2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 台風12号、伊勢市付近に上陸 | トップページ | 髙山正之『放言BARリークス』#58 »

2018/07/29

杉田水脈議員に対する攻撃

戦後体制の超克ブログ【緊急拡散】また始まった個人攻撃https://ameblo.jp/nihonkaigi-yachiyo/entry-12393850878.html

【これは酷い】朝日新聞発行のAERAが杉田水脈議員を「幸せに縁がない」と人格攻撃する記事を公開→批判殺到して削除http://hosyusokuhou.jp/archives/48821050.html

LGBT。一般の人にはあまりなじみのない言葉ですね。私も、今回の騒動で初めて知りました。

LGBT(エル・ジー・ビィー・ティー)または GLBT(ジー・エル・ビィー・ティー)とは、女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、男性同性愛者(ゲイ、Gay)、両性愛者(バイセクシュアル、Bisexual)、トランスジェンダー(Transgender)の各単語の頭文字を組み合わせた表現である。


今回の騒動は、自民党杉田水脈議員が、「新潮45」7月号に、LGBTだけを特別扱いして、税金を投入することは間違っているという主張を発表されたことに始まります。

かれらは生産性がない。彼女がこのように表現したこれ一点だけを切り取り、左翼は「差別だ、議員辞職しろ」と騒ぎ出しました。同性婚で生産性があるわけがない。でも、それを彼女は問題にしているわけではありません。

今行政が、多目的トイレをわざわざLGBTトイレとか書き換えたり、LGBTに特別な施策をする。それだけで税金が使われることになります。


リベラルなメディアは「生きづらさ」を社会制度のせいにして、その解消をうたいますが、そもそも世の中は生きづらく、理不尽なものです。それを自分の力で乗り越える力をつけさせることが教育の目的のはず。「生きづらさ」を行政が解決してあげることが悪いとは言いません。しかし、行政が動くということは税金を使うということです。

 例えば、子育て支援や子供ができなカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。にもかかわらず、行政がLGBTに関する条例や要項を発表するたびにもてはやすマスコミがいるから、政治家が人気とり政策になると勘違いしてしまうのです。


杉田水脈議員主張一部抜粋

全文は冒頭にリンクを貼った「戦後体制の超克」さまのブログで読めますが、杉田水脈議員はなんら間違ったことは、言っていません。

彼女を左翼が攻撃している事由は、杉田水脈議員が今一番、自民党で活躍している議員さんであること。

最近では、文科省が握る「科研費」の闇、すなわち反日のために活動する法政大学の山口二郎中心に多額の税金が支払われ、そのプロセスに疑問を発せられ、多くの国民に疑惑の目を向けさせたり、生活保護費の使い方に疑問を呈したり、パヨクには非常に煙たい議員さんだからなのです。

今日のテレビでも、杉田水脈さんの投稿を読まずにバッシングしている番組が目立ちましたが、いみじくもパヨクがTwitterでアンケートをとったところ、ものの見事に杉田水脈議員の主張に賛成派が大勢を占めました。

杉田水脈議員は議員辞職すべきかhttp://hosyusokuhou.jp/archives/48821093.html

パヨク主催のアンケートなので、選ぶ項目も酷いものが入れてあります。これがパヨクの正体です。

« 台風12号、伊勢市付近に上陸 | トップページ | 髙山正之『放言BARリークス』#58 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風12号、伊勢市付近に上陸 | トップページ | 髙山正之『放言BARリークス』#58 »