2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

国歌


ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 恐怖の高速道路逆走!! | トップページ | 年賀状作成 夫の分も。。。(/_・)/ »

2017/12/20

北斎とジャポニスム―HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

NHKEテレで放送している日曜美術館、12月17日放送の回が面白そうだったので、ビデオに撮って今日見てみました。

19世紀後半に日本美術からヒントを得て西洋の芸術家たちが創り上げた新しい創作活動、ジャポニスム。そのジャポニスムを強力に、けん引したのが葛飾北斎。特に『北斎漫画』、『冨嶽三十六景』、『富嶽百景』は、多くの芸術家たちに影響を与えた。番組では、北斎が西洋美術に一体どのような影響を与えたのか、具体的にモネ、ドガ、ガレなどの作品を中心に、北斎作品と対比しながら探っていく。

北斎とジャポニスム―HOKUSAIが西洋に与えた衝撃http://hokusai-japonisme.jp/

国立西洋美術館で、この展覧会が開催されていたのを解説していたのでした。
Photo_12_2

いままで、このモネの「陽を浴びるポプラ並木」は何度か鑑賞してきました。モネ展にはよく展示されるので、なじみのある画です。これが、葛飾北斎《富嶽三十六景 東海道程ヶ谷》をモチーフに描かれたものだったとは、衝撃でした。

B0137932_21394811

他にも、色んな西洋画家が北斎の影響を受けて、模写では無いのだけど、波と岩の違いで、スーラの「尖ったオック岬」の画と北斎の「おしをくりはとうつうせんのづ」と同じ形をしています。

北斎とジャポニズム「みどころ」http://hokusai-japonisme.jp/highlights.html

このリンクを見ると比較された画を見ることが出来ますが、これらを比べてるとほんと面白い。

そして、北斎の衝撃は、画家だけで留まりません。フランスの工芸家エミール・ガレもまた、影響を受けたその一人なのです。

この放送は面白かったです。そして、いま国立西洋美術館で、こんな企画展が開かれていることを初めて知りました。期間は、年明け、1月28日までなので、ちょっと、いけないと思うけど、行けたらいいな。

« 恐怖の高速道路逆走!! | トップページ | 年賀状作成 夫の分も。。。(/_・)/ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 恐怖の高速道路逆走!! | トップページ | 年賀状作成 夫の分も。。。(/_・)/ »