2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« ふるさと納税 | トップページ | 新年のごあいさつ »

2016/12/31

【反安倍が社是】朝日新聞、真珠湾演説の記事で安倍首相の顔がピンポイントで隠れた写真を選び掲載 ⇒ すぐに差し替えるも、「意図的」との声(画像)

http://www.honmotakeshi.com/archives/50326811.html

Photo_2

https://twitter.com/YoichiTakahashi/status/813991928945487872

今朝のネットニュースを読んでいたら、早速、反安倍が社是の朝日新聞がやらかしたすごーい写真が話題になり、ネットをかけ巡っていました。

この非難に、慌てて画像の差し替えを行ったようですが、朝日新聞はどこまで、幼稚で、社会性の無い新聞社なのでしょうね。((+_+))

最初の画像はこちら。
D4c50ab8

こんな画像をアップすることが、社内で普通に通っていくことに、戦慄さえ覚えます。
さすが、連綿と日本を貶めるためのねつ造記事記事を配信してきた新聞社だけあります。

最新の内閣支持率は、64%、真珠湾慰霊「評価」84%。(日本経済新聞)

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS29H4J_Z21C16A2MM8000/

http://www.asahi.com/articles/DA3S12722215.html(政治断簡)内閣支持率、高止まりの怪 世論調査部長・前田直人

 「安倍内閣の支持率はなぜ高いの?」と、よく聞かれる。世論調査では安保、原発、社会保障、経済などの評価は決して高くないし、閣僚の失言や不祥事もあった。それでも支持率は今年1年、安定飛行を続けたからだ。

 この師走もそうだった。カジノ解禁法や年金改革関連法などの採決は強行続きで「乱暴だ」と批判を浴び…

朝日新聞の世論調査部長がこんな記事を書いています。

『安保、原発、社会保障、経済などの評価は決して高くないし』
『カジノ解禁法や年金改革関連法などの採決は強行続きで「乱暴だ」と批判』

経済の評価が高く無いと言っていますが、雇用情勢の数字をみれば、それが的を得ていないというのがわかります。

1


強行採決と言いますが、野党は民進党や共産党だけではありません。日本維新の会はちゃんと採決に回り、反対の場合は反対、賛成の場合は賛成しています。

民主党政権下では、強行採決の連発でした。

そして、忘れてはならないのが、社会党の村山が総理大臣に収まっていた時、強行採決以上に、国会議員をだまし討ちにするという暴挙もありました。

    

自社さ政権の下で国会における謝罪決議が構想され始め
たが、反対の声は超党派で強まり、決議案が上程されても
否決されることが明白になった。すると6月9日の金曜日、
「本日は本会議なし、各議員は選挙区に帰られたし」との
通知が衆議院内にまわされ、反対派の議員らは選挙区に戻っ
た。そのすきを狙ったかのように、土井たか子衆院議長が
金曜日の午後8時近くという遅い時間に本会議開会のベル
を押した。

 結果として265人の議員が欠席、議員総数509人の
半数以下の230人の賛成で決議案は可決。だが、参議院
は採決を見送った。

 どう見てもこれはだまし討ちだ。精神の卑しさを強調す
るゆえんである。

http://www2s.biglobe.ne.jp/nippon/jogdb_h18/wing1196.html


                                 


いくら下衆の極みマスコミが安倍内閣を批判的に扱おうとも、いまは、マスコミに世論を左右する力はありません。


【拡散希望】マスゴミの逝く年・狂う年http://ameblo.jp/nihonkaigi-yachiyo/entry-12233282386.html

もう一つ、共同通信という、極左通信社の欺瞞が追及されていたネットニュースをご紹介。

「稲田朋美防衛大臣の靖国神社参拝について、アメリカが不快感か」と言う共同通信社の記者の願望記事です。
今回の防衛大臣の靖国参拝について、アメリカは何の反応もありませんでした。

それを共同通信社がソースの無い、言わば願望と思える記事を配信したのです。

逆に、海外の反応は、おおむね理解を示しています。
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2176.html

■ ミス・イナダは防衛大臣としての職務を果たしただけだよね?   それを何で仰々しく取り上げなきゃいけないの? +6 イギリス

   ■ 実際のところは全然問題になってないんだけどな。 イギリス

      ■ こっちでは全然だね。
        でも特に韓国では大きな問題になってる。 +3 イギリス

■ 参拝したから何だっていうんだ。
  アベさんが総理になった時に"公式"に訪問してたじゃん。
  それから1年置きくらいの間隔で参拝してたはずだぞ。
  もう戦争は終わったんだよ。
  実際に戦争に参加した人たちの多くはもうこの世にはいない。
  過去を乗り越えて未来に進もう! +7 アメリカ

■ アメリカには戦没者に祈りを捧げる祝日がある。
  その祈りの対象には、虐殺を行った犯罪者、
  カスターやカーチス・ルメイも含まれる 
  米メディアは、他の国には祈る権利がないとでも? +5 アメリカ


靖国神社の由緒

靖国神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、明治12年(1879)に「靖国神社」と改称されて今日に至っています。

靖国神社は、明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社に参拝された折にお詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。

靖国神社には現在、幕末の嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの国難に際して、ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた246万6千余柱の方々の神霊が、身分や勲功、男女の別なく、すべて祖国に殉じられた尊い神霊(靖国の大神)として斉しくお祀りされています。

                                               

どこの国にも、自分の国を守るため、命をとして戦った方の御霊を守るための慰霊碑はあります。それにお参りし、自分たちの平和な世界を作ってくれたことに感謝をするのは、当然のこと。

中国や、まして朝鮮半島人にとやかく言われるものではありません。


行橋市議会議員 小坪慎也さんがブログでわかりやすく解説されています。
https://samurai20.jp/2016/12/raving-remodeling/

靖国参拝に対する、メディアの悪質な印象操作の実例【ひどいと思ったらシェア】

数年前まで、ここまでネットが普及していない時代だったら、こんなに掘り下げられずに、共同通信記者の狡猾な願望記事がそのまままかり通っていっていたでしょう。

しかし今は、スマートフォンが爆発的に普及して、多くの人が、どこでもちょっとした時間にネットニュースを閲覧することができるので、こうした卑怯な日本貶めの記事を書くと、それをきちんと批判する声がおおきくうねりをもって日本中を駆け巡る社会が構築されています。


« ふるさと納税 | トップページ | 新年のごあいさつ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ふるさと納税 | トップページ | 新年のごあいさつ »