2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 里芋が美味しい | トップページ | デジタル一眼レフカメラ・スキルアップセミーナーに参加 »

2017/02/11

建国記念の日

今日は、建国記念の日。Hata_kokki_flag_japan

日本は、世界最古の国として、ギネスに認定されています。

ご存知でしたか?私は、最近になって知りました。
懐かしいですね、この表。高校の世界史の教科書にありましたね。(^^♪

Blog

アメリカ合衆国のCIA公式サイトでも掲載されています。

https://matome.naver.jp/odai/2135230190616948301/2135230519917359703

Japan May 1947 (current constitution adopted as amendment to Meiji Constitution); notable earlier dates: 660 B.C. (traditional date of the founding of the nation by Emperor JIMMU); 29 November 1890 (Meiji Constitution provides for constitutional monarchy)

1947年5月(明治憲法の改正により採用される現在の憲法)

顕著な初期の日付: 紀元前660年 (神武天皇によって国を起こしたする伝統的な日付);
1890年11月29日(明治憲法が制定され立憲君主制度)

【※翻訳サイトの直訳です。(^^;)】

日本は4世紀から、君主制を貫いてきて、今日に至ります。

ちなみに、1974年までの世界最古の国はエチオピアだったのですが、1974年エチオピアの皇室が、革命により滅ぼされてしまったため、日本が最古となりました。

最近テレビの討論番組などでおなじみの竹田恒泰氏の著書からの抜粋がネット上にありましたので、リンクを貼ります。(この著書を抜粋してネット上に掲載する行為は、著作権から見るとよくないと思いますが、これによって、この著作を読んでみようという気になりまりましたので、触りの部分を紹介するのも。。。(^^;)

 「日本人はなぜ日本のことを知らないのか」http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-55b5.html

Blog2


竹田恒泰氏がこの著作で書いていらっしゃいます。

 

日本が最古の国であることを知った時、私は心から感動し「日本はすごい国なんだ」と思った。これほど日本人に誇りを持たせる重要な歴史を教えないとは、不自然極まりない。日本国民の意識から「建国」が完全に抜け落ちてしまった結果、現代日本人は建国精神を忘れ、民族の誇りを忘れ、日本人の気質を失ってしまったように思える。

 そして、その結果、現在の日本は、建国記念の日に建国を祝う国民がほとんどいないいないという、世界的に見て、極めて異常な状況にある。日本国の存在するありがたさを、日本人は実感していない。これは国家・民族の危機であろう。戦後教育の誤りは、国を滅亡させる力をも発揮しうるのである。

日本人はなぜ日本のことを知らないのか-PHP新書-竹田-恒泰

このAmazonnのbookレビューをみると、目次と最初のページが読めます。私は、子供の頃から、歴史が好きだったので、このレビューを読んで興味をひかれました。近いうちに、この本を買った来ようと思ってます。(^^♪

この君主制となって、国の形が整えられたと認定されているのは、4世紀からですが、紀元前から日本は日本として存在していたわけです。

これは、平成28年10月18日の記事どこから来たの?日本人 〜文明のあけぼの〜【CGS 日本の歴史 1-1】

このyoutubeをみると、日本人の先祖がずーと昔から、この地で文明を築いてきたんだということが分かります。


103


いま、多文化共生という言葉を耳にしたことありませんか?私が行く図書館には、外国人の人権外国人の人権外国人のとやけに声高に書いているコーナーがあって、そこには多文化共生の文字もみられます。

しかし、日本の子供たちは、まず、自分の国についてよく学ぶことが必要なのではないでしょうか。日本には、古代から脈々と受け継がれてきた素晴らしい歴史的伝統や文化があります。それを最近捨て去れみたいな風潮が、マスメディアを通じて、押し付けられて来ている気がします。

ネットで検索してみたら、こんな駄文を外国人(中共系?)の大学教授が、読売新聞に寄稿しています。

http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/opinion/international_150615.html>

↓この駄文の最後のまとめのところ。

多文化主義的な諸個人がともに平和に暮らしてゆける社会を目指す日本にとって重要なことは、「国の文化」とか「ナショナル・アイデンティティ」といった堅苦しい観念をさっぱり捨て去ることだ。日本はすでに、多文化的諸個人によって構成される多文化社会なのだ──とはっきり認識すべき時が来ている。子どもが産まれたときからすぐに、家庭や学校でこのような教育を開始すべきだ。
オイオイ!!日本の大事な文化や何より、アイディンティティを捨て去れと言っています。

この文化やアイディンティティは、日本人だけでなく、どの国の人の誰もが持ち合わせているもの。まずは、自分の国を知りそれを大切にしてから、他国の文化も尊重し、違いを分かりあうことこそ、真の協調になるのだと思うのですけどね。

« 里芋が美味しい | トップページ | デジタル一眼レフカメラ・スキルアップセミーナーに参加 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 里芋が美味しい | トップページ | デジタル一眼レフカメラ・スキルアップセミーナーに参加 »