2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016/12/31

【反安倍が社是】朝日新聞、真珠湾演説の記事で安倍首相の顔がピンポイントで隠れた写真を選び掲載 ⇒ すぐに差し替えるも、「意図的」との声(画像)

http://www.honmotakeshi.com/archives/50326811.html

Photo_2

https://twitter.com/YoichiTakahashi/status/813991928945487872

今朝のネットニュースを読んでいたら、早速、反安倍が社是の朝日新聞がやらかしたすごーい写真が話題になり、ネットをかけ巡っていました。

この非難に、慌てて画像の差し替えを行ったようですが、朝日新聞はどこまで、幼稚で、社会性の無い新聞社なのでしょうね。((+_+))

最初の画像はこちら。
D4c50ab8

こんな画像をアップすることが、社内で普通に通っていくことに、戦慄さえ覚えます。
さすが、連綿と日本を貶めるためのねつ造記事記事を配信してきた新聞社だけあります。

最新の内閣支持率は、64%、真珠湾慰霊「評価」84%。(日本経済新聞)

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS29H4J_Z21C16A2MM8000/

http://www.asahi.com/articles/DA3S12722215.html(政治断簡)内閣支持率、高止まりの怪 世論調査部長・前田直人

 「安倍内閣の支持率はなぜ高いの?」と、よく聞かれる。世論調査では安保、原発、社会保障、経済などの評価は決して高くないし、閣僚の失言や不祥事もあった。それでも支持率は今年1年、安定飛行を続けたからだ。

 この師走もそうだった。カジノ解禁法や年金改革関連法などの採決は強行続きで「乱暴だ」と批判を浴び…

朝日新聞の世論調査部長がこんな記事を書いています。

『安保、原発、社会保障、経済などの評価は決して高くないし』
『カジノ解禁法や年金改革関連法などの採決は強行続きで「乱暴だ」と批判』

経済の評価が高く無いと言っていますが、雇用情勢の数字をみれば、それが的を得ていないというのがわかります。

1


強行採決と言いますが、野党は民進党や共産党だけではありません。日本維新の会はちゃんと採決に回り、反対の場合は反対、賛成の場合は賛成しています。

民主党政権下では、強行採決の連発でした。

そして、忘れてはならないのが、社会党の村山が総理大臣に収まっていた時、強行採決以上に、国会議員をだまし討ちにするという暴挙もありました。

    

自社さ政権の下で国会における謝罪決議が構想され始め
たが、反対の声は超党派で強まり、決議案が上程されても
否決されることが明白になった。すると6月9日の金曜日、
「本日は本会議なし、各議員は選挙区に帰られたし」との
通知が衆議院内にまわされ、反対派の議員らは選挙区に戻っ
た。そのすきを狙ったかのように、土井たか子衆院議長が
金曜日の午後8時近くという遅い時間に本会議開会のベル
を押した。

 結果として265人の議員が欠席、議員総数509人の
半数以下の230人の賛成で決議案は可決。だが、参議院
は採決を見送った。

 どう見てもこれはだまし討ちだ。精神の卑しさを強調す
るゆえんである。

http://www2s.biglobe.ne.jp/nippon/jogdb_h18/wing1196.html


                                 


いくら下衆の極みマスコミが安倍内閣を批判的に扱おうとも、いまは、マスコミに世論を左右する力はありません。


【拡散希望】マスゴミの逝く年・狂う年http://ameblo.jp/nihonkaigi-yachiyo/entry-12233282386.html

もう一つ、共同通信という、極左通信社の欺瞞が追及されていたネットニュースをご紹介。

「稲田朋美防衛大臣の靖国神社参拝について、アメリカが不快感か」と言う共同通信社の記者の願望記事です。
今回の防衛大臣の靖国参拝について、アメリカは何の反応もありませんでした。

それを共同通信社がソースの無い、言わば願望と思える記事を配信したのです。

逆に、海外の反応は、おおむね理解を示しています。
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2176.html

■ ミス・イナダは防衛大臣としての職務を果たしただけだよね?   それを何で仰々しく取り上げなきゃいけないの? +6 イギリス

   ■ 実際のところは全然問題になってないんだけどな。 イギリス

      ■ こっちでは全然だね。
        でも特に韓国では大きな問題になってる。 +3 イギリス

■ 参拝したから何だっていうんだ。
  アベさんが総理になった時に"公式"に訪問してたじゃん。
  それから1年置きくらいの間隔で参拝してたはずだぞ。
  もう戦争は終わったんだよ。
  実際に戦争に参加した人たちの多くはもうこの世にはいない。
  過去を乗り越えて未来に進もう! +7 アメリカ

■ アメリカには戦没者に祈りを捧げる祝日がある。
  その祈りの対象には、虐殺を行った犯罪者、
  カスターやカーチス・ルメイも含まれる 
  米メディアは、他の国には祈る権利がないとでも? +5 アメリカ


靖国神社の由緒

靖国神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、明治12年(1879)に「靖国神社」と改称されて今日に至っています。

靖国神社は、明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社に参拝された折にお詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。

靖国神社には現在、幕末の嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの国難に際して、ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた246万6千余柱の方々の神霊が、身分や勲功、男女の別なく、すべて祖国に殉じられた尊い神霊(靖国の大神)として斉しくお祀りされています。

                                               

どこの国にも、自分の国を守るため、命をとして戦った方の御霊を守るための慰霊碑はあります。それにお参りし、自分たちの平和な世界を作ってくれたことに感謝をするのは、当然のこと。

中国や、まして朝鮮半島人にとやかく言われるものではありません。


行橋市議会議員 小坪慎也さんがブログでわかりやすく解説されています。
https://samurai20.jp/2016/12/raving-remodeling/

靖国参拝に対する、メディアの悪質な印象操作の実例【ひどいと思ったらシェア】

数年前まで、ここまでネットが普及していない時代だったら、こんなに掘り下げられずに、共同通信記者の狡猾な願望記事がそのまままかり通っていっていたでしょう。

しかし今は、スマートフォンが爆発的に普及して、多くの人が、どこでもちょっとした時間にネットニュースを閲覧することができるので、こうした卑怯な日本貶めの記事を書くと、それをきちんと批判する声がおおきくうねりをもって日本中を駆け巡る社会が構築されています。


2016/12/30

ふるさと納税

Img_7916


ふるさと納税をしてみました。

年金生活の身としては、どれくらいの金額までなら、マイナスにならないかよくわからないので、とりあえず、5,000円だけ。(苦笑)

岩手県北上市に納税したところ、こんなにりっぱなリンゴの詰め合わせが送られてきました。(^^)v

現役の頃から始まっていれば、もっと、いろんなところに納税して、いろんなものを送ってもらえたのにねぇ。

2016/12/29

古都奈良の旅 「春日大社」

古の奈良の都の旅、二日目の最終は、春日大社。http://www.kasugataisha.or.jp/index.html
ここも、外国人観光客が多いです。

1.春日大社二の鳥居と世界遺産の石碑
Imgp6938

2.狛犬 
Imgp6939

「岡崎現代型狛犬」だそうです。昭和43年(1968)10月吉日建立に個人が建立されたもの。それほど時代があるわけではなく、しかも、個人が建立されたということに少し驚きました。

でも、既に50年近く、風雨の中、神様をお守りしているわけです。

狛犬ネットhttp://komainu.net/
狛犬のことを調べていたら、こんなサイトがありました。(^^♪
確かに、狛犬って、何かしら人を引き付けるものがありますね。

