2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 磐梯朝日国立公園 「五色沼自然探勝路」 | トップページ | 福島旅行2日目の宿 「休暇村裏磐梯」 »

2018/05/27

高山正之『放言BARリークス』#52

今年になってから、全く、テレビを見なくなりました。以前は、お昼くらいは通常ニュースを見ていたのですが、それも、事実ではないことを上手く挟んで流しているのが分かってきて、まったく、気分悪い。

例えば、昨年、加計学園の認可について、マスメディアがガンガンと責め立てていた頃。(今もですが( ̄。 ̄;)

NHKのお昼のニュースで、「【地元愛媛県の市民?が今治市長を告発】とニュースを読み、今後、検察庁は調べに乗り出すことになります。」と報道してました。

これは、まったく、おかしな印象操作報道で、誰も彼もが何の罪もない人を勝手に告発するたびに、検察庁は捜査するはずがありません。

きちんと聞いていれば、そんなバカな話しが通るわけがないというのは、誰の目にも明らかなのですが、さらっと印象操作の報道をするのが、NHKはじめ各テレビ局です。

いまは、ニュースは朝八時からの「虎ノ門ニュース」と政府や自民党議員やマスコミ関係者のTwitterでニュースを知ることが多いというか、主になってます。特にyoutubeは、色んなチャンネルがあって本当に面白い時代になりました。実際,テレビを見ている時間がない。(^0^;)

最近テレビを見ないと言う人は,増えてますね。視聴率もどんどん下がっている。新聞も勿論なのですが、今までのように広告が取れなくなってきているようです。

放送法の改正と電波オークションの導入とか、色々話題が出ていますが、実際、政府が主導しなくても、テレビや新聞を取り巻く環境というか、それらの利用者が全く違うようになっていくのも時間の問題のように思います。

下に紹介したyoutubeは、最近初めてみた「高山正之『放言BARリークス』」。
面白そうだとは思っていたのですが、とにかく、あれもこれもみてると、ネット漬けになりそうで。。。(^^ゞ


司会は、元産経新聞の記者高山正之さんが、色んなゲストを迎えて、バーでおしゃべりをすると言う設定。昔、やしきたかじんさんとトミース雅さんがMCの、「たかじんのバー」という深夜枠ながら、驚異の視聴率を上げていた番組があるのですが、それとよく似ていますね。

私はアルコールは全くダメなのですが、この番組は、夜、家事を終えて、落ち着いた頃、飲み物とつまみを置きながら,ゆっくり見るのも面白いかなと思えます。

今回の内容は、特に面白かったので紹介しました。「テレビに騙されないぞⅡ」のさくらにゃんさんが書き起こしをしてくれているので、さわりだけでもご覧下さい。

http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/474-fd49.html
【森友土地・アンタッチャブル】これほど情報弱者と(ネットで)分かってる人達との乖離が凄い案件はない(高山・門田・須田) 【放言BARリークス】

この動画のはじめの頃が、今から、43年前に起きた最悪のテロ事件、連続企業爆破事件についてでした。この犯人逮捕のスクープをしたのが、当時産経新聞記者だった高山正之さんだそうです。

Photo_2

この犯人を追い詰める捜査陣の事をドキュメンタリーで書かれたのが門田隆将さん。この本が出版されたとき、安倍総理がfacebookで紹介されました。

私も、このとき、図書館で借りて読んでいます。記事で紹介したように記憶しているのですが、探してもないので、ここでもう一度紹介。

とにかく、息をつかせぬ展開です。


http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-88e6.html

門田隆将氏著書『狼の牙を折れ』にみる「三菱重工爆破事件・昭和天皇暗殺未遂事件」。東アジア反日武装戦線と、マスコミ・大学教授 【そこまで言って委員会NP】

この事件を知らない人も増えているでしょうね。これもさくらにゃんさんが記事にしてくれていたので,紹介します。

« 磐梯朝日国立公園 「五色沼自然探勝路」 | トップページ | 福島旅行2日目の宿 「休暇村裏磐梯」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 磐梯朝日国立公園 「五色沼自然探勝路」 | トップページ | 福島旅行2日目の宿 「休暇村裏磐梯」 »