さらに民主党政権を守ろうとするマスゴミの隠蔽も露骨でした。
特にゴールデンウィークの間に、メキシコでゴルフをしてからキューバでカストロに会おうと外遊を強行した赤松広隆の件があまりにひどかったこともあってか、マスゴミはゴールデンウィークが明けるまで本当に口蹄疫関連について箝口令を敷いたじょうたいになっていました。

このころ、原口一博総務大臣が自分でメディアに規制をかけたような事をツイートして慌てて削除していたりします。

最も大切な初動でひたすら放置されたことで
宮崎県の畜産は壊滅的打撃を受けました。

マスゴミでいくら隠蔽したところで地元の人達が忘れるはずがなく
宮崎県の民主党の国会議員はこれを期に消えました。マスゴミでいくら隠蔽したところで地元の人達が忘れるはずがなく
宮崎県の民主党の国会議員はこれを期に消えました。

選挙対策もあってか1,000億円規模の口蹄疫復興予算を約束していた菅直人でしたが、
選挙で負けた報復もあったのでしょう。

菅内閣は
「宮崎県に1,000億円の県債による復興基金設置を認める」
という内容に変更しました。

この赤松口蹄疫災害、いや民主党口蹄疫災害は
決して忘れてはならない人災の典型例です。

 

今も赤松広隆が小選挙区で当選し続けているのを見ると
本当にいろいろとこみ上げてくる物があります。

 

菅直人の原発事故対応にも、負けず劣らずのこの赤松口蹄疫災害。 当時のことはあまり知らなくて、いまこれを読んで本当に怒り心頭です。 いま、この民主党が、衆議院選挙目前に党を解散させたにもかかわらず、懲りずに集まって、「やっぱり民主党」会派を作りました。 そして、自分たちは新しい党だから、旧民主党は関係ないと言っています。

2019/09/22

台風17号日本海を北上中

1_20190922195301

 

またまた、台風です。

 

いま、マスゴミ報道は千葉県の被害に集中していますが、8月末の記録的豪雨に見舞われた佐賀県杵島郡大町町の鉄工所からの油流出被害は、全国ネットでは全く取り上げられなくなりましたが、どうなっているでしょうね。

 

今年の収穫はもちろん、これから土壌を改良するには数十年単位になるとか。農家の救済に目を向けて欲しいと思います。

<佐賀豪雨>油流出「国内で例を見ない最大規模」https://www.saga-s.co.jp/articles/-/420706
記録的な大雨の影響で杵島郡大町町の佐賀鉄工所大町工場から流出した約5万リットルの油は、広範囲にわたって農地や道路、宅地などを覆った。専門家は油の流出量について「国内では例を見ない最大規模」と表現、農地や人体への影響のほか、除去の難しさを挙げて被害の長期化を懸念した。
   以下略 佐賀新聞LIVE

2019/09/21

気になる投稿

 

そんな馬鹿なと思うような投稿がありましたので、ちょっと、注意喚起?(^◇^;)

話は、お母さんがスマートホンを使っていて、いつの間にかアプリ使用料として、ドコモspモード決済でお金を引かれていたと言うことなのです。そのアプリというのが、よく、スマホにCMとして現われるゲームで、「数字で塗り系」アプリ。同じ数字を同じ色で塗りつけると完成する。塗り絵ですね。

私のスマホにもよく出てきますが、興味が無いのでスルーしていたのですが、こんなところで話題に上っていて驚きました。インストールすると、三日目から自動的に課金され、スマホの決済で、自動的にお金が引かれる。

うっかりして、アンインストールしないと永遠にお金を引かれることになります。

昔は、ゲーム本体をかって、ソフトを買った。一時的にお金が掛かりますが、それほど高いものにはなりません。ところが、今のゲームは、課金すると際限なくお金を使うようになっているのですね。子供にはとても危ないものだと思います。

話が逸れましたが、この投稿者のお母さんは、自分でインストールした覚えがないし、そのアプリも見当たらないと言ってます。これは、母親の勘違いと言うか、スマホの操作がよく分かっていないのでしょうね。インストールしていなければ、このスマホの個人情報がアプリは取れないと思います。