800年を経て初公開http://guide.travel.co.jp/article/18858/

春日大社は、平成27年・平成28年第60次式年造替(しきねんぞうたい)が行われていて、11月にちょうどすべて完了したところでした。

それに合わせていろんな特別公開が行われていたのです。

3.春日大社 南門 本社の正門 高さ12メートル二階建て楼門。
Imgp6924

4.中門・御廊 本殿のすぐ前に立つ高さ10メートルの楼門。左右に延びるのが御廊
Imgp6925

5.
Imgp6927

6.
Imgp6928

7.
Imgp6930

8.
Imgp6931

9.中門を正殿からみたところ
Imgp6933

10.
Imgp6935_2

Imgp6934
第60次式年造替(しきねんぞうたい)の記念行事として、140年ぶりに非公開の末社も拝観させていただきました。

残念なことに、宝物殿がお休みで閉まってました。( 一一)

ガラス越しに写してきた鼉太鼓 

Imgp6940

鼉太鼓は野外の舞楽演奏に用いる大型の太鼓。春日大社には国重文の鼉太鼓があり、鎌倉時代に源頼朝が寄進したとされる。今展示されているのは、1976年制作の複製品で、火炎をかたどった装飾板に竜と鳳凰(ほうおう)が彫られている。重文の鼉太鼓1対は修理中で、2年後に複製品とともに展示される。

2016/12/28

古都奈良の旅 「奈良公園を散策」

興福寺を後にして、今度は春日大社を目指します。

1.春日大社一の鳥居
Imgp6912

一之鳥居から御本殿までのご案内http://www.kasugataisha.or.jp/guidance/keidai-map1.html

この図を見ると、一の鳥居から、まっすぐ、ご本殿に参道が続いていますが、私たちは、少し回って、鷺池の浮見堂を見てから、春日大社ご本殿に参ることにしました。

2.料理旅館「江戸三」

Imgp6913

奈良公園の中に、こじんまりした数寄屋風の離れが何軒か建っています。
これが、明治40年創業、志賀直哉や小林秀雄にらに愛された料理旅館。

近くに鹿苑があり、鹿がたくさんいます。鹿が窓から顔を出すかも。(^^;)

3.鷺池に浮かぶ浮見堂

Imgp6915

4.

Imgp6918

紅葉には少し遅かったかな。

お天気は最高で、青空が広がっていました。それがかえって、露出が難しく、下手な写真になってしまった。(^^;)
最近は、手抜きで、フィルターも使わない。ちょっと、反省です。

5.浮見堂を後に、春日大社の参道に戻ります。

Imgp6920


2016/12/27

中国人観光客が空港で大暴れ

【日テレ】中国人100人が抗議し騒動 新千歳空港http://www.news24.jp/articles/2016/12/26/07350017.html

E3ef1f49s

8fe91570s_2

22日からの大雪で航空機が相次いで欠航となった北海道の新千歳空港で、24日夜、100人あまりの中国人が抗議し激しく詰め寄る騒ぎがあった。

 新千歳空港などによると24日午後8時頃、新千歳空港国際線の搭乗口前で乗る予定だった便が欠航したことを受け、中国人100人あまりが抗議する騒ぎがあったという。このうち数人が搭乗口のゲートを勝手に越えた上、制止しようと駆けつけた警察官に激しく詰め寄った。

 この騒ぎで搭乗手続きを担当していた空港の女性スタッフが、乗客に押し倒されるなどしたが、けがはなかったという。

これ、26日夕方のニュースです。ニュースだとすれば、当然その日のことだと思いますよね。
よく見たら、24日の夜のこと。

あれ?一日以上遅れてる。これも大雪のせいでニュース映像を東京に送るのが丸一日以上遅れたのか?(^^;

でも、日テレは報道したからまだましです。NHKは報道していません。なんと言う怠慢!!受信料税金のように強制徴収しているくせに。

民放では、ミヤネ屋の番組でとりあげたようですが。。。
http://news.livedoor.com/article/detail/12467512/

↓こちらの動画をご覧ください。空港に居合わせたひとがyoutubeにアップしています。


新千歳空港で中国人が100人以上大暴れhttp://www.honmotakeshi.com/archives/50307244.html

大雪で飛ばないというのは、乗客の身の安全を考えての当然のこと。もちろん乗務員の身の安全も。こんなふうに自分たちの勝手な主張をこうした暴力で訴えるという行為。こんな人種を観光客として受け入れるのはどうかしてます。トイレの使い方が汚いとか以前の問題ですわ。

そして、なにより、これを報道しないNHKはどこ国民のための放送局なのでしょう。少なくとも、日本に向いていないことだけは、確かです。

Twitterでは、トレンドの上位に来ています。


北京オリンピックの聖火リレーで、長野善光寺が、中国のチベット弾圧を理由に協力を断わったところ、長野市にこんなに中国人が集まり大暴れしたことも、全く報道されてないですね。


以下なでしこりんさんのブログから
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://nadesikorin0719.blogspot.jp/2016/12/blog-post_26.html

日本では「中国の非道」を伝える報道が自粛される傾向にあります。特に左翼系と呼ばれている新聞社は「中国の非道は見て見ぬふり」を平気でやっています。これってなぜなんでしょうね?


O0598032213830531182

..この原因 を「日中記者交換協定」に求める人もいます。1964年に日中間で交わされた「中国に不利な報道をしない」という協定が今もを生きているというのです。

協定自体はすでにないそうですが、「中国に不利な報道をしない」という行動規範は今も健在のようですね。本来、公平、是々非々であるべきマスコミが最初から「不利な報道をしません」と宣言しちゃまずいですよね。

もちろん、それを認めなきゃ中国国内での取材は許可されないわけですが! 日本のマスゴミの中には中国好き、朝鮮好きが多いのには困ったものです。やっぱりハニトラ?


2016/12/26

どこかで見たような

Imgp6889

興福寺の五重塔ですが、画像の整理をしていて、「あれ、よく似てる。」と思いました。
テレビの二時間ドラマによく出てくる、八坂の五重塔の感じ。(^^;)

たぶん写真を撮って来ているので、探したのですが、残っていませんでした。

生活空間の中に、五重塔が常にあるというのは、なんか羨ましいですね。


2016/12/25

古都奈良の旅 トイレ事情

Imgp6910_2


京都が外国人観光客で溢れているのにうんざりして、秋の旅行は古都奈良を選んだのですが、負けず劣らず、奈良もこの通り。まあ、京都ほどでもないですけど、中国人観光客が多いです。そして、家族連れが目立ちました。

どうして、中国人と分かるか?それは、この画像をご覧になれば、すぐわかりますよね。道の真ん中を団体で横になって歩くのが、中国人。日本人はこんな風には歩きませんね。道の右側か左側を歩きますよね。この人達が迷惑なのは、向こうから人が来てもよけようとしないこと。ヽ(`Д´)ノプンプン


Imgp6909_3

こんなイラストがお寺の階段に貼ってありました。どこにでも座るのです!!


