2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 今日のランチ | トップページ | 子供は喜ぶ?「変なホテル」 »

2017/09/06

絶句!!とんでもない判決

http://hosyusokuhou.jp/archives/48800110.html

電車内で乗客女性に無理やりキス、女性の手をつかんで自分の下半身を触らせたブラジル人男性に無罪(求刑・懲役2年)

「外国人は遠回しな拒絶を理解できない」名古屋地裁・田辺三保子裁判官

電車内で乗客女性に無理やりキスをしたなどとして、強制わいせつ罪に問われた名古屋市中区のブラジル人男性(44)に対し、名古屋地裁は5日、無罪(求刑・懲役2年)を言い渡した。

田辺三保子裁判官は「自分の行為が相手に受け入れられていると誤解しており、強制わいせつの故意はなかった」と述べた。

判決によると、男性は昨年6月26日、名鉄線の知多半田駅(愛知県半田市)から金山駅(名古屋市熱田区)までを走行中の電車内で、面識のない乗客女性(当時23歳)の隣に座って話しかけ、携帯電話の番号を交換。さらに「飲みに行こう」などと言って女性に複数回キスをし、女性の手をつかんで自分の下半身を触らせた。

男性は今年3月に逮捕、4月に起訴され、裁判では「同意があった」と主張していた。

田辺裁判官は判決理由で「すぐ近くにはほかの乗客もおり、被告は女性に自分の名前も名乗っていた」とし、「隙を見て体を触る痴漢などの行為とは違い、被告は女性の同意があったと考えていたと認められる」と結論づけた。

また、女性の対応について「羞恥心などから、はっきり断れなかったことは不自然ではない」と言及。そのうえで、同意があったと男性が誤解したのは、女性が明確な抵抗を示しておらず、外国人の被告が遠回しな態度を理解できなかったためだと述べた。

名古屋地検は「判決内容を検討し、上級庁とも協議の上で適切に対応したい」とコメントした。

http://sp.yomiuri.co.jp/national/20170906-OYT1T50021.html

痴漢と言われて、(事実か、えん罪かはわかりません)線路に逃げて、はねられなくなっている日本人の男性がいます。痴漢の濡れ衣を着せられ、職場を追われた人もいます。日本人男性は、痴漢えん罪に過敏になるくらい警戒しています。

ところが、外国人には、この優しい判決。どういうことなのでしょう。

検察には、当然、控訴して欲しいと思います。この被害者の女性の気持ちを全く考えない、屈辱的な判決です。この判決を出した女性裁判官を「精神的苦痛を与えた」ということで、民事の裁判を起こすことは出来ないのでしょうか。

女性の裁判官だからこそ、もっと、女性の気持ちに寄り添った判決を出して欲しいですね。

こんな風な判決が出ることで、日本人の外国人差別、外国人を拒絶する意識を高めることになると思います。


Chikan_hannin


« 今日のランチ | トップページ | 子供は喜ぶ?「変なホテル」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日のランチ | トップページ | 子供は喜ぶ?「変なホテル」 »