2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 加茂荘花菖蒲2 | トップページ | 加茂荘花菖蒲3 »

2016/06/25

参議院選、民進党にはもれなく共産党が付いてくる

Photo_3

今回の参議院選挙は、一人区で、野党統一候補と言うことで、民進党は共産党と共闘をしています。前代未聞のことです。

表現の自由、思想信条の自由が憲法で保障されているため、共産党と言う暴力革命を目指す政党も、日本では存在は許されます。それでも、公安が監視団体として、常に、その動向を監視し、協力者ももちろんリストアップしています。

その共産党と、民進党は選挙協力です。では、万が一、民進党と共産党が過半数を取ったら、どうなるのでしょう。連立を組むのでしょうか。

憲法改正派が過半数といいますが、民進党も憲法改正なのです。安倍政権では、協力しないと言っているだけ。

共産党は、憲法9条を守ろうと言っていますが、日本の憲法を守る気はありません。日本国憲法の精神は、主権在民なのです。共産党政権には、主権は国民ではありません。共産党は、一党独裁の政党です。中国共産党もロシアも、北朝鮮も、そうですよね。主権は国民にありませんよね。

いま地方議会を見てみると、共産党がじわじわ勢力を伸ばしています。そして、今回、参議院選挙でも、議席を倍増する勢いです。とても危険です。

昨日、イギリスでは、EU離脱派が勝利しました。世界中の株式市場と為替市場に激震が走りました。今、安倍政権だったからよかったですけど、あの悪夢の民主党政権下だったらどうなっていたでしょう。

リーマンショック後、アメリカのダウは上げて、日本以外の国は、そのショックから早々に立ち直りましたが、日本だけが、株価は7000円から8000円のまま推移し、景気回復について、世界から置いてきぼりを食いました。

ドル円は、75円まで円高になりました。今思うと恐怖です。電気産業は、競争力を失い、シャープや東芝をはじめ、未だ、厳しい業績が続いています。

下の囲みは、民進党の岡田代表のイギリスがEU離脱が決まったことに対する談話です。

より重要なのは中長期的な対応である。この3年半、安倍政権は円安・株高という恵まれた経済環境のもと、金融緩和と財政出動に大きく依存し、成長戦略、構造改革を怠ってきた。その結果が、実質0.8%という低成長であり、二度にわたる消費税増税の先送りである。

 私は選挙戦の中で、円安・株高を牽引車とするアベノミクスは、最近の円高・株安によって潮目が変わり、今や行き詰っていると繰り返し指摘してきた。今回の英国のEU離脱によって、円高・株安が更に進む可能性は極めて高い。アベノミクスの宴は終わった、と言わなければならない。


この中で、笑ってしまうのは、「安倍政権は円安・株高という恵まれた経済環境」「アベノミクスの宴は終わった」この部分です。

円安・株高は、安倍総理のアベノミクスという経済政策の果実に他ならない。そして、それを岡田代表は認めているわけですね。(^^♪
2


安倍総理は、伊勢志摩サミットの時、「世界経済の現状を「リーマン・ショック前に似ている」と発言したと説明」しました。メルケルとキャメロンは、そこまでは、杞憂と鼻であしらったようですが、まさに、この二人には伊勢志摩サミットの安倍総理の発言を思いだして、愕然としているでしょうね。

いま、安倍総理の政策ブレーンは、非常に優秀と言えます。ただ、自民党は必ずしも一枚岩ではありません。獅子身中の虫もいます。それに反乱を起こさないためにも、今回の参議院選挙は自民党の議席を減らさせるわけにはいきません。

この春の大学生の就職率は、過去20年で最高でした。秋田県は100%を達成したそうです。若い人に明るい未来を開くためにも、経済音痴の民進党や危険な共産党に議席を増やさせるわけに行きません。

« 加茂荘花菖蒲2 | トップページ | 加茂荘花菖蒲3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 加茂荘花菖蒲2 | トップページ | 加茂荘花菖蒲3 »