私は、スマホでの決済サービスは利用していませんが、今後、消費増税に伴って、QR決済とか、スマホ決済とかうるさくなるのでしょうけど、こういう話を聞くと、やっぱり、スマホでの決済サービスは考えた方がいいかなと思ってしまいました。

2019/09/20

【櫻LIVE】第360回 - 石橋文登・政治ジャーナリスト × 田北真樹子・産経新聞正論編集長 × 櫻井よしこ(プレビュー版)

 

【櫻LIVE】第355回 -上念司・経済評論家/立花孝志・参議院議員/田北真樹子・産経新聞「正論」編集長/有元隆志・産経新聞元政治部長 × 櫻井よしこhttp://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2019/08/post-52640a.html で紹介した動画と同じでプレビュー版なのが残念ですが、この【櫻LIVE】第360回の動画も興味深い内容でした。さすがは、きちんと取材している新聞記者ということがわかります。

菅官房長官記者会見で、毎度おなじみ週刊誌情報を元に質問している東京新聞の望月イソコとは、記者としての能力も矜持も違うことを見せつけられます。朝日新聞の記者も、「エビデンス?そんなものねぇよ!」と言い放つ高橋というこれも女記者ですが、この方達の爪の垢を煎じて飲んで欲しい。

年金生活の高齢者としては、なかなか、情報にお金を払うことが出来なくて、申し訳なく思ってしまいますが、桜井さんの番組、毎週金曜日の夜9時の生放送は、全編無料で見ることが出来ます。

 

ねつ造虚報の反日放送、NHKニュース9やテレビ朝日報道ステーションを見る時間があれば、是非、ライブでこちらを見ることをお勧めします。

2019/09/19

習作 秋桜

Imgp9661Imgp96591


 

暑さ寒さも彼岸まで。

朝夕は、過ごしやすくなりましたね。
いま、夜8時半、扇風機を回しているだけですが、身体に当たる風が冷たいです。

今朝、雨戸を開けたら、庭の自然ばえの秋桜に朝日が当たって綺麗。おもわず、シャッターを切りました。

2019/09/18

高田山 専修寺

真宗高田派本山 専修寺http://www.senjuji.or.jp/

実家の菩提寺の総本山がここ高田山専修寺。

実のところ、一度もお参りしたことがありませんでした。(^◇^;)

父と母の分骨も納めさせて頂いているのですが。。。

 

平成29年11月28日、御影堂と如来堂が国宝に指定されて、一度、拝観に行こうと考えていたのですが、昨日、それがかないました。

とても、立派なお寺でした。寛文6年(1666年)建築の御影堂は180畳敷きのそれは壮大なもの。
そして、高田派は仏壇を金箔を張り詰めきらびやかなのが特色ですが、御影堂の中も金箔が貼られきらびやかでした。

なかも写真を撮ることが出来たのですが、個人利用のみ。WEBはだめと言うことなので、あえて写真撮影はしませんでした。

Img_0620
Img_0617
Img_0613
Img_0619
Img_0612
Img_0616
Img_0624

 

 

一枚目 山門 宝永元年(1704年)の建築。寺院の門としては最高の格式であり、楼上には釈迦三尊仏が安置されてます。
二枚目 国宝御影堂 寛文6年(1666年)の建築。
三枚目 如来堂と御影堂を繋ぐ通天橋 これも立派なものです。
四枚目 御影堂からみた通天橋
五枚目 国宝如来堂 寛延元年(1748年)の建築
六枚目 唐門 天保15年(1844年)の建築

2019/09/17

日本料理 「ほとり」

今日は、お彼岸を前にして、実家のお墓のお掃除をかねて、墓参りに行ってきました。
母がこの世を去って、三年、祥月命日ももうすぐです。

 

帰りに、寄るところがあって、お昼を津市郊外にある日本料理のお店に行ってみました。

 

1_20190917195101

 
入り口と入ったところ。席を用意するまでの待合です。

 

Img_20190917_123218

 

メインの松花堂弁当
一つ一つが丁寧に料理されています。それぞれがすべて違った風味があって、美味しく味わいました。

 

