2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 花壇の模様替え | トップページ | 拉致問題が進展しますように・・・ »

2018/04/28

テレビが見られなくなったわけ 【自衛隊をせせら笑ったTBS膳場貴子アナ総バッシングに遭う】

いま、テレビの視聴率が、とても落ちてますよね。

10%いけば、好調の評価。
まあ、面白くないドラマが多いですから、それも仕方が無いかもしれません。

NHKの大河ドラマも、昔の戦国時代を扱った大河ドラマの時は、合戦シーンもふんだんで迫力もありましたが、最近は、制作費を抑えて、会話の中で合戦があったと言うことにしているらしいです。

高い受信料は、そのまま職員の世間の倍の給与となっているようです。

それはさておき、私は、今年になってから、全く、テレビを見なくなりました。朝と昼のワイドショーだけで無く、通常ニュースも全く見なくなりました。たまに超ローカルニュースは見たりしますが。。。( ̄。 ̄;)

テレビを見なくなったというのは、少し語弊があって、テレビドラマは、オンデマンドとyoutubeでみています。
テレビのソフトが入っているPCにしてよかったです。

昨年からモリカケモリカケと倒閣運動に邁進してきたテレビ局、新聞社、最近、ますます酷くなってきてますよね。

焦点:動き出す放送法改正、政府は公平規制緩和に意欲https://jp.reuters.com/article/japan-broadcasting-idJPKBN1H20C6

[東京 26日 ロイター] - 安倍晋三首相の肝いりである放送規制改革を巡る議論が本格化している。焦点は政治的公平などを定めた放送法4条撤廃の有無。官邸サイドの撤廃方針に対して、放送業界や監督官庁の総務省は、慎重スタンスを崩していない。官邸は通信(インターネット)と放送の融合を進めるにあたり、規制のレベルを比較的自由なネットに合わせたい意向だが、放送関係者からは、放送の信頼性が揺らぎかねないと危惧する声も出ている。


政府の規制改革の一環である放送法改正の議論が巻き起こっているからです。

放送関係者からは、放送の信頼性が揺らぎかねないと危惧する声
これ笑いますよね。今の放送のどこに信頼性がおけるのでしょう。日本でテレビラジオの放送が始まって以来、今ほど、放送への信頼が地に落ちた時期は無いでしょう。

今までは、電波利権にあぐらをかいて、やりたい放題やってきた。報道しない自由、偏向報道の自由を行使してきたことが、いま、ネットによって常に暴かれています。

そしてまた、今日のTBSの報道特臭。

今時中学生でも騙されないですが、このアナウンサーはどんな勉強をしてきて、テレビの前で原稿を読んでいるのでしょうか。明治憲法は欽定憲法と習いましたようね。


あの人気アナ、安住紳一郎がいみじくも、TBSでは、韓国語が出来ないと出世できないと言ったそうですから、どんな連中が原稿を作っているのか、想像はつきますけどね。

自衛隊をせせら笑ったTBS膳場貴子アナの愚
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4821.html

こちらは、「反日勢力を斬る」さまのブログ。

TBSの悪臭漂う報道特臭での膳場貴子アナの様子が解説されてます。
貴子って、名前負けもいいところですね。( ̄。 ̄;)

« 花壇の模様替え | トップページ | 拉致問題が進展しますように・・・ »

コメント

平戸皆空さん

いつも、niftyげーむのほうでは、「ポチ」をありがとうございます。(^_^)
短歌をたしなまれるのですね。

お友達のまふゆさんは、俳句なのですが、日本の素晴らしい伝統文学として、いつまでも大切に残って行ってほしいものです。

世界の国では、憲法は時期に合うように、何度も改正されているのに、日本は押しつけたGHQが改正できないよう、がんじがらめにして行ってしまっているので、大変なのですよね。

でも、いま、改正しないと日本はボロボロにされてしまいます。

自衛隊の日報の問題でも、50年くらいしてから、検証するのならともかく、いま、誰もが見えるようにあきらかにしていては、自衛隊の方々が、どんなに危険かと言うことは、誰の目にも明らかなのですけどね。

そういうことをはじめ、いままで、日本人はあまりにのんきに暮らしてきて、はたと気がついたら、とんでもない状況になっているのです。

安全保障法制から、秘密保護法と、マスゴミはことごとく、政府の邪魔をしてきています。
この間、報道ステーションの放送中に、韓国語か中国語でスタッフが怒鳴り合う声が流れて、ネットが騒然としています。

それくらい、メディアは外国人に蹂躙されてしまってます。

テレビの異常さに気がついて目覚めた人が少しでも増えることを願ってます。

まふゆさん

私も何でも鑑定団くらいはビデオに撮ってみてましたが、最近はそれも見ません(^0^;)

と言うか、ドラマも見るのですが、ネットからなんですよね。
夫がネットが使えると、ケーブルテレビもNHKも解約できるのだけど。

自民党が昨年から国会で憲法論議をやりたいと言っているのに、野党は聞こえないふりをして
もっぱら“モリカケ”議論に明け暮れて年が明け、最近は“セクハラ”騒ぎを持ち出している。
マスコミもこればかり取り上げている。これを済まさなければ政治ができないかの如く‥‥
野党、マスコミよ国民を愚弄し続けるのはいいかげんにしろ!!!! という話ですね。
どこからどう直せばいいんでしょうかね?

私もあまりテレビは見ないので、こちらの記事がとても参考になります。
病気した時から、テレビを見る気にならなくなりました。
なんでも鑑定団、だけ。楽しく見れるのは。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 花壇の模様替え | トップページ | 拉致問題が進展しますように・・・ »