2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 川根温泉 | トップページ | 大井川鉄道 井川線 »

2016/06/03

大井川鉄道の旅 

今日は、日本中が安堵に包まれましたね。
大和君が、大きなけがもなく、無事保護されました。

あれだけ捜索しても、大和君が歩いた痕跡すら見つからず、デマも飛び交い、ご両親や身内の方々も精神的にも相当辛かったでしょう。

当初の報道では、「可哀想に子供の遺棄じゃないの!!」と思いましたが、「もうそんな子は要らない!」なんて、子供の頃しかられたりもしたっけ。(^^;)

わんぱく坊主のようだから、お母さんにとっては、本当にかわいい子なのじゃないかな。息子を持つ親として、よくわかります。

明日からは、また、舛添都知事のニュースばかりになるのでしょうか。(^^;)私的には、民進党の山尾志桜里政調会長のガソリンとコーヒーのがぶ飲み疑惑も、もっと、追及するべきだと思うのですけどね。まったく、マスコミの偏向報道には腹立たしい。舛添都知事を庇うつもりは毛頭ありませんが。。。

さて、緑美しい自然が広がる大井川沿いを走る大井川鉄道http://oigawa-railway.co.jp/に乗りに行ってきました。

90歳を超える高齢の母が、最近体調を崩しているので、旅行に行っても、いつ呼び出しがかかるかと思うと、なかなか、ホテルの予約も出来にくかったのですが、前日に電話したら、まだまだ、空室があるということ、そして、お天気も梅雨入り前の最後の好天ということで、思いきっての一泊二日の旅でした。

大井川鉄道は、静岡県島田市のJR東海道本線金谷駅から接続しているちいさな鉄道です。金谷駅の次の新金谷駅から、大井川本線千頭駅までをSLと機関車トーマス号を走らせています。

千頭駅からは、南アルプスアプトラインで、井川駅まで走行しています。(今は、土砂崩れで接阻峡温泉までの運行です。)

私たちは、SLは乗るのでなく、走行するのを見に行ってきました。(笑)


1.「ようこそ、川根温泉へ」の看板、ここから、ホテルまで、5,6分くらい。

Imgp6414

2.ホテルに車を預けて、ここ川湯温泉笹間渡駅から、列車に乗りました。2両のかわいい電車です。

Img_7216

3.ワンマン車両で、運転手さんは女性です。

Img_7227


4.千頭駅までの途中の駅

Img_7228

5.駅にカーブミラーがあります。無人駅で、ワンマンですから、運転手さんの確認用でしょうね。

Img_7229

6.千頭駅。結構大きい駅です。写真は撮って来ていませんが、転車台もあります。

Img_7231

7.列車の途中で、お昼になるので、お弁当が売ってます。知らなかったので、高速のSAで買ってきてしまった。
Img_7232


8.機関車トーマス

Img_7230

9.トーマスだけではありません。(^^♪
Img_7296


10.SLもいました。

Img_7295


ここまでが、大井川本線。明日は井川線の沿線の風景をご紹介します。

« 川根温泉 | トップページ | 大井川鉄道 井川線 »

コメント

まふゆさん

母のことも気にはなるのですが、気が付けば、母が大病をした年齢をもう追い越して、父が亡くなった年齢に近くなっている自分たちに愕然としております。(>_<)
母のことも気にはなるけど、動けるときに、楽しまなくてはね。

最初、鹿部の自噴?のあたりと思っていましたが、駒ヶ岳の周辺で、そういえば、「周囲も車で走ったし、別荘へも連れってもらったんだね。」と、夫と話していました。

お父さんの車を追うのが当たり前だけど、反対方向に歩いてしまったのですね。方向音痴の私など、よくあること。
もっと、考えて、捜索すれば、早く見つかったのにねぇ。でも、捜索隊の方たちもホッとしているでしょう。

お母様、お元気でなによりです。
出かける時って、その時に限って何かあるんでは?・・などと思うと、安心しては出かけられないですよね。
我が家もそんな繰り返しです。

大和くん、無事で本当に良かったです。
湖畔からは少し離れたところなので、私たちはあまり行かない所なんですが・・
それにしても、あんな生い茂った山の中には入って行くわけない!、と思ってました。
普通、道路を行くよね~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 川根温泉 | トップページ | 大井川鉄道 井川線 »