Photo_20190917195101

 

左側は前菜。茄子とモロヘイヤのおひたし。右側は、デザートの冬瓜のコンポート。

「工夫して心くだくる思いには、花鳥風月、みな料理なり」 (京都の高級料亭「吉兆」の創業者、湯木貞一氏の言葉)
日本料理「ほとり」のHPに店主のご挨拶に引用されている言葉です。
「工夫を凝らして、相手のことを心から想えば、あらゆるものが料理になる」という意味だそうです。

久しぶりに美味しい懐石料理を頂きました。

 

お昼のメニューから松花堂弁当をいただきましたが、一つ一つのお料理が手が込んでいて、味付けは上品。
ちょっと遠いので、何度も行けないのが残念。

 

2019/09/16

秋の味覚スタート!! 「栗ご飯」

Img_0607

 

昨日は、スーパーで割と手頃な値段で栗がでていたので、買ってきました。熊本産。
早速、栗ご飯を炊きました。Img_0606

栗がゴロゴロ。(^^) 餅米が、まだ無かったので、普通のお米だけで炊きましたが、やっぱり、少し餅米を混ぜた方が美味しいですね。

2019/09/15

キスリング展 「エコール・ド・パリの煌き」 岡崎市美術博物館

Img_20190913_0001

 

特別企画展 「キスリングーエコール・ド・パリの煌き」https://www.city.okazaki.lg.jp/museum/exhibition/openexhibition/p024041.html

 

先日、たまたま見ていたテレビでこのキスリング展を開催していることを知りました。7月27日から始まっていて、9月16日まで。もうあとわずか。慌てて、行ってきました。

この個性的な画家の絵は、人物が多い。それぞれ、何かを訴える目が悲しげでもあり、意志の強さも感じてしまう。ユダヤ人であることを意識してしまうからかもしれません。

まあ、もともと、人物の絵はあんまり興味がない私なので、それは拘らず。

花も多いのですが、それぞれの質感というか、独特の肌感覚が、その精密な筆致から伝わります。

たくさんの展示された絵の中で、以前に見たキスリングの絵とはちょっと違う風景画にとても惹かれました。

この精密なモンマルトルの港の絵。これだけ精密に描けるからこそのあの肌感覚なのでしょう。

2019/09/14

名月や~~~

Imgp9656_20190915131601

 

中秋の名月は、雲の合間に見えました。雲も結構出ていたのだけど、望遠レンズで撮すと雲が入らない。(/_・)/
調度、いい具合の群雲が出ていたのですけどね。

 

さて、日本は古来より月を愛でる文化があったわけですが、中国でもそれがありました。それは、どうも、日本の僧が伝えたらしいのですが、
いつものように、中秋節も韓国が起源と主張しているという記事がありましたので、うんざりしながら、軽蔑しながら読みました。以下の引用をご覧ください。

曇り空の中秋節http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1679.html

私が最近よく読んでいる短足おじさんの一言さんのブログから

 

元はよもぎねこさんの2009年の記事から
曇り空の中秋節http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-2516.html その記事は
【中韓】 中秋(秋夕)は中国の文化?~新羅の僧が唐に伝えたのが起源★2[09/08]

 

この記事は二重にパクっている。新羅の僧侶というのは円仁だが、これはれっきとした日本人。
そしてそこを可笑しな風に解釈して中秋節は韓国起源と捏造している。
まあ詳細は元記事参照ください。

2019/09/13

令和元年の「中秋の名月」

昨日は、朝、雨戸をあけると、爽やかな乾いた風が入ってきました。急いで、いたるところの窓を開けて、この風を取り込みました。一階だけですけどね。

今日は、残念ながら雲が広がっています。

 

令和元年の「中秋の名月」が見られそうにありません。😞

Img_0597

こちらは、昨夜のお月さま。綺麗に見えたので、今宵のために撮っておきました。(苦笑)コンデジで慌てて撮ったので、あんまりきれいじゃない。

 

