2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 著作権侵害訴訟最終通知書は詐欺 | トップページ | 今年の漢字は「北」 »

2017/12/11

12月の恒例行事

今日は、比較的、暖かい一日でしたね。12月ももう三分の一が過ぎてしまったので、そろそろ、大掃除に取りかかりました。暖かいうちに少しでも済まそうと思いながら、年々歳々、そのスピードは遅くなります。Souji_hataki_hokori

若い頃は、仕事をしながら、大掃除やおせち料理の用意とかやっていたのが、不思議なくらい。(^_^;

お掃除とあわせて、少しずつ、断捨離を実行。50年くらい前に買った、安部公房や遠藤周作の書き下ろしや福永武彦の本がたくさん。当時は、初版本が高く売れるという噂があり、買いそろえていたのです。

ケースに入り綺麗な装丁のまま。捨てるのも惜しいので、東京の古本屋さんに電話して、着払いで引き取ってもらえないかと聞きましたが、「着払いの料金が出ない可能性があって、リスクが大きすぎます。」と断られました。(-゛-メ)

仕方ないので、資源ゴミ。。。

さて、この時期、忠臣蔵のお話が、大昔は映画で、その後はテレビで、いつも流れていましたね。

東映時代劇は、大石内蔵助が片岡知恵蔵、吉良上野介が山形勲、浅野内匠頭と四十七士は、大川橋蔵、中村錦之助、東千代之介・・・

おそらく、ご存じの人は、かなり少数派になってしまっているでしょう。(苦笑)

私も、忠臣蔵の季節だということ、すっかり忘れていましたが、早朝、スマホでネットを見ていたら、「大和心を語るねずさんのひとりごと」の記事に、矢頭右衛門七の物語が載っていましたので、引き込まれて、感激しました。

赤穂浪士外伝 紅扇に乗せた梅の花 矢頭右衛門七http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3601.html

矢頭右衛門七の恋のお話です。矢頭右衛門七は、大石内蔵助の息子、大石主税が16歳ですから、それに次いで、若い17歳でした。両方とも数え年ですから、今だと、15歳と16歳。

この矢頭右衛門七の恋のお話が、赤穂浪士の討ち入りに重要な鍵になるのです。勿論、すべてが史実なのかどうかは分かりませんが、こんなお話も、16歳の若さで自ら切腹をして果てた、美少年には相応しい。

転載は出来ませんので、リンク先をクリックして読んでみてください。ドラマになったら見てみたいような、りりしい若者と楚々とした少女の淡い初恋が展開されています。

« 著作権侵害訴訟最終通知書は詐欺 | トップページ | 今年の漢字は「北」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 著作権侵害訴訟最終通知書は詐欺 | トップページ | 今年の漢字は「北」 »