2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« デジタル一眼レフカメラ・スキルアップセミーナーに参加してみる | トップページ | 木曽川の白鳥 2017 »

2017/02/04

今日は立春

今日は立春。Imgp8006_2


『春が始まった第1日目』
立夏までを春と呼び、その春の第一日目。

春が始まった第一日目とは言え、本当にもう春が来たような、暖かい一日でした。
今日から春ということでなく、段々春らしくなっていく時期ということのようなのですが。。。(^^;)

冬の寒さは活動を妨げるけれど、それでも、冷たい風、青空に舞い散る風花。それなりに、季節感は情緒のあるもので、冬は嫌いな季節ではありません。

その冬が、年々短くなってしまって、なんだか寂しいです。

散歩には、絶好の日和でしたので、カメラを片手にぶらっと歩いてきました。撮影意欲がだんだん高まって来ています。(笑)

右側は、梅園というより、畑の梅。まだ、ほんの一輪、二輪と咲いていました。

Imgp8004_2


散歩道の途中のおうちの庭から飛び出してきたメジロさん。


さて、昨日は節分。

 

 二十四節気は、太陰暦を使用していた時代に、季節を現すための工夫として考え出されたものです。一年を二十四に等分し、その区切りと区切られた期間とにつけられた名前です。現在でも季節の節目を示す言葉として使われています。

 この二十四節気は太陽の角度(太陽黄経)によって決められています。太陽黄経が315度のときが立春とされています。


節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。

節分は、年に四回あったのですね。(^^♪


昨日の節分の恵方巻フィーバー、侃々諤々で、ネットでも大騒ぎでした。大量に余った恵方巻の画像がTwtterに投稿されてます。

また、コンビニのアルバイトさんは、無理やり押し付けられ大変な思いをしているとか。

このノルマは、小売業界は、実は普通なんですけどね。私が某スーパーでパートをしていた時も、毎月、家電や宝石、毛皮に至るまで、ノルマを押し付けられました。もっとも、安い単価のパートがそんなもの協力出来るわけないので、スルーしてました。(^^;)

でも、今のコンビニは、個人事業主と若い学生アルバイト。弱い立場の学生さんが泣いてることも多いようですね。
コンビニのアルバイトは、短時間のバイトがあったりで、学生さんにはちょうどいいバイト先。嫌だから、簡単にやめて、違うところといっても難しいのでしょうね。

結局は、コンビニの親会社が、無理な目標を押し付けてくるのが悪い!!

あんなただの巻きずしが、恵方巻になると突然値段が高くなる。ちょっと、納得いきませんね。しかも、海苔がどこの国の海苔かわかりません。特に某国の海苔は、沿岸が大腸菌で汚鮮されているので、危険なのです。

恵方巻の丸かじりって、関西方面の古くからの慣習と言われてますが、私の実家は、母が大阪に兄弟がいて、習慣は関西風でした。しかし、子供の頃から、そんなもの聞いたこともなかった。

イワシの頭を柊にくっ付けて、玄関に飾るということは、毎年行ってましたが。。。Setsubun_iwashi

あの恵方巻の丸かじりは、早くすたれて欲しいと思います。決して、上品な習慣とは言えないもののようです。


節分の行事自体は、日本古来から行われていた行事のようです。

古からのことに詳しい解説をされている「ねずさんのひとりごと」ブログに面白い記事がありましたので、紹介します。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3287.html

ちなみに、1〜3月生まれの人が、占いなどで自分は前年の干支なのか、今年の干支なのかと迷ったりすることが多かったりしますが、諸説ありますけれど一般には、節分の日までが前年の干支、立春の日以降が、今年の干支となるようです。

こちらも記事の上の方に載ってますが、初めて知りました。

« デジタル一眼レフカメラ・スキルアップセミーナーに参加してみる | トップページ | 木曽川の白鳥 2017 »

コメント

まふゆさん

蛤は、有名ですけど、正直、あんまりなじみないんですよね。
貝類では、なんと言っても、浅利が一番おいしいでしょう。
ただ、伊勢湾も汚れてしまって、天然のものが採れなくなってる。

子供の頃は、よく、潮干狩りに行きましたけどね。

三重県は、全国的にも恵まれていると思います。
牛肉、伊勢海老、牡蠣、フグと、海産物は宝庫だし、
農産物も豊かです。

平野が広がって、温暖だし、私鉄が走っていて、交通の便はいい。
名古屋にも大阪にも割と早く行ける。

ふるさと自慢になってしまいますが、ほんと、旅行するたびに思うのですよ。(^^♪

そうそう、三重県は海苔に限らず、蛤も有名ですよね!

お肉も良いお肉があるし・・素晴らしい!!

まふゆさん

毎年の恵方を確認して、拝むのはいいかもしれないですけどね。(笑)

手作りならいいですね。

三重県は、古くから、各漁港でノリの養殖が盛んでした。
だから、焼きのりに加工される前のいい香りの海苔が手に入ったのですが、
最近不漁で、高額になっているのか、スーパーの店頭に出ていないのですよ。

遠くまで買いに行くのも困るし、悩んでいます。

ほんとですね。恵方巻きという言葉すら、昔は無かったような?・・

まあ、とはいえこれだけ流行ると、なんとなく食べたくなって、好きな具だけ入れて自分で作っています(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« デジタル一眼レフカメラ・スキルアップセミーナーに参加してみる | トップページ | 木曽川の白鳥 2017 »