天気予報をみると、午後10時ごろになると、晴れマークがついているので、もしかしたら、月に群雲の中秋の名月がみえるかも。

2019/09/12

一事が万事

https://hosyusokuhou.jp/archives/48860711.html

立憲民主党の蓮舫副代表が11日、ツイッターを更新。台風15号による被害が千葉県などで深刻となっている状況の中、第4次安倍再改造内閣が発足したことを受けて、「今日、改造すべきだったのか」と疑問を呈した。
【パヨク陳哲郎】立憲民主・福山哲郎「千葉県停電中の内閣改造に遺憾。クーラーもきかない状況を横目に燕尾服。国民不在」 http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1568205271/今回の内閣改造については、「いまだに40万戸を超える停電が発生している。停電、断水で命の危機に直面している被災地では、まさに今苦しんでいるところだ。
そうした被災が広がっているなか、今回内閣改造をこの日にやられたことを遺憾に思っている。
政治日程があったことは理解しているが、首都圏で40万戸レベルでの停電が起こることはこれまであまりない。いったいどういう状況なのか。

 

災害対策本部の役割https://www.hou-bun.com/01main/01_03_027_04.pdf 災害対策本部の長は、地方自治体の長が一義的です。
東日本大震災や阪神淡路大震災のような複数の府県にわたっている広域的なものならともかく、被害の程度はともかく、今回の台風に伴う大規模停電は千葉県の一部。
なら、まずは、千葉県知事が災害対策本部長で陣頭指揮をとらなくてはいけません。やっと、二回目の災害対策本部を開いて、東電に不眠不休で対応してほしいと言い放ち、ネットで非難されてました。(;´Д`)

 

こういうときに、必ずわいてくるのが立憲民主党や共産党の政府批判。 まずは、被害状況もろくに把握していない千葉県の災害対策本部長を批判しろよ!!

2019/09/11

いまこそ韓国にさらばと言おう

 

【学校で教えない韓国の暗黒歴史】
日本が朝鮮半島を植民地化した。だから、日本は、永劫に朝鮮半島に謝罪し続けなければならないと、南北朝鮮と極左マスゴミは唱え続け、そして、反日の日教組が日本の子供達を洗脳し続けています。

しかし、日本は植民地支配をしたわけではなく、日本に併合し、朝鮮半島を日本として統治、そこに住む人たちの生活の向上のために尽くしてきたのです。西洋諸国の東南アジアへの植民地支配とは全く違うのです。

2019/09/10

ガラパゴス化する日本高校野球

2019年
第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップhttp://www.japan-baseball.jp/jp/team/18u/2019/worldcup/overview.html

ひっそりと、U-18ベースボールワールドカップが終わりました。
日本では、その一週間前に終わった「甲子園大会」の盛り上がりに比べると、ほとんど話題にも上らないまま始まり終わってしまいました。

この大会より、問題というかネットで非難を浴びたのが、Uー18高校代表が韓国入国時に「JAPAN」ロゴ入りのシャツを着用させないという高野連の処置でした。

これは、韓国の治安が危険レベルだからということでなく、韓国人の国民感情に配慮するという、なんともバカバカしい高野連の役員の考えからなのです。なぜ、日本の代表が日の丸を背負って戦うのに、こそこそと「JAPAN」のロゴさえ隠して入国しなくちゃいけないのでしょう。

ご存知のように、高校野球は春の大会の毎日新聞と夏の大会は朝日新聞が後援しており、高野連の役員もそのOBが就いています。
日本らしい配慮は相手にも失礼 政治を持ち込んでいるのは高野連https://twi55.com/u18w20190828/

Twitter上では、この高野連に対する非難轟々のツィートが並びました。

そして、高野連のアホは、これだけではなかったのです。メンバーの選び方が、また酷かった。
外野手は二人しかいません。そして、内野手はショートが6人も選ばれています。セカンドはいません。サードが一人。ファーストミットを嵌めたことのない選手もいた。そして、いくら高校生で俊敏だとは言え、外野を専門に守っているものと、急造に外野を守らされた選手とでは、守備の固さが違います。高く上がったフライ、どのように追うか、ライナー性の当たりなら、もっと難しい。

内野にしても、セカンドとショートではやっぱり違います。

そして、左打者ばかり5人です。夏の甲子園で優勝した履正社の右の強打者井上君は選ばれていません。

 