そして、問題はトイレです。

一日目の夜、NHKの関西ローカルが、奈良東大寺の外国人観光客のことを取り上げていました。そして、トイレの使い方の汚さ。

浅草でも以前から問題になって、テレビでも取り上げてましたから、ご存知の方も多いと思います。あのトイレットペーパーを流さないで、隅に積んでいく行為。

これに、トイレを掃除している係りの女性が大変な迷惑をしているというのです。当然ですよね、人が使用したトイレットペーパーの始末をしなくてはいけない。それも、大量に。( 一一)

映像に出て来た方は、怒り心頭でした。「ああ、今日も、気持ちが悪くて、頭が痛い。我慢できない悪臭。」と泣いていらっしゃいました。

奈良市かな、担当者も、いい解決策が無く、困っているとのことです。国も、観光の呼び込みばかりでなく、日本への入り口である空港の入国審査の時、まとめて、マナーの徹底講習をするとか、出来ないものでしょうかね。

NHKのアナウンサーは、「それぞれの国の習慣とかあるので、お互い理解し、受け入れていかないと。。。」
みたいな纏め方。なんと言う、馬鹿であほで常識が無いアナウンサーなのでしょう。

この掃除担当のおばさんの代わりに、一週間くらい掃除しに行けば?

私は、東大寺ミュージアムと奈良ホテルを利用しました。有料の施設のトイレは綺麗です。

Toilet_kirei


2016/12/24

古都奈良の旅 「興福寺」

1.興福寺への52段 

Imgp6895

2.三重塔

Imgp6896

3.北円堂 

特別拝観の時期にしか拝むことはできません

Imgp6898

4.五重塔 

高さ50メートル。京都の東寺の五重塔に次いで高い。奈良時代に光明皇后の創建。以後5回焼失。現在室町時代再建の6代目。やはり高さが高いので、今までの塔に比べても、堂々として見えます。

Imgp6899

5.南円堂

Imgp6901

6.東金堂

Imgp6904


興福寺の阿修羅立像が美男で有名ですよね。(^^♪
国宝館にいらっしゃいます。
意外と背が低いのです。153.4cm

画像は下のリンク先で。
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%88%88%E7%A6%8F%E5%AF%BA+%E9%98%BF%E4%BF%AE%E7%BE%85&espv=2&biw=1920&bih=950&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwibuJrl3YfRAhVIurwKHRX8B6YQsAQIMQ&dpr=1


もう一度、五重塔
Imgp6900


2016/12/23

古都奈良の旅 「猿沢の池」

Imgp6891

Imgp6892


Imgp6893


南都八景に数えられる猿沢の池。

初めての修学旅行で奈良を訪れたこと、この猿沢の池のほとりで、柳が揺れていたのを微かな記憶に残っています。


Imgp6894


猿沢池は、749年に興福寺の放生会を行うために造られた放生池。放生会とは、捕えられた生き物を野に放つ宗教儀式です。

猿沢の池は、こんなに古くに人工的に作られた池なのです。

「澄まず 濁らず 出ず入らず 蛙はわかず 藻は生えず 魚が七分に 水三分」

猿沢の池7不思議の碑が自然石に設えてあります。

放生会で、放たれた鯉がたくさんいたそうですが、何年か前の鯉ヘルペス騒動で、全滅してしまったそうです。
いまも、放生会は行われているので、また、増えているでしょうか。

興福寺 放生会
http://www.kohfukuji.com/event/festival/05.html

2016/12/22

古都奈良の旅 第二日目昼食「奈良ホテル」でランチ

Img_7871


Narahotel

奈良旅行、二日目の昼食は、奈良ホテルでランチです。(^^)v

格式あるホテルで、天皇家や各宮家が奈良をご訪問された時は、ここに宿泊されるようで、レストランへの廊下の壁には、皇室のお写真が展示してありました。

宿泊のお値段は、それなりに。。。(^^;)ですが、ランチはそれ程でもありません。お味は、とても美味しかった。

画像は、メインディシュで、オードブルとスープ、デザート、コーヒーです。
いつも、運ばれるとすぐナイフをつけるので、写真が撮れない。( 一一)

レストランからの見晴らしは、あまり良くないけど、室内の装飾が見事で、飽きません。


2016/12/21

【炎上】金曜プレミアム・池上彰緊急スペシャルのインチキグラフ

金曜プレミアム・池上彰緊急スペシャルhttp://www.fujitv.co.jp/b_hp/ikegamiakira_sp/

格差はなぜ世界からなくならないのか▽貧しい人がますます貧しく…深刻データ語る日本の格差▽1日1000億円儲ける世界の億万長者実態▽“貧困女子高生”なぜ炎上

何故炎上?分かり切ったこと。ねつ造するから、視聴者が指摘するのです。
一昔前と違って、視聴者は賢くなりました。一方的な偏向に流されるほど、馬鹿じゃありません。

「何故炎上?」と池上彰が煽った番組が、大炎上しました。(^^;)

池上彰が「日本の格差の深刻さ」で使用したグラフが酷すぎると話題にhttp://hosyusokuhou.jp/archives/48780288.html

1481893183068

「縦軸がね…」
「目盛り壊れちゃう~」
「こんなことしだしたら終わりやね 」
「目盛りがガバガバじゃねぇかお前んグラフゥ! 」
「縦軸合わせたら日本もちょっと下がってるくらいやんけ」
「こんなことして恥ずかしくないのか池上」
「これ流石にやばない? 」
「これBPOやろ」
「ガイジグラフかな」
「ひどいな、こんなひどい内容でドヤってんのかこいつ」
「アメリカの格差に比べたら日本の格差なんてカワイイもんやな」

おそらく、テレビを見ていた一般視聴者には騙された人もいると思いますが、最近のテレビ視聴者は、違うのですね。

どこに偽造があるか、捏造があるか、ステマが潜んでいないか、そういうものを探すことが面白くて見ている人が大勢いる。池上彰をはじめ、極左の自称ジャーナリストやコメンティター、そして、彼らを雇用するテレビ局は、こころしてかからねばならない時代に来ているのです。

こんな卑怯な手をつかって、視聴者をいつまでも騙せると思ったら大間違いです。

このグラフにおかしいことがあることに気付かれましたか。

縦軸の目盛りが、日本とアメリカでは全然違うのです。

Ikegamigraph1

ネットで、縦軸を日米同じにグラフを作ってアップしてくれた人がいました。


池上彰の言っていること。

「アメリカは横ばい。ちょっと下がっているくらいなんですが。私たちの暮らしが良くなっていると実感する人は少ない
んじゃないか。」

え?

下のグラフは、分かりやすいように日米重ねてみたものがアップされてました。
これを見ても、池上彰よインチキもいい加減にしろ!!
です。

Zswzyijokkvkqef1481943578_148194358

しかも、今年は2016年。しかしデーター民主党政権下の2010年までのデーターです。

民主党政権下では、高校生、大学生の就職率が下がって、若い人達が本当に苦労してましたね。

いま、民主党支持層の62%が60歳以上です。男性10代、20代の自民党支持が62.5%です。今の大学生は、民主党政権下で就活に苦労したことを先輩から聞いているし、そのころの卒業生は、いまの就職内定率を見て、羨ましく思っているでしょう。
http://www.sankei.com/politics/news/161219/plt1612190048-n1.html


http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_eco_jobless-rate
10月の完全失業者200万人下回る=21年8カ月ぶり-求人倍率は1.4倍に改善

確かに、バブルの頃や、もう一つ前の高度経済成長の頃のように、私たちの生活はどんどん裕福になっているわけではありません。

しかし、少なくとも、民主党政権下で、大企業は超円高で、海外に出るより仕方がなく、そのため、日本の雇用は失われ、大企業の下請けの中小企業は受注が無くなり、暗い世の中だったころに比べてみれば、ずーと、よくなっているのがわかると思うのですけどね。


