2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 言論弾圧 | トップページ | 大井川鉄道 SLが走る!! »

2016/06/07

大井川鉄道 南アルプスあぷとライン

Img_7292


Imgp6460


Img_7293_2


大井川鐵道井川線

井川ダム建設については、大井川鐵道井川線の存在抜きに語る事は出来ない。
そもそも大井川電力の電源開発用資材運搬を目的に1927年(昭和2年)開通した大井川鉄道(現・大井川鐵道)は、1931年(昭和6年)には金谷駅 - 千頭駅間39.5kmが開通した。その後大井川ダム建設の為に1935年(昭和10年)に千頭駅と市代駅(現・アプトいちしろ駅)間が開通したが、井川ダム建設に際して市代より井川村西山沢まで延伸する計画が1952年(昭和27年)に立てられた。

1954年(昭和29年)、総工費25億5千万円(当時)を掛け千頭駅から井川駅・堂平駅(1971年廃止)までの区間が開通、ダム建設用の資材や林業用の木材を運搬した。資材運搬専用鉄道ではあったが、貨車の後に客車を連結して井川村住民も無料で乗せた。全通以後暫くは中部電力が運営していたが1959年(昭和34年)に大井川鐵道へ経営が移譲され、同年地方鉄道免許を取得した。但し施設の管理は引き続き中部電力が担当し、現在に至る。

これ以降井川と千頭を結ぶ主要幹線鉄道として、更に接岨峡・畑薙第一ダム・南アルプス登山の為の重要なルートとして多くの観光客が利用している。1990年(平成2年)には長島ダム建設に伴いアプト式鉄道が導入され、新たな特徴となっている。なお、井川線は毎年3億円近い赤字を出しているが、管理を行う中部電力の特別補助金によって赤字は補填されている。

大井川鉄道は、大井川電力の電源開発用資材運搬を目的に開通したのですね。そして、井川ダム建設のために井川まで延伸されたわけです。その後、途中に長島ダム建設のため、アプト式鉄道が導入されました。

アプトいちしろ駅から長島ダムまでの間は、急こう配を走ります。そのためにも、このアプト式が必要だったわけです。


Img_20160607_0001_2


一枚目の画像が、上の図のアプト式電気機関車で、登るときは、これが前の車両を押していき、降るときは、これがエンジンブレーキの形を取るわけです。

女性の車掌さんが、旗を降って、アプト式電気機関車の運転手さんに合図を送っています。大井川鉄道は、若くてチャーミングな女性がたくさん活躍していました。(^^♪

« 言論弾圧 | トップページ | 大井川鉄道 SLが走る!! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 言論弾圧 | トップページ | 大井川鉄道 SLが走る!! »