BLOGOSに寄稿された門田隆将さんの文章一部抜粋

U18の選手たちの奮闘ぶりには頭が下がった。外野手は2年生2人しか選ばれておらず、内野手は7人選んだが、その内6人が遊撃手で、しかもいずれも右投げ左打ち。一塁手からも、二塁手からも、「誰も」選ばれなかった。
わかりやすい例でいえば、履正社の外野手・井上、桃谷という高校球界を代表する右のスラッガー二人も選ばれていなかった。「全国制覇のチームから1人も選ばれていない」という異常さは、最後までU18の試合に暗い影を落とした。
それはそうだ。ジャパンの外野を右投げ左打ちの遊撃手、あるいは本来はピッチャーの選手たちが「守った」のだ。もちろん専門ではないため、肝心の場面ではミスが出る。一塁も「初めてファーストミットを使った」という選手が守り、エラーをしても誰が責められよう。
不慣れなポジションを選手たちは、必死で守った。日の丸を背負った選手たちの懸命な姿は観る者に大きな感動を与えてくれた。「ありがとう。ご苦労さまでした」と言葉をかけさせてもらいたいと思う。

 

「U18敗北」でわかる日本型経営の“致命的欠陥”https://blogos.com/article/403035/ 門田隆将2019年09月08日 18:17

この大会の最初の試合、台湾と当たり、降雨コールド負けを喫しましたが、台湾のピッチャーはサウスポー。昨年もこのサウスポーを打てなくて、敗北しているそうです。
何も、学習しない高野連のアホ、そして、監督。

 

そして、日本の高校生が素晴らしい力量を持っているのに、世界大会で勝てないのは、高校野球が金属バットだからと言われています。反発力が違うのです。いま、金属バットはますます反発力が強まるように加工されているそうで、おかげで、甲子園でも、ポンポンホームランが出ているのは、高校野球ファンならご存知でしょう。

日本の高校生の野球は甲子園大会があり、若者はそれを目標に戦っています。無理にこんな意味のない戦いに参加させなくてもいいのではと思います。

以下は、いつもの「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」様の記事。

また、門田さんとは別の視点からの論評です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こういう既得権こそ打破すべきものでしょう https://ttensan.exblog.jp/27760426/

U-18ベースボールワールドカップで日本は決勝ラウンドに進めませんでした。

 

メンバーの選抜に明確なルールがなく高野連の中の人達が決めている事が
U-18ベースボールワールドカップで毎度日本があまり振るわない原因でしょう。

 

今回のメンバーを見れば
投手11佐々木 朗希
投手12浅田 将汰
投手13池田 陽佑
投手14前 佑囲斗
投手15飯塚 脩人
投手16西 純矢
投手17宮城 大弥
投手18奥川 恭伸
投手19林 優樹
捕手10山瀬 慎之助
捕手22水上 桂
内野手1森 敬斗 ショート
内野手2武岡 龍世 ショート
内野手3石川 昂弥 サード
内野手5韮澤 雄也 ショート
内野手6遠藤 成 ショート
内野手7坂下 翔馬 ショート
内野手8熊田 任洋 ショート
外野手21鵜沼 魁斗
外野手24横山 陽樹

 

野手が外野手は二人だけで残りはショートばっかりと。
当然自分の本来の守備位置以外を守る事になるわけでいつもと勝手が違うのですから、攻撃面でもリズムを崩す事にもつながるでしょう。

 

メンバーの選抜基準をチームとしてバランスを考えての選抜ではなく、興行的なところで選んだとしか思えません。

 

高野連はビジネスで高校球児たちを使い潰し、球児たちをろくに守ろうとしないクズ団体なので、こういう事を繰り返すのだろうと思います。

 

この球児たちが韓国で試合をするにあたって、この子達の服などから日の丸や日本とわかる文字などを隠す判断をしたのも、この高野連の老害どもでした。

 

日本代表として行くのになんで隠して行かなきゃならないんでしょうか?
これこそ国辱じゃないのでしょうか?
「自分の国の子供達に嫌な思いをさせればいい、韓国側の機嫌を損ねないことが大切。」

