2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 淀川河川公園背割堤の桜 | トップページ | 【テロ等準備罪】ゴミの民進党「求めていないのに刑事局長を呼ぶなんて前代未聞!止めろ!」 »

2017/04/19

流れ橋「上津屋橋(こうづやばし)」

Imgp8170


Imgp8171_2

大阪と京都を結ぶ京阪本線の八幡駅前に、八幡市の観光案内所があって、そこの前に掲げてある看板の下の方に、この流れ橋「上津屋橋(こうづやばし)」を見つけたときは、嬉しかった!!

木製のこの橋は、よく、時代劇にも登場します。時代劇の撮影所がある京都太秦に比較的近いからでしょうね。

木製の橋と言うと、大井川にかかる「逢来橋」が思い出されます。

大井川にかかる 「蓬莱橋」http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2015/08/post-d1eb.html

蓬莱橋は、コンクリートで補強され、流れ橋ではないのですね。

こちらは、本当に川が増水すると橋桁が流される構造を持つ流れ橋です。二枚目の画像をクリックしていただくと、おおきくなりますので、看板の説明が読めます。

2011年から4年連続して、流れて、復旧のために数千万円単位の修繕費が発生するそうで、木津川に府民の税金を流しているようなものだという批判が起きたそうです。(^_^;

橋が流れること自体が観光の大きな要素となっているのと、掛け替えには多額の建設費が必要となるため、かさ上げで対応することになったようです。

この橋のたもとに宇治茶の茶畑が広がってます。この日は霜よけで、黒い紗がかけられていたので、画にならなかった。


« 淀川河川公園背割堤の桜 | トップページ | 【テロ等準備罪】ゴミの民進党「求めていないのに刑事局長を呼ぶなんて前代未聞!止めろ!」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 淀川河川公園背割堤の桜 | トップページ | 【テロ等準備罪】ゴミの民進党「求めていないのに刑事局長を呼ぶなんて前代未聞!止めろ!」 »