2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 高賀神社(こうかじんじゃ) | トップページ | 今日から7月 »

2016/06/30

【参院選】 青山氏「デマ、選挙妨害。民事刑事の法的措置を開始した」

【参院選】文春「自民候補・青山繁晴氏、経費の私的流用を指摘され共同通信退社の過去」⇒ 青山氏「デマ、選挙妨害。民事刑事の法的措置を開始した」http://www.honmotakeshi.com/archives/48967051.html

7月10日の参議院選に向けて、情報戦が激しくなってきました。

この間から、スクープを連発している、文春。記事をよく見ると、民進党の山尾志桜里政調会長の政治資金のことには、全く触れません。

ところが、今日、木曜日の発売号には、自民党比例区で立候補している「青山繁晴」候補のスキャンダルを掲載しています。

この記事の内容の件、青山氏と以前勤めていた共同通信社との行き違いで、青山氏は依願退職しています。依願退職と言うことは、疚しいことがあったわけではありません。青山氏は、自著の中でも、その経緯を書いています。

結局、取材のための経費を認めるか認めないか。共同通信社は認めないということで、退職金と相殺で、青山繁晴さんは、退社したということなのです。大変、潔い。昨今、一部上場の大会社の役員であっても、架空請求して大金を自分の懐にという事件が相次いでいますが。。。

自民参院候補・青山繁晴氏が公私混同で退社の過去

自民党が参院選比例区で最後に公認した青山繁晴氏(63)が、経費の私的流用を指摘され、共同通信を退社していたことが、週刊文春の取材でわかった。
共同通信の記者だった青山氏は、1996年に発生したペルーの日本大使公邸人質事件を現地で約130日にわたり取材。当時を知る元同僚は小誌の取材に対し、
次のように明かした。
「青山氏は、約1500万円の経費を使ったが、そのうちおよそ450万円に私的流用が指摘された。中にはペルーの乗馬クラブの利用代金が含まれていたり、
ホテルのメモパッドに金額を書いた紙が領収書として提出されていたそうです」
経理担当者が、私的利用分を支払うよう求め、半年ほど交渉を重ねた。
「その結果、青山氏は共同通信を退職し、その退職金で約450万円を相殺することになりました」(同前)

青山氏に聞いた。 ――ペルー取材時の経費が問題となって、共同通信を退職したのは事実ですか。 「事実です。当時、政治部の上層部が総務から『取材相手の官僚の名前を言え』と言われたので、僕は出来ないといって断って共同通信を辞めたんです。 クビになったのではなく依願退職です」

――乗馬クラブの利用費が含まれていたのは事実か?
「それは本当です。情報をとるために、競馬場にある貴賓室に入る必要があった。ただ、その貴賓室に入るには、隣の乗馬クラブに入る必要があったんです」

青山氏は、共同通信退社後はシンクタンクを設立し、テレビでコメンテーターとして活躍。安倍晋三首相が自ら電話で出馬を要請したという自民党の目玉候補のひとりだ。
青山氏は、舛添要一前東京都知事の公私混同を厳しく批判しており、今後の説明が注目される。

それを、さも、スキャンダラスに、古い話を持ち出してきている。この裏には、あの有田ヨシフと週刊文春の社長とは、「同志」と呼び合う仲だったのです。

週刊文春が、甘利大臣の嵌めたのも、民主党(民進党)、共産党のスキャンダルを書かないのも、その理由すべてがここに明らかになりました。おそらく、文春の記事自体の信用が地に落ちた瞬間です。

民進党・有田芳生「文藝春秋の社長、松井清人さんとは長年の『同志』です」※横田家と孫の写真を独自公開したのは、有田議員と文春http://www.honmotakeshi.com/archives/48968779.html

普通、一般の人なら、お友達とか親友とか、表現しますよね。それが、コミュンテルを彷彿とさせる「同志」です。ここに文春の闇を見た思いです。

まあ、所詮、週刊誌風情なのですが、その「週刊誌に書いてあった。」と、国会で質問する民進党の議員もいます。国会議員もここまで来ると、その資質が問われますね。

« 高賀神社(こうかじんじゃ) | トップページ | 今日から7月 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高賀神社(こうかじんじゃ) | トップページ | 今日から7月 »