 

大人達が全力で子供達の名誉を守らなくてどうするのでしょうか?こんな判断をする奴らが立派な大人ですか?
そびえ立つクソとしか思えません。

 

ま、高野連ですからね。
高野連のメンバー見ればわかりますが、マスゴミと大学のお偉方が常に幹部を務めますからね。
高校球児を食い物にしている団体と言って間違いないでしょう。

 

高野連の幹部≒なってはいけないダメな大人の名簿。

 

そう見ておいてもいいでしょうね。

2019/09/09

台風一過と「菊の節句」

台風15号、足早に過ぎていったものの、静岡県にちょっと寄っただけで、東京湾を北上したため、勢力が衰えず、千葉県で大きな被害をもたらしたようですね。

ゴルフ練習場の網が近所の住宅の屋根を真っ二つに壊していた画像がのっていて、重症の女性もいたとか。

住宅地のすぐのところにあんなネットがあれば、台風の強風下であれば、倒れるでしょう。昨年、大阪を襲った台風は、トラックを倒していたのですものね。

住宅が先か、ゴルフ練習場が先かはわからないけど、被害を受けたおうちの方お気の毒です。

東海地方では、台風13号と台風15号のもたらした熱風のおかげで、ここ数日、めちゃくちゃ暑い。

さて、今日は五節句のうちの一つ、重陽の節句。菊の節句とも呼ばれます。

 

五節句とは、江戸時代に定められた5つの式日(今でいう祝日)をいい、1月7日の人日の節句(七草粥)、3月3日の上巳の節句(桃の節句/雛祭り)、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句をさします。
Flower_kiku_20190909202001

 

 

重陽の節句・菊の節句とは…9月9日節句の由来・行事食・楽しみ方https://allabout.co.jp/gm/gc/220562/

生活情報サイトallaboutに、由来とか行事食とか載っていましたが、五節句のなかで、あまり、行事が行われていないのは、暑い季節が残っていて、菊もまだ咲いていないからかもしれません。(^^)

2019/09/08

台風15号首都圏に向かって接近中

1_20190908202201
台風の速度は速いので、雨の影響は少ないと思われますが、風が強そう。 大きな被害が出ないことを祈ります。

2019/09/07

ゴボウの冷凍

Img_0576

ゴボウを買ってくると、一本は使い切っても、あと一本とか二本とか、なかなかなか使い切れずに、捨ててしまうことになったりしてました。

野菜の冷凍処理のアンケートが回ってきたのをみて、ゴボウも冷凍できることを知りました。

ゴボウのような繊維多い野菜はどうなのかなと思いましたが、水にさらしてあく抜きして、冷凍してみました。

 

Img_0577

 

 

 

 

 

今日は、人参と一緒にサラダにして、マヨネーズで和えたら、食感は全然変わらず、美味しかった。

2019/09/06

今夜の月は「上弦」の月

昨夜も、雨と雷が激しかったのですが、昼間はなんとか青空が広がって、シーツやタオルケットが洗濯できました。布団干しは、湿度が高いので、外に干すのを止めて、布団乾燥機を使いました。今夜は、さっぱりとした寝床で休めそう。(^^)

 


Imgp9646_20190906203201

バルコニーでシーツを広げていたら、お月様が顔を見せてくれていたので、昼間の月はどんな風に映るか撮ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜、ゴミを捨てに庭に出たら、綺麗な上弦の月が出ていたので、思わずパチリ。
あれだけ雨が降った後なので、空気が綺麗でお月様も綺麗に見えました。
下の方に小さく映っているのは、木星。

Imgp9652

 

上弦(半月)は、月と太陽の黄経差が 90度になった時に見える

2019/09/05

夜中の雷と大雨 鳴り響くエリアメール

1_20190905110201

 

 

昨夜というか、今日の未明というか、ほんとにすごい雷と雨でした。

昨夜、7時半頃から、雷が鳴り出して、PCをつけているのが不安になって、タブレットに換えようかなと思っていたところ。視聴していたyoutubeもなにか調子が悪くて、くるくるしたままで画面がでない。タブレットとスマホはだいじょうぶだったのですが。。。PCの電波とモバイルの電波は違うのでしょうか。同じ無線LANで繋いではいたのですけど。

