2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 湖東三山「百済寺」 紅葉アラカルト(一眼レフ) | トップページ | 非常識、ここに極まる「ユーキャン新語・流行語大賞」 »

2016/12/03

目から鱗「炊飯器の底」

おいしいごはんが食べたいなら「炊飯器の底」を掃除しましょうhttps://comorie.nifty.com/2756.htm

11月22日の今日はいい夫婦の日の記事で、comorie[コモリエ]のことを紹介しましたが、そこに面白い記事が載ってました。

炊飯器をひっくり返すと、そこに窓があって、埃がいっぱいついているとのことでした。保温をすると、一定の温度に保つため熱源がずーと付いていて、そのためモーターが動いているので、埃を吸い続けているわけですね。(^^;)

実は保温機能を使っている間はずっとモーターが回っていて、機械内部に空気が循環している状態なのです。テレビやパソコン、扇風機など、家電製品には気づけばホコリが溜まっていますが、炊飯器もしかり。やはり機械なんですね。

保温機能を使用していないお宅と比べると、そのホコリの量は一目瞭然。そんなモサモサのホコリと遭遇したら、濡れ雑巾でやさしく取り除いてくださいね。

我が家は、ここ何年も保温は使っていない。食べるときだけ、電子レンジで温めるか、蒸すかすればいいですからね。保温は、結構、電気を使うそです。Cooking_mushiki


それでも、念のためと思って、おそらく、炊飯器を購入して初めて、その底を見たと思います。


なんと!!この記事のように、やっぱり、埃がそれなりに付いていました。(^^;)
慌てて、お掃除しましたが、皆様の家庭でも、いちど、そこ、そこですよ!!覗いてみてください。(笑)


« 湖東三山「百済寺」 紅葉アラカルト(一眼レフ) | トップページ | 非常識、ここに極まる「ユーキャン新語・流行語大賞」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 湖東三山「百済寺」 紅葉アラカルト(一眼レフ) | トップページ | 非常識、ここに極まる「ユーキャン新語・流行語大賞」 »