2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 久しぶりにケーキ | トップページ | 「探査機はやぶさ2」午前9時50分頃到着 民主党に予算を削除された苦難を乗り越えて »

2018/06/26

報道しない自由  韓国原発事故とその事情


この韓国原子力発電所での重水漏れ事故、初めて知ったのがこのTwitter上です。その後、日本のメディアは報道していますかねぇ。


韓国原発で重水漏出、29人が放射能に被ばくhttp://japanese.joins.com/article/264/242264.html2018年06月14日11時23分
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版から抜粋 詳しくはリンク先をご覧下さい

11日に慶尚北道慶州(キョンサンブクド・キョンジュ)にある月城(ウォルソン)原子力発電所で発生した冷却材漏出事故に対し原子力安全委員会が13日に現場調査を始めた。

韓国水力原子力によると放射能にさらされた労働者29人の被ばく量は平均0.39ミリシーベルト、最大で2.5ミリシーベルトだった。韓国水力原子力は「年間法的許容値20ミリシーベルトの12.7%水準。病院でがん診断のために撮影するPET-CTを1回撮影する際に受ける放射線量8ミリシーベルトより低い数値」と説明した。作業者は特殊作業服と個人別に放射能数値を確認できる装備を着用しており、個人別の漏出量を測定したという。韓国水力原子力は「人的ミスに対しては徹底した調査を通じて責任を問い再発防止対策を立てる」と明らかにした。今回の事故は月城3号機(加圧重水炉型70万キロワット級)が11日から計画予防整備に向け発電が停止した期間中に発生した。これに先立ち月城3号機では昨年10月にも原子炉と連結されたバルブの故障で重水110キログラムが漏れた事故があった。

 

【緊急拡散】恐ろしい韓国原発事情https://ameblo.jp/nihonkaigi-yachiyo/entry-12386236641.html

韓国の原発事情について、「戦後体制の超克」さまが、詳しく書いていらっしゃいます。
冒頭には、サッカーについて少し述べていらっしゃいますが、その下から、お寒い韓国原発事情が書いてあり、西日本は直影響あり、東日本や北日本だって、影響なしとは言えません。

[原発解体] 韓国は技術・人材とも不毛の地…本格化させるには人材輸入が不可避http://japan.hani.co.kr/arti/politics/19865.html

↑「戦後体制の超克」様の記事を読んで、初めて知ってひっくり返るくらい驚いたこと。これも、中央日報の記事です。

韓国は日本と違い、廃炉の経験がある専門人材、技術、制度整備に関して日が浅い状況だ。 いつかは選択しなければならない廃炉の過程で、少なからぬ試行錯誤が避けられないわけだ。 最近、「脱核エネルギー教授の会」や仏教界が、国内の廃炉関連技術人材養成のための専門大学院設立推進の動きを見せているが、現在、韓国内の原子力工学人材の代表的産室であるソウル大学と漢陽(ハニャン)大学の関連学科には、学部・修士課程を通して原発廃炉のカリキュラムが全くないと言えるほどに、不毛の地に近い。 関連法令も、今年1月に公布された原子力安全法になってようやく解体に関する基本規定が設けられ、施行令が不備なため、発効は今年7月以降となっている。 原子力専門家団体である「原子力安全と未来」のイ・ジョンユン代表は、「韓国の原子炉解体の経験は、実際の原発の数十分の1規模である研究用原子炉の解体程度が全てなので、原発の解体が現実化したら、ドイツなど外国から技術人材を大挙導入する以外に方法がない」と指摘した。
韓国内で2番目に設計寿命が尽きた月城(ウォルソン)1号機の再稼動と関連して、原子力安全委員会が「審査不十分」と「法的要件違反」を主張する一部の委員の反発退場にも拘らず、採決を強行して寿命延長を決定した。 “原発廃炉”の開始は再び延期されたわけだ。 しかし、すでに1回寿命延長を行なった古里(コリ)1号機の寿命満了が2017年にやってくる上に、今年上半期中に寿命再延長申請をするかどうかを決定しなければならないために、老朽原発の安全性をめぐる議論は静まらないものと見られる。

この記事は、2015年のもの。2017年に2回目の寿命がきたこの原発はどうなったのでしょうね。


何より、恐ろしいのは、このニュースが日本では全く報じられてないこと。

日本の反原発団体も、反日マスゴミも何故か韓国の原発事故には何らアクションを起こしていません。 日本の原発事故には大騒ぎしながら、すぐ隣の国の危険な原発事故には沈黙している。


Photo


« 久しぶりにケーキ | トップページ | 「探査機はやぶさ2」午前9時50分頃到着 民主党に予算を削除された苦難を乗り越えて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりにケーキ | トップページ | 「探査機はやぶさ2」午前9時50分頃到着 民主党に予算を削除された苦難を乗り越えて »