 

雷鳴が段々近づいてくるので、PCの電源を落として、早めにお風呂を済ませて休んだのですが、夜中に突然鳴り響くタブレットと夫の携帯電話。エリアメールです。
私のスマホには、続々と市の緊急メールが入って来ています。

タブレットで、豪雨情報を見ると三重県北勢地方が真っ赤っか。

市内を流れる中小河川がはん濫警戒水位を突破したとか。、幸い我が家の前の道路は、下水道がしっかり完備しているので、どれだけの大雨が流れても、冠水することはないので安心でしたが、まだ、稲刈りの終わっていない北勢地方の田んぼはたくさんあるので、農家さんはお気の毒だし、新米の味もちょっと心配。(ё_ё)

しかし、この夜中に鳴り響いたエリアメール、一通や二通でなくて、うとうととすると、突然ひびきわたったので、少々睡眠不足でした。(>_<)

洪水警報の危険度分布https://www.jma.go.jp/jp/suigaimesh/flood.html

最近は天気は気象協会のHPをみているので知らなかったのですが、気象庁のHPに危険度分布というのがあって、このコマンドをクリックすると、自分の住む近くの川の危険度を見ることが出来ます。

2_20190905110201

 

2019/09/04

習作 花 「たますだれ」

Imgp9643

 

最近、庭の手入れも怠っていますが、写真も一眼レフを持ち歩くのが大変で、専ら、コンパクトデジカメでしのいでる。
久しぶりに、望遠マクロで庭の花を撮ってみました。

 

2019/09/03

マイナンバーカードの申請

Img_20190903_135237_20190903201301

マイナンバーカードの申請のために、街角の写真撮影機サービス?に行ってきました。

 

すごいです。この撮影機で、マイナンバーカード申請書類に印刷されているバーコードを読み込ませると、その機械が申請をしてくれるのです。

でも、ちょっと、不安だったので、写真だけ撮って、自分で郵送しました。

 

 

 

急にカードの申請を思い立ったかというと、下の記事を見たからです。

 

マイナンバーカード取得者にポイント付与 「○○ペイ」と連携、20年度導入へhttps://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/03/news097.html

 

これ、本当のところ、どうなのでしょうね。まず、スマホ利用者で、しかも、「〇ペイ」利用者しか恩恵にあずかれないと言うこと。

私は、このQアールコード払いは利用したくないのですね。利用の仕組みがよく分かっていないと言うこともあり、スマホを交換した場合、どうなのだろう、とか、なにより、あの「ペイペイ」騒動ありましたよね。また、7ペイでも、セキュリティがずさんで、結局、取りやめにした。

 

この「〇」ペイ払いは、どこのお店が使えるようになるのかもわからない。どんな田舎のお店にも、この設備をおいているとも考えにくいし、すべての「〇ペイ」共通の機械なのかもわからない。

 

2020年実施を目指しているようですが、とりあえず、スマホ決済なるものを調べなくちゃ。

2019/09/02

米粉でマドレーヌ

Img_0538

久しぶりにマドレーヌを作ってみました。

初めてでも失敗しないマドレーヌhttp://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2006/12/post_7cd6.html

2006年12月27日にアップしています。

 

今回は、薄力粉を米粉に置き換えて作ってみました。
別に小麦粉アレルギーではないのだけど、今、重宝に使っている米粉しかなかった。(^◇^;)

 

強力粉となっていますが、全部米粉でも問題ありません。
米粉の方が、色々、便利に使えていいですね。

2019/09/01

防災の日

今日は防災の日。

 

防災の日が決められたのは、関東大震災があった日を私たちが心に刻まなければいけないと言うことで、この日を防災の日に定められたのでしょう。
関東大震災は、地震そのものよりも、火災が被害を大きくしたと子供の頃に聞きました。
そして、その元凶が「ねずさんのひとりごと」ブログに書かれています。
悔しくて、悲しくて、なんとも言えません。

 

今日は関東大震災があった日http://nezu3344.com/blog-entry-4241.html

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »