2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« ソフトバンク携帯を使っていらっしゃる方、気を付けて!! | トップページ | 日本人のノーベル賞の受賞!! »

2016/10/03

もしも蓮舫議員の二重国籍問題を蓮舫議員が追及したとしたら(笑)-ブーメランの女王はガソリーヌでなく私よ!」

民進党の蓮舫代表を追及させたら蓮舫代表が一番!? 「蓮舫VS蓮舫」に編集されたパロディー動画「ブーメランの女王」が大人気http://www.sankei.com/politics/news/160930/plt1609300041-n1.html

いま、ネット上で大人気の動画です。(笑)
全国紙にまで掲載されてしまった。

過去に蓮舫議員が国会で行ってきた口汚く罵る姿が、そのままご自身に返っています。
これを作った人の職人芸。秀逸です。

是非一度、ご覧ください。14分57秒の作品ですが、最後まで、飽きさせません。


パロディではあるのですが、他人に厳しく、自分に甘い二人の蓮舫議員のやり取りは、まさに、実際に国会で行われている質疑応答の場を見ているようです。

蓮舫議員が自身の二重国籍問題について、説明を二転三転させ、それに対して、鋭い言葉で自分自身を追い込んでいきます。

動画の冒頭でテレビ司会者が「週刊誌やネット等の噂で、二重国籍で台湾籍を持ちながらなのか?という噂があります」と質問すると、画面が切り替わり、蓮舫氏は「いま、そのような噂が流布されることがホント正直悲しいんです」と回答する。

 すると次の瞬間、再び画面が切り替わり、国会で質問に立つ蓮舫氏が現れて、「週刊誌の報道内容は事実か確認されましたか?」と語気鋭く質問。さらに「確認はされましたか?」と重ねて詰め寄る。

この動画でもよくわかるように、彼女の答えが、二転三転するのですね。

当初、「18歳で、日本国籍を選びました。父と一緒に台湾の代表所に行って手続きをしました。台湾籍の放棄をしております。ただ、台湾語が分からないので、どういった手続きが行われたのか、分かりません。」と答えています。

そこで、「きわめて、他力本願という姿勢が残念なのですけども。ファクトを何もご存知ないというのは、私は非常に驚いています。丸投げするのはやめたほうがよろしいのじゃないですか。」蓮舫議員が、鋭く詰め寄ります。(苦笑)

追及される蓮舫議員「母も父に任せておりました。」

追及する蓮舫議員「いや、精神論の話じゃないのですよ。私は、そういうやり方はやってきませんでした。」

え?え?え?
「そういうやり方はやってきませんでした」って、そういうやり方をやってきたから追及されているのですよね、蓮舫さんが蓮舫さんに。

ああわけわかんない。(大苦笑)

« ソフトバンク携帯を使っていらっしゃる方、気を付けて!! | トップページ | 日本人のノーベル賞の受賞!! »