2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 平成28年9月29日の朝 | トップページ | お天気とプレゼント »

2016/09/30

家族葬で行いましたが。。。

今朝は、急に冷え込んで秋らしい爽やかな空気に包まれましたが、午後になったらもう雲が広がって、当地では雨も降りだしてきました。

これだけ、日本列島が雨続きと言うのは、珍しい年ですね。とにかく、葉物野菜の高騰は、主婦には辛いものがあります。

さて、告別式が無事終わり、正直、母から解放された思いをしている私です。

私は、喪主ではないので、あまり、祭式に付いて、口出しはしなかったのですが、ちょっと、疑問に思うことがたくさん出てきました。

母は高齢でしたし、地味に家族葬でということで、祭壇なども派手にすることはないと思っていたのですが、業者は、家族葬でありながら、そのパンフレットには、普通のお式に負けず劣らずの写真を載せて、故人に対するこだわりのある家族の心を煽ります。(#`皿´)

我が家は、夫の母と父と二人のお葬式を済ませてきているので、その相場とか飾りの必要性とかわかっていて、そこまでしなくてもいいと、喪主である弟止めたのですが、なかなか、難しい。

母に対する最後親孝行と考えているのですね。結局、無駄なものが業者の言うままに並べられてしまったように思います。

費用においては、電話で問い合わせた時点では、最低限の費用を言いながら、結局、上乗せが多くて当初の説明の倍以上になっています。もちろん、お寺さんへのお布施分は別。

以前、「実は、お葬式の事前の見積もりを知りたい方が、二人に一人」?
こんなCMが流れていたことがありましたね。

「いや、そんな人どこにいるの?私の周りには誰もいない。」と、CMに突っ込みを入れてましたが、やっぱりこれは、大事なことなのだと思いました。

高齢の家族がいて、終末期を迎えている場合は、事前準備の期間があるわけなので、業者選びは大切だということを実感しました。もう、我が家は、夫の両親も私の両親も送りましたので、今更の反省ですが。。。

もちろん、斎場の交通の便も大切です。今回は、駅に近く、ホテルを取る必要もあって、そのホテルも近く、利便性においては、間違いありませんでした。

まあ、そういう利便性とかも考えたうえで、いくつかの業者から見積もりを取ることは、大切です。


Cut_kaki_01


« 平成28年9月29日の朝 | トップページ | お天気とプレゼント »