「NHKと「貧困女子高生」を被害者扱いしネット批判」の方は、以前にも記事にしましたが、もう少し詳しいことが、こちらのブログで語られているので、ご覧ください。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6490.html


2016/12/20

古都奈良の旅 奈良公園 「依水園」 「吉城園」 「旧大乗院庭園」

奈良公園は、神社仏閣だけではありません。こうした庭園もあります。

「依水園」http://www.isuien.or.jp/

江戸時代に作られた前園と明治時代に作られた後園、ふたつの池泉回遊式庭園を組み合わせた広大な日本庭園だそうですが、入り口で、帰りました。(^^;)


Imgp6853


Imgp6854

「吉城園」http://www.pref.nara.jp/39910.htm

吉城園(よしきえん)は、「興福寺古絵図」によると同寺の子院の摩尼珠院(まにしゅいん)があったところとされています。

いつの時代の作庭かは、調べたのですがよくわかりません。ここは、高齢者は入場無料と言うことで、見学してきました。(笑)

Imgp6859


Imgp6861


Imgp6868


「旧大乗院庭園」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E5%A4%A7%E4%B9%97%E9%99%A2%E5%BA%AD%E5%9C%92

興福寺の門跡寺院として栄えた大乗院の庭園を復元
見学者も少ないので、ゆったりと回れます。

Imgp6878


Imgp6880


Imgp6885

紅葉には、少し遅かったのが残念です。
春の桜の時期は、また、ちがった景色を魅せてくれるのでしょうね。


2016/12/19

古都奈良の旅 東大寺大仏殿

1.東大寺大仏殿

Imgp6828

2.東大寺大仏殿

Imgp6837

3.東大寺大仏殿

Imgp6831

4.大仏殿から中門を見る

Imgp6836

5.中門

Imgp6827

6.東大寺の全景を復元模型

Imgp6835

7.東大寺ミュージアム

Imgp6840

8.東大寺ミュージアムの前に展示してある大仏様の手

Imgp6841

9.ミュージアムの前で遊ぶ鹿さん

Imgp6849

10.南大門

Imgp6845


http://www.todaiji.or.jp/virtual/3dpvr/todaiji.html
東大寺をネットでバーチャル参拝ができます。(^^;)

立派な建物ですね。もちろん中におわします大仏様もとても素晴らしい。こんなすごいものを昔の仏師は作られたのですね。

復元模型を見るとわかるように、当初は大仏殿の両隣に五重の搭が建っていたのです。やはり、雷にうたれて焼失したそうです。

修学旅行生がたくさん来ていました。

東大寺ミュージアムには、あの国宝「日光・月光菩薩」様をはじめ、重要文化財の「千手観音菩薩立像」などをまじかに拝観できます。

2016/12/18

古都奈良の旅 東大寺「鐘楼」

Imgp6803


Imgp6807


Imgp6809


法隆寺の鐘は、有名な句から、もっと大きいと思っていましたが、意外と小さかった。

斑鳩の里法隆寺Ⅲhttp://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2016/12/post-f6c6.html

東大寺は、さすがに大きく堂々としています。東大寺創建以来のもので、国宝に指定されています。

日本三名鐘は、いくつかあって、この東大寺のを入れているのとそうでないのといろいろありますが、大きさでは三名鐘の一つになるのではないでしょうか。

東大寺「除夜の鐘」http://www.todaiji.or.jp/contents/function/01zyoyanokane.html

除夜の鐘を生活騒音だとクレームをつける日本人とは思えない人達がいるようですが、除夜の鐘って、つくことができるのですね。

東大寺でも、先着順で整理券を配布して、つくことができるようです。大きいので、8人くらいが一組で、800人あまりの人が参加できるそうです。大きな釣鐘をつくと、いろんな煩悩が払われて、清々しいでしょうね。

国宝の釣鐘をつくことができるなんて、とても、素晴らしい!!

2016/12/17

古都奈良の旅 東大寺二月堂・三月堂・四月堂

1.国宝 「二月堂」

Imgp6793

2・手向け山八幡宮から望む
Imgp6784

3.二月堂から
Imgp6787

4.二月堂から奈良市内を望む。金色の角のようなものが見えるところが大仏殿
Imgp6788

5.二月堂から降りる回廊
Imgp6791

6.国宝「三月堂」
Imgp6796

7.四月堂
Imgp6799


Imgp6797

奈良の旅、一日目は、曇り空でしたが、二日目は快晴。コートを着てはいましたが、それほど寒くなく、絶好の日よりでした。奈良市内は、駐車場料金が高いので、宿にタクシーを呼んでもらって、まずは、東大寺の二月堂まで行きました。

ここは、かなり高台で、タクシーで案内してもらって正解でした。ここまでは、許可車両しか、登ってこれないようです。

二月堂のお水取りは有名ですね。
このお水取りは、奈良時代から途切れることなく、おこなわれてきたそうです。

お水取り(修二会)http://www.todaiji.or.jp/kids/kids1.html
子供向けのページですが、分かりやすい。(^^♪

二月堂から眺める奈良市内は、綺麗です。徒歩で登ると、また降りなければいけない。当たり前ですが。。。(^^;)
もし、東大寺を参拝されるなら、タクシーでここまで送ってもらって、ゆっくり、見学しながら降りて行くのがお勧めです。

三月堂のご案内の立札にあるように、主な諸仏は、東大寺ミュージアムの方に安置されています。最近の仏像盗難や毀損、放火などを考えると、それが安全策だと思いますが、お堂にいらっしゃらないのは、少し残念ですね。

2016/12/16

古都奈良の旅 平城宮跡「朱雀門」

Img_20161201_145328126_2


Img_20161201_145528997


Img_20161201_14505035


Img_20161201_145417104


古の都、奈良の旅一日目は、法隆寺、中宮寺、唐招提寺と薬師寺を回って、日本の歴史の雄大さに感動の一日でした。

この後、宿に車を預けて、復元平城宮跡を見に行きました。宿の前、道路を挟んだところに広大な空間が広がります。ここが1300年以上前に日本の都が栄えた場所なのです。

平城宮跡へようこそhttp://heijo-kyo.com/index.html
平城宮の紹介ページです。

Img_20161201_150433745


私たちは、一日歩き疲れて、宿から近い朱雀門しか行かなかったのですが、MAPをみると、ここから北の方に大極殿が復元され、もっと、この平城宮の跡について、色々な資料も見ることができるようです。

平城宮跡が特別史跡に指定されたのは、1952年のことです。意外と古いと思いました。面白いというべきか、この都跡を縦断している近鉄西大寺線。(^^;)この近鉄の前身は、大阪電気軌道で、1914年(大正3年)に開通時はまだ史跡として保護されていませんでした。

二日目に乗ったタクシーの運転手さんの話では、「奈良は、どこを掘っても、遺跡が出てくる。」(苦笑)

あの長屋王のお墓の後にイトーヨーカードーが建っています。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

長屋王邸発掘調査と長屋王家木簡の出土

昭和61年(1986年)から平成元年(1989年)にかけて、奈良市二条大路南のそごうデパート建設予定地で奈良文化財研究所による発掘調査が行われ、昭和63年(1988年)には奈良時代の貴族邸宅址が大量の木簡群(長屋王家木簡)とともに発見され、長屋王邸と判明した。

長屋王邸は平城宮の東南角に隣接する高級住宅街に位置し、二条大路に面し、南は曲水苑池の庭である平城京の左京三条二坊跡庭園と向かい合っている。約30,000m2を占めていた。

