2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« ツナとトマトの冷製パスタ | トップページ | 『月刊Hanada8月号』を買いました。 »

2017/06/29

虎ノ門ニュース「前川喜平の闇の闇」

アノニマスポストニュースとネットの反応http://anonymous-post.com/archives/8485

青山氏「前川喜平が通った歌舞伎町ラブオンザビーチは暴力団経営。 管理売春だと警視庁が考えたのはシステムが店外で5千円、暴力団直営ラブホなら3万円。

そこに前川次官と、前の事務次官が通っていた。これのどこが女性の貧困調査なのか?」

(虎ノ門ニュースは長いので、前川助平と文科省のドロドロについては、49分06秒あたりからです。)

前文部省事務次官の前川助平をテレビの情報番組や報道番組まで、一様に正義の告発者として、もちあげていますが、この青山繁晴参議院議員の話の内容には、とんでもないことがあきらかにされています。

元三重県知事の北川正恭や民主党時代の元総務大臣片山善博までが、前川助平を擁護しているので、呆れてものが言えない状態です。なにが、若い女性の貧困調査だ。視聴者を馬鹿にするにもほどがある。テレビは、これで、だませると思っているのでしょうか。

読売新聞がこの前川助平の出会い系バー通いを記事にしたら、官邸のリークだと怒ってましたが、官邸がリークしなくても、警視庁生活安全課が、一年半以上内偵していて、そこに頻繁に通う男が、霞ヶ関にいると言うことで、驚いて官邸に報告し、そこで、注意を受けたのに、まだ止めてなかったのですよ。

この青山さんの話を聞いていると、怒髪天を抜くくらい憤りを感じます。
しかし、文科省というより、旧文部省の闇は相当深いです。


この前川助平には、奥さんもいるし、息子も二人いる。しかもひとりは霞ヶ関だとか。普通の親なら、そんな子供に迷惑がかかるようなことしませんけどね。

また、逆に息子も何故止めないのでしょうか。自分の将来を閉ざすようなことをしないでくれと親父を軟禁くらいしてもいいと思うんですけどね。(>_<)

« ツナとトマトの冷製パスタ | トップページ | 『月刊Hanada8月号』を買いました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ツナとトマトの冷製パスタ | トップページ | 『月刊Hanada8月号』を買いました。 »