2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 隠れた桜の名所 「高桑桜」 | トップページ | 2017年 藤が丘公園の桜 »

2017/04/07

テレビ局の偏向報道のための都合のよい編集操作の見本

連日、国会を賑わす「森友学園」問題。

3月28日に放送されたフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」では、総理夫人である安倍昭恵氏と、学園の籠池理事長の妻・諄子氏とのメールに登場する人物として、文芸評論家・小川榮太郎の独占インタビューを放送した。


以下の引用文は、小川栄太郎氏のfacebook

テレビ報道のモラルハザードが酷すぎる。

最近の森友学園報道では、幼稚園の保護者説明会に極左活動家が父兄と偽って潜入して収録した違法な音声を元に森友学園が「異常」だというテレビ報道がミスターサンデーを皮切りになされた。

テレビ局ならば犯罪を犯して取材しても許されるのか。

一つの幼稚園を保守的な教育方針故に風評被害で倒産に追ひ込まうとするメディアレイプである事は明白だ。私立幼稚園の存廃は、違法でない限り、保護者の判断に任せればよく、テレビが暴力的な意図で風評を煽る事が許されていいはずがない。

視聴者の会では法的な問題点の検討に入つた。

一方、一連の小池劇場は、デモクラシーの根底的な破壊である。特定の政治家の完全な広報機関に半年、殆どの局のワイドショーが化してゐるといふのは、小泉劇場や橋下劇場とも比較にならない。女性政治家、地方政治といふ事でごまかされてゐるが、北朝鮮並である。

視聴者の会の活動を改めてグレードアップしないとならないやうだ。
従来、違法性の監視によつて、あくまで放送局自らが自律的に放送法4条を遵守するやう求めてゐたが、ここまで無法な振舞が続くと、電波停止への規制強化が必要となるのか。日本のデモクラシーや自由を自分で壊す馬鹿者たち。本当に情けない。


国会では、ようやく、テロ準備罪法案の審議に入ったようです。この二ヶ月にも及んだ森友学園問題の騒動のせいで、1月から始まった国会で、成立したのは、予算だけ。重要法案を含む60の法案が放置されたままです。

このテロ準備罪法案は、どうしても、成立させないと、世界中から日本は冷笑されます。

共謀罪に反対する危険な人達http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2017/02/http.html
このひとたちは、この二ヶ月テロ準備罪法案の妨害のため、ひたすら何の罪もない昭恵夫人をさらし者にしてきました。テレビ局もいかにも、昭恵夫人が森友学園に便宜を図ったかのようなニュアンスで報道を垂れ流してきました。

昭恵夫人が人がいいところにつけ込んで、森友学園長夫人が手紙を出し、メールのやりとりもしていたことを公開されて、その両方が公開されています。

読んだところ、二人が親しいと言うよりは、森友学園の諄子氏が一方的な粘着メールを送っていたと思える内容です。

普通の人なら、こんな相手には、危険なものを感じ、相手にならないのですけどね・・・

この昭恵夫人と籠池諄子氏のメールのやりとりの中に、「放送法遵守を求める視聴者の会」メンバーである小川栄太郎氏の名前がありました。初めの方に揚げたfacebookを昭恵夫人がみて、籠池諄子氏に小川栄太郎氏に相談するよう助言したそうです。

名前が載っているメールをみて、フジテレビ「直撃LIVEグッディ!」は、小川栄太郎氏にインタビューを申し込みました。
小川栄太郎氏は、インタビュー内容を都合よく切り取らないこと、必ず、この部分は入れることと、いくつかの注文をつけそれを守るという番組の答えで、インタビューに応じられました。

しかし、それは、守られることはなく、小川栄太郎氏のインタビューの偏向報道に都合のいい部分だけを切り取り、番組の権威付けに利用したわけです。

この動画は、12分ぐらいの簡潔にまとめられているもので、下手なドラマよりよほど面白い。放送された番組と実際のインタビュー、何処をどのように使ったかがよく分かります。

こんな風に、偏向報道がまとめられていくのだなと、一つ勉強になります。(^0^;)

« 隠れた桜の名所 「高桑桜」 | トップページ | 2017年 藤が丘公園の桜 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 隠れた桜の名所 「高桑桜」 | トップページ | 2017年 藤が丘公園の桜 »