出土した4万点に及ぶ木簡の中から、「長屋親王」の文字が入った木簡が発見され、長屋王の邸宅であったことが判明した。また、奈良時代の貴族生活を知る貴重な遺産ともなったが、地元や研究者の反対にも関わらず遺構の多くは建設により破壊された。

現在はイトーヨーカドー奈良店として利用され敷地の一角に記念碑が設けられているのみである。

2016/12/15

古都奈良の旅 西ノ京「薬師寺」

1.薬師寺 南門の前

Imgp6768

2.南門から西塔を望む
Imgp6769

3.金堂のまえで、西塔の美しさに感動しているところ 
Imgp6770

4.西塔
Yakusiji

5.大講堂
Imgp6773

6.金堂
Imgp6774

7.大講堂と回廊
Imgp6776

8.回廊
Imgp6777

9.鐘楼
Imgp6775

古都奈良旅行、一日目、お昼を食べて、薬師寺を訪れました。ちょうど、修学旅行生の方たちと出会いました。

何年も前から、修学旅行先に韓国を選んでいる学校があり、そこで屈辱的な目にあわされている高校生の画像がネットに投稿され、物議をかもしています。なにも、選りにもよって韓国など選ばなくても、日本には素晴らしい歴史と文化があるのですから、それに触れることこそ、日本の将来を担う若い人達の勉強になると思います。

さて、薬師寺は、東塔(国宝・白鳳時代)を除く、ほとんどが幾多の災害で灰燼に帰しました。
Imgp6772

今残っている東塔は、解体修理中。(^^;)

昭和42年、高田好胤管主により薬師寺白鳳伽藍の復興が発願され、お写経勧進により、金堂、西塔、中門、回廊、さらに平成15年3月に大講堂が復興され、白鳳伽藍の今が蘇ったのです。

高田好胤管主といえば、私の若い頃、よくテレビに出演していらっしゃる姿をよく見たことがあります。https://ja.wikipedia.org/wiki/

高田 好胤(たかだ こういん、1924年(大正13年)3月30日 - 1998年(平成10年)6月22日)は、法相宗の僧。薬師寺元管主。法相宗管長。分かりやすい法話により「話の面白いお坊さん」、「究極の語りのエンタテイナー」とも呼ばれ、そこから百万巻写経勧進の道を切り開いて金堂、西塔など薬師寺の伽藍の復興に道筋をつけるなど、薬師寺の再生に生涯をささげた。
苦労をされた方ですが、これだけのアイデアとそして多くの信心ある方がたの力、写経勧進によって、これだけのりっぱな薬師寺が蘇ったのです。

そのまま、放置され、荒れ果てたまま、東塔だけが残っていたとしたら、薬師三尊さまたちもお嘆きだったでしょう。

話は、飛びますが、今、河村名古屋市長が、名古屋城を木造復元に懸命になっています。私は当初、そこまでして、税金の無駄遣いをしなくてもと思っていましたが、こうした歴史的建築物が蘇っている姿を見ると、いま、木造で復元することが、今から1000年後には、きっと、素晴らしい歴史的な建築物として、評価されると思うようになりました。

名古屋城は、唯一、昔のお城の図面が残っているそうです。

県外に住むものは何も意見は言えないのが残念ですが。。。(^^;)

2016/12/14

古都奈良の旅 第一日の昼食 田舎料理「草の戸」

Img_20161201_123121324


Ohiru


一日目の昼食は、田舎料理「草の戸」http://www.heijo.co.jp/kusanoe/index.html

サワラのみぞれに二色田楽、お造り、小鉢、そして、古代米のごはん。
美味しい!!お値段も1200円(税別)で安かった。

田楽は、私の故郷の名物です。桜の満開の頃、お城に上ると、茶店があって、菜飯と田楽を食べるのが、子供の頃の春の楽しみでした。私の子供の頃は、贅沢と言ったらこんなものでした。(^^♪

その田楽に出会えて、懐かしさがいっぱい。サワラのみぞれも美味しかったですけど、二色の田楽は格別でした。家では、二色の味噌を作るって、面倒だし、田楽ばかりあっても困りますよね。二人家族で。。。(^^;)

ここは、若草山ドライブウェイのところにホテルもあるようです。

遊景の宿平城http://www.heijo.co.jp/
見晴らしもよさそうで、行ってみたくなりました。

2016/12/13

【在日朝鮮人犯罪】日本女性線路突き落とし事件マスコミ各社の報道比較

【在日朝鮮人犯罪】日本女性線路突き落とし事件マスコミ各社の報道比較http://hosyusokuhou.jp/archives/48779798.html


Kuzu

NHKテレビ
逮捕されたのは、大津市に住む「朝鮮籍で無職の中川晃大、本名裴晃大」容疑者(28)です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161213/k10010804771000.html

Ksoy5qnmw5lab8v14815911601




読売新聞は「大津市内の無職男(28)として、国籍及び名前を報道していません。

2016年12月13日 08時50分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161213-OYT1T50019.html



朝日新聞、通常通り国籍及び名前を伏せています。「大津市の無職の男(28)」

2016年12月13日08時35分
http://www.asahi.com/articles/ASJDF2GF0JDFPTIL003.html



産経新聞はいつもきちんと本名(朝鮮韓国名)を報道するのですが、今回は「朝鮮籍」だけ、報道しています。
大津市内の無職男(28)=朝鮮籍=」を逮捕した。

http://www.sankei.com/west/news/161213/wst1612130019-n1.html

毎日新聞は、ニュースが遅く、「12月13日 13時22分」しかも、ここにきても、日本名の仮名です。もちろん国籍にも触れていません。もし、毎日新聞だけを読んでいる人がいたら(今時、毎日か朝日だけを読んでいる人はいないでしょうけど。(^^;)、当然、日本人の犯罪だと思うでしょうね。

大阪市浪速区のJR大阪環状線新今宮駅のホームで女性2人が相次いで背中を押され、うち1人が転落した事件で、大阪府警は13日、愛知県警に保護されていた無職の中川晃大(あきひろ)容疑者(28)=大津市南志賀3=を殺人未遂容疑で逮捕した。中川容疑者は「殺そうなんて気持ちはなかった」と容疑を否認している。


http://mainichi.jp/articles/20161213/k00/00e/040/148000c


92


まとめニュースサイトに図が載っていました。

これ、列車の運転手さんの機転で、大きな怪我がなかったのでが幸いでしたが、もしかしたら大惨事になっていたかも。被害者の方はどんな怖い思いをされたでしょう。

NHKの画面を見てもらうと「力を込めてさわったら、落ちた。」
おい!!それを日本語では、突き落すと言うんだよ。

今回、NHKだけが、本名と朝鮮籍を報道しています。これはとても珍しいことです。多分、韓国籍でなく、朝鮮籍だったからだと私は解釈していますが。。。(^^;)

連日のように、渡航韓国人や在日韓国朝鮮人の犯罪が起こっています。テレビや新聞の大手メディアは、ご覧のように事件を矮小化し、なるべく伝えないようにしています。

でも、危険はこうして貴方にも降りかかるかもしれないのです。日本政府は、日本人を守るための方策を、もっと、真剣に考えてほしいものです。


2016/12/12

仏像大量破壊】韓国籍のチョン容疑者を石像など破壊の容疑で逮捕 近隣で約100体が壊される被害 福島

Tyn1


Tyn2


Tyn3


Tyn4

http://www.news24.jp/articles/2016/12/11/07348781.html

何とも、憤りが収まらない、そして、恐ろしさで震えが来る事件です。

福島県泉崎村の神社で石像を壊したとして、韓国籍の男が逮捕されました。朝日新聞デジタルで、日本名の仮名でなく、チョン容疑者と書いているので、在日韓国人ではなく、わざわざ、日本の神仏を破壊するために、11月に渡航してきたようです。

