2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« 平成28年4月1日放送法遵守を求める視聴者の会が声明文 | トップページ | 一円玉は、一枚一グラム »

2016/04/04

「冷凍たまご」を作ってみました。

日本気象協会のお天気のページhttp://www.tenki.jp/

こちらは、10日間予報もあって、便利です。もっとも、10日先というと、やっぱり、微妙にずれることもありますので、あくまでも、ドキドキワクワクの範囲内ということですけど。(笑)

この中で、【「冷凍たまご」?! 生卵を殻のまま凍らせる】という記事がありました。

さっそく、試しに、2個だけ冷凍してみました。卵は、菌がたくさんついているというので、冷凍庫に入れるときは、特に、綺麗に洗って、ポリのジッパーに入れておきました。

さて、朝食のおかずに使おうと考えましたが、どんなレシピが合うのかな。

生卵のまま、卵がけごはんが美味しいとか、書いてありましたが、生で食べるのは、ちょっと、抵抗があります。

冷凍卵でポーチドエッグhttp://cookpad.com/recipe/3192186
ネットで探したら、ポーチドエッグがあったので、これを試してみることに。


Photo


左側が冷凍庫から出したところ。真ん中が殻を剥いたところ。右側がポーチドエッグの出来上がり。

殻を剥こうと思ったら、うで卵のように簡単に向けるわけではありません。(^^;)レンジで生解凍しました。でも、軽く水をかけると、綺麗に剥けるようです。

凍ったままの調理もできるので、 粉をつけて揚げたり、 肉で包んで焼いたり、 蒸したり、卵料理の新しい可能性が広がります。冷凍・解凍のプロセスで卵黄膜が破れて 隙間ができるため、味が染みやすくなり、ひと晩かかっていた「卵黄のしょうゆ漬け」も20分ほどでできあがるのです。

凍ったままだと、揚げたりもできますね。

確かに、食感としては悪く無かったけど、ポーチドエッグだと、電子レンジで簡単にできるわけですし、特別冷凍することもないかなと思われるレシピでした。(苦笑)

Img_20160402_07444134


朝食 

焼き立ての食パン カボチャサラダ キャベツの炒め ポーチドエッグ ほうれん草のバターソテー。

« 平成28年4月1日放送法遵守を求める視聴者の会が声明文 | トップページ | 一円玉は、一枚一グラム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成28年4月1日放送法遵守を求める視聴者の会が声明文 | トップページ | 一円玉は、一枚一グラム »