2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 蓮舫民進党代表と鳥越俊太郎氏と「法定代理人」 | トップページ | 久しぶりの地震 »

2016/10/21

民進党よ!!税金の無駄遣いの一番は、あなた達

4_3

政党交付金(せいとうこうふきん)とは、政党の活動を助成する目的で国庫から交付される資金。

日本においては政党助成法に基づいて一定の要件を満たした政党に交付される。なお、政党が政党要件を満たさなくなっても政治団体として存続する場合には、政党であった期間に応じて特定交付金が交付される。政党助成金(せいとうじょせいきん)とも呼ばれる。

                                                 


企業・労働組合・団体などから政党・政治団体への政治献金を制限する代償として1990年代の政治改革論議において浮上し、1994年に政党助成法を含む政治改革四法が成立し導入された、政党助成金ですが、この巨額の税金が、果たして、正しい税金の使い道なのか、首をかしげたくなります。


平成28年2016年の秋の臨時国会が開かれています。まずは、2016年度第2次補正予算が成立し、大事なTPPの審議に移っています。

民進党の「国会審議するな!強行開会だ」→維新・松井代表「なんじゃこれ?議論開始に抗議って意味不明」
http://jpsoku.blog.jp/archives/1061833243.html

5_2

日本維新の会、大阪府知事の松井氏のTwitterです。

民進党は、国会審議の開催を反対して、抗議したんですね。馬鹿政党!!
法案を政府が国会に提出して、それを審議するのが国会であり、国会議員の仕事。

審議の中で、その法案の中身について、問いただすべきは問いただし、対案を出すのが政党としての役割でしょう。

今日も、また、途中さぼって、エスケープした民進党であり、共産党です。

ところが、「税金のむだづかい指摘へ作業チーム初会合」なるものを作っていたんですね。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161019/k10010735421000.html

いくつ、作業チームを作ればいいのやら。(´・ω・`)呆れ
それなら、山尾志桜里のガソリンダダ漏れ、コーヒーがぶ飲み疑惑の解明チームと、蓮舫代表の国籍疑惑解明チームでも作るべきです。

冒頭の表を見ていただくとわかるように、野党第一党としての民進党には、巨額の政党助成金が支払われています。議員個々人への歳費以外にですよ。

支持率は安定している安倍内閣ですが、安倍内閣は支持していても、その政策について、全てを支持しているわけではないという人も多いです。

その政策を質し、日本人のためにより良い政治をしてもらうためにも、本当に真っ当な野党が育ってほしいと思うのは、私だけではないでしょう。

いま、保守としての政策を掲げて立ち上がった日本第一党や日本維新の会や日本のこころを大切にする党など、是々非々で対応が出来る政党に期待したいと思います。

Seiji_kokkai_gijidou


【無責任野党】民進・共産が審議拒否、維新のみ質疑 ⇒ 維新足立「用意された昼食だけ食って審議拒否...なんじゃそれ」維新丸山「税金の無駄」http://www.honmotakeshi.com/archives/49820220.html

 民進党などは「謝ってすむ話ではなく、責任を取るべきだ」と述べ、山本大臣の辞任を求めるとともに、「特別委員会の塩谷委員長が、強行採決しないことを確約しなければ、今後の審議には応じられない」と主張し、理事会は休憩に入りました。

 そして、およそ4時間がたった午後5時すぎに理事会は再開され、改めて協議したものの折り合わず、午後7時前、民進党と共産党が抗議する中委員会が開会されましたが、民進党と共産党は退席し、日本維新の会だけが質疑を行いました。

 菅官房長官は、午後の記者会見で、民進党などが山本農林水産大臣の辞任を求めたことに関連して、「辞任するような話ではない。山本大臣の発言は『国会のことは国会でお決めになる』という趣旨であり、私から、誤解を生じさせる発言はしないよう厳重に注意した。山本大臣自身も、理事会の場で『発言を撤回し謝罪したい』と述べている」と述べました。

 そのうえで、菅官房長官は「TPP協定や関連法案の取り扱いは国会で決めることなので、政府としては速やかに審議していただけるよう、緊張感を持って丁寧に説明していきたい」と述べました。
さらに、菅官房長官は「丁寧に審議したうえで、一定の審議時間になれば粛々と対応するのが、
今までの国会の慣例ではないか」と述べました。


山本農水大臣の発言は軽率かもしれませんが、あの日本の憲政史上最悪の民主党政権下で、どれだけ強行採決が行われてきたか、民進党はとうに忘れているようだし、マスコミも全くとりあげようとはしません。

菅官房長官の会見で述べていることは、全く、正論ですね。

なにより、日本維新の会の足立議員が呆れているように、国会開催中ということで提供された会食には、ちゃっかり、参加して舌鼓を打っていたそうです。この卑しさ。。。呆れてものが言えません。


6


仕事をせず、お昼ごはんだけちゃっかりごちそうになり、午後の仕事もエスケープ。
おかげで、日本維新の会の丸山議員も激おこです。

民進党議員が、いかに、日本の政治にとつてマイナスな存在かということがよくわかる動画です。

政権の足を引っ張ろうとしてもがいてるだけの自分たちの醜い姿が、国民にどう映るかということが分かっていないのですね。

いくら、NHKはじめ反日メディアが民進党を庇おうとしても、いまは、能力のある若手議員さんたちが個人で情報発信をしています。

テレビや新聞だけに頼っている世代は、もう、あとわずか。


« 蓮舫民進党代表と鳥越俊太郎氏と「法定代理人」 | トップページ | 久しぶりの地震 »