2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 「万引き家族の映画」の家族のなれの果て? | トップページ | G7サミット報道 »

2018/06/10

これからの季節は「はも」

京料理として有名な「はもの湯引き」ですが、スーパーでは、中国産の冷凍物が並んでいるだけで、なかなか食べることが出来ませんでした。

私は、ウナギより、この「はもの湯引き」が大好き。関西以外では、はもの料理が、ウナギのように味を付けたものが出たりするのですが、これはもう「はも料理」ではありません

「はも」はあの淡泊な味が酢味噌と合ってこそ引き立つのです。

昨日、スーパーにこの生の「はも」が骨切りした状態で売っているではありませんか!!o(*^▽^*)o

Img_9888

さっそく、買ってきて、湯引きにしました。梅肉と酢味噌。酢味噌の方が好きなのですが、ちょうど、西京味噌が無くて、赤味噌で酢味噌にしたら、やっぱり、ダメですね。梅肉の方が美味しかった。

Img_9892_3


ウナギ目の他の魚同様、血液に有毒なイクシオトキシンを含むが、加熱によりそれを失活させて食べることができる。

比較的臭みが強い上、ウナギ同様に加熱しない状態では血液に毒性があるため刺身など生では食べられず、必ず加熱処理する。

いま、記事を書くのに調べていたら、血液に毒性!!( ̄。 ̄;)
頭と骨からだしを取って、吸い物にしようと思ったのですが、ちょっと、独特の臭みもあって止めました。でも、やめておいて良かったのかも。

珍しい食材を料理するときは、いろいろ、調べないといけませんね。

はもの湯引き【鱧おとしを作るときの基本方法とポイント】https://oisiiryouri.com/hamo-yubiki-tsukurikata/

こちらの作り方を参考にしました。皮を先に火を通すのがポイントみたいです。

« 「万引き家族の映画」の家族のなれの果て? | トップページ | G7サミット報道 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「万引き家族の映画」の家族のなれの果て? | トップページ | G7サミット報道 »