器物損壊などの疑いで逮捕されたのは、韓国籍の住所不定、無職、チョン・スンホ容疑者(35)。

10日午前、現場から約4キロ離れた国道をひとりで歩くチョン容疑者を警察官が職務質問したところ、「キツネを壊した」などと話したため、任意同行し、10日夜、逮捕した。チョン容疑者は先月来日し、所持品からは鉄パイプが見つかったという。

今月に入り、県内では神社や寺の石像100体以上が壊されるなどの被害が相次いでいて、警察では関連について調べることにしている。

所持品に鉄パイプを持っていたなんて、入国時に持ってきていたのでしょうか。

泉崎村の稲荷神社でキツネの石像2体を壊し、さらに本殿に侵入してキツネの木像などを壊した疑い。わざわざ、本殿にまで侵入して、ご神体を壊しているのです。

D2f0hu1


被害はこんなに広範囲にわたっています。冒頭の映像のキャプチャをご覧いただくとわかるように、墓石まで壊されたおうちもあります。とんでもないことです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下は、なでしこりんさんのブログからhttp://nadesikorin0719.blogspot.jp/2016/12/blog-post_11.html

やっぱり!まさに犯罪民族!日本の文化財を破壊していたのはやっぱり韓国人だった!
このままでは日本の文化財は全て破壊されてしまう!
.....反日教育に洗脳された外国人は日本国内から排斥しよう!


.....なでしこりんです。やっぱり犯罪者は韓国人でした! 「罪を憎んで人を憎まず」と言いますが、「日本の文化財を破壊しまくっているのが韓国人ばかり」という事実を指摘するのも民族差別でしょうか? 「韓国朝鮮人は犯罪多発民族」という事実の指摘さえヘイトスピーチになるのでしょうか? 記事は「サンケイスポーツ」から。

O0908039413818707372


http://bandou.an-an.org/index.php?%E3%80%8C%E5%9C%A8%E6%97%A5%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E6%A4%9C%E6%8C%99%E7%8A%B6%E6%B3%81%E3%80%8D%E8%B3%87%E6%96%99%E3%80%80%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E5%B0%82%E7%94%A8%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

「隠される在日犯罪者数」・・・・来日と在日の合計22357件(16270人)中、在日の8090件(6228人)が非公開だったわけですから、昨年中に検挙した外国人犯罪件数36,2%、人員38,3%が把握されないままになるところだったのです。詳しくは「坂東忠信」先生のサイトをご覧ください。

.以下略です。

2016/12/11

店員さん、お腹が痛いのに店頭に出ないでください。

Nhk1

2016年12月08日、NHKの「朝ドラ」で3人の売り子が登場、真ん中の女子が正式な「 朝鮮式コンス 」でお辞儀。時代考証無しか?この時代にこんなお辞儀をするはずが無い!。

Twitterからです。

私は、NHKの朝ドラはみてません。最近は、あまりに偏向が酷すぎるからです。
そして、とうとう、こんなシーンが流れたのですね。ご覧になられた方、違和感を感じられなかったですか。

いつの頃からか、お腹を押さえて、肘を張って頭を下げる、この変なお辞儀が見られるようになりました。最近は、スーパーでも、こんなお辞儀をする店員がいますね。

私は、子供の頃、親に「肘を張ったらあかん!!」と叱られた記憶があります。

下は、秋篠宮殿下ご一家のお辞儀のシーンです。

Photo_2

日本人のお辞儀

Photo


もし、この変なお辞儀をしている店員を見たら、「お腹が痛いのですか?」と心配して差し上げましょう!!

普通、胃腸の具合が悪いと、自然に手がお腹に行きますね。胃腸風邪を疑ってしまいます。

と言うより、食中毒?
私も、それで、酷い目にあいました。その時、お腹を押さえながら、トイレに駆け込んだものです。この変なお辞儀は、まさにそのスタイル。

店員さん、デパートガールさん、そして、航空機の乗務員の皆さん、お客さまに不快感を与えるお辞儀はやめましょう。

2016/12/10

静かな森の中に 西ノ京「唐招提寺」

1.南大門
Imgp6729

2.金堂
Imgp6731

3.
Imgp6732

4.金堂の方から、南大門を見る
Imgp6736

5.
Imgp6737

6.
Imgp6739

7.戒壇
Imgp6740

8.
Imgp6745

9.
Imgp6746

10.
Imgp6747


唐招提寺は、鑑真和尚が天平宝字3年(759)年に開いた律宗総本山。境内はそれほど広くはありませんが、緑が多くて、とても気持ちのいい空間が広がっています。


一枚目、唐招提寺の南大門です。手ぶれしてます。(^^;)

二枚目、国宝の金堂です。現存する奈良時代の建物では、最大。

七枚目、戒壇。

戒壇

唐招提寺の戒壇(奈良県奈良市)
戒壇(かいだん)とは仏教用語で、戒律を授ける(授戒)ための場所を指す。
戒壇は戒律を受けるための結界が常に整った場所であり、授戒を受けることで出家者が正式な僧尼として認められることになる。

九枚目、講堂。これも国宝。

十枚目、鼓楼。これも国宝。

八世紀の奈良時代に建てられたものがこうして残されているというのは、すごいことです。

金堂は、2000年から大修理が始まり、2009年11月に金堂平成大修理落慶法要が行われています。

あの阪神淡路大震災でも、壊れなかったのですね。古代の建築が、どんなものだったのかタイムマシンがあれば、行って実際に見てみたいものです。(笑)


2016/12/09

斑鳩の里 中宮寺

Imgp6715

Imgp6716

中宮寺です。http://www.chuguji.jp/


中宮寺は、法隆寺の塔頭の様な位置に建っていますが、創建当初は500メートルほど東にありました。旧地に土壇が残っています。

現在地に移転したのは中宮寺が門跡寺院となった16世紀末頃のことと推定される。旧寺地の発掘調査の結果から、法隆寺と同じ頃、7世紀前半の創建と推定されるが、創建の詳しい事情は不明である。天平19年(747年)の『法隆寺縁起』[1]や『上宮聖徳法王帝説』には、「聖徳太子建立七寺」の一とされるが、確証はない。中宮寺独自の創立縁起は伝わらず、『日本書紀』にも中宮寺創建に関する記載はない。

平安時代の『聖徳太子伝暦』は、中宮寺は聖徳太子が母・穴穂部間人皇女(間人皇后)の宮殿を寺としたと伝え、後には間人皇后自身が発願者であるという伝承も生まれる。鎌倉時代の顕真が著した『聖徳太子伝私記』の裏書には、「葦垣宮、岡本宮、鵤宮(いかるがのみや)の3つの宮の中にあった宮なので中宮といい、それを寺にした時に中宮寺と号した」との説が記載されている。

中宮寺は平安時代以降衰微し、鎌倉時代には中興の祖とされる信如によって復興が図られた。信如は文永11年(1274年)、法隆寺の蔵から聖徳太子ゆかりの「天寿国繍帳」を再発見したことで知られる。
江戸時代初期の慶長7年(1602年)、慈覚院宮を初代門跡に迎え、以後門跡尼寺として今日に至っている。

