2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 髙山正之『放言BARリークス』#58 | トップページ | 報道しない自由の行使 「安田純平動画」の各局の伝え方 »

2018/08/01

南東の夜空に輝く火星

Imgp8667


昨夜、9時頃、南東の夜空に輝く火星を写しました。望遠300ミリだから、この程度ですが。。。(^0^;)

2018年夏は、赤く輝く火星に注目!https://www.nao.ac.jp/astro/feature/mars2018/

最近、夜、キッチンのゴミを捨てに庭に出ると、夜空で一段と赤く輝く星がみえました。誰にでも火星とはっきりわかるくらい赤くてキラキラ輝いていました。

火星と地球の最接近は、2018年7月31日に起こります。このときの火星と地球の間の距離は5,759万キロメートル(注1)。これは、「大接近(注2)」とも呼ばれる近い距離での最接近となります。このころの火星はマイナス2.8等の明るさで輝き、視直径(注3)は24秒角を超えます。


昨夜は、ちょうど、天体ショーを見せてくれる特別な火星ちゃんだったのですね。

火星以外にも、他に明るい星が二つ。近くに土星、そして、少し離れたところに木星。
木星は、5月に裏磐梯休暇村の天文台で、大きな望遠鏡で見せてもらいました。

不思議ですよね、こんなにたくさんの星が空に星が輝いています。この星空の世界は一体いつ誕生したのでしょう。

今宇宙は膨張を続けているそうです。というのも、光が届くことで宇宙の果てを計測することになるのだそうですけど、その光はどんどん遠くから届いている。光の届くのがまだまだ先に伸びている延びているということですね。

« 髙山正之『放言BARリークス』#58 | トップページ | 報道しない自由の行使 「安田純平動画」の各局の伝え方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 髙山正之『放言BARリークス』#58 | トップページ | 報道しない自由の行使 「安田純平動画」の各局の伝え方 »