2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 報道しない自由  韓国原発事故とその事情 | トップページ | 今夜はストロベリームーン »

2018/06/27

「探査機はやぶさ2」午前9時50分頃到着 民主党に予算を削除された苦難を乗り越えて

朝から、この「探査機はやぶさ2」の記事を書いていたら、午前9時50分頃到着したようです。

着陸したわけで無くて、上空を回っていると言うことですね。

「JAXAによると、はやぶさ2は27日、化学エンジンで最後の10回目の軌道修正を行い、予定通りリュウグウから約20キロの上空に到着。距離も維持できていることが確認された。今後、9月から来年7月にかけて、着陸(タッチダウン)しての試料採取や小型ローバーを投下しての地表観測などを複数回行う予定。」

http://www.sankei.com/life/photos/180627/lif1806270024-p1.html

このリンク先で、産経新聞が作成したはやぶさ2の行程がみえます。分かりやすい図です。

http://fanfun.jaxa.jp/countdown/hayabusa2/
JAXA[はやぶさ2」特設サイト

はやぶさ2、小惑星に到着 秋から本格探査、生命の起源に挑むhttp://www.sankei.com/life/news/180627/lif1806270024-n1.html

小惑星探査機「はやぶさ2」が27日午前、目的地の小惑星「リュウグウ」に到着したと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発表した。地球出発から約3年半に及んだ往路の航行が終わり、秋から本格的な探査を開始。1年半をかけて生命の起源の謎に挑む。

 はやぶさ2は27日午前9時35分、到着に向けてエンジンを逆噴射させる最後の軌道修正を実施。同9時50分ごろ、高度20・7キロの位置でリュウグウと並走する軌道に入ったことを示す信号が地上に届き、分析を経て到着を確認した。機体は正常という。

2018.6.27 11:35 産経Web

きょう小惑星に到着、まもなく最後の逆噴射へ「どんな気持ちか予想できないhttp://www.sankei.com/life/news/180627/lif1806270006-n1.html

約3年半にわたり航行を続けてきた探査機「はやぶさ2」が27日、地球から約2・8億キロ離れた目的地の小惑星「リュウグウ」にいよいよ到着する。管制室がある宇宙航空研究開発機構(JAXA)の相模原キャンパス(相模原市)はその瞬間、喜びと興奮に包まれそうだ。


2018.6.27 05:46 産経Web

小惑星探査機はやぶさ2、軌道修正に成功 拍手に湧く管制室、27日にも到着http://www.sankei.com/life/news/180624/lif1806240026-n1.html

小惑星「リュウグウ」到着が迫った探査機「はやぶさ2」の軌道を修正する作業が24日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の相模原キャンパス(相模原市)で報道陣に公開された。到着に向けた重要なステップで、チームメンバーが作業の成功を確認すると、管制室は喜びに包まれた。

 
2018.6.24 12:59 産経Web

小惑星リュウグウ 素顔は岩だらけ 探査機はやぶさ2の最新画像、JAXAが公開http://www.sankei.com/life/news/180625/lif1806250026-n1.html

 探査機「はやぶさ2」が撮影した目的地の小惑星「リュウグウ」の新たな写真を25日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が公表した。クレーターとみられる赤道付近の大きなくぼ地や、ごつごつとした岩の塊がたくさん散らばっている様子を鮮明に捉えた。

2018.6.25 20:04 産経Web

わたしがこの「はやぶさ2」のことを記事で取り上げたのは、「小惑星探査機はやぶさ2、軌道修正に成功 拍手に湧く管制室、27日にも到着」
この記事をTwitterで見つけたから。

地球から、2.8億キロ離れたはやぶさ2に軌道修正の指示電波を送って、それを成功させるって、すごいですよね。
2.8億キロって、どんなきょりなんだろう。(^0^;)想像できません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
https://ttensan.exblog.jp/26939105/
パチンコ屋の倒産を応援するブログさまから転載

昨日、はやぶさ2が小惑星リュウグウへの到着に必要な 軌道修正に成功したとのことです。

まだまだ気が抜けない状況ではありますが、予算を削減されまくってきた中でなんとか形にしてくれてきたJAXAの皆さん本当にありがとうございます。

事業仕分けではやぶさ2の予算を潰していた民主党政権は、はやぶさが奇跡の帰還を遂げた事で国民から批判が殺到し、しぶしぶ必要予算の1/3だけ予算を付けました。

しかし、これが報じられて少ししてから、野田佳彦は総理として自らJAXAの予算そのものを削減させ、はやぶさ2の予算カットを実行しました。

民潭に飼われてきた野田佳彦の行動は、韓国のそれだと言って間違いありません。

韓国にとって憎い日本が成功することは許されない事です。
自分達ができないのだから日本が成功してはならない。

野田佳彦は韓国の為に動いてきた保守を自称する嘘つきです。

「なんとしても女系天皇にさせる」という事に野田佳彦は最も力を入れています。

野田佳彦という保守を自称する嘘つきの反日野郎の行いは、永遠に語り継いでいくべきだとブログ主は考えています。

ちなみに野田佳彦は総理就任直後の、2011年11月号の月刊誌ボイスに国益を守るだの我が国の宇宙技術の利活用などを主張していました。

国益を損なう行動についてはマスゴミが隠してくれるので、こうした雑誌などでも保守アピールを繰り返すことで
支持を、票を稼ごうという事を20年やってきたので月刊誌ボイスへの投稿に自身が現実にやったこととは真逆の事を書いていた形です。


それ以前も、戦時追軍売春婦問題の欺瞞について、調べて追求していらっしゃった杉田水脈さんですが、自民党衆議院議員として当選されてからの、活躍もめざましい物があります。

https://www.sankei.com/politics/news/180503/plt1805030015-n1.html

科研費めぐり杉田水脈衆院議員らと山口二郎・法政大教授がバトル 6億円近い交付指摘に山口氏「根拠ない言いがかり」「学者の萎縮が狙い」

最近では、日本人の目を覚まさせてくれた問題に、日本学術振興会などが研究者に研究費を補助する科学研究費(科研費)の件があります。

あの下品な法政大学教授山口二郎になんと6億円もの科研費が支払われていました。対して、研究費が足りなくて、マラソンをして資金を集めている山中伸弥教授には、2億5千万円。研究所の助手さん達は、安定しない身分のアルバイトみたいなものです。

山中教授に2億5千万の科研費、山口二郎には6億円 ~ 国費の投入先を見直せ!http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-3071.html

こちらについては、なんら、事業仕分けはしていなかったのでしょうか。

山中教授 研究費が民主党・事業仕分け俎上に載せられていたhttps://www.news-postseven.com/archives/20121015_149192.html
そういえば、この問題も批判を浴びました。

しかし、反日教授たちの科研費はそのままだったのでしょうか。納得いきません。

« 報道しない自由  韓国原発事故とその事情 | トップページ | 今夜はストロベリームーン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 報道しない自由  韓国原発事故とその事情 | トップページ | 今夜はストロベリームーン »