2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 和田政宗 文春を斬る!! | トップページ | 北野天満宮 「梅園」 »

2018/04/05

北野天満宮 

Img_9385


Img_9387


Img_9420


Img_9424


Img_9421


Img_9428


Img_9432


上七軒町を抜けて、北野天満宮へ

北野天満宮は,二回目の参拝。前回も,梅が見頃の時でした。
今回は,色々解説して頂いて、よかった。もっとも、忘れるのも早い。(^^ゞ

一番下の画像、「太閤井戸」ここで太閤秀吉がお茶会を行ったそうです。

「北野大茶会」

北野大茶会(きたのだいさのえ)は、天正15年10月1日(1587年11月1日)に京都北野天満宮境内において関白太政大臣・豊臣秀吉が主催した大規模な茶会のこと。


この年の7月に九州平定を終えた秀吉は、京都の朝廷や民衆に自己の権威を示すために、聚楽第造営と併行して大規模な催事を企てた。同月末より、諸大名・公家や京都・大坂・堺の茶人などに10月上旬に茶会を開く旨の朱印状を出し、続いて7月28日(8月31日)に京都・五条などに以下のような触書を出した。

北野の森において10月1日(11月1日)より10日間、大規模な茶会を開き、秀吉が自らの名物(茶道具)を数寄執心の者(名物マニア)に公開すること。

茶湯執心の者は若党、町人、百姓を問わず、釜1つ、釣瓶1つ、呑物1つ、茶道具が無い物は替わりになる物でもいいので持参して参加すること。

座敷は北野の森の松原に畳2畳分を設置し、服装・履物・席次などは一切問わないものとする。

日本は言うまでもなく、数寄心がけのある者は唐国からでも参加すること。

遠国からの者に配慮して10日まで開催することにしたこと。

こうした配慮にも関わらず参加しない者は、今後茶湯を行ってはならない。

茶湯の心得がある者に対しては場所・出自を問わずに秀吉が目の前で茶を立てること。

また秀吉は博多の豪商神屋宗湛にも参加を促す書状を送った。実務面は前田玄以・宮城頼久らが行い、9月からは会場の工事も行われた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E9%87%8E%E5%A4%A7%E8%8C%B6%E6%B9%AF


« 和田政宗 文春を斬る!! | トップページ | 北野天満宮 「梅園」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 和田政宗 文春を斬る!! | トップページ | 北野天満宮 「梅園」 »