2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 人権のない危険な中国 | トップページ | 反日極左集団に秘密を漏らしたのはだれだ? »

2017/06/07

テロを企て実行する卑劣犯を許せない 『願』テロ等準備罪の早期成立

半世紀近く逃亡、完全黙秘 人定作業難航の末に特定 渋谷暴動の大坂容疑者再逮捕http://www.sankei.com/west/news/170607/wst1706070038-n1.html

産経WEST(2017.6.7 11:46)より

渋谷暴動事件(昭和46年)をめぐり警視庁に指名手配され、半世紀近くにわたって逃亡を続けていた過激派「中核派」の大坂正明容疑者(67)が7日、殺人容疑などで警視庁に逮捕された。公務執行妨害容疑で大阪府警に逮捕されてからの20日間、「完全黙秘」を貫いた大坂容疑者。半世紀近く前の事件で十分な資料もなく人定作業は難航したが、府警は慎重に客観証拠を積み上げ、男が大坂容疑者だと特定した。
                      
                 『中略』

大坂容疑者は7日午後に東京へ移送される予定で、留置先の府警大淀署(大阪市北区)には午前中から報道陣約50人が集結。周辺では、支援者の車が走りながらスピーカーで抗議するなど、物々しい雰囲気に包まれた。

46年前の渋谷暴動事件の被害者で殉職した中村恒雄巡査の最期が酷すぎる…【大坂正明容疑者逮捕】http://ma
tomame.jp/user/marifx1800/17231998021e0f78ede7

46年前というと、1971年。日本では、極左の学生運動が激しく、翌、1972年に浅間山荘事件が起こり、その捜査の過程で、山岳ベース事件という内ゲバ事件も起こしていたのを大きく新聞で報道されました。

しかし、この渋谷暴動事件は、私は知らなかった。あまり大きく報道されなかったのかも。

この中村恒雄巡査の最後は、あまりに惨く、かわいそうすぎて、肉親の方には耐えられない事実だったでしょう。

46年もの間逃亡できたと言うことは、この大西正明容疑者を匿い、生活の手助けをしていたものがいるのでしょうね。当然犯人蔵匿、隠避の罪は問われます。中核派の組織の解明が進むといいのですが。。。

たまたま、面白いニュースがもう一つありました。

http://hosyusokuhou.jp/archives/48794301.html

沖縄で、辺野古基地の妨害をしていたプロ市民の郵便預金口座が、「法令や公序良俗に反する行為に利用され又はそのおそれがあると認められる」 ということで、凍結されました。

これは、Twitterで、経済評論家の渡辺哲也氏が指摘していたこと。

   

渡邉哲也?認証済みアカウント @daitojimari
    銀行口座は 申請した目的(生活費などの決済用など)以外の使用はできません。
   募金やカンパを求める場合、専用口座が必要で申請をして認められないと利用できない。
   また、不特定多数に利用させることもできない。

   見かけたら、http://www.fsa.go.jp/receipt/soudansitu/index.html … まで

  

渡邉哲也?認証済みアカウント @daitojimari
  はい、政治団体の届け出をせず政治活動を行う事も違法
  そして、任意団体が政治資金を集めることも違法
  RT @takz999: @daitojimari となると、カンパを募るための口座は目的外になるのですか?
  結構左のほうの方は普通にやってますよね。

昨年解散したSEALDsも、目的外使用の口座を作っていましたね。政治団体の届け出をせず、政治資金を集めていた。

昨年成立した「犯罪による収益の移転防止に関する法律」。これの厳格運用らしいそうです。これから、いくつかの団体の口座の封鎖が行われることになるでしょう。

とにかく、北朝鮮に流れる資金や沖縄で活動している外国人の締め付けのためにも、この怪しい資金の流れを断つことが必要なのです。

日本にはテロはないと言われます。忘れやすい日本人ですが、過去にはこんな悲惨なテロが起こっています。この後、連続企業爆破事件、そして、オウムの松本、地下鉄の両サリン事件。

テロを企てる危険な連中は、今も、公然と一般市民の中に紛れ、虎視眈々と機会をうかがっているのです。

« 人権のない危険な中国 | トップページ | 反日極左集団に秘密を漏らしたのはだれだ? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人権のない危険な中国 | トップページ | 反日極左集団に秘密を漏らしたのはだれだ? »