2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 早朝に 「石清水八幡宮」  | トップページ | 高桑の「星さくら」 »

2017/04/14

静寂のはちまんさん

Imgp8063_2

石清水八幡宮

左の画像は、麓の男山ケーブル駅。桜が散り始めで、絨毯に。(^_^)
早朝なので、参拝の人も少ないです。

ケーブルは、5分ぐらいで山頂に着きますが、途中、遠く京都市街まで見ることが出来ます。この日は、天気がいまいちだったので、見晴らしが悪い。(´д`)

Imgp8069


仕事始め?に国歌を流されて、国旗が掲揚されました。厳かな雰囲気のすてきなおみやさんでした。
画像に写っている巫女さんは、私たちが乗ってきたケーブルと同じに乗っていらっしゃいました。(^_^)/

ご本殿の二棟は現存する中で最古にて最大の八幡造。

こんな美しい建物が古代に作られたのですね。

現社殿は、天正八年(1580年)織田信長により、社殿修復。同17年(1589年)豊臣秀吉が回廊再建。慶長11年(1606年)豊臣秀頼の社殿再建を経て、寛永11年(1634年)徳川家光により社殿が造営。


ご本殿は修繕が終わって、美しいですが、南総門(画像5枚目6枚目)は、大分傷みが目立ちます。いま修理が行われているそうですが、日本中にはこういった歴史的建造物が数多く存在します。これらを後世に残していくことは大変なことですね。

Imgp8073


Imgp8080


Imgp8084


Imgp8087


Imgp8092


Imgp8098


Imgp8099


Imgp8104

日本中のあちこちの神社仏閣が放火され、消失していることを書きましたが、今度は、大事な有名寺院神社を毀損して回っている一味がいるようです。

寺社連続油被害事件https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BA%E7%A4%BE%E9%80%A3%E7%B6%9A%E6%B2%B9%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

増上寺と明治神宮に油をまき逃走した朝鮮族の中国人女二人

 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170413/k10010947441000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

東京の明治神宮の鳥居などで油のような液体が
まかれた事件で、防犯カメラの映像から、
すでに出国した中国人の女2人が事件に関わった
として、警視庁は建造物損壊などの疑いで
全国に指名手配しました。
京都や沖縄などでも同様の被害が確認されているため、
各地の警察が関連を捜査することにしています。


指名手配されたのは、いずれも中国人で、
朴今玉容疑者(49)と、朴善愛容疑者(49)
2人です。

警視庁の調べによりますと、2人は、
今月3日の午前、東京の明治神宮の境内にある
南神門や大鳥居など4か所で、15回にわたって
油のような液体をかけたとして、
建造物損壊と器物損壊の疑いが持たれています。

警視庁が付近の防犯カメラの映像を解析したところ、
2人が液体をかける様子が写っていたことから、
逮捕状を取ったということです。

これまでの調べで、
2人は先月27日に日本に入国し、
今月1日から都内に滞在したあと、4日の未明に
羽田空港から出国していたと見られ、
警視庁は再び入国する可能性もあるとして、
全国に指名手配したということです。

この前にこう言う事件がありました。

http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-1e28.html

この事件の主犯は、韓国系の帰化人。帰化しているため一応日本のパスポートを持っているのですが、パスポート返納命令が出ているので、不法滞在になっているはずです。どうして、逮捕送還をアメリカに要請しないのか、憤りを感じます。日本の大事な文化遺産を毀損するのは重大犯罪。厳しく罰して欲しい。そうすることが、犯罪を防ぐ方法でしか無いと思います。


« 早朝に 「石清水八幡宮」  | トップページ | 高桑の「星さくら」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 早朝に 「石清水八幡宮」  | トップページ | 高桑の「星さくら」 »