2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 高桑の「星さくら」 | トップページ | 京都市街一望 「石清水八幡宮」展望台 »

2017/04/16

弾道ミサイルが飛来した際の速報態勢、身の守り方

この報道特注。怖いですけど、テレビの情報番組などより、ずーときちんと日本が置かれている現状を山口さんが解説しています。

是非、見ておいてください。


北朝鮮情勢の緊迫化で国民保護サイトが過去最高アクセス 有事の避難・救援は訓練なし
http://www.sankei.com/politics/news/170416/plt1704160005-n1.html

内閣官房がインターネット上で開設している「国民保護ポータルサイト」へのアクセス数が、3月に過去最高の約45万件に上ったことが15日、分かった。北朝鮮をめぐる情勢が緊迫する中、有事における国民の避難・救援の在り方を定めた「国民保護」への関心の高まりを示した形だ。

 同サイトでは国民保護の仕組みや、弾道ミサイルが飛来した際の速報態勢、身の守り方といった情報を掲載している。これまでの最多アクセス数は約37万件だった。担当者は「朝鮮半島情勢をきっかけに関心が高まっている」と話す。


                            産経ニュースより 


【北朝鮮のミサイル攻撃に備えて】
(※警告!拡散してください)

◎1週間分の水をペットボトルなどで確保しておく。

◎お風呂の水は捨てずに湯船に張っておく。(サリンは水で無毒化するので何かを浴びたら水に入る)

◎Jアラートが鳴った時に室内にいたら、窓をきっちり閉める。

◎Jアラートが鳴った時に屋外にいたら、建物【できれば地下】に入る。


昨日、4月15日は、日本中が一日緊張感でいっぱいでしたが、とりあえずは、何もなかったですね。

でも、今日は、また、朝から北朝鮮が日本海に向けてミサイルを放ちました。これは、失敗して、発射後すぐに爆発したようです。

K10010950171_1704160801_1704160803_

韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が16日朝、東部のハムギョン(咸鏡)南道シンポ(新浦)付近から、何らかのミサイルの発射を試みたものの、失敗したと見られると発表しました。韓国軍はアメリカ軍とともに、詳しい情報の収集を急いでいます。

北朝鮮は、今月5日、同じシンポ付近から日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射し、アメリカ国防総省は、発射されたのは、射程が1000キロの中距離弾道ミサイル「スカッドER」だったと見られ、発射後まもなく制御不能に陥って、発射に失敗した可能性が高いとしていました。

北朝鮮は、アメリカ軍と韓国軍が先月1日から行っている合同軍事演習に強く反発していました。また、北朝鮮では、15日、キム委員長の祖父、キム・イルソン(金日成)主席の生誕105年だったほか、25日には朝鮮人民軍の創設85年と、記念日が相次ぐため、国威発揚などを目的に、新たな挑発に踏み切るおそれがあるとして、米韓両軍が警戒と監視を強化していました。

和田政宗さんが、以下のようにおっしゃっています。

北朝鮮東海岸からのミサイルは一層の警戒必要

北朝鮮は自信のあるミサイルは西海岸から、自信のないミサイルは東海岸から撃つ。

失敗しそうなものを西から撃てば、自らの領土に落ちる。

東から撃つものは精度が荒い可能性がありより一層の警戒が必要。
ミサイル発射では一回ごとに段階を進めており、一線を越えようという段階に。

どんな時も国民を守る防衛力の充実が必要だ。

もう、ここまで北朝鮮のミサイル技術を進ませてしまった今となっては、どうすることも出来ないでしょう。。。しかし、食糧危機で、国連に食料を援助まで要請していた北朝鮮に、これだけの兵器を開発する資金が潤沢にあるのが不思議ですよね。

小泉純一郎が北朝鮮と交わした密約とはhttp://yamikabu.blog136.fc2.com/blog-entry-1067.html

さて小泉純一郎とは2001年4月から2006年9月まで5年半の長きにわたり首相を務めました。その間に全く意味のない「痛みを伴う改革」で日本経済をどん底に突き落とし、また国民の財産である郵貯・簡保資金を米国に差し出すための「郵政民営化」を、衆議院を解散してまで強行してしまった近年最悪の首相ですが、なぜかいまだに人気があります。

メディアに飾られた偽りの姿が、ネットによって、化けの皮が剥がされつつあるのが、小泉純一郎元総理です。
いまは、保守層からは、猛批判を食らっています。そもそも、メディアが持ち上げる政治家は、日本にとっては、不幸な存在だと言うことは、民主党政権ではっきりしましたよね。

2つ目の密約はもっと凄くて、それでもって北朝鮮系信用組合の破綻処理に1兆円をこえる公的資金を投入させたことです。そもそも北朝鮮系の信用組合は、その預金の「かなりの部分」を北朝鮮・金王朝への不正送金あるいは日本での非合法活動資金に充てていました。

 その原資は北朝鮮系のパチンコ経営者などの預金ですが、その当然に毀損している預金を「日本の公的資金で全額保護してしまった」のです。投入された公的資金の総計は1兆3600億円ですが、そのうちの1兆500億円は小泉純一郎の時代に投入されています。

小泉純一郎が行った最悪の反日行為が、この北朝鮮系信用組合への1兆円の公的資金投入です。
この資金をパチンコ経営者が北朝鮮に送金し、日本に向けたミサイルの資金となっているわけです。

各地にある朝鮮学校への、地方公共団体の補助金も、みな回収されて、北朝鮮に送金されているのです。文科省は、補助金をやめるよう指導し、一部では停止しているところもありますが、相変わらず、国民の納めた税金を朝鮮学校への補助金として、支出している地方公共団体があることは、本当に許せません。

« 高桑の「星さくら」 | トップページ | 京都市街一望 「石清水八幡宮」展望台 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高桑の「星さくら」 | トップページ | 京都市街一望 「石清水八幡宮」展望台 »