2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 民進党の蓮舫代表代行「二重国籍」疑惑【日本は二重国籍を認めていません。】 | トップページ | 真相は『藪の中』 »

2016/09/09

相次ぐ北朝鮮の蛮行

ここにきて、北朝鮮が狂ったように(もともと狂った国?)、日本に向けてミサイル発射を繰り返し、今日はとうとう5回目の核実験を行いました。


北朝鮮が5回目の核実験、過去最大規模か 各国が強く非難http://jp.reuters.com/article/nkorea-5thnucleartest-idJPKCN11F08M


[ソウル 9日 ロイター] - 北朝鮮は9日、通算5回目となる核実験を実施した。今回の核実験の規模は広島の原爆よりも大きく、過去最大規模とみられる。

北朝鮮は核実験の実施を発表するとともに、核弾頭を弾道ミサイルに搭載する能力を獲得したと明らかにした。

北朝鮮ミサイル、3発同時に発射 ほぼ同地点に落下=稲田防衛相http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160905-00000058-reut-kr

9月5日には、3発のミサイルを同時に発射し、日本の排他的経済水域内(EEZ)内に落下させました。三発ともほぼ同地点に落下した模様です。

防衛省によると、北朝鮮は午後0時13分ごろ、同国西岸から3発の弾道ミサイルを東北東へ発射した。いずれも約1000キロ飛行し、北海道奥尻島の西200─250キロ付近に落下したようだという。


0dd924e2b899104d4c68a970137c8518

北朝鮮は、すでにこれだけのミサイルを有し、その上、核爆弾を小型化、軽量化して、このミサイルに装着して、いつでも日本を攻撃でき、それだけでなく、米国本土も狙える技術を持ち始めています。

話は飛びますが、先だって、オバマ大統領が先制核攻撃を放棄する宣言を断念しました。これは、日本にとって少し安堵できることです。もしこれをやられると日本はアメリカの核の傘にいる以上、非常に危険にさらされます。
一時は、下記のような話が進んでいたのです。

「核の先制不使用」検討、米大統領が構想 現地紙 2016/7/12 0:54日本経済新聞 電子版

 【ワシントン=吉野直也】オバマ米大統領が新たな核政策を検討していることがわかった。米紙ワシントン・ポスト(電子版)が10日報じた。核の先制不使用宣言や核実験を禁止する国連安全保障理事会決議を採択する構想だ。歴代米政権は核の先制不使用を受け入れておらず、オバマ氏が決断すれば米国の核政策の大きな転換となる。

 核の先制不使用は相手の核攻撃への反撃を除き、核兵器を使わないという政策だ。通常戦力や化学・生物兵器による攻撃に対して核兵器で応酬せず、核兵器の役割を核対核に限るものだ。オバマ氏が新たな核政策を検討するのは2017年1月までの任期を見据え、自らの看板政策である「核兵器なき世界」に道筋をつける狙いがある。

 オバマ政権は核政策をめぐって安全保障の関係閣僚会議をこれまで2回開いた。新たな核政策には21年までのロシアとの新戦略兵器削減条約の有効期限を5年延長する案もある。オバマ氏は5月27日、現職米大統領として初めて被爆地・広島を訪問した。演説で「核兵器なき世界」を目指すと重ねて表明したが、具体案は示さなかった。

 米国は通常兵器では撃破できない敵や生物・化学兵器による攻撃への報復として核使用を想定する考え方が根強い。09年、当時のマレン米統合参謀本部議長は核の先制不使用に関して「(核政策の)柔軟性を急速かつ著しく損なう危険性があり、多くの米軍人は受け入れることができない」と否定している。

 核の先制不使用宣言に関しては、オバマ氏が米政府や米軍の慎重論を押し切れるかどうか予断を許さない。

 オバマ米政権が検討する核兵器の「先制不使用」政策を巡り、日本政府が内部で議論を始めたが、「核の傘」弱体化への懸念から反対論が根強く、米側に協議を申し入れていることが15日、分かった。日本政府関係者が明らかにした。

 米政府筋によると、オバマ大統領は、核攻撃を受けるまで核を使わない先制不使用を新たに採用するかどうか、月内にも最終判断する見通し。
オバマ米政権が検討する核兵器の「先制不使用」政策を巡り、日本政府が内部で議論を始めたが、「核の傘」弱体化への懸念から反対論が根強く、米側に協議を申し入れていることが15日、分かった。日本政府関係者が明らかにした。
 大統領は5月の広島訪問も踏まえ「核の安全保障上の役割低減」につながる先制不使用に前向きとされるが、米核戦力に依存する日本など同盟国の意向も配慮する考え。日本の対応次第では米核政策の一大転換が見送られる可能性もある。

それでも、中国だけでなく、北朝鮮も、アメリカ本土を核攻撃できる能力を持つことになると、果たして、その二国が日本に向けて核攻撃を仕掛けようとしたとき、日本をを守るために、アメリカが、核先制攻撃するかと言ったら甚だ疑問です。

アメリカが、核を放てば、当然、反射的にアメリカにも飛んでくるのは自明の理だからです。

いま、私たちの日本は、非常に危険な国をそばにおいて、綱渡りをしていると言えましょう。

ただ、腹立たしいのは、中国や北朝鮮の技術の向上は、全て、日本の援助であるということ。中国には、日中国交正常化以来のODAとそして技術援助。

北朝鮮には、在日朝鮮人からの闇の資金持ち出し。その原資は、在日朝鮮人経営のパチンコ産業と朝鮮学校への補助なのです。

北朝鮮の核兵器開発に関わった一人が、京大にいたというのは有名な話。


【関連記事】朝鮮弾道ミサイル、秋田県沖に着弾http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2016/08/post-8966.html

« 民進党の蓮舫代表代行「二重国籍」疑惑【日本は二重国籍を認めていません。】 | トップページ | 真相は『藪の中』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 民進党の蓮舫代表代行「二重国籍」疑惑【日本は二重国籍を認めていません。】 | トップページ | 真相は『藪の中』 »