Wikipediaより

                                                   

門跡(もんせき、もんぜき)は、皇族・公家が住職を務める特定の寺院、あるいはその住職のことである。 寺格の一つ。 元来は、日本の仏教の開祖の正式な後継者のことで「門葉門流」の意であった(この場合は門主とも)。 鎌倉時代以降は位階の高い寺院そのもの、つまり寺格を指すようになり、それらの寺院を門跡寺院と呼ぶようになった。

本堂の扉には、菊の御門がみえます。

このお寺の魅力の一つは、木造菩薩半跏像。京都にある広隆寺の弥勒菩薩半跏像とよく似ています。お優しいお顔を傾けて、思案していらっしゃる様子がとても魅力的です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%AE%AE%E5%AF%BA
wikipediaの中宮寺のページの国宝の欄に、この木造菩薩半跏像の写真を見ることができます。

百済寺にもこの菩薩像の石像がありました。
http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2016/11/post-4.html

2016/12/08

斑鳩の里 「法隆寺」Ⅲ

      「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」 

正岡子規の有名な句ですね。

季語は柿(秋)。「法隆寺の茶店に憩ひて」と前書きがある。

法隆寺に立ち寄った後、茶店で一服して柿を食べると、途端に法隆寺の鐘が鳴り、その響きに秋を感じた、というのが句意である。

「くへば」は単に「食べていると」という事実を述べて下に続けているもので「鐘が鳴るなり」と因果関係があるわけではない。

柿は大和名産の御所柿と思われる。

                                     Wikipediaより


                                                    

Imgp6694


Imgp6727


法隆寺には、鐘が二つありました。どちらが、正岡子規の句に歌われた鐘の響きかはわからないそうです。
ただ、今ならされているのは下の鐘楼塔につるされている鐘で、今も、時間が決められてならされています。

ちょっと、ピントが外れています。(^^;)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

余談ですが、いま、各地のお寺の鐘が大変なことになっているのをご存知ですか。

【悲報】除夜の鐘に『うるさい』とクレーム 昼間に変更へhttp://okutta.blog.jp/archives/9006113.html
A626a8a6


日本の文化が、どんどん、クレーマーによって壊されていってます。とんでもないことです。


京都知恩院の除夜の鐘、2013年 全108回の鐘撞きシーンのyoutubeです。すごい迫力です。
いつか見に行きたいものです。

2016/12/07

斑鳩の里 「法隆寺」Ⅱ

Imgp6695


Imgp6699


Imgp6702


法隆寺は広く、また、歴史ある建物がいくつも並んでいます。

一枚目は、大講堂。僧侶たちの研鑽の場になります。実際、多くの方がいらっしゃいました。御坊様だけでなく、普通の係りの方なのかな、そういう方も多くがお勤めしていらっしゃいました。

この大講堂も、925年(延長3年)に落雷で焼失し、それから65年後の990年(正暦元年)に新築されたものです。これも、東大寺の解説の方がおっしゃってましたが、当時は回りに高い建物が無く、お寺の建物が一番高いため、落雷がこれらの建物を襲うことが多かったようで、この頃の焼失は、落雷の被害と言うのが多かったようです。

二枚目、三枚目は、五重塔と金堂。両方とも、美しいですね。この時代にこんなに素晴らしい建物が建てられて、それが、今に伝えられているというのは、素晴らしいことです。

これらの歴史的文化財に、放火したり、汚い液体を撒いたりする、日本の文化財に対する妬み嫉みを持ったものがうろうろしているのです。

防犯カメラが稼働してはいるものの、広い境内をくまなく監視は難しいでしょう。困った時代になったものです。

Imgp6698


Imgp6703


Imgp6708


回廊と夢殿のほうに行く石畳の通路です。

Imgp6713_2


Imgp6710


1958年(昭和33年)11月20日の大蔵省告示第237号「十二月一日から発行する日本銀行券壱万円の様式を定める件」[1]で紙幣の様式が定められている。
額面 壱万円(10000円)
表面 聖徳太子
裏面 鳳凰
寸法 縦84mm、横174mmPhoto_2

発行開始日 1958年(昭和33年)12月1日
支払停止日 1986年(昭和61年)1月4日[2]
有効券
初の一万円券として発行され、高度経済成長の一端を担うこととなった。透かしは法隆寺夢殿。


                                     Wikipediaより

透かしの夢殿覚えていらっしゃいますか?


2016/12/06

斑鳩の里  「法隆寺」

奈良旅行の最初は、法隆寺。朝9時には着いたので、観光客もまばらで、静かでした。

法隆寺は、1993年12月に世界文化遺産に指定。日本初の世界文化遺産だそうです。

私は、この「世界遺産」には、興味はありません。こんな指定がないほうが、静かに日本の古の文化に身を置くことができると思うのですが。。。

さて、法隆寺の敷地内に建つ125棟の建造物のうち、国宝が17件、重要文化財が35件。飛鳥時代の姿を現在に伝える世界最古の木造建築です。

Imgp6677


Imgp6679

法隆寺の玄関、南大門。これは、永亨10年(1438)に再建されたものです。

Imgp6681

Imgp6682


Imgp6684

Imgp6686


Imgp6687


Imgp6690

Imgp6691_2

法隆寺の境内は、広さ約18万7千平方メートル。とにかく広いです。法隆寺の五重塔は、高さ約32.5メートル。わが国最古のものです。

五重塔の屋根の上に相輪が乗っていますが、それがお釈迦様のお墓だと言われます。その下の建物は、飾りだそうです。(東大寺で御坊様が、学生さんたちに解説していらっしゃったのを側で聞いていました。(笑)


2016/12/05

久しぶりの奈良へ

12月1日から、二泊三日で、奈良を旅してきました。

奈良は、京都より都の歴史は古く、東大寺の大仏像をはじめ、多くの仏像、仏閣、そして、神社等があって、歴史好き、また、仏像好きには魅力的な街ですね。

我が家からは、東名阪自動車道から名阪国道を走って、2時間ほどで行けるのですが、この名阪国道は日本一危険な道路で、交通事故も多発、最近は高齢ドライバーが多くて、逆走も多発している自動車専用道路を走らねばなりません。

それが怖くて、なかなか奈良に行くことに躊躇いがあったのですが、今回は、思い立って行ってきました。

Nara


これね。カーブだけなら、どこにでもありますが、東から西向きに勾配がきつく、カーブをしながら、どんどんと降りて行く道です。

ここ以外にも、名阪国道は自動車専用道路ですので、制限速度が60キロから70キロになっていますが、ほとんどの車は、90キロから以上で走ります。名古屋と大阪を繋ぐ、大動脈で、しかも無料なのでトラックが多い。ほんと、気を付けないといけない道です。

さて、まず、宿泊先は、今年の3月リニューアルオープンしたばかりの「かんぽの宿 奈良」

市内にありながら、温泉です。(^^)v
しかも、朝食バイキングの内容が素晴らしい!!

