2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« いつもの野党のパフォーマンス「マスコミを引き連れ加計学園をアポ無し訪問、理事長は不在」 | トップページ | 福島の旅 三日目 日本の近代化の過程での悲劇の舞台 「会津 飯盛山」 »

2018/06/01

福島の旅 3日目 会津さざえ堂

Img_9694

会津さざえ堂 別名 会津さざえ堂、会津栄螺堂 所在地 福島県会津若松市一箕町八幡弁天下1404 建立 1796年(寛政8年) 用途 仏堂 高さ 16.5m 構造 木造 指定 重要文化財(1995年6月27日指定)

二重らせん構造の斜路をもつ特異な建物として知られる。福島県会津若松市の白虎隊の墓所のある飯盛山の中腹に建つ。通称は「会津さざえ堂」もしくは単に「さざえ堂」で、正式名称は「円通三匝堂」(えんつうさんそうどう)という(重要文化財指定名称は「旧正宗寺三匝堂」)。

平面六角形の特異な建物である。概ね三層構造といえるが、内部には二重らせん構造の斜路が続き、右回りに上る斜路と左回りに下りる斜路が別々に存在する。入口から斜路を最上階まで上り、他者とすれ違うことなく、別の斜路を降りて出口から出ることができる。

かつてこの地にあった正宗寺の仏堂として、江戸時代後期の寛政8年(1796年)に当時の住職であった郁堂(いくどう)が建立したものである。

当時は阿弥陀如来を本尊とし、斜路には三十三観音像が安置されていたという。

神仏混交の信仰形態をもっていた正宗寺は、明治初期の廃仏毀釈で廃寺となり、以後、栄螺堂は個人の所有となっている。また、堂内にあった三十三観音像は他所へ移され、代わりに「皇朝二十四孝」の額が取りつけられている。

平面は一辺3.4メートルの六角形で、堂内中央部に6本の通し柱を立てる。側柱(建物外周に立つ柱)も6本の通し柱で、中央柱との間には繋梁を渡す。屋根は銅板葺きとし、正面入口には唐破風造の向拝を設ける。最上部の天井は折上げ鏡天井とする。

同名の堂は他所にもあるが、旧正宗寺三匝堂のような特異な内部構造をもった堂は他に知られず、稀有な例として平成7年(1995年)6月27日付けで国の重要文化財に指定された。

なお、二重らせん構造を有する近代以前の建築物としては、世界では他にフランスの世界遺産であるシャンボール城(ロワール地方)内部の、レオナルド・ダ・ヴィンチの設計とも伝えられる二重螺旋階段が知られている。これが蘭書に掲載され、めぐりめぐって会津地方まで伝わったのではないかという説もあるが、物証は無く定かではない。

福島の旅、三日目。

車で案内して貰って、「さざえ堂」という名前、自体初めて聞いた名前でした。Wikipediaにあるように、東北から関東地方に見られた仏堂と言うことで、東海や近畿では見たことない建築様式です。

このさざえ堂は、この会津だけで無く、関東の他の県にも見られるようですが、ここの特徴、行きと帰りのお参りですれ違うことが無いという不思議な建築。昔の日本の職人さん、たいしたものです。

栄螺堂(さざえどう、さざいどう)は、江戸時代後期の東北~関東地方に見られた特異な建築様式の仏堂である。

堂内は螺旋構造の回廊となっており、順路に沿って三十三観音や百観音などが配置され堂内を進むだけで巡礼が叶うような構造となっている。

仏教の礼法である右繞三匝(うにょうさんぞう)に基づいて、右回りに三回匝る(めぐる)ことで参拝できるようになっていることから、本来は三匝堂(さんそうどう)というが、螺旋構造や外観がサザエに似ていることから通称で「栄螺堂」、「サザエ堂」などと呼ばれる。

Photo小高い山の上にあり、すごい階段が目の前にあって、ちょっと、躊躇しましたが、大丈夫、エスカレータ坂道?階段になっていないので、動く歩道が坂になっていると想像して下さい。(笑)どちらにしても、階段は上らなくて良いです。

Img_9689

Img_9691_2

会津若松市内が一望できます。結構、急な階段ですね。修学旅行か、社会見学か、飯盛山で自刃した白虎たいの子供達と同じ年頃の学生さんの姿がありました。


« いつもの野党のパフォーマンス「マスコミを引き連れ加計学園をアポ無し訪問、理事長は不在」 | トップページ | 福島の旅 三日目 日本の近代化の過程での悲劇の舞台 「会津 飯盛山」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いつもの野党のパフォーマンス「マスコミを引き連れ加計学園をアポ無し訪問、理事長は不在」 | トップページ | 福島の旅 三日目 日本の近代化の過程での悲劇の舞台 「会津 飯盛山」 »