2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 福島の旅 3日目 会津さざえ堂 | トップページ | 東名高速道路をドライブ中、反対車線で事故 »

2018/06/02

福島の旅 三日目 日本の近代化の過程での悲劇の舞台 「会津 飯盛山」

Photo_3

Img_9686_2白虎隊の霊が眠る飯盛山

しっかり、下調べもしないまま、出かけて、白虎隊十九士の墓を見ないままです。( ̄。 ̄;)

いろいろ、石碑が建っています。

Img_9690

Img_9687_2


この珍しい碑は、藩士の武士道精神にローマから捧げられた碑だそうです。

その太い柱の上では鷹が今にも飛び立とうとしている。

昭和3年、白虎隊の武士道の精神に共感を覚えたローマ市から寄贈された。表面に「文明の母たるローマは、白虎隊勇士の遺烈に、不朽の敬意を捧げんがため古代ローマの権威を表すファシスタ党章の鉞(まさかり)を飾り、永遠偉大の証たる千年の古石柱を贈る」、裏面に「武士道の精神に捧ぐ」と刻まれていた文字は、第二次世界大戦後に連合国軍によって削り取られた。会津と世界のつながりの歴史―。


この飯盛山にリヒャルト・ハイゼと言うドイツ人の墓がありました。今頃、気がついたのです。( ̄。 ̄;)

1902年来日、東京高等商業学校(現・一橋大学)ドイツ語講師のほか、学習院や慶応義塾などで教鞭をとった。

皇族や明治の元勲をはじめ多くの知識人と親交を持つ。日本人と結婚し、’24年帰国。満州事変が勃発し対日批判が起こると論陣を張って日本を弁護した。’40年北京で亡くなったが、遺言により遺骨は福島県会津若松市の飯盛山に埋葬された。著書に「日本人の忠誠心と信仰」がある。


GHQの占領政策に大きな影響を与えた白虎隊讃美のハイゼの遺著https://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/825301a5b5f5e71ce0964ff1a0cc66e2

こちらの方のブログに,もう少し詳しく語られています。

いま、日本が在日外国人と日本人でありながら反日に染まった勢力によって、日本が歪められてきていますが、こうして、江戸末期から明治のはじめ、日本の近代化の夜明けに多くの悲しい犠牲があった事を忘れてはならない。

そして、欧米人が日本の精神性を高く評価してくれていたことも、もっと、広く知られるべきだと思います。

Img_9703

Img_9700


Img_9704

【 飯盛山 戸ノ口堰洞穴】白虎隊士が通った洞穴

これは、猪苗代湖の水を会津地方に引くため掘られた洞穴で、戸ノ口堰洞穴(とのぐちせきどうけつ)という。

猪苗代湖畔・戸ノ口原の戦いで破れた白虎隊士ら二十名は、鶴ヶ城を目指して、この長さ約一五〇メートルの洞穴を潜り、飯盛山の中腹へと敗走した。

主君の御城、鶴ヶ城の安否を確かめんとする一心で、冷たい水が容赦なく流れる洞穴の中を、身を屈め、足を取られながらも、進んでいった。

そうして、飯盛山の中腹に辿り着いた末、彼らは城下の黒煙を目にすることとなる。会津若松の城下町が炎上しているのを見て、鶴ヶ城落城と勘違いし自刃したという悲話が有名。

その無情―、少年たちの無念、思うに余りある。

見ると、結構な水の流れで、しかも狭い。16歳から17歳の少年だからこそ、潜れたのでしょうけど、気力で進んだのでしょうね。実話であるだけに、悲しくてなりません。

この若い命の犠牲を無にしてはならない。私たちはもっと日本と言う国を大切にしていかなくてはいけないと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.hrr.mlit.go.jp/agagawa/agagawa/tokusyu/01/003/kouen2.html

戸ノ口堰用水の歴史と現状

この戸ノ口堰用水も、猪苗代湖の水を会津の地に引いて、開墾をしようと考えたというのです。今のように大型の土木機械があるわけでない時代、すごいことですよね。


« 福島の旅 3日目 会津さざえ堂 | トップページ | 東名高速道路をドライブ中、反対車線で事故 »

コメント

musashiさん

こんにちは

訪れていらっしゃったのですね。(^_^)/

白虎隊の名前と自刃の話しくらいは知っていても、こんな悲しい国を思う子供達のお話があったとは。。。そして、日本人よりも外国の方が、日本人の精神性を評価してくれていたとは、嬉しいことであり、また、現状を情けなく思うものであります。

おはよう。
行かれたんですね、飯盛山think
10数年前に訪れた時
現代にまで引き継がれ
案内してくれた、若い女性の
自決の場でのこみ上がる思い…語り
忘れられないですthink
それにしても、さざ堂
外観も内部も不思議な世界ですhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 福島の旅 3日目 会津さざえ堂 | トップページ | 東名高速道路をドライブ中、反対車線で事故 »