Img_7864

あれ?画像で見ると、たいしたことないように見えますね。(笑)いつもに比べて、少ない目です。(^^;)

でも、内容がとても豪華です。朝食から、ローストビーフや手作りコロッケ、新鮮なお刺身が並びます。それにデザートもたっぷり。ローストビーフのお味も、とてもいいお肉でした。


Imgp6779

今回は、お天気にも恵まれました。一日目は、少し曇が多い空でしたが、二日目、三日目はこの通り快晴。

また、少しずつ奈良をご紹介していきます。

2016/12/04

非常識、ここに極まる「ユーキャン新語・流行語大賞」

http://hosyusokuhou.jp/archives/48778712.html 「新語・流行語大賞」に「保育園落ちた日本死ね」がトップ10に選ばれ、民進党の山尾志桜里議員が満面の笑みでこれを受賞したことにユーキャンが炎上しています

「新語・流行語大賞」は「『現代用語の基礎知識』選 ユーキャン新語・流行語大賞」が正式名称である通り、通信講座で知られるユーキャンの名前が冠されているため、今回「日本死ね」が流行語大賞の一つに選ばれたことに対する批判が同社にも殺到しています。

ユーキャンのTwitterアカウントには多くの非難が寄せられており、「日本死ね」に流行語としてお墨付きを与えた選考委員と共に厳しいコメントが相次いでいます。

「ユーキャンの新語流行語大賞おかしいだろ」「日本死ねとか最低ですけど反日企業ですか?」「社会に及ぼす影響を考えたんですか?」「ノミネートだけでも酷いのにトップ10に選ぶとは」「日本死ねとか選んだことを謝罪すべき」

「お前ら、コトの重大さわかってるのか?」「日本人の心を深く傷つけたのわからないのか?」「三流企業さっさと潰れろよ」「日本人を貶める暴言。看過できない、見解を説明しろ」「命を愚弄する言葉。正気なんですか?きちんと答えて下さい」

「貴社に学問を扱う資格はありません」「さよならユーキャン、日本人を舐めるなよ「ユーキャンは売国企業なんですか?」

またユーキャンのWikipediaページは何者かによって12月2日19時現在、このように書き換えられており、怒りの激しさを窺わせています。

毎年この時期になると、流行語大賞なるものをユーキャンと言う会社が発表しています。近年、テレビでも面白おかしく取りあげているので、ご覧になられた方も多いと思います。

今年の大賞は「神ってる」?
こんな言葉、きいたことないし、第一日本語として、意味が通じないですよね。

「神がかる」という言葉が言いたかったのでしょうか。「〇〇さんの技は、神がかってる!!」
こういう風に使います。

なにか、近年、日本語がどんどんおかしくなって来ていると心配になります。

そして、今回の流行語大賞にノミネートされた10の言葉のうち、一番、ネット上で糾弾されているのが、あの民進党のガソリーヌ山尾こと、山尾志桜里が、国会で待機児童問題を質問したときに、取り上げたブログのことば「保育園落ちた。日本死ね!」から抜きだした「日本死ね!」です。


http://hosyusokuhou.jp/archives/48778804.html
NHKの街頭アンケでは日本死ねは1票も入りませんでした 。

当然ですよね。日本人が「日本死ね!」などいうでしょうか。

こんな言葉を選んで表彰させたメンバーは、以下の者たち。


O0611048213812404839


http://hosyusokuhou.jp/archives/48778777.html
【画像】「日本死ねのユーキャンで資格の勉強をはじめた。」企業イメージ広告がネット民によって作られる。

日本人を侮辱されたと憤った人達が、早速作ったコラ画像。
少なくとも、ユーキャンは自社のイメージのために、流行語大賞を発表しているはず。それが、こんなにイメージを損ねることばかりしていて、それで企業として生き残れるのでしょうか。

Twitter上の情報では、今後、ユーキャンの折り込み広告を入れないで欲しいという声が、一般家庭や事業所から来ているそうです。

2016/12/03

目から鱗「炊飯器の底」

おいしいごはんが食べたいなら「炊飯器の底」を掃除しましょうhttps://comorie.nifty.com/2756.htm

11月22日の今日はいい夫婦の日の記事で、comorie[コモリエ]のことを紹介しましたが、そこに面白い記事が載ってました。

炊飯器をひっくり返すと、そこに窓があって、埃がいっぱいついているとのことでした。保温をすると、一定の温度に保つため熱源がずーと付いていて、そのためモーターが動いているので、埃を吸い続けているわけですね。(^^;)

実は保温機能を使っている間はずっとモーターが回っていて、機械内部に空気が循環している状態なのです。テレビやパソコン、扇風機など、家電製品には気づけばホコリが溜まっていますが、炊飯器もしかり。やはり機械なんですね。

保温機能を使用していないお宅と比べると、そのホコリの量は一目瞭然。そんなモサモサのホコリと遭遇したら、濡れ雑巾でやさしく取り除いてくださいね。

我が家は、ここ何年も保温は使っていない。食べるときだけ、電子レンジで温めるか、蒸すかすればいいですからね。保温は、結構、電気を使うそです。Cooking_mushiki


それでも、念のためと思って、おそらく、炊飯器を購入して初めて、その底を見たと思います。


なんと!!この記事のように、やっぱり、埃がそれなりに付いていました。(^^;)
慌てて、お掃除しましたが、皆様の家庭でも、いちど、そこ、そこですよ!!覗いてみてください。(笑)


2016/12/02

湖東三山「百済寺」 紅葉アラカルト(一眼レフ)

Imgp6840


Imgp6841


Imgp6842


Imgp6844


Imgp6845


Imgp6846


Imgp6848


Imgp6849


Imgp6850


Imgp6860


Imgp6861


昨日までの「百済寺」の画像は、コンデジで撮ったもの。今日のは、一眼レフの300ミリ望遠で写したものです。

2016/12/01

湖東三山「百済寺」 仁王門までの参道と鐘楼

Img_7829


Img_7830


Img_7831


仁王門までの参道です。

長い参道の本堂近くに立つ仁王門は、本堂と同じ年代に建立されました。 三間二間で一対の金剛力士像が向きあっております。 その正面につり下げられた一対の大草鞋に触れると、身体健康・無病長寿のご利益があると昔から言い伝えられております。 最近では、「百寺巡礼」で有名な五木寛之氏が第35番目の百済寺参拝時に、この大草鞋に触れて、百済寺満願を達成されてから大変な脚光を浴び始めております。

このわらじは、門の両脇に立ってお寺を守る、仁王さんのわらじ。
勇猛、剛健、健脚の仁王さんですが、夜は仁王門の脇にわらじを置いて、立ちながら休まれるそうです。

元々は仁王像の大きさに応じて50cmほどだったそうです。

江戸時代中期頃から、仁王門を通る参拝客が、健脚・長寿の「願」を掛けるようになり、「わらじが大きいほどご利益も大きい」ということでどんどん大きくなって、今では3mほどになっているのだそうです。

わらじには、今でもお賽銭が挿っています。
寺社巡りドットコムhttp://www.jisyameguri.com/
三のサイト、自然豊かな湖東の古刹、百済寺からの引用です。


Imgp6863

朝遅くに出かけてきたので、あまりゆっくりできなくて、仁王門の仁王様も見ないまま帰ってきました。(^^;)

この後、本堂にお参りしたら、汗がびっしょり。結構歩くのです。でも、本堂の係りの方は、「ここは、室温三度なんですよ。」とおっしゃってました。今頃は、もっと冷えているかも。

Img_7834

鐘楼があり、自由に突いていいと言うことなので、私も、一回、ご~~~ん。

その音色の美しさから、「昭和の名鐘」とも言われています。
とても澄んだ音色でありました。

自由に突いていいなんて、嬉しいですね。


« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »