2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 床紅葉の「岩倉 実相院」 | トップページ | 洛北の名刹「曼殊院門跡」 »

2017/07/07

【虎ノ門ニュ-ス】安倍辞めろコールは『本来一般人は入れないはずの場所から起こった』

【安倍やめろコール】小川榮太郎氏「どうテレビが報じたか報道の問題。ここまで来ると完全な犯罪組織」 【虎ノ門ニュース】
http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-9b96.html

京都旅行の紹介に戻ろうとしたのですが、衝撃的な事実が、さくらにゃんさんの【テレビにだまされないぞぉⅡ】で解説されていたので紹介します。


虎ノ門ニュースの前半は、東京都議会選挙についてです。
ご覧頂きたいのは、後半部分の「小川さんに聞きたいQ&榮太郎」コーナー。

1時間10分あたりからです。赤い線を動かして下さい。


Hozonn


『安倍やめろコール』が起こったのはマスコミ席の真横。

あの部分というのはそもそも一般の演説を聞きに来る人は本来入れない(そうなんですよねー:有本) 
あそこは空白なんだよ、普段。普段空いてるわけ。

その空いてる場所になんでその活動家が入り込めているのか(安倍さん応援の人は入れない話)。

目の前であのコールをやるので、多分、演台にいた人達は自分の声か聞こえなかったレベルだと思う。
前の方で演説を聞きに行った私の知人が、とにかく総理が何言ってるか全く聞こえなかったと言っていた。

つまり、これ国民の声かという話。これは選挙妨害だし、状況を私もこれから調べますよ。

しかも籠池さんなんか出てきて、旦那さんはそこで100万円札を持ってね、この人は100万円オジサンですか?(笑) アベって名前がつく所に行って『安倍さん!100万円!』って言うのが彼の職業になっちゃったの!?ほんとに(笑)

そういう人間が、なんで大阪府から都議選の最終日に来て、それをカメラが映してって・・

彼を誰が連れてきたのか!?ですよ。彼が誰と一緒に来たんですか!?

こrれはTBSの関係者じゃないかという情報がネットで流れてるが、私はそれは調べてみるし、関係してると言われる人にこれから取材を申し込むつもり。

あまりにも露骨な一種の倒閣運動に、もしかすると大手テレビ局が関係した可能性がある。

単に画面の印象操作というような問題ではなく、選挙の応援演説の現場で関わっているとしたら、これはもはやどういう意味でも許認可事業の一般的な報道機関とは言えないね、そこまで行ってるとしたら。(やるんだね、そこまで:有本)

東京都議会選挙の演説会場に、大阪府の籠池夫妻が現れて、しかも、いわゆる「しばき隊」の連中のなかで、「安倍辞めろ!」コールは異常ですよね。

誰が、彼らをここまで連れてきたか。。。多くの人の想像通りなのですけど。

TBS成田事件というのがあります。https://ja.wikipedia.org/wiki/TBS%E6%88%90%E7%94%B0%E4%BA%8B%E4%BB%B6

「TBS の報道は実は過去、大きな過ちをたびたび犯してきた。その一つは成田闘争の折に起きた。 TBS は、左翼テロ組織のために警察の検問を受けない報道車両に武器」を載せて運び込もうとした。」

TBS成田事件(ティービーエスなりたじけん)とは、1968年3月10日に、成田空港建設反対集会取材のさなかTBSのドキュメンタリー製作スタッフのマイクロバスにプラカードを所持した集会参加者の三里塚芝山連合空港反対同盟の農婦7人と3人のヘルメットを着けた若い男性を乗せた事が発覚し、政府・自民党から非難・抗議を受け、計8人が処分を受けた事件である。

後のTBS闘争の原因の一つとなった。単にTBS事件、成田事件、(成田)プラカード事件、成田報道事件とも言われる。


1960年代から、すでに、TBSはこんなことをしていたのです。

本来なら、停波にしていれば良かったはず.。そうすれば、今のような傲慢な偏向報道を繰り返し、自分たちが権力者だと言わんばかりのテレビ局が林立することは無かったはず。

何はともあれ、小川栄太郎さんの真相究明を期待したいと思います。

« 床紅葉の「岩倉 実相院」 | トップページ | 洛北の名刹「曼殊院門跡」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 床紅葉の「岩倉 実相院」 | トップページ | 洛北の名刹「